毎日の食卓に欠かせない納豆はダイエットには効果抜群の食品である!

皆さんは納豆を毎日食べていますか?ですがこの納豆、好きな人、嫌いな人とハッキリ分かれていて、色んな意見が聞かれます。

好きな人の意見は、健康にいいので毎日食べるように心掛けている、一方の嫌いな人の意見は納豆独特の匂いと糸のねばねば感が嫌などの意見が多くを占めています。

ですがこの納豆、実はダイエットには実に効果抜群な所があるってこと、アナタはご存知でしたか?朝食に欠かせない存在のこの納豆、どんな所でダイエットに効果発揮するのか見ものです。

ダイエット中のアナタ、必見ですよ!

健康に非常にいい納豆!どんな栄養成分が含まれているの?

日本人の大半は朝食にご飯、味噌汁、漬物と一緒に納豆を食べることを習慣にしています。

朝食の存在に欠かせない納豆ですが、一体どんな栄養成分が含まれているのか調べてみましょう。そしてどんな効能があるのか?も徹底調査します。

納豆に含まれる栄養素とは?

納豆には主にビタミンやカルシウムが多く含まれています。その他にも日頃聞かないような栄養素が納豆には含まれています。

  • ナットウキナーゼ
  • ポリアミン

ではこの馴染みのない「ナットウウキナーゼ」や「ポリアミン」が人間の体にどんな働きをするのでしょうか?

納豆に含まれる「ナットウウキナーゼ」は体中の血液を綺麗にする働きがあり、また「ポリアミン」は、新陳代謝をよくする働きがあります。

特に喫煙やお酒などを飲むことが多い人達には、納豆は食べるべきものではないでしょうか。

喫煙のしすぎは、体中の血液をドロドロにしがちなので、納豆を食べる習慣を常につけて、煙草の量を減らすか、あるいは禁煙にしていまえば、納豆の「ナットウウキナーゼ」効果で、血液が綺麗になっていきますよ。

新陳代謝も若い頃は比較的活発ですが、年齢と共に衰えていくので、納豆を毎日食べて「ポリアミン」を摂取していけば、いい形で維持出来る可能性大です。

納豆には食物繊維が豊富である!

納豆は食物繊維も実に豊富で、便秘にも効果があります。朝食に納豆を食べていることを常に習慣にしていれば、腸の働きもたちまち良くなり、便秘予防に繋がります。

便秘は肌荒れの原因になりやすいので、毎朝1パック納豆を食べる習慣があれば、下手に市販の便秘薬に頼らなくて済みます。

納豆でダイエットしたい!やっぱり朝食に食べた方が効果あるの?

納豆でダイエットするには、やはり食べ方にもよります。本格的に痩せたいと思っているアナタ。まずは朝食に毎日食べる習慣はあるでしょうが、納豆と他の食物の食べ合わせを振り返ってみましょう。

ダイエットするからには、まず日頃の食生活を見直す必要があります。

日頃食べる納豆!朝食べた方がいい?それとも夜?

これから本格的に納豆で、ダイエットを始めたアナタ。現在は納豆は朝、夜どちらで食べていますか?

おそらく大半が朝食に納豆を食べている事例が多いです。

ですが最近の調査では、納豆はダイエット目的で食べるのなら、朝よりも夜の方がお勧めだと判明しています。

どうして朝より夜食べた方がお勧めなのか?その理由をご紹介しましょう。

納豆に含まれる食物繊維!血糖値を抑える効果がある

とかく夕食は、朝、昼と比べると食べる量が多くなりがちで、食べ方によっては太ってしまうことも多いです。特にビールやお酒で晩酌する人達にとって、おつまみは欠かせないものであり、飲酒後、おかずとご飯も取るので、どうしても食べすぎになってしまいます。

そこで納豆の食物繊維は体中の血糖値を抑える効果があり、特に夕食に納豆を食べることをお勧めします。

納豆とご飯を一緒にするのは?ダイエットにはNGである

炭水化物を多く含んだご飯ですが、これも食べすぎると太りやすい原因になります。ですから納豆ダイエットをするには、納豆をご飯に混ぜないで食べることをお勧めします。

それからカロリーの高い揚げ物なども、納豆と一緒に食べても、ダイエット効果には繋がりません。

納豆ダイエットの意外な一面!1パック食べただけで満腹感!

