女性ならではのぽっこりお腹に効く!ウエスト痩せダイエット法

お腹の下腹が膨らんでしまうことをぽっこりお腹と呼ぶことがあります。ぽっこりお腹になってしまう場合は、何かしら理由があるためそれを解消することでぽっこりお腹も解消することができます。

このぽっこりお腹は女性がなることもあり、悩んでいる人も多いです。特に筋力の低下や脂肪、便秘でぽっこりお腹になってしまうことが多く、そのままにしておくことはあまりよくありません。

ここでは女性でもできるぽっこりお腹ダイエットを紹介していきます。お腹が膨らんでしまい悩んでいる人は参考にしてみてください。

女性がぽっこりお腹になってしまう原因は筋肉の低下が多い!

ぽっこりお腹になってしまうのは、ちゃんとした原因があるため改善したい人はなぜぽっこりお腹になってしまったのか原因を知りましょう。原因がわかればそこから対処方法も分かるため、必ず確認するようにしましょう。

ぽっこりお腹になってしまう原因はいくつかありますが、女性の人でぽっこりお腹になってしまう原因は「筋肉の低下」である場合が多いです。

筋肉の低下とぽっこりお腹に関係はなさそうですが、これにはちゃんと理由があります。筋肉が低下してしまうと、内臓を支えることができなくなってしまい内臓が下腹に下がってしまいます。その下がった内臓がぽっこりお腹の原因となってしまいます。

特に腹筋が低下してしまうと内臓を支えることができないため注意が必要です。注意したい人は普段から姿勢が悪く、猫背になっている人や方や腰を曲げて生活している人は注意が必要です。姿勢が悪いと筋肉が低下してしまうため、結果的にぽっこりお腹になってしまいます。

筋肉の低下がぽっこりお腹の原因であることが多いため、解消したい人は腹筋を鍛えるようにしましょう。

脂肪もぽっこりお腹の原因に!女性の人もなりやすい

脂肪がお腹に溜まってしまうとお腹が出ることがありますが、ぽっこりお腹も脂肪が原因でなることもあります。女性の人は筋肉低下の次に、脂肪がぽっこりお腹の原因にあげられます。

特に皮下脂肪がぽっこりお腹になる原因となり、女性の場合は皮下脂肪が付きやすいため注意が必要です。皮下脂肪というのはお腹のつかめるお肉が皮下脂肪です。皮下脂肪は時間をかけて溜まっていくため、一度付いてしまうとなかなか落とすことができません。

脂肪を燃焼させるためにカロリーのコントロールや運動など、脂肪を燃焼させることで解消できるため運動などをして解消しましょう。

生活習慣に注意!便利もぽっこりお腹の原因になることも

女性の人は便秘になりがちの人も多いのではないでしょうか。便秘もぽっこりお腹の原因となってしまうため注意しましょう。なぜ便秘がぽっこりお腹の原因となってしまうのかというと、便秘ですとお腹の中に便やガスが溜ってしまいます。

溜った便やガスがお腹の下腹を膨らませてしまいぽっこりお腹となってしまいます。便秘になる原因も様々ですが、野菜不足や生活習慣が乱れているという人は特に注意しましょう。

便秘が原因でぽっこりお腹になった場合は、便秘を解消すればお腹のぽっこりも解消することができるため、便秘改善を目指しましょう。

女性特有の病気がぽっこりお腹の原因であることも!

ぽっこりお腹になってしまう原因はさまざまですが、女性特有の病気が原因という事も考えられます。その場合は、筋トレや食生活を改善したとしてもぽっこりお腹を解消することはできません。

筋トレや食生活の改善をしてもぽっこりお腹が解消しない場合は、何かしらの病気の可能性もあるため、その時は医師に相談することをおすすめします。自分ではなかなか気づきにくいこともあるため、不安である人は一度医師に診てもらうと良いでしょう。

脂肪や筋肉低下のぽっこりお腹を解消するなら運動をしよう!

