ランニングのダイエット効果とより効率よく痩せる方法

ランニングは、ダイエットのための代表的な運動として認知されている傾向があります。とくに機材をそろえる必要もなく、いつでも手軽に行えるのが魅力と言えます。

しかし、ランニングがなぜダイエットに効果があるのか、はっきり理解してる方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、ランニングのダイエット効果について説明してきます。また、効果を上げるための方法についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

きついけど効果あり?ランニングのダイエットの効果について

ただ歩くだけではなく、心拍数を上げて有酸素運動を行うのがランニングです。

筋肉を使って運動するため、同時に筋肉を鍛えることも可能になります。脂肪を燃焼するだけでは理想的な体型を作り上げることは難しいです。

余分な脂肪を減らして、適度な筋肉を付けることも重要なのです。長距離を走ると、少しきつく感じてしますこともあるかもしれません。

しかし、継続的に行うことで脂肪を燃焼できるだけではなく、体質改善効果も期待できるのです。

痩せた後に普段の食生活に戻ることにより、リバウンドしてしまう懸念があります。ランニングを普段から実践していることで、基礎代謝が上がり脂肪が燃えやすい体を作ることが可能です。

自然に消費するカロリーが上がり、リバウンドを回避しやすくなるはずです。

ペースが違う?ジョギングとなにが違うの?

有酸素運動は種類が様々に存在します。なかでもランニング、ジョギング、ウォーキングなどはダイエットに効果的なものとして認知されている傾向があります。

ランニングとジョギングは、どちらも走る運動と捉えている方が多いと思いますが、違いがはっきり分からない方も多いのではないでしょうか。基本的な違いはあまりないとされていますが、ランニングとジョギングでは心拍数に違いがあります。

つまり、走るスピードに違いがありダイエット時にはしっかり使い分けることが大切です。ランニングの最適な心拍数は140以上で、ウォーキングは120前後とされています。

心拍数を正確に測ることが大切ですが、会話をしながら走れるかどうかで判断することもできます。

ランニングは、会話をしながら走ることが難しいスピードであり、効果を最大限に引き出すための目安とすることが可能なのです。

やはり早朝が一番?ランニングダイエットに最適な時間

ランニングの効果を最大限に発揮するためには、実践する時間帯を意識することが大事です。とくに効果が現れやすいのは、早朝と言われています。

早朝は、体内時計をリセットすることができ、脳を活発に働かせやすくなります。

一日を元気よく過ごせるようになるだけではなく、脂肪燃焼効果を向上させる効果が期待できるのです。

絶対に朝に行わなければならないというわけではありませんが、可能であるなら早朝に行うことを意識してみてはいかがでしょうか。

意外な方法が効果あり!?ランニングの効果を上げるコツ

ランニングを行う前には、水を飲む、ストレッチをするなどして準備をすることが重要です。ただ走るだけでも効果が期待できるのですが、事前に体が痩せやすい状態を作っておくことで、ランニングの効果を上げることができるとされています。

水を飲むことで血流が良くなり、代謝を上げる効果をもたらします。その状態でランニングを行うことにより、相乗的な効果が望めるはずです。

また、ストレッチも血流を改善する恩恵を受けることができ、水を飲むことと併用すれば最大限に効果を発揮することができるでしょう。

ただし、あまり過度に行うと筋肉が披露してパフォーマンスが下がってしまうおそれがあるため注意が必要です。

やりすぎはダメ!ランニングダイエットを行う頻度とは

ランニングは、長期的に行うことが有効ですが、過度に行うのはおすすめできません。

筋肉に披露が溜まることで脂肪燃焼の妨げとなるおそれがあります。

慣れてきたら毎日行うこともできますが、慣れないうちは週3~4回程度に留めておくのがいいでしょう。一日走ったら筋肉をしっかり休め、十分回復した後で再び走るのほうが効率が良いです。

日々継続するなかで、筋肉の披露を感じたときは無理をせず休息をとりましょう。

生活に支障が出てしまうと、仕事はおろかダイエットの継続も難しくなります。

無理のない範囲でじっくりやることが、効果的なダイエットにつながるはずです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.