梅酒で痩せることができる理由。梅の力「クエン酸」で健康的になる!

今では、梅酒で痩せることができると言われることが、多くなってきました。

梅酒というと、痩せるよりも太る飲み物と思ってしまいますが、梅酒にはクエン酸が含まれています。クエン酸は体力回復に丁度良いとされてきましたが、今では痩せるためにも良いことがわかってきたため、梅酒のような飲み物の評価も変わってきました。

今回は、そんな梅酒の利点を余さず案内させていただきます。

ほどよい甘さが良い!梅酒で痩せるために知っておきたいこと

梅酒だけでなく、赤ワインに含まれているポリフェノールも体に良いです。というのも、両方ともに以下のような健康効果を秘めているからです。
  • 体が温める
  • 代謝機能を改善する
・代謝機能

新陳代謝は体の機能をより良い状態にする代謝で、基礎代謝は生命を維持する上で行われる代謝のことです。

梅酒、赤ワインは基礎代謝アップに貢献するため、痩せるために梅酒、赤ワインを飲むという行為は、ダイエット上でも認められることが増えてきました。

ただ、人によっては赤ワインの渋味が辛いので、梅酒に切り替える人もいます。梅酒は氷砂糖を使用して調理されるため、基本的に酒の中でも甘味が強い飲み物です。

クエン酸以外では、ミネラル、ビタミンなど代謝機能の改善に役立つ栄養成分が多く、使用されている梅は齧(かじ)って食べることも可能なので、食感を楽しむ形でいただくことも可能なのです。余すことなくダイエットに活かせるところが、梅酒の大きな利点でしょう。

その他の利点として、梅酒はアルコール飲料と同じように体温を上げてくれます。体温が安定して上がるようになると、発汗、そして筋肉、神経の疲労回復効果が期待できるようになるので、疲れを除くために梅酒を飲む女性も増えてきました。

体のメンテナンスにも良いので、梅酒はダイエット以外でも好かれているのです。

梅酒を作る際の注意点!氷砂糖を減らして作るようにする

梅酒は、梅のみの甘さでも作ることが可能になっています。

ただ、ダイエットのために渋味を感じる梅酒を作るのではなく、可能な限り氷砂糖も含ませて作るようにしましょう。また、以下のような欠点もあるので、あらゆるダイエット飲料よりも優れているわけではありません。

  • 梅酒が出来上がるまでにかなりの時間がかかる
  • 糖質が高くなりやすい

このような欠点があるので、もし今すぐにでも梅酒ダイエットを始めたい場合は、ドラッグストア、もしくはスーパーで売られている梅酒を買ってくると良いです。梅酒は梅を漬け込んでから、半年間ほどかかるものもありますし、梅のヘタを取り除くといった手間暇も必要となります。

なので、インターネット上で良く見かけるような梅酒は、すでに完成しているものを通販サイト、もしくはドラッグストアなどで購入しているため、調理の手間を省けていると理解したほうが良いです。

それと、他のアルコール飲料と比較して糖質が高いわけではありません。酔いが回りやすいものでもないので、他のアルコール飲料のほうがダイエットに良いと勘違いせず、まずは梅酒でダイエットを行ったほうが賢明でしょう。

補足となりますが、梅酒の場合はビタミン、クエン酸が多く含まれています。ビタミンは脂質、糖質の代謝に効果的で、クエン酸は血流改善効果を期待できる栄養成分となります。

そのため、適量であれば体に良い飲み物なので、糖質が高いことを気にしすぎるよりも、肉体、精神の改善を意識して、健康的な梅酒を継続的に飲むようにしましょう。

梅酒に含まれているクエン酸!今ではダイエットの味方!?

今までクエン酸は、体力の衰え、運動後の疲れを改善するための栄養成分と思われていました。ですが今では、体内のエネルギー代謝を底上げしてくれる、そのような効果があることもわかっています。

エネルギー代謝を底上げするというのは、以下の痩せるために必要な作用があるという意味です。

  • 疲労物質の乳酸を分解する
  • クエン酸サイクルを生み出す

梅酒ダイエットを行うと、本来であれば消費されにくいカロリーであり、エネルギーも代謝という形で使われるようになります。痩せにくい体質の人では痩せることが難しいと言われますが、それは、疲労物質の元である乳酸の分解が難しいからです。

乳酸が上手く分解されない体は、糖質、脂質の代謝がスムーズではありません。つまり、脂肪が蓄積しやすい体質のまま生活することになり、ダイエットのための活動が効果的では無くなってしまうのです。

クエン酸サイクルとは、クエン酸を適度に摂取していると、クエン酸の効果が高まるというメカニズムです。健康に良いものすべてに言えることですが、1回の食事、栄養摂取で体調が激変することはありません。

その代わり、効果が出るようになると良いサイクルが途絶えなくなるのです。これにより太りにくい体質になることもあれば、ダイエット中のストレスを軽減できるようになりますので、結果的に自分の体力に合わせたダイエットを継続できるようになります。

毎日運動を継続しているのに、スリムな体にならない、スリムな体を維持できないという場合は、栄養不足が原因となって内臓、そして代謝の働きが下がっているのかもしれません。つまり、そのような人にこそ梅酒ダイエットは最適なのです。