脂肪が付き過ぎのぽっこりお腹、筋肉低下のぽっこりお腹は筋トレやストレッチなど、運動をすることで解消することができます。

腹筋を鍛えることができる運動はさまざまありますが、ただ単に腹筋を鍛えればいいという訳ではないため注意しましょう。効果的な方法だとスクワットがあげられます。知っている人も多いと思いますがどういった運動か紹介していきます。スクワットは両足を肩幅より少し広めに開いて両手を頭の後ろで組みます。

その状態で腰を沈めていくことで腹筋を鍛えることができます。スクワットだけでは効率的ではないため有酸素運動と合わせて運動をすると良いでしょう。

有酸素運動はウォーキングやランニング、自転車なども効果があります。脂肪の燃焼にもなりますし、筋肉を付けることもできるためぽっこりお腹の解消につながります。スクワットと一緒に行うことで効率的にぽっこりお腹の解消ができるため、スクワットと一緒に行ってみてください。

下腹を中心に鍛えることができる運動でぽっこりお腹対策

下腹を中心に鍛えることができる運動もあり、ぽっこりお腹対策におすすめです。

運動にはさまざまな種類があり、お腹の下腹を使わない運動もあります。しかし下腹を使わない運動にはぽっこりお腹の解消にはつながらないため注意しましょう。

下腹を鍛えることができる運動をいくつか紹介するため試してみてください。まずは仰向けに寝て、両脚を垂直に上げるようにします。この時に腕は左右に開いた状態にしましょう。

両脚を垂直に上げたら、両脚をゆっくりおろし、脚を下ろしたらまた足を上げます。これを10回ほど繰り返せば下腹を鍛えることができます。とても単純な運動ですが、効果がある運動であるため下腹を意識して行ってみましょう。

もう一つはドローインという方法です。運動とは少し違いますが、下腹を鍛えることができるためぽっこりお腹の対策に行ってみましょう。

このドローインは立った状態で背過ぎを伸ばし、鼻から大きく空気を吸いお腹を膨らませます。イメージとしては肩を後ろに引くように行うと効果的です。空気を吸った状態で数秒キープしたらゆっくり息を吐きましょう。この時に息を吐きながらお腹を凹ませて、その状態を30秒間ほどキープしましょう。

ここまでの動作がドローインのやり方です。5回から10回程度行えば下腹を鍛えることができるため試してみてください。簡単な運動だけでもぽっこりお腹の対策になり、特に道具なども必要ないためすぐに試すことができます。

普段の生活から下腹対策ができる!簡単な方法で対策しよう

ぽっこりお腹をどうにかしたい人の中にはストレッチや運動をしている暇がないという人もいます。そういった人は普段の生活の中でできる対策もあるため、試してみてはどうでしょうか。

簡単な方法としては普段から下腹に力を入れて過ごすことです。お腹を凹ませて下腹に力を入れて過ごすだけでもお腹を凹ませることができるため、習慣にしてみてはどうでしょうか。

他にも普段からあまり歩かないという人は歩くことを意識してみましょう。例えば移動時にエレベーターやエスカレーターをよく使う人は、使うのを避けて階段を使って移動してみてください。それだけでも筋肉の衰え対策になるため、ぽっこりお腹の対策にもなります。

他の方法としては例えば交通手段を自転車にする方法や、近い場所に移動する場合は車を使わないなど歩く機会を増やしてみると良いでしょう。

便秘からくるぽっこりお腹は食べ物で改善できる!

便秘が原因でぽっこりお腹になることがありますが、便秘を解消することができればぽっこりお腹を解消することができます。便秘は食事から改善することができるため、自分の食生活をよく見直してみましょう。

野菜をあまり食べていない人は、食物繊維もあまり摂取することができないため腸内の環境を整えることができません。その結果、便やガスが溜ってしまいそれがぽっこりお腹という形で現れてしまいます。

便秘を解消するためには食物繊維や乳酸菌といった成分が効果的であり、摂取することで腸内の環境を整えてくれます。食物繊維が不足している人は増えてきていると言われているため、便秘の人は食物繊維を摂取しましょう。

痩せる時におすすめ?サプリや健康食品でぽっこりお腹ダイエット!

