ダイエットしてもきれいに見えない…それってあばら骨の歪みかも

体重は変わらないのに、だんだんくびれがなくなってきた…。体全体がたるんできたような気がする…。太っているわけではないのに、どんどんオバサン体型が進んできていると感じている女性は多いのではないでしょうか。

体重は増えていないのに体型が変わってきているのは、あばら骨の位置がずれてきているのかもしれません。じつは、あばら骨の矯正はダイエットの効果があるとして、いま注目されてきているのです。

もしあなたが体型の崩れに悩んでいるのなら、、生活習をチェックして、あばら骨の位置がずれていないか確認してみましょう。

あばらは本来の位置からずれやすい。自分の姿勢を見直そう

どんなにダイエットしても、なぜかお腹は常にポッコリ出ている。こんな人は、普段自分がどんな姿勢ですごしているかチェックしてみましょう。デスクワークなどでつねに前かがみになっていると、お腹の筋肉がきちんと使われず、どんどん衰えてしまいます。そうなると、お腹をしっかり支えることができなくなってしまいます。

お腹の筋肉がなくなると、内臓が下のほうへ下がってきてしまいます。結果、お腹が突き出たおばさん体型になってしまうのです。また、猫背を放っておくと肋骨が横に広がったり、必要以上に前に突き出てきたり、左右の位置がずれてきたりします。こうなると、肩幅やウエスト、バストもつられて横に広がってきて、ウエストにくびれのない寸胴体型の原因になってしまいます。

仕事がデスクワーク中心だったり、日中動くことが少ない人は意識して姿勢を正さないと、どんどん体型が崩れてしまいます。

きれいに見えないだけじゃない!健康面に問題も…!

あばらには臓器をしっかり抱えて守る役目があるのですが、ずれたり横に広がったりしていると内臓がしっかり支えられず、正常に機能しなくなる可能性があります。

また、あばらは呼吸にも大きく関係しています。ゆがんだり、ずれたりしていると深い呼吸ができません。

普段から浅い呼吸しかできないと、リラックスすることができず、疲れが取れなかったり、ストレスをためやすくなます。

そうなると、めまいや吐き気、偏頭痛、倦怠感が抜けないなど自律神経失調症の症状が出ることもあります。また、上手く呼吸ができないと、足りない酸素を補おうとするために口呼吸になります。口呼吸は空気中の汚れをフィルターなしで吸い込むことと同じです。

口が渇くだけでなく、睡眠の質の低下や免疫力の低下に繋がり、アレルギー性鼻炎や喘息の原因になることもあります。

あばらは、背骨、骨盤、脚の骨にも繋がっています。あばらがゆがんだり、ずれたりしていると、背骨が緊張しやすくなり、肩こりや腰痛の原因になることもあります。姿勢が悪いと、歩くときも体に無理のかかる歩き方になるため、O脚になることもあります。

あばらが広がっていると、ダイエットの効果が充分に得られないだけでなく、健康面にもいろいろな悪影響を及ぼします。

ダイエットしても思うようにやせられない、つねに体のどこかに不調を感じている人は、あばらがずれていないか一度チェックしてみましょう。

あなどれないあばらのずれ。正常な位置に戻す方法が知りたい!

最近はあばらのずれが体型に大きな影響を与えるということが少しずつ認識されつつあるようで、あばらの矯正に整体院に通う女性も増えてきているようです。

エステにもあばらの矯正に力を入れているところが出てきています。料金は10,000円~15,000円のところが多いようです。整体院に通う場合は、必ず施術する整体師の履歴をチェックするようにしましょう。整体師の技術はピンからキリまであります。

しっかりした技術をもった整体師にかからないとさらに体のゆがみを助長したり、体調を崩すことになりかねません。

整体院は慎重に選びましょう。

高い施術料を払いたくない、一人でコツコツ続ける自信があるという人であれば、自宅でできるエクササイズやストレッチを試してみるのもいいでしょう。ただし、ネットのストレッチ方法は玉石混交ですし、効果が表れるのに時間がかかります。最低でも3週間~1ヶ月は休まず続けて、根気よく自分にあった方法を探しましょう。

一人で続ける自信がなければ、あばらを締める効果のある呼吸法をとりいれたヨガもあるので、教室に通ってみてもいいでしょう。あばらのずれを矯正するには、時間がかかります。どんな方法でもあせらず、楽しみながら続けられるものを探しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.