ダイエット中でもOK!食欲増進効果を期待できる梅酒

近年では、あらゆる目的でクエン酸であり、梅酒ダイエットを行う女性が増えてきました。

というのも、梅酒ダイエットには以下のような効果もあるからです。

  • 食欲増進
  • 免疫力の正常化

痩せるために食事量を減らすという女性は多いです。このような対応は、ファスティングダイエットを通じて知られることもありますが、ファスティングダイエットは、あくまでも体質を変えて痩せるという仕組みになっています。

そのため、途中でやめてしまうと効果が弱まりますし、ファスティングダイエットを始めた人の多くは、2週間前後で音を上げることが多いものです。

また、このようなデコボコのダイエット生活を送っていると、正常な食生活を行えないほど食事制限に慣れてしまう人もいます。しかし梅酒ダイエットの場合は、食事制限が前提というわけではありません。

むしろ、梅の酸味もあり食欲増進する効果を受けるのですが、気分が高揚する、代謝の働きが活性化する、内臓の働きが改善されるため、梅酒ダイエットを続けていると、楽しいと感じることが多いにも関わらず、通常のダイエットよりも痩せやすくなることが多いのです。

しかも、梅酒ダイエットを続けていると、お猪口(ちょこ)1杯分の梅酒でも寝付きが良くなるため、新陳代謝アップに貢献してくれる場面が増えていくのです。近年では、夏の寝苦しい夜に悩まされている人もいますが、このような工夫で睡眠時間を底上げされていると、体の温度が安定するようになり、結果的に免疫力を正常な状態へと戻すことができます。

今では重要視されている!梅酒で快眠を得られるメカニズム

梅酒は痩せる際に効果的なだけでなく、神経にも良いことがわかってきました。

このような効果はアルコール飲料の多くで確認できる効果です。しかし、梅酒ダイエットの場合は、以下のような効果もあり筋肉、神経の状態を改善することができます。

  • 冷え性の改善で神経が良く機能するようになる
  • 生活リズムが安定すると保温性の高い体になる

人の体は、無意識の中で疲労を溜め込むようになり、疲労が目立つようになると精神的ストレスも目立つようになります。

このような体の問題は、男性よりも女性のほうが顕著となっているのですが、女性の場合は、人付き合いが多い、美容を気にすることが多い、家族との付き合い、家事を行う、子どもの世話などでストレスを溜め込みやすいです。

このような形でストレスを溜め込んでいると、その影響で内臓の働きが弱まってしまい、冷え性、便秘、睡眠障害を患ってしまうことがあります。

アルコール飲料は、大量に飲むと体に悪いと言われていますが、適量であれば体に良い効果を多く発揮します。梅酒の場合は、梅、アルコールによる相乗効果が働きますので、体調不良に悩まされることが多いと感じている場合は、梅酒ダイエットが最適かもしれません。

冷え性を放置されていると疲れが取れにくくなることもあります。すると、睡眠を行っても体力回復が難しくなりますし、生活リズムについても崩れやすくなってしまいます。

アルコールは、体内に溜まって発熱を促すという力があり、サウナを利用した時のような発汗が顕著になります。この時、体内に蓄積している老廃物であり、体内の有害物質が排出されるようになると、冷え性、むくみ、便秘を解消しやすくなるのです。

便秘はダイエットの敵でもあるので、痩せにくい体質のため痩せることができない人は、梅酒ダイエットを始めてみると良いでしょう。

梅酒でリラックス!誰でも簡単に作れる痩せる梅酒の作り方

体に良い梅酒ですが、作り方はそれほど難しいものではありません。

以下は一般的な梅酒の材料となりますので、手作りの梅酒を味わってみたい方は、良ければ以下を参考にして作ってみてください。

  • 青梅:1kg
  • ホワイトリカー:1.8リットル(アルコール度数35度以上のもの)
  • 氷砂糖:800g
  • 容器となる瓶:4リットル

瓶が大きく感じるかもしれませんが、4リットルほどの容量を前提として材料の案内を行っているため、中途半端な大きさの瓶を選ばないほうが良いでしょう。

実際に梅酒を作ってみるとわかりますが、青梅が黄色になるまで2週間ほどかかります。

そこから熟成させる作業へ移行するため、飲めるようになるまで約半年ほどかかると思っておいたほうが良いでしょう。

注意点として、瓶が汚い状態になっていないか確認しましょう。瓶を使用せずに放置されていると、瓶底がいつの間にか汚れていることもありますので、熱湯で消毒を行い、その後、しっかりと乾かすようにしないといけません。

それと、梅酒を作る際は青梅のヘタを取るようにしてください。取る方法は簡単で、楊枝、もしくは竹串を使用してヘタを取り除くだけで良いです。

軽い力でヘタを取り除くことができますので、その後は、付着している水気をキッチンペーパーで拭き取るようにします。ホワイトリカー、氷砂糖が多いように感じるかもしれませんが、これらはすべて適量です。

甘味が弱いと味わいが損なわれることもあるので、最初は多めに使用することが肝要です。瓶に青梅を投入する際は、青梅のみを投入するのではなく、青梅、氷砂糖を交互に入れるようにします。

こうすることで氷砂糖がゆっくりと溶けるようになり、味わいがさらに市販の梅酒に近いものとなります。

補足となりますが、3ヶ月後に飲むことも可能です。ですが、味わいに関しては半年ほど寝かせたほうが良いものになるので、このことを理解しておき、時期を見計らって飲むようにすると、美味しい梅酒を用いて、痩せる努力を継続できるようになるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.