鼻は痩せることで小さくなる!あきらめていた顔の悩みを解消

鼻は普段から周りの人に目につく部分なため、大きさや形を普段から気にしている人も多いのではないでしょうか。特に鼻が大きくて悩んでいる人や、形が歪で嫌だと悩んでいる女性の人もいるはずです。

今回は、鼻は痩せることで小さくなるのか?または形を整えることができるのか?紹介していきます。鼻は努力次第で小さくすることもできますし、形も矯正することができます。

今まで鼻の大きさや形を諦めていたという人は、この機会に整えてみてはどうでしょうか。鼻のことで悩んでいる人は参考にしてみてください。

痩せると鼻も小さくなるって本当なの?そもそも小さくできる?

お腹周りや下半身のダイエットをして痩せた場合、鼻も一緒に痩せるのか?と疑問に思う人はいませんか?

結論を言いますと、人によっては痩せることで顔の脂肪もスッキリして鼻を小さく見せることも可能です。

ただし鼻の骨格などが変わることはありませんので、鼻の形はダイエットでどうすることもできません。鼻の形を変えたいという場合は整形を受ける、または矯正などをして鼻の形を変える努力が必要です。

では鼻だけ痩せることはできるのか?他の部位は大きくないけど、鼻が大きいことで普段から悩んでいる人は解消方法を知りたい人もいるでしょう。

鼻だけを痩せることはなかなか難しいですが、顔と一緒に痩せることは可能です。

  • 顔の脂肪を落とす
  • むくみを取る
  • 鼻の皮膚を柔らかくする
  • 器具を使う

鼻を小さくすることができないと思っていて、大きい鼻のことを諦めていた人はこの機会に小さくする努力をしてみてはどうでしょうか。鼻が大きい原因により、鼻を小さくする方法も変わってくるため、まずは鼻が大きくなってしまう原因も知っておきましょう。

知っておくと痩せる時に役立つ!鼻が大きい原因

鼻が大きくなってしまう原因はいくつかあります。その中でも日本人に多いと言われている理由は主に2つです。

  • 皮膚が厚い
  • 軟骨が平べったい

この2つが原因であることが多く、よく団子鼻なんて呼ばれています。「皮膚が厚い」これの確認方法は簡単で実際に鼻を触ってみるとわかります。触ってみて他の皮膚と比べてみてください。人によってはわからないという人もいるかもしれませんが、触るだけで皮膚が厚くなっているのかわかります。

鼻の形は軟骨によって変わります。そのため軟骨が平べったい人は鼻が平らに見えてしまいますし、鼻の穴が大きく見えてしまうこともあります。鼻が大きく見えてしまう原因はこれだけではありません。

  • 鼻に脂肪が付いている
  • 鼻の筋肉が衰えている
  • むくんでいる
  • 硬いものをよく食べる

どの部位でもそうですが、脂肪が付いているとその部位は太くなってしまいます。脂肪が付くと鼻も大きく見えてしまうため、太っているという人は脂肪が原因で鼻が大きく見える場合もあります。

筋肉が付いていないと脂肪が付きやすくなるということを聞いたことがあるでしょうか。鼻にも筋肉はあり、歳を重ねるごとに鼻の筋肉は衰えてきてしまいます。鼻の場合は脂肪が落ちにくくなってしまいますし、鼻先の位置が下がってしまう原因にもなるため、団子鼻になり鼻が大きく見えてしまいます。

鼻が大きい原因は、鼻先がむくんでいることが原因の場合もあります。特に頬と小鼻の上あたりの境界線がはっきりしていない人は鼻がむくんでいる可能性が高いため確認してみることをおすすめします。知らない人も多いと思いますが、鼻先は老廃物が溜りやすくなっており、むくみやすいため、女性の人は注意が必要です。

人は食べ物を食べる時に、食べ物を噛み締めますが、噛み締めも鼻の大きさに関わっています。特に硬いものを多く食べる人は噛み締めによって鼻が大きくなっていることが考えられます。

なぜ噛み締めにより鼻が大きくなってしまうのか?鼻にも骨がありますが、硬いものを食べる時に鼻の骨が歪んでしまうことがあります。それにより鼻が大きくなることもあります。

このように鼻が大きくなってしまう原因は、何気ない日常生活の中にも潜んでいます。鼻は努力によって小さくすることもできるため、鼻が大きいことで悩んでいる人は痩せる、小さく見える方法を試してみてはどうでしょうか。

鼻は小さくなる!自宅でも試せる痩せるため方法

鼻は小さくできないと思っている人もいますが、自宅でも痩せることができます。

比較的簡単にできる方法もあるため、鼻が大きいことで悩んでいるという人は試してみてはどうでしょうか。まず鼻が大きくなる原因には「顔の脂肪」が原因である場合があります。この場合は顔の脂肪を落とすことで鼻を小さくすることができます。脂肪を落とすためにはマッサージやストレッチが効果的です。

