夜におすすめのダイエット運動はコレ!寝る前10分で簡単ストレッチ

アナタは夜のすき間時間、何に利用していますか?いろいろと浮かんでくるとは思いますが、このすき間時間を少しだけダイエットの時間に使ってみましょう。

継続は力なりと言うように必ず身体は応えてくれます。それに夜のすき間時間なのでハードな運動はしません。

就寝前のリラックスタイムをより良く活用しダイエット効果を存分に発揮させるやせる運動ダイエットです。もう誰にもわがままボディとは言わせない見せるボディにアナタはなれます。

夜寝る前の時間をアナタだけのダイエットタイムにシフトチェンジです

アナタのボディは自慢できますか?はい!大丈夫です。と言えるアナタはきっと美ボディの持ち主です、日々の努力のたまものだと思います。

では美ボディになりたいアナタへお聞きします。現在何かダイエットに励んでいますか?女性の半数以上の方がイエスと答えると思います。でもアナタ自身の身体にそのダイエットは効果があるのでしょうか?

人間は一人一人DNAが違うように身体の仕組みも違います。だから沢山食事をしても太らない人もいれば水を飲んだだけで太る人もいます。極端な話しですが、それも事実なのです。

美味しい料理やデザートなどやはり人間ですから食べたいです。そこでアナタに提案です。現在行っているダイエットメニューに、プラスするだけで今以上にダイエットが期待できます。

題して夜のすき間時間、リラックスやせる運動ダイエットです。

夜のすき間時間に、ほんの少しだけ行うダイエット運動です。小さな習慣を継続させていくことで大きな効果が必ず現れます。

ダイエット運動を行う時間帯について考えてみました

夜しかも寝る前に身体を動かして運動なんて無理!しんどい!と言いたい気持ちもよく分かります。でもですリラックスしながら行う運動ならどうでしょう?15分ぐらいで終わり、今後のダイエット効果にも役立ます。

では先に、一日の食事時間を考えてみましょう

私たちの身体の中には、体内時計が備わっています。この体内時計が正常に動いているから朝太陽が昇る頃に目覚めて夜太陽が沈み夜が深くなる頃に眠のです。

この体内時計が狂ってしまうと、分かりやすいところで不眠症になったりします。

だから太陽の光を身体で浴びて体内時計が狂わないようにした方が良いのです。規則正しい生活がダイエットの基本とも言えるからです。

そして人間の身体には、太りやすい時間帯と太りにくい時間帯が備わっています。ダイエッターの方なら何度も聞いた事があると思いますがBMAL1です。ではこのBMAL1の事を少し簡単にご説明します。

BMAL1は体内遺伝子の一つでこれまた厄介な事に体内で脂肪を増やす命令を出したりするんです。私たちダイエッターのまさに敵と言った感じです。

だからこのBMAL1が活発に動けば動くほど、脂肪が増えると言う仕組みです。でもBMAL1は体内で一日中忙しく活動はしていません。そうです時間帯によって差があるのです。

なので夜22時から真夜中2時頃までが、もっとも活発に発動している時間帯になります。

夜22時から深夜2時ぐらいに食べ物類を食べると、昼間に食事をした時よりも余計に脂肪が作られる仕組みです。

活発に動く時間帯が分かったらところで、次は大人しく活動をあまりしない時間帯です。それが午後2時から、夕方4時ぐらいまでです。

この時間だったらBMAL1はあまり活発に動いていないので、たくさんとは言いませんが食べても脂肪がつきにくい時間帯なのです。

体内の遺伝子BMAL1の注意点は以下の通りです

  • BMAL1はタンパク質に分類され、体内脂肪を増やす司令官的存在です
  • 夜22時から深夜2時ごろ体内にて活発に活動中の為、この時間帯は食事を控えた方がいいです
  • 午後2時から夕方4時ごろまでは体内にてさほど活動していない為、この時間帯は食べても脂肪がつきにくいです

私たちの身体の中では、このような事が毎日繰り返されているのです。もう一度毎日の食事時間を、考えてみるのもいいと思います。

朝行うダイエット運動と夜行うダイエット運動違いを考えてみました

アナタはダイエットの為に行う運動は、一日の中で何時ごろに始めていますか?あまり時間は決めていなくて、その日の空き時間を活用している方が意外に多いのかも知れません。

毎日忙しく生活している女性たちはなかなか時間に余裕がありません。ダイエット運動をしたくても身体にも心にも時間にも余裕がないと言われてしまいそうです。

そんなアナタに、聞いて欲しい事があります。

  • 朝行うダイエット運動のメリットはこのような事です

朝の空腹時を利用して運動を行うと、脂肪燃焼効果も上がりダイエット効果が高くなります。そして身体の代謝も上がり、一日中その効果が持続されます。

  • 夜行うダイエット運動のメリットはこのような事です

夜お風呂上がりや寝る前のリラックスした時間を利用して、ストレッチやヨガなどをし一日の身体の疲れをほぐしてあげます。そうすることで、より良い睡眠効果をもたらしダイエット効果へ繋がります。