現代のスーパーは、1人分サイズのパックで販売されていることが多く、あの納豆独特の匂いも殆どしないものが増えてきました。

朝食など、どうしても納豆は醤油やネギをご飯に混ぜて食べることが多いので、ダイエットを目指すアナタ!まずは1パック食事の前に食べることがダイエットに繋がります!

それは何故かと言いますと、食前に納豆を1パック食べただけで、十分お腹が満たされて、その分他の食べる量が減らせるからです。

食べる量が減れば、余分なカロリーも取ることはありませんし、食べすぎることもありません。

何だか味気ない感じはしますが、その小さなことから始めて行くのが、納豆ダイエットの効果へ導くことになります。

納豆ダイエット!一番効果が出るのは大根おろしである!

納豆ダイエットで、皆さん色々試したことはあるかもしれませんが、納豆にとって一番効果が出る野菜があります。

それは大根です。大根を使って納豆と一緒に食べるといかに効果発揮することをこれからご説明しましょう。

大根おろしは胃に優しい効果がある!

よくサンマを焼いた時に、大根おろしは必要とされています。旬のサンマはとても脂がのってて美味しいと言われてますが、そのまま食べると胃もたれを起こしやすく、大根おろしをかけて食べることが多いのです。

大根には「アミラーゼ」と呼ばれる胃腸の働きを整えてくれる作用があるので、納豆と一緒に食べるにはとても相応しい野菜です。

それに食物繊維の多い納豆ですから、ますます胃腸の働きが良くなることは間違いありません。

ですがここで注意点があります。納豆を大根おろしと一緒に食べるのであれば、大根は新鮮なものを選ぶことが重要です。

その理由は、大根は古くなったものを使うとおろしにした時に辛さが増して、食べにくくなるからです。

新しい納豆と新鮮な大根おろしを食べると、胃腸の調子はよくなり、便通も快適になります。

やはりこれも食事前に食べましょう。かなりお腹が満たされ、食べる量が減るので、ダイエット効果抜群です!

健康にいい納豆でも?食べすぎは決してよくないことも覚えるべきだ!

日本人はとかく健康にいいからと言って、沢山食べてしまう癖があります。ですがいくら納豆が健康にいいと言われていても、食べすぎてもよくないことがあります。

ダイエットを行うのであれば、何でもラインを引いて、それ以上にならないように気を付けるべきです。

納豆が健康にいいと言われても!食べすぎは害を及ぼすこともある

確かに、納豆はビタミン、カルシウム、食物繊維が豊富で、身近な健康食品と重宝されがちです。

やはりどんなに健康にいいものでも少なからず食べすぎると人体に害を及ぼすことも十分あり得ます。

特に女性の皆さん、ここからが注目です。

納豆の大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンの働きを調整してくれる易しい成分なのですが、納豆が好きだからと言って、2パック以上食べると、「大豆イソフラボン」の取りすぎで、返ってホルモンバランスを狂わす原因となってしまいます。

特に更年期真っ盛りの女性の皆さんは要注意です。更年期は一番女性ホルモンが狂いやすく、そして減っていく時期でもあります。ですから納豆は1パックでとどめておきましょう。

勿論、納豆ダイエット中も食べすぎはいけません。その他、腹痛や下痢の可能性も出てきます。

まとめ!食べすぎなければ納豆はダイエット効果発揮します!

納豆だって健康食品と言われても、必ずしも食べすぎることは決していけません。毎日規則正しく食べて、気を付けてさえいれば、十分ダイエット効果発揮します!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.