ぽっこりお腹を解消するためにサプリや健康食品を飲もうと考える人もいるのではないでしょうか。サプリや健康食品もぽっこりお腹の解消に効果があるため、試してみて損はありません。

ただし、サプリを選ぶ時には含まれている成分に注意しましょう。便秘を解消したいのであれば食物繊維や乳酸菌が含まれているサプリを選ぶようにしましょう。乳酸菌ダイエットという言葉があるように、乳酸菌が含まれているサプリも増えてきているため一度探してみましょう。

サプリメントや健康食品を選ぶ時はできるだけ安全性が高いものを選ぶようにしましょう。例えば使われている原材料の産地であったり農薬の有無であったり、確認しておかないと副作用が出てしまうという可能性もあります。

また、飲んで必ずぽっこりお腹が解消するという訳ではないため、必ず効果があると勘違いしないようにしましょう。サプリメント以外でも以下のような物でもポッコリお腹の解消効果に期待することができます。

  • 青汁
  • スムージー

青汁は野菜が豊富に含まれていますし、その分食物繊維も豊富に含まれています。スムージーには乳酸菌が含まれていることも多いため、ぽっこりお腹解消にもってこいの飲み物です。青汁やスムージーも試してみると良いでしょう。

無理な食制限はぽっこりお腹を悪化させてしまう?

ぽっこりお腹を解消するために、食制限をする人もいます。無理に食制限をしてしまうと逆に症状を悪化させてしまうことも考えられるため、食制限をする時には注意が必要です。

特に制限をし過ぎてあまり食事をしない場合は、腸内のバランスも悪くなってしまいますし、代謝の低下、筋肉量の低下などにもつながってしまいます。

ぽっこりお腹を解消したい時は無理な食制限をせず、バランスが良い食事をとるようにしましょう。

バランスが良い食事をとるだけでも代謝が上がったり、腸内環境が整ったり便秘からくるぽっこりお腹を解消できるため無理に食制限をする必要はありません。ただ、食べ過ぎてしまうとカロリーの摂りすぎで脂肪が付いてしまうため注意はしてください。

姿勢が悪いとぽっこりお腹に!他にも体に悪影響を与える

ぽっこりお腹には普段の姿勢も関わってきます。姿勢が悪くなってしまうと腹筋を使わなくなってしまい、筋肉も衰えてしまいますし、脂肪が付きやすくなってしまいます。姿勢がぽっこりお腹の原因になることもあるため、正しい姿勢で生活することを心がけましょう。

特に猫背である人は注意が必要です。猫背になると筋肉を使わなくなってしまい脂肪も付きやすくなってしまいます。自分では猫背と思っていなくても、無意識に猫背になってしまう可能性もあるため、意識して姿勢を正すようにしましょう。

姿勢が悪いと骨盤も歪む!ぽっこりお腹になる原因になる

正しい姿勢を取らないと骨盤が歪んでしまいます。たとえば座っている時に足を組む人や立っている時に片方の足だけに体重をかける人は注意が必要です。骨盤が歪んでしまっている可能性が高く、以下のような症状を起こしてしまう可能性もあります。

  • 内臓が下がる
  • 代謝が落ちる
  • むくみ

内臓が下がってしまうとお腹が膨らんでしまいぽっこりお腹になってしまいます。他の2つの症状もぽっこりお腹になるわけではありませんが、身体に良いとは言えません。

例えば代謝が落ちてしまうと、いざぽっこりお腹を解消しようと考え運動をしたとしても、脂肪の燃焼効率が悪くなってしまいます。逆に脂肪が溜りやすくなってしまうため、ぽっこりお腹の解消の妨げになってしまう可能性もあります。

むくみは老廃物が溜まり、場所によっては太く見えてしまうこともあるため女性の人はデメリットと感じる人が多いのではないでしょうか。むくみはそのままにしておくとセルライトという脂肪の塊になってしまうため、太ってしまうことになります。

その結果、脂肪がお腹についてぽっこりお腹になってしまう可能性もあるため注意してください。マッサージやストレッチでむくみの解消はできるため、脂肪が溜らないうちに解消するようにしましょう。

正しい姿勢をとる方法!ぽっこりお腹にならないために

正しい姿勢をとるといっても、どのような姿勢が正しい姿勢なのか?正しい姿勢をとっているつもりだけど本当に正しい姿勢になっているのか不安の人も多いのではないでしょうか。簡単に正しい方法をとる方法があるため紹介していきます。

まず壁を背にし、姿勢を伸ばしてまっすぐ立つようにしましょう。その時に足のつま先は左右で完全にくっつけるのではなく、つま先を少し広げるようにします。

頭と肩、尻、ふくらはぎ、かかと、この5か所が壁につけるようにし、お腹とお尻に力を言えます。壁と背中にできるだけ隙間がないようにして立つようにしましょう。

背筋を伸ばして壁に背を付けた状態が正しい状態であるため、自宅でも簡単に行うことができます。注意点としては背筋をあまりそり過ぎてしまうと反り腰になってしまい体によくありません。腰痛になってしまう可能性もありますし、ポッコリお腹の原因になってしまう可能性もあります。

正しい姿勢を意識するあまり、身体がそり過ぎないように注意しましょう。

ぽっこりお腹解消のコツ!痩せるにはどうすれはいい?