朝の運動も夜の運動も、それぞれにダイエット効果をもたらしてくれます。

では夜のダイエット運動とやせる効果についてお伝えします

先ほどお話したように夜のダイエット運動のメニューは、主に全身の筋肉をほぐすストレッチやヨガなどになります。なぜこのようなハードな動きがないものを重点的にするのかと言うと、睡眠と深い関係が出てくるからです。

夜の睡眠にもやせる効果がありダイエットになります

アナタは睡眠に、何もダイエット効果なんてないと思っていませんか?それは違います。睡眠を充分に取ることはダイエット効果に良い結果をもたらす事が分かっています。

だから睡眠不足の状態が続いていると、いくらダイエット運動を行っても効果が出にくいと言うことになります。

  • レプチン
  • グレリン
  • コルチゾール
  • 成長ホルモン

この四つのホルモンが、睡眠と繋がるダイエットの胆となります。

では簡単に、四つのホルモンを紹介します。

レプチン

レプチンはダイエッターにとって嬉しい存在のホルモンです。お腹がいっぱいだよ!満腹だよ!と食欲中枢に伝達してくれます。

グレリン

グレリンはダイエッターにとってはあまり嬉しくない存在のホルモンです。お腹一杯なのにデザートを見たら食べたくなるアレです。そんな作用を起こします。

コルチゾール

コルチゾールはストレスと大きな関係があります。ストレスを多く抱えている人はコルチゾールの分泌が多くなります。ストレスのホルモンです。

成長ホルモン

成長ホルモンはダイエッターならよくご存知とは思いますが、体のメンテナンスをしてくれるホルモンです。しかも嬉しい事に、脂肪細胞も破壊してくれるホルモンです。

睡眠不足だとレプチンがどんどん少なくなりグレリンが逆に増えていきます。そうなるとお腹一杯なのにまだ食べたいとなり、食欲がどんどん出て本末転倒の事態になります。だから睡眠は、必要なのです。

もちろんコルチゾールも成長ホルモンも、睡眠時に私たちの身体の中で活動してくれています。

よりよい夜のやせるダイエット運動メニューです

夜のすき間時間を一番作りやすいのが多分寝る前だと思います。その時間の10分ぐらいを利用してダイエットを成功に導きましょう。

一日の疲れた体を、ストレッチ運動でほぐしてあげましょう

リラックスしながら楽しんでダイエット運動をして下さい。目を閉じてされても大丈夫です。

  • あお向け姿勢になり、手足をぐーっと伸ばして下さい。
  • 体操座りになり、首を左右に伸ばして下さい。
  • 肩甲骨を意識して肩を、上下するように回して下さい。
  • 足首を片手で持ちもう片手は足指部分を持ち、時計回りに回して下さい。
  • 最後にアナタが出来る、ヨガのポーズをしてお終いです。

このくらいのメニューだったら苦にはならないと思います。寝る前に全身をリラックスさせる事が大前提なのです。今回例に上げているストレッチ運動以外にも、アナタが知っているメニューに変更しても大丈夫です。

メニュー最後に行うヨガポーズですが何でも構いません、。ヨガをする事で呼吸を整えより良い睡眠導入効果をもたらします。ヨガのポーズをあまり知らない人はしかばねのポーズはいかがでしょうか?あお向けになり手のひらを上にするだけの、はたから見たら寝てるだけのポーズです。

今夜から、是非トライしてみて下さい。

夜のすき間時間やせる運動は、睡眠ダイエットにも繋がります

夜の寝る前に行うダイエット運動ですが、運動の内容は身体をほぐす簡単なストレッチ運動と呼吸が要のヨガです。この二つの運動をする事で身体のリラックスを促し、よりよい睡眠導入ができるようにするためです。

夜寝る前のダイエット運動は、やせる体を作る第一歩です

アナタは夜なかなか寝付けない日が続くと、どのような事になりますか?まず一番に睡眠不足になり体の不調に気づき、心も不調になっていくと思います。

変に食欲が出たり逆に食欲がなかったり、便秘になったりお腹を下したりするかも知れません。

そして知らないうちに、やせにくい身体になってしまいます。

そうならないようにまずは夜寝る前のすき間時間を利用して、一日の疲れた体をほぐしてあげるやせる運動ダイエットをして下さい。この寝る前のワンクッションがあるのとないのとでは、かなりダイエットの効果に差がでます。

より良いダイエット効果をもたらし、アナタの美ボディ作りのお役に立てれば嬉しいです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.