サウナでダイエットできる?サウナの消費カロリーと痩せ効果

熱い空間にじっと座り、汗を流してすっきりすることができるサウナ。

出た後に体重が減っていることが多いので、ダイエットに効果があるとお考えの方も多いのではないでしょうか。

しかしサウナでダイエット効果を得るためには、ただ入るだけではいけません。

痩せる仕組みを理解し、効果をはっきりと見極めることが大切です。

そこで今回は、サウナのダイエット効果について説明していきます。

どのくらいカロリーを消費するのかということも交えてご紹介していきますので、ダイエットの際に役立ててみてください。

運動とは違う?サウナのダイエット効果とは

サウナに長時間入った後に体重計に乗ると、体重が落ちているとことが多いです。

しかし、サウナはダイエット時に効果がある有酸素運動や筋トレとは違います。

サウナで体重が落ちるのは、体内の水分が流れ出ているのが理由であり、決して脂肪が減っているわけではありません。

そのため水分を補給したらすぐに体重がもとに戻ってしまい、痩せる結果にはつながらないのです。

しかし、サウナの入り方によっては、カロリーを消費しダイエット効果を得ることができる場合があります。

サウナに入ることで、褐色脂肪細胞を活性化させる効果が期待できるのです。

余分な脂肪を熱に変えて体外に放出することにつながり、代謝能力の向上をもたらすこともあります。

サウナダイエットを行う際は、褐色脂肪細胞に関する認識を深めることが重要です。

サウナでカロリーを消費するためには?

サウナに入る前には、水分をあらかじめ補給して脱水症状の対策を行うことが大切です。

また、体に付着した汚れはきれいに洗い落としてから入ることをおすすめします。

毛穴などに汚れが詰まっていることで、汗を流すのを阻害してしまうおそれがあるのです。

そのためしっかり体を清潔にして効果を発揮できる状態にする必要があります。

サウナに入った後は、水分が欲しくなりがちで過剰に水分を補給してしまう懸念があります。飲み物は、なるべくカロリーがないものを選択しましょう。

体重はもとに戻ってしまいますが、消費したカロリーが戻ることを防ぎます。

また、適度に水分を補給することで、食欲を抑えることができ、余分なカロリーの摂取をしなくて済むことが考えられます。

サウナでカロリーを消費するためには、入っているときだけではなく、出た後にどういった行動を取るかも重要なのです。

どこまで耐える?サウナでカロリーを消費する時間とは

サウナで消費するカロリーは、1時間で約150kcalとされています。

他の有酸素運動に比べて低い数字になり、しっかり効果を出すためには長時間入らなければなりません。

また、水分が排出されることにより体重が減ることが多いため、効果が出ているかどうかがわかりにくいという欠点もあります。

しかし、他の運動のように激しい動きをするわけではないので、比較的継続しやすいダイエットではあります。

ただ、効果をもっと得るために長時間サウナに入るのは禁物です。

脱水症状に陥ってしまい、倒れてしまうおそれがあります。サウナ内で運動を行うこともおすすめできません。

サウナダイエットを行うときは、無理のない範囲で適度に実践するのが効果的です。

自宅でサウナ!?サウナスーツって効くの?

サウナに入るためには、健康ランドや温泉に外出しなければならない場合がほとんどです。

しかし、サウナのように体を温める効果があるサウナスーツというものが存在します。

全身を覆う作りになっており、サウナと同等の効果が得られるとして話題を集めている傾向があります。

サウナスーツを来たまま運動することで、ダイエット効果があるのではないかとお考えの方も多いのではないでしょうか。

ただし、サウナスーツを着ても体の内側から温めることはできないとされ、脂肪燃焼効果は期待できないかもしれません。

サウナスーツは、体の老廃物を排出する際に効果を発揮し、ダイエット効果を得るのとは違うと認識するのが適切です。

着ているだけではほとんど効果を得られないこともあるため注意しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.