塩洗顔でツルツル素肌!美肌ケアで小顔にシェイプアップ

皆さんは、どういった方法で洗顔をしているでしょうか。通常の洗顔フォームや石鹸を使われている方もいると思います。しかし、塩洗顔というのを知らないという方も多いかもしれません。

そこで、塩洗顔で得られる効果や行う際のポイントなどについてご紹介いたします。効果を実感できるかもしれませんのでぜひ、皆さんも取り入れてみてください。

ここを知っておこう!塩洗顔のメリットやデメリットについて

まずは、塩洗顔でのメリットおよびデメリットを知っておきましょう。洗顔をされる際の参考になるかもしれません。

手軽に誰でも取り組めるのが塩洗顔のメリット!

塩洗顔は、ハリウッド女優のアマンダ・セイフライドが実践しています。それもあってか、海外セレブの美しさに憧れを抱く女性達の注目を集めているのです。アマンダの行っている方法というのは、週に1度普段の洗顔料に塩を混ぜて洗顔するというものになります。

手軽さがありますし、続けやすさもあるということです。

そのメリットは、塩だけを準備すれば良く、手軽に始められるという点にあります。1度の洗顔でも少しの塩で十分ですので、さほどお金がかかりませんので、非常にリーズナブルなのも見逃せないポイントです。

塩とういうと調味料として常備している方が大抵ですし、わざわざ塩洗顔のために購入せずに済みますので、どなたでも簡単に取り組めます。

傷がある場合やデリケート肌の方は注意!

ただ塩洗顔は、もし傷口に塩が付いたりすると肌に沁みてしまいますので、顔に傷もしくは炎症があると、酷い刺激となるでしょう。

よって、カミソリや脱毛器でムダ毛の処理したすぐ後には、肌の表面にダメージを負っていると考えられるので、塩洗顔をするのは控えるのが賢明です。それに、肌がデリケートだと塩が溶けていないのに使うと肌に大きな摩擦が起きるため、敏感肌の方にとっては刺激になってしまいます。

かゆくなったり赤くなることがあるため、塩洗顔を行う回数もしくは頻度は注意が必要なのです。

目指したい!塩洗顔すれば小顔効果が見込めるのも魅力

塩洗顔では、小顔効果が見込めるというのも嬉しいポイントになります。小顔になりたい方はぜひ実践してみてください。

血行が促進されてむくみの防止が期待できる!

顔がむくみやすいなという方もいるでしょう。そういった方は顔に老廃物が溜まってしまい、不必要な水分も溜まり血流が悪くなっているのです。

塩はデトックスをしてくれるため、塩洗顔をすると余計な水分を排出させられます。

また、塩は血行の促進にも効果が期待できるため、顔がむくむのを防いだり改善させる効果が見込めるのです。顔のむくみが除去されれば、フェイスラインおよび目の周辺がスッキリとすることで小顔になれて、目も大きく見えるようになるのではないでしょうか。
血行が良くなれば、くすみを防ぐこともできるため、素肌も明るくなってより美肌になれる可能性もあります。

洗顔とマッサージだけではむくみは取れない!

塩洗顔をするなら、ポイントはマッサージをするようにして洗い上げるという点です。

それもあって小顔効果が見込めます。普段の洗顔をする際に、これまでもマッサージをしつつ洗顔をしていたという方もいると思います。しかし、思うように顔のむくみが取れなくて、マッサージを取り入れなくても同じなのかもと考えている方もいらっしゃるでしょう。

塩洗顔であれば、塩の粒子もしくは塩の浸透圧が浸透圧が肌にわずかながらにも刺激となってくれます。そこで、リンパや血流を促してくれる作用が現れるのです。そうすると血流が良くなり、顔に溜まってしまっていた毒素が流れていきます。

要チェック!塩洗顔するならここがポイントだから覚えておこうト

塩洗顔をするならポイントもありますので、その点についてもチェックしておくのが大事です。

塩ペーストを使う方法や塩水ですすぐ方法もある!

塩ペーストを使ってスクラブをするなら、塩と水を2:1の割合でスクラブを作りましょう。作ったスクラブを洗顔やクレンジングした顔にのせ、マッサージをするようにクルクルと優しく回します。

この際には、こすったりしないことが大きなカギです。顔を全体的に残すところなくマッサージし終えたら、ぬるま湯か水で落とし完了となります。目の周辺や唇などといった皮膚の薄い場所については、のせないというのも大事です。

塩水ですすぐ方法なら、1リットルの水かぬるま湯におおさじ3杯の塩を加えましょう。それからかき混ぜてよく溶かします。その塩水を使い洗顔をしてから顔をゆすぐのです。

これが目安!塩洗顔は週に1回から2回にしよう

塩洗顔は、週に1回から2回行うのが目安であり、やり過ぎはNGになります。

効果が見込めるなら、たくさんやる方が効果はアップするだろうと思うかもしれません。ただ、やり過ぎてしまうと肌に傷を作ることになりかねないため、避けましょう。初めのうちは大して肌に沁みることもなかったのに、段々と沁みるなと感じるようになってしまうと、塩洗顔自体を控えなければいけなくなるのです。

メイクは落としてから洗顔するのとアフターケアも重要!

塩洗顔をする前には、きちんとメイクを落とすのが大事になります。

それは、塩ではクレンジングはできないというのが理由です。メイクが残っている肌に塩洗顔をしたとしても、古い角質の除去ができないでしょう。また、洗顔後にスキンケアをしている方は多いと思います。

それは塩洗顔の後も同様にする必要があるのです。塩洗顔自体に肌に潤いを与える効果もあるものの、その効果を保ち続けることはできません。そして洗顔後にそのままにしておけば一層乾燥をしてしまい、皮脂の分泌が過剰に起こってしまいかねないのです。

なので、塩洗顔などの後には30分以内に化粧水もしくは美容液でケアをしっかりとしましょう。

効果などをしっかりと覚えて正しく塩洗顔しよう!

塩洗顔は誰でも手軽にできるのがメリットですが、デリケート肌の方などは注意が必要です。また、血行の促進によりむくみの解消が期待できるため、小顔効果が見込めるのがポイントになります。

そして、塩ペーストを用いたり塩水でゆすぐという方法もあるのです。やり過ぎはNGであり、1週間で1回から2回ほどが目安でしょう。洗顔はきちんとメイクを落としてから行うのも大事です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.