二の腕の付け根はなぜ痩せない?痩せない理由とできる限りの対策

二の腕や付け根は脂肪が付きやすい部分と言われており、太い二の腕に悩んでいる女性の人も多いです。一度、二の腕を痩せるために努力してみたけど、なかなか効果が出なくて諦めてしまったという人もいるでしょう。

ダイエットをしても効果が出ないということはよく聞きますが、それは痩せる方法が間違っていることが考えられます。二の腕や付け根を痩せたい人は、いきなりダイエットを始めるのではなく、痩せる前に知っておきたい知識を覚えておくことで間違えを正しましょう。

これから二の腕を痩せたい!という人は参考にしてみてください。

二の腕の付け根が太い理由を知ろう!痩せたい時に役立ちます

二の腕の付け根が太いことで悩んでいる女性の人は多いです。なぜ二の腕の付け根が太くなってしまうのか?考えたことはあるでしょうか?太くなる理由を知っておけば、痩せる時に役立つこともあるため、太くなってしまう理由も知っておきましょう。

二の腕の付け根が太くなってしまう原因として一番多いのはやはり脂肪です。

二の腕は脂肪が付きやすい部分となっているため、何もしないと余計に脂肪が付いてしまいます。特に二の腕の付け根となると、意識しないとあまり使用しない部分であるため脂肪が付いたとしてもなかなか落とすことができません。

あまり使用しないと筋肉もどんどん衰えてしまい、筋肉がない分痩せにくくなりますし、ちょっとしたカロリーでもすぐに脂肪が付いてしまう原因にもなります。

脂肪が原因で二の腕の付け根が太い場合は、当然ですが二の腕の付け根の脂肪を落とすことで太い二の腕の付け根を解消することができます。マッサージや筋トレで痩せることもできるため、自宅で試してみても良いでしょう。

二の腕の付け根が太い原因は「むくみ」が関わっている!?

二の腕の付け根が太くなってしまう原因は、脂肪だけではありません。

二の腕の付け根が太い理由で脂肪の次に多いのが、二の腕の「むくみ」です。

女性の人はむくみで悩む人も多いため、そのむくみが二の腕の付け根を太くしている理由の可能性もあります。

特に注意した方がいい人は、全身にあまり脂肪が付いているように見えなくても他の部分、今回の場合だと腕に脂肪が付いているように見える人です。これに該当する人は、むくみが原因で二の腕の付け根が太く見えてしまっている可能性があります。

二の腕の筋肉は意識しないとあまり使わないため、むくみやすい部分ともいわれています。二の腕の付け根がむくんでいると、太く見えてしまうだけではなく、脂肪が付きやすくなってしまうことにもつながります。

むくみが理由で二の腕が太く見える場合は、むくみを解消すれば二の腕は細くなるため、むくみの解消を意識してみましょう。ただし、むくみは脂肪も付きやすくなっているため、むくみを解消しても脂肪で二の腕が細くならないということもあるため注意してください。

二の腕の付け根は使わないと太くなる!姿勢にも注意しよう

二の腕の付け根が太くなる理由は脂肪とむくみだけではありません。姿勢と二の腕を使う頻度も二の腕の太さに影響します。例えば姿勢が悪い脂肪が付きやすいことを知っているでしょうか。

二の腕にもそれは該当し、姿勢が悪いと二の腕が太くなる理由となってしまいます。姿勢は意識しないと悪くなっていることもあるため、痩せたいという人は姿勢のことも頭に入れておくと良いでしょう。

次に使う頻度ですが、筋肉は使わないと衰えてしまいます。二の腕は普段からあまり使われない部分であるため、筋肉が衰えてしまうことも多いです。それにより脂肪が付きやすいですし、循環が悪くなりむくみも起こしやすく太くなってしまうことがあります。

二の腕は意識しないと使わないことも多いため、痩せたいのであれば意識して動かしてみてはどうでしょうか。

筋トレやエクササイズで二の腕の付け根を細く!自宅でも痩せられる

一度付いた脂肪はなかなか燃焼しませんが、絶対に燃焼しないという訳ではありません。筋トレやエクササイズをすることで、二の腕の付け根に付いた脂肪を燃焼できるため、二の腕が太い人は試してみてはどうでしょうか。