ぽっこりお腹の解消をするのであれば、効率よくダイエットをしたいと考える人は多いのではないでしょうか。効率よく行えるダイエット方法もあるため、紹介していきます。

ぽっこりお腹になってしまう原因としては女性の場合は筋肉の低下が多いです。そのため効率よくダイエットするには、効率よく筋肉を付ける必要があります。筋肉を付けるには筋トレが簡単に行えるため女性でもすぐに始められますが、筋トレだけでは効率的ではありません。

筋トレと一緒に有酸素運動をすることでより筋肉を付けることもできます。例えばウォーキングやマラソン、水泳、サイクリングといった運動が効率的です。筋肉を付けるだけではなく、脂肪の燃焼効果にも期待できるため、お腹周りを引き締めることもできます。

脂肪からくるぽっこりお腹の解消にもつながりますし、予防にもなるため筋トレと一緒に有酸素運動を取り入れて効率よくダイエットをしましょう。また、筋トレと運動をする場合は、行うタイミングも重要になってきます。

例えば筋トレは昼間に行い、運動は夕方に行うとなるとあまり効果的ではありません。筋トレをした後に時間を空けずに運動することでより効率よくダイエットができるため、筋トレをしてから運動を行うようにしましょう。

筋トレや運動も前にストレットをしておくとさらに効率的です。ケガの防止にもなりますし、脂肪燃焼効果も促進してくれるためダイエットもしやすくなります。ストレッチ、筋トレ、運動を一緒に行い効率よくダイエットしていきましょう。

ダイエットを効率よく行うために代謝を上げよう!痩せやすい身体作り

ダイエットを行う上で代謝はとても重要です。代謝が悪いと体に悪影響を与えるため、体によくありません。代謝が悪いと以下のような症状が出ることもあります。

  • 便秘
  • 体の冷え
  • 脂肪が付きやすい

ぽっこりお腹の原因になってしまうこともありますし、体調が悪くなってしまう可能性も高くなるため代謝が悪い人は注意が必要です。食生活の乱れでも代謝の低下につながってしまうこともあるため、食生活にも気を配る必要があります。

代謝を上げる方法としては運動をしたり、バランスのいい食事をしたりすることで改善することができます。代謝を上げることができれば筋肉が付きやすくなる他、脂肪を燃焼させやすくなり太りにくく痩せやすい身体を作ることができます。

太りにくく痩せやすい身体というのはダイエットをする上で重要になってくるため、ダイエットをするのであれば代謝を上げるようにしましょう。

女性がポッコリお腹を解消するには食事と運動が重要!

女性の人はぽっこりお腹になってしまうのは、筋力の低下や便秘、脂肪が考えられます。

解消方法としてはバランスの良い食事をして、適度な運動をすることです。

まず食事のバランスが悪いと代謝も低くなり、便秘などを引き起こしてしまうこともあります。体を動かさないと筋力は衰えていき、内臓を支えることができなくなり、ぽっこりお腹の原因になってしまいます。

運動をしたいけど時間がない人や、運動が苦手という人は普段の生活の中で動く量を増やしましょう。例えばちょっとした距離でも歩くようにしたり、階段を利用したりするだけでも筋肉を鍛えることができます。

また、下腹を凹ませて常に力を入れておくだけでもお腹を凹ませることができるため、運動が苦手な人でもぽっこりお腹の解消ができます。食事をとる場合は、カロリーに気を付け運動をしたからと言って食べすぐないようにしましょう。

ダイエット中には間食してしまう人も多いため、できるだけ間食しないようにしましょう。食事制限をする場合は、あまり過度に制限をすると効率が悪くなってしまうため、適度に行うようにしましょう。

ぽっこりお腹は見た目も悪いですし、放っておくと体によくないためお腹が出てきたと感じたら運動をしたり食事を改善したり対策をするようにしましょう。運動や食事だけでも十分解消が可能であるため、諦めずにコツコツダイエットしていくと良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.