ダイエットで手足にしびれ?危険な自己流を正して痩せる食生活にする

最近体重が増えてきた…そんな人はダイエットをしようか検討する人もいるのではないでしょうか。ダイエットは簡単に行える方法も多くあるため、始めるだけならばすぐにでも始めることができます。

しかしダイエットの方法を正しく理解していないと痩せる事もできませんし、体に不調が出てしまうこともあります。例えば太ってしまうこともあるし、手足のしびれを感じてしまうということもよくあります。

なぜ太ってしまうのか、手足のしびれなどの不調が出てしまうのか解説していきます。

ダイエットの方法は正確に!誤りは手足のしびれの原因に

ダイエットをする時に誤った方法で始めてしまうと手足のしびれなどの症状が出てしまいます。同時にダイエットの失敗につながることもあるため、これからダイエットを始める人は正しい方法を理解してから始めるようにしましょう。

ではなぜ手足のしびれが起きてしまうのか?主な理由としては栄養失調が考えられます。

ダイエットの定番は食事制限や糖質制限です。初めてダイエットをする人は食事を制限して始める人が多いです。食事制限の事をよく知らない人は極端に食事を制限する人も多いです。

極端な食事制限をすると、摂取する栄養も減ってしまい体に必要な栄養が不足してしまいます。それが栄養失調となり、手足のしびれなどの症状として出てしまいます。

ダイエットを始めて手足のしびれなどの症状が見られたらダイエットは中断して医師に相談してみましょう。

誤ったダイエットをしたときに出る症状は手足のしびれだけではない

誤ったダイエットをしたときに出る症状は手足のしびれだけではありません。

  • だるい
  • めまい
  • 便秘
  • 肌荒れ
  • 冷え性
  • イライラしやすくなる
  • 不眠症
  • むくみ

他にも栄養失調になってしまうと重い症状が出ることもあるため、症状によってはダイエットが継続できなくなってしまうこともあります。また症状によっては太りやすくなってしまうこともあり、リバウンドの原因となってしまうこともあります。

例えば便秘や冷え性、むくみは太ってしまう原因となることも多いですし、ダイエット時に発生しやすい症状とも言えます。便秘や冷え性、むくみは女性の人に出やすい症状でもあるためすでに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

正しいダイエットをすれば便秘や冷え性、むくみなども解消できることもあるため正しいダイエットをして痩せるだけではなく健康な体も作りましょう。

ダイエットで手足のしびれを出さないために!食事制限は正しい方法で

手足のしびれなどダイエットで体に悪い症状を出さないためには、正しい方法で痩せる必要があります。特に食事制限をする時には必ず正しい方法で痩せるようにしましょう。

始めてダイエットをする人は食事制限で痩せるなら「とにかく食べる量を減らす」と考えている人もいるのではないでしょうか。極端に食べる量を減らしてしまうと、栄養が不足してしまい手足のしびれなどを症状が出てしまいます。

極端に減らすのではなくいつも食べている食事を少しだけ減らすダイエットから始めてみてはどうでしょうか。人によっては食べる量を減らすことでダイエット効果に期待できる場合があります。

極端に食事を減らしてしまうとストレスの原因になってしまい、精神的面から体に悪い症状が出ることもあります。

極端な食事制限は手足のしびれだけではなく、ダイエットの失敗になることもあるため、極端な食事制限はしないで無理のない範囲で食事制限を行うようにしましょう。

食事制限は品数を減らすと栄養失調の原因に!

食事制限をする時に、品数を減らしてはいけません。具体的な例としては食事にサラダを出さないと決めたら全くサラダを出さないとか、肉料理を全く出さないとか、食事の用意としては簡単ですが、これだと栄養が偏ってしまいます。

食事制限をするのであれば品数を減らすのではなく、1種類の量を減らして食べるようにしましょう。例えば肉料理であれば、半分だけ食べるとか小分けにして食べるなど品数を減らさないように食事をするようにしましょう。

また食事制限をする時にたんぱく質を避けてダイエットを行う人もいます。たんぱく質を避けて食事制限をすると当然ですがたんぱく質が不足してしまい体にもよくありません。

ダイエットをするのであれば肉や魚、卵といったたんぱく質が含まれている料理も食べるようにしましょう。肉や魚を食べると太ると考える人もいますが、タンパク質はダイエット時に欠かせない栄養であるためダイエット時には避けないようにしましょう。

ダイエット中の食事は朝たくさん食べると効果的

ダイエットをするのであれば一日二食や一日一食にした方が良いと考える人もいますが、それはよくありません。すでに紹介している通り栄養失調の原因になってしまうため、ダイエット中でも一日三食規則正しく食べるようにしましょう。

ダイエット時には朝食に沢山食べると痩せやすくなります。理由としては朝食事をして摂取したカロリーは1日行動することで消費することができます。しかも朝もしくは昼であれば代謝も活発になっているため脂肪も燃焼しやすくなっています。

逆に夜は食事をしたら後は寝るだけである場合が多く、それ以上カロリーを消費することができません。そのため晩御飯を沢山食べてしまうとカロリーを消費しきれない食べ太る原因となってしまいます。

食事をするのであれば朝か昼の食事は多めに食べて夜は少なめに食べるとダイエットにも効果的です。

食事制限は簡単ではない!甘く考えているとダイエット失敗することも

食事制限というと簡単に行えるイメージがあるため、食事だけでダイエットを始めようとする人がいます。食事制限のみでダイエットをすることはもちろん可能ですが、同時に失敗してしまう可能性も高いです。

  • 空腹に耐えられなくなる
  • 体重が減らず挫折
  • リバウンド
食事制限をして食べる量を減らすと空腹を感じることが多くなることもあります。そこで我慢できずに食事以外で食べてしまうと太る原因となってしまいます。さらに今までの我慢の反動から食べ過ぎてしまうこともあるため、ダイエットは空腹の対処方法も用意しておく必要があります。

食事制限は消費カロリー面を見るとあまり効果的とは言えません。そのため劇的に痩せるということができず、時間をかけて痩せなくてはいけません。人によってはなかなか効果が出ずに途中で挫折してしまう人もいます。

途中でやめてしまうとダイエット後はリバウンドしやすい体になることが多いため、余計に太ってしまうことも考えられます。ダイエットをするのであれは劇的な効果に期待するのではなく、初めから時間をかけて行う物と考えてダイエットをしましょう。

食事制限に運動と筋トレも混ぜてダイエット!

食事制限のみだとダイエットに失敗しやすいため、「運動」と「筋トレ」もダイエットに混ぜてみてはどうでしょうか。

運動と筋トレをすることでメリットも多いため、体を動かすことが苦手という人も検討してみてください。運動で体を動かすことでカロリーを消費することができるため、脂肪を燃焼させることができます。

食事制限では大幅にカロリーを消費することができないため、運動をしてカロリーを消費するとダイエットが効果的になります。また体を動かすことでストレスの解消になる点もメリットです。

食事制限や糖質制限ダイエットは普段食べられないものが食べられずに少なからずストレスを感じてしまいます。そのストレスを運動することで解消でき、ストレスからくるリバウンドも防ぐことができます。

食事制限や糖質制限など体を動かさないダイエットをしていると筋肉が徐々に衰えてしまいます。筋肉が衰えてしまうと代謝が低下してしまい、脂肪が燃焼されにくくなります。また脂肪も付きやすくなってしまうため、太る原因となることも考えられます。

筋肉を付けることで代謝を上げることができ、脂肪も燃焼しやすくなります。筋肉を付けるといわゆる痩せやすく太りにくい体を作ることができるためダイエットも成功しやすくとても効果的です。

筋肉を付けることで体がたるむということもなく、ダイエットで痩せた時に引き締まったキレイな体に痩せることができます。見た目もきれいにして痩せたいのであれば食事制限や糖質制限だけでなく、運動と筋トレもダイエットに混ぜてみてください。

運動と筋トレが苦手・辛いなら簡単なものでもOK!

運動をダイエットに混ぜたいけど、体を動かすことが苦手という人もいるのではないでしょうか。運動といっても難しく考える必要はなく、例えばジョギングやウォーキングでも問題ありません。

むしろジョギングやウォーキングはダイエットに効果的な有酸素運動なためぜひとも取り入れてみてください。ジョギングやウォーキングをしている時間がないという人は、普段から歩く量を増やしてみると良いでしょう。

近場への移動は徒歩にする、通勤時にエレベータなどを使わずに階段を使うなど普段の生活の中で運動を取り入れることもできます。筋トレはジムなどに通う必要はなく、例えば腹筋や腕立て伏せ、スクワットといったもので問題ありません。

激しく運動・筋トレをする必要はありませんが、全く負荷がかからないと効果が低いどころか全く効果がないことも考えられます。

運動と筋トレをする場合は、自分の無理のない範囲で体に負荷がかかるようにしましょう。

運動や筋トレで体を動かし過ぎるとダイエットの挫折に!

運動や筋トレをダイエットに混ぜるのであれば、体の負担のかけ過ぎに注意しましょう。体を動かせばそれだけカロリーを消費することはできますが、体への負担も大きくなってしまいます。

それにより体を壊してしまうこともあり、体を壊してしまうとダイエットを継続できなくなってしまう可能性もあります。運動や筋トレをするのであれば、少し息切れする程度に抑えて体を動かすようにしましょう。

運動や筋トレをする時にあまり過酷なものだと続けているうちに「辛い」と感じるようになります。辛いと感じるとだんだんモチベーションが下がってしまい、途中であきらめてしまう可能性が高いです。

運動や筋トレを途中でやめてしまうとリバウンドしてしまうこともあるため、ダイエットの途中で運動、筋トレをやめるのはよくありません。自分で辛いと感じたい範囲であれば、継続もしやすいため痩せる事もできますし、太る可能性も少ないです。

ダイエットで痩せるのであれば毎日無理なく行える運動、筋トレをするとダイエットも成功しやすいです。

手足のしびれなどの症状を出さないようにダイエットしよう!

ダイエットの方法が間違えていると手足のしびれなどの症状が出ることもあります。ダイエットでは「便秘」や「冷え性」「肌荒れ」といった症状が出る人も多く、太る原因となることもあります。

このような症状が出る場合、食事制限による「栄養失調」が原因である場合が多いため、食事を改善する必要があります。また症状が気になり不安という人は医師に相談して対処するようにしましょう。

ダイエットで痩せる場合「食事制限」や「糖質制限」が定番ですが、食事制限だけのダイエットもしくは糖質制限だけのダイエットは失敗してしまう可能性が高いです。先ほど紹介したように手足のしびれが出てしまうこともあれば、リバウンドしてしまう失敗してしまうこともあります。

ダイエットをするのであれば食事制限だけではなく、適度な運動と筋トレも一緒に行い筋肉を衰えさせないようにしましょう。筋肉が付いていれば体の代謝が下がらずに痩せにくくなりますし、痩せやすい体質を作ることもできます。

バランスの良い食事を一日三食規則正しく食べ、適度な運動と筋トレをしてダイエットをすれば健康にも良い影響を与えますし、ダイエットも成功しやすいです。

極端に食事制限をしたり、激しい運動・筋トレをしたりせずに自分の無理のないダイエットをしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.