定番の方法とも言えますが、二の腕を痩せるのであれば腕立て伏せが効果的です。二の腕の付け根を痩せたいのであれば、壁を利用した腕立て伏せをしてみてください。壁を利用した腕立て伏せは、立った状態で行います。

壁から50センチほど離れて、足をそろえて立ちます。その時腕は肩幅くらい開いて壁に付きましょう。その状態から腕立て伏せをすることで二の腕の筋肉を鍛えることができます。自宅でも簡単にできる方法なので、時間がある時に試してみてはどうでしょうか。

脇締めエクササイズも二の腕の付け根を痩せる時に効果的なダイエット方法です。この方法も簡単に行えるため自宅で試してみてはどうでしょうか。まずは両脇を内側に寄せてから両手の手のひらを頬に当てましょう。

その状態で胸の谷間を作るように力を込めて脇を締めてそのままの状態を維持します。この状態を維持したまま頬に置いた手をくっつけたり、離したりすることでエクササイズの効果に期待することができます。

どちらの方法も一人でできますし、比較的簡単にできる方法なため実践してみてはどうでしょうか。

二の腕の付け根が太い原因によっては、効果がないこともありますが、脂肪が原因で太っている場合に筋トレは効果があるため試してみてください。

二の腕の付け根がむくみで太いならマッサージをしてみよう

二の腕が太い理由はいくつかありますが、太い理由によっては痩せる方法も変えなくてはいけません。

太っている理由がむくみであるならば筋トレよりもマッサージが効果的なことも多いです。

簡単なマッサージでも効果があるため、自宅でもすぐに取り組みことができます。マッサージは基本的にはどのタイミングで行っても問題ありませんが、お風呂上りに行うことでより効果的に痩せることができます。

まず片腕を上げてわきの下を強めにさすります。さする時は円を描くように強めにさするようにしましょう。次は片方の手首の付け根をもう片方の手で握り、手首から肘、肘から脇まで絞り上げていきましょう。

わきの下まで手が来ましたら、4本の指を使ってわきの下を押しあげてみましょう。その後、手首の方から腕の付け根に向かって、腕の内側から外側に向けてぞうきんを絞るイメージで揉みましょう。付け根まで来たらもう一度肘に向かって絞り上げることで終了です。

これを左右の手両方で5回ほど行うことでわきの下のリンパを刺激することができます。二の腕や二の腕の付け根のマッサージは探してみればさまざまな方法があるため、興味がある人はこれ以外の方法を探してみるのも良いでしょう。

マッサージや筋トレは1回行っただけでは効果がありません。毎日継続して行うことで効果が得られるため、面倒を感じることがあってもできるだけ毎日継続して行うことがダイエット成功の秘訣です。

どうして痩せない?努力しても二の腕の付け根が細くならない理由

ダイエットはいざ始めてみると、効果が出ないということも少なくありません。それは二の腕の付け根にも当てはまり、二の腕を細くするために筋トレやマッサージをしても痩せることができない場合もあります。

痩せることができないことには理由があるため、筋トレなどをしていても痩せない場合はなぜ痩せないのか理由を確かめましょう。理由を知っていれば、その後のダイエットの計画も立てられますし、ダイエットの挫折にもならないため二の腕を痩せたいと考えている人は覚えておきましょう。

まず痩せない理由ですが、それはダイエット方法が間違えている可能性があります。例えば二の腕が太くなってしまう理由は、主に脂肪とむくみですが、この2つは解消方法が違います。

筋トレをすれば脂肪を燃焼できるため、脂肪が原因で二の腕が太い場合に効果的です。しかしむくみが原因の場合、効果的とはいえず、むしろ効果が出ないことも考えられます。この逆も当然考えられます。

二の腕の付け根を痩せる方法はいくつかありますが、試してみて効果がなかったらそこで諦めるのではなく、違う方法も試してみると良いでしょう。

二の腕の付け根を細くするなら背中の脂肪にも注目しよう

筋トレなどをしても二の腕の付け根が細くならない場合は、背中の脂肪が関わっていることがあります。

理由としては、二の腕は余分な脂肪を背中に流すようになっているためです。二の腕にたまった脂肪は背中に流れますが、何もしないとどんどん背中に脂肪がたまってきてしまいます。