鼻の脂肪を取るマッサージはいくつかありますが、簡単な方法を照会します。まず両手の人差し指と中指で小鼻を挟むようにしましょう。小鼻を挟むことができたら指を動かしてマッサージを行います。これだけでも毎日続けると小鼻の脂肪を落とす効果があるため試してみてはどうでしょうか。

顔のむくみを解消すると鼻は小さくなる!マッサージを試してみよう

鼻が大きくなってしまう原因には「むくみ」も含まれています。鼻のむくみだけではなく、顔のむくみも鼻が大きく見えてしまう原因となるため、鼻を小さくするのであれば顔のむくみを解消しなくてはいけません。

顔のむくみもマッサージをすることで解消できるため、マッサージを試してみてはどうでしょうか。方法としては、まずは首を前後左右に回して血流をよくしてください。

その後、頬骨の下あたりに手を当ててこめかみまで押し上げましょう。それができましたら顎の下に親指を当てて耳の下まで親指を押し上げていき、そのまま首の両脇を上から下にさすってみましょう。最後に鎖骨を押して終了です。

女性の人はむくみで悩むことが多く、むくみが原因で鼻が大きく見えてしまうということも十分考えられます。「鼻が大きく見える」「むくみやすい」という人は、むくみを解消することで鼻をスッキリさせることができるためマッサージをしてみてはどうでしょうか。

鼻の皮膚を柔らかくして鼻を小さく見せよう!

鼻の皮膚が厚くなっていると鼻が大きく見えてしまうことがあります。その場合の対処方法は鼻の皮膚を柔らかくすることで、鼻を小さく見せることができるため、鼻の皮膚を柔らかくしましょう。

では鼻の皮膚を柔らかくする方法は?と聞かれるとわからない人もいます。簡単な方法から言うと、マッサージや洗顔で鼻の皮膚は柔らかくすることができます。

例えばオイルマッサージで鼻をマッサージする方法があります。鼻筋を上から押しながら小鼻をつまみ上げるイメージでマッサージしてみましょう。その後にオイルが顔になじみ、温タオルやスチームを使うことで鼻の毛穴汚れも解消することができます。

鼻が小さくなるだけではなく、同時に汚れも落とせるため女性の人にはお勧めの方法なのではないでしょうか。さらに、顔の結構もよくなるため、むくみからの団子鼻も解消できるため、効率的な方法と言えます。

鼻の皮膚が厚い人やむくみで悩んでいる人は試してみてはどうでしょうか。

効率的に痩せる!?鼻を小さくするなら器具を使ってみよう

ダイエットで痩せるというと、何かしらの器具を使うというイメージも強いでしょう。鼻を小さくするための器具もあるため、鼻を小さくしたいのであれば器具を使ってみてはどうでしょうか。

器具を購入しなくてはいけませんが、効果的に痩せることができる器具もあるため、鼻を小さく見せたいという人にはおすすめの方法と言えます。ただし、器具を用意する必要があるため、お金が掛かることがリスクになります。

また、器具を使っても効果がないという可能性もあるため、器具はマッサージなどをして効果が得られなかった場合に試してみると良いでしょう。鼻の大きさは骨格も大きくかかわりがあり、使うと骨格の矯正ができる器具もあります。

鼻を小さくするための器具はさまざまなメーカーから発売されているため、自分に合いそうなものを探して試してみてはどうでしょうか。

鼻は冷やして刺激を与えると引き締まる

ちょっと変わった方法ですが、鼻を冷やすことで鼻を小さくすることができます。なぜ冷やすことで小さくなるのか?とい言うと、脂肪からできている鼻は冷やすことで刺激を受けて引き締まっていきます。

簡単な方法に聞こえますが、毎日続けないと効果はありません。暖かい時期に行う方法としては、良い方法と言えますが寒い時期にはつらい方法と言えます。洗顔した後に行うと効果的であるため、試してみてはどうでしょうか。

行動によって鼻が大きくなる!普段の日常生活にも注目

鼻は普段の何気ない行動からも大きくなってしまうことがあります。

以下の行動をよくする人は、その行動が鼻を大きくしている原因の可能性があります。

  • 口呼吸
  • 鼻に指を入れる
  • うつ伏せで寝る
  • 鼻先をつまむ
  • 鼻にティッシュを詰める

このように5つの行動が鼻を大きくしてしまう原因となります。普段無意識にしていることでも、何気なくしてしまう行動がある人も多いのではないでしょうか。

例えば口呼吸ですが、普段は鼻で呼吸をしていても気づいた時に口呼吸をしていたということはないでしょうか。口呼吸をすると、鼻が大きくなってしまう理由としては筋肉が衰えてきてしまうからです。

顎の筋肉が衰えてしまい顔がたるんでしまいますし、小鼻の回りの筋肉が衰えることにより小鼻が横に広がってしまいます。それにより鼻が大きくなったり見えたりしてしまうため、何気ない口呼吸には注意が必要です。

鼻呼吸をすることでこれは防ぐことができるため、普段の生活の中で鼻呼吸を意識してみると良いでしょう。

鼻に指やティッシュを入れると鼻が大きくなる

子供のころに経験している人も多いと思いますが、鼻に指を入れると鼻が大きくなってしまうことがあります。理由としては、鼻に指のようなものを入れると小鼻を内側から広げてしまうことになります。

そうすると小鼻を内側から広げた形を軟骨が記録してしまい、鼻が大きくなってしまいます。大人の人でも子供の時の癖などで鼻の中に指を入れてしまう人や、寝ている時に無意識にしているという人も多いため注意が必要です。

また、よく鼻血が出るという人も注意が必要です。鼻血が出た場合、鼻にティッシュを詰める人がいますが、その行動も鼻が大きくなってしまう原因となります。

理由としては、鼻に指を入れた時と同じです。つまり鼻に指やティッシュの他に何か入れてしまうと大きくなってしまうことがあるため、鼻に鼻にも入れないようにしましょう。

うつ伏せで寝ているだけで鼻が大きくなるって本当!?

うつ伏せで寝る人は意外と多いのではないでしょうか。うつ伏せで寝ていると鼻が大きくなる原因となることがあります。正確に言えばうつ伏せで寝ており、なおかつ鼻を押しつぶしている場合に、鼻が大きくなってしまう原因となります。

理由としては鼻が押しつぶされると、鼻はその形の癖が付いてしまい、鼻が大きくなってしまうことがあります。うつ伏せになる時は、寝ていることが多いため、無意識に鼻を押しつぶしてしまっている可能性もあります。

無意識なため、なかなか対処することは難しいですが、寝る時はできるだけうつ伏せにならないようにすると良いでしょう。

癖で鼻先をつまむ人は注意!刺激で大きくなることも

鼻先をつまむ程度では鼻は大きくならないというイメージがありますが、つまむだけでも鼻が大きくなることもあります。鼻は刺激を与えることで皮膚が厚くなってしまい大きくなってしまうことがあります。

無意識に鼻先を触ってしまうという人もいると思いますが、あまりやり過ぎないように普段の生活で意識してみましょう。

鼻は小さくする必要はない?痩せるメリットは何?

鼻を小さくするメリットとしては、やはり見た目でしょう。小さい鼻の人はスッキリとした印象を他人に与えることができ、他人に与える印象も良いものとなります。鼻を小さくする大きなメリットと言えるでしょう。

ではやっぱり鼻は小さい方がいいのか?というと女性の人はやはり小さい方が良いでしょう。鼻を小さくする方法は豊富にあり、すぐに小さくするということは難しいですが、時間をかければ小さくできますし、鼻の形もある程度矯正することができます。

鼻は生まれつきで形が決まっていると思い、大きい鼻であることを諦める人もいますが、あきらめる必要はありません。現在なら、整形の手術や、何かしらの器具を使うことで小さい鼻を手に入れることは可能であるため覚えておくと良いでしょう。

鼻を小さくする必要はない!?メイクで小さく見せる

鼻の大きさは自分が気になるだけで、周りはそれほど気にしていないことも多いです。そのため、あまり鼻を気にしないという人は小さくする必要もないため、気にしすぎというのも良くありません。

それほど鼻の大きさは気にならないけど、一度小さい鼻を経験してみたいとか、何かしらの理由で小さい鼻にしたいという場合はメイクで小さく見せるという方法もあります。

メイクでならば今現在の鼻を手放さずに小さい鼻を一時的にとは言え手に入れることができるため、一度試してみてはどうでしょうか。メイクの手間はありますが、痩せること以外で簡単に小さい鼻を手に入れることができます。

鼻は努力で小さくなる!痩せるためには毎日頑張ろう

女性の人で鼻に関して悩んでいる人は多いです。例えば鼻が大きくて悩んでいる人や鼻の形で悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。

鼻は痩せることができない、もしくは形を変えることができないと考える人もいますが、そんなことはなく痩せることもできれば形も矯正できます。

鼻が大きくなってしまうことには原因がいくつかあります。代表的なものだと、「脂肪が付いている」ことや「むくみ」など原因は複数あります。

鼻が大きくなってしまう原因により、鼻を小さくする方法も違うため、人に合った方法で鼻を小さくする必要があります。

例えば脂肪が原因という人は、鼻の筋肉を鍛える、もしくはマッサージなどで脂肪を落とすといった対処方法があります。鼻の形が原因である場合は、整形するか矯正するための器具を使うなど対処方法があります。

鼻が大きい原因が脂肪であったにも関わらず、鼻のむくみを解消する方法を実践していると鼻が小さくすることはできないため、まずは鼻が大きくなってしまう原因を見つけましょう。その後に原因に合った対処方法をすることで、効果的に鼻を小さくすることができます。

鼻を小さくする方法は、自宅でできるものも多いため、簡単に始めることができます。鼻が大きいことで悩んでいるという人は、まず自宅でできることから始めてみてはどうでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.