二の腕痩せにはペットボトルを使ってみよう!トレーニングのコツ

女性に取って、全体的に綺麗にダイエットするのはなかなか難しいものです。幸いにして腰、お腹は服を着るので隠すことは十分可能なのですが、実は隠せない所もあるのをアナタはご存知ですか?

足と言われるアナタ。確かにそうです。ですが足はジーンズなどのズボン類をはけば、隠すことが出来ます。それでも女性の体で隠せない所があるのです。

それが二の腕なのです。長袖を着れば、完全に隠れますが、暑い夏など半そでを多く着る時期はどうしても見えてしまいます。

二の腕も結構たるみやすく、悩みの種になりがちです。今回はそんなたるんだ二の腕をどんな形で痩せる方法があるのかを探ってみましょう。

現代女性の二の腕!どうしてこんなにたるみやすくなったの?

足はジョギング、ウオーキングなどで動かす機会が多いです。一方の手とか腕はどうなんでしょうか?

確かに手ははしを使って食べたり、あるいは鉛筆などで文字を書いたり、パソコン、スマートフォンを触ることなどが多いです。

ですが肝心の腕、ことに二の腕部分となるとそんなに動かすことがないと思いませんか?そうなんです、現代人は二の腕を動かす習慣などは殆どありません。

では昔はどうだったのかといいますと、結構二の腕は動かすことが多かったのです。

昔の女性の生活習慣!家事で二の腕を結構使っていた!

現代は電化製品が物凄く進化して、家事も随分楽になってきました。洗濯機は二層式から全自動に変わり、食後の後片付けにしても、手洗いから食器乾燥機が登場しました。

掃除機にしても、今や何処の家庭にあって当たり前の時代です。

現代は家事の殆どを電化製品がしてくれるのです。昔の女性、特に大正、明治時代などさかのぼりますと、家事は殆ど手作業で行われていました。

  • 畳の部屋などはほうきではく
  • 洗濯は洗濯板を使って、腰をかがんでしていた
  • 洗濯物を高い所に干す場合は、背伸びをしてかなり腕を上の方に上げていた
  • 針仕事が多かった
  • 床などは全て雑巾がけ
  • 食後の後片付けも全て手洗い

まだまだ事例としてはいくつかあるかもしれませんが、昔の女性の家事はいかに大変だったことが分かります。

とにかく昔の女性は、家事を全て手作業で行っていたので、二の腕を使うことが多かったのです。

それが現代はどうでしょうか?電化製品の進化のお蔭もあって、家事をするにも昔と比べて随分楽になり、二の腕を使うことが少なくなってしまいました。

ですから二の腕を動かす習慣が、昔と違ってなくなり、筋肉が衰えてたるみやすくなってしまったのです。

何処の部分の筋肉もそうですが、使わないと弱っていくのは確かに言えますね。

気が付いたらプルプル脂肪!二の腕を痩せる方法ってないの?

若い頃は肌もつやつやで、ことに女性の腕はぷにぷにやわらかいです。しかし、これを動かさずに放置しておくと、ある程度の年令まで達した時にプルプル脂肪がついてしまいます。

お風呂上がりなんかで、一度アナタの二の腕を確かめてみてください。

プルプル脂肪がついて、あ~、太くなってる!なんて気づいた方は多くいらっしゃるかと思います。

夏の半そで時期に、この脂肪のついた二の腕、せめて今よりも痩せたいな~と思うアナタ。是非痩せる方法があれば、知りたいと思いませんか?

身近に二の腕を痩せる方法!お風呂掃除がきく

これは自分自身が毎日実行していることですが、二の腕を少しでも痩せさせるために、毎朝お風呂掃除を欠かさずしています。

お風呂は特にカビの生えやすい場所でもあるので、少しでも汚い場所を発見したら、お風呂用洗剤でゴシゴシ磨いています。これはあちこちに手を伸ばすことが多く、二の腕を痩せるだけでなく、結構な運動にもなります。

でも朝から体力使うことをすると、後の家事とか仕事に支障が出るので、ほどほどにしています。

やはり全身を使いながら、二の腕を痩せることは難易度が高いです。

難易度高いなら?ペットボトルでトレーニングを!

全身運動はやはり毎日すると、疲れますので、もしアナタが部分痩せで二の腕を細くしたいと希望したいのであれば、ペットボトルを使うことをお勧めします。

あのスーパーやコンビニで販売されている、お茶やジュースのペットボトルの空き瓶でいいのです。

別にスポーツジムへ行って、ダンベルを使ってトレーニングする必要はありません。ダンベルは結構重いので、素人が使うと筋肉痛になりやすいです。

それに筋肉痛だけでなく、どんな形で腕を痛めるのかの不安もあります。

身近なペットボトルを使うことによって、二の腕を痩せるにはどうしたらいいのかをご紹介します!

実に簡単!二の腕はペットボトルを使って痩せること可能だ

どうしても年齢と共にたるみやすくなる二の腕ですが、どうせ痩せるのなら、お金をかけないで実行したいものです。

それでは二の腕を痩せるためのペットボトルを使ったトレーニングのご紹介です。

二の腕を痩せたい!ペットボトルを使ってトライしよう!

何処の箇所でも言えることですが、一度ついた脂肪は本当に取りにくいものです。

そこで今回はペットボトルを2本用意して、二の腕を痩せるための簡単なトレーニング方法は何があるのかをお教えします。

  • 500mlのペットボトルの空き瓶2本を用意
  • 空き瓶の2分の1に水を入れて、トレーニング準備

もうこれらをするだけで、トレーニングの準備は完了です。ではトレーニングの仕方です。

水の入ったペットボトルを両手で持って、少しずつ上に持ち上げて行きます。この時、力を入れる必要はありません。

そして上に持ち上げた状態から、少しずつ横へおろしていき、左右ゆっくりと腕を曲げてみましょう。

腕曲げは10~20回行うのがベストです。それからもう一度両腕を上に持ち上げて、今度は左右の二の腕から関節部分をゆっくりと曲げてみましょう。これも回数的には10~20回がお勧めです。

ペットボトルの水は空き瓶いっぱいに入れる必要はありません。一杯に入れてしまうと、トレーニングする両腕に負担がかかってしまいます。

出来れば、毎日自分の決めた時間に行うのが、ベストな方法と言えます。二の腕を動かすトレーニングを毎日すると、徐々に痩せる効果が出てきます。

肩こりの酷い時は要注意!二の腕痩せにペットボトルは使えない

脂肪でたるんだ二の腕を水の入ったペットボトルで痩せる効果があることは判明しました。

ですがここで皆さんに注意しておきたいことがあります。

どんな時でも腕の状態がいいとは限りません。仕事や家事で疲れて、肩こりを訴える人も少なくはありません。

そんな肩こりの酷い時に、二の腕を痩せるためのトレーニングは極力控えた方がいいということです。

肩が痛くて、そんな状態でペットボトルを使ったとしたらどうなるでしょう?勿論腕はあがりませんし、水の入ったペットボトルは結構重いので、肩を痛めるリスクが高まります。

そういうわけで、二の腕を痩せるためのトレーニングは両腕の調子がいい時に行うようにしましょう。

何処かに痛みを感じるときは思い切って、トレーニングを中止し、少しでも様子が違うと感じる場合は医療機関で診察を受けるなどしましょう。

決して無理はいけません。無理さえしなければ、アナタなりのいい二の腕痩せのペットボトルを使ってのトレーニングが出来ますよ!

そして根気よく毎日トレーニングに励むこと!これも大事です。まさに「継続は力なり」の精神でやっていきましょう!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.