そうなると脂肪がだんだん背中に流れないようになってしまい、背中に流れない脂肪がそのまま二の腕に残ってしまうことになります。脂肪がそのまま二の腕に残ってしまうと、当然ですが二の腕に脂肪が付いてしまいます。これを解消するためには、背中に流れた脂肪をどうにかすることです。

例えば背中の手の届く範囲だけでもいいので揉んでほぐしてみてください。それだけでも背中の脂肪が柔らかくなるため、脂肪も落とせますし、二の腕を痩せることにもつながります。

つまり二の腕を痩せたいのであればまずは背中のケアから行い、次に二の腕のケアという手順にすると効果的に痩せることができます。必ず効果が出るという訳ではありませんが、二の腕の付け根がなかなか痩せないという人は一度試してみてはどうでしょうか。

二の腕の付け根の太さは肩こりが関係していた!?

二の腕の太さには肩こりが関わっていることを知っているでしょうか。逆もまた当てはまり肩こりの原因は二の腕の太さが関わっていることもあります。

特にデスクワークをしている人に当てはまることが多く、例えばパソコンをよく使う人やスマホを使う人は注意が必要です。なぜかと言いますと、パソコンやスマホを使う時に無意識に猫背になっていることはありませんか?

猫背になると血流の流れが悪くなってしまい、血流が悪くなることで肩こりを引き起こしてしまいます。さらに血流が悪くなればむくんで二の腕が太く見えてしまうこともありますし、それにより脂肪が付きやすくなってしまう可能性もあります。

肩こりを普段から感じるという人は意外と多いですが、その肩こりが二の腕が太い理由としても考えられます。肩こりはそのままにしておくとつらいですし、二の腕が太く見えてしまうためできるだけ解消することをおすすめします。

肩こりだと二の腕の付け根が痩せにくくなることも

二の腕の付け根を痩せるために筋トレやエクササイズをする人もいますが、肩こりを起こしたままだと効果が出にくいことが考えられます。

簡単に理由を説明すると肩こりのままだと筋肉の働きが悪くなってしまい、二の腕を売子化しても筋肉が引き締まらないからです。さらに肩こりのまま筋トレなどをすると余計に肩を痛めてしまうこともあるため、肩こりの人が痩せる時には注意が必要となります。

肩こりの人はまずは肩こりを直してから二の腕の付け根を痩せた方が効果的に痩せることができます。

二の腕の付け根を痩せる時は筋トレとマッサージを同時に行おう

二の腕の付け根を痩せる時に効果的なことは筋トレやマッサージ、エクササイズですが、何をすれば効率的なのかわからない人もいます。ダイエットのことを知らない人は筋トレだけする人もいれば、マッサージだけする人もいます。

筋トレは二の腕の付け根を痩せる時に効果的ですが、筋トレだけだとあまり効果的ではありません。筋トレをする前にマッサージやストレッチをすることでより効果的な筋トレ効果を得ることができます。

理由としましては筋トレ前にストレッチなどで筋肉や血流をほぐしておくことで、脂肪の燃焼促進に期待できます。筋トレだけで痩せるのではなく、ストレッチをセットにして痩せていきましょう。

また筋トレをした後ですが、筋トレ後にもストレッチを行うようにしましょう。筋トレ後にストレッチを行うことで、翌日に疲れや筋肉痛を予防する効果にも期待できます。

むくみが原因で二の腕の付け根が太い人も筋トレをしよう

むくみが原因で二の腕が太くなっている人はマッサージだけして筋トレをしないという考えの人もいます。確かにむくみは解消できるため、むくみからくる二の腕の太さは解消できますが、それでも二の腕の見た目が変わらないことがあります。

その理由としては二の腕のたるみが原因として考えられます。たるみは筋肉が不足していることが原因となり、皮膚が垂れてしまい二の腕を太く見せてしまいます。

筋トレをすることで二の腕や付け根を引き締めることで、たるみを解消できますし、引き締めることでたるみからくる二の腕の太さも解消することができます。あまり筋トレのし過ぎも良くありませんが、むくみからくる二の腕の太さを解消する時には一緒に筋トレも行ってみてください。

筋トレにより筋肉太りで二の腕の付け根が太く見えてしまうことも

筋肉は不足しすぎるのも良くありませんが、付けすぎも良くないということを知っているでしょうか。例えば二の腕を痩せるために、筋トレをしすぎてしまい筋肉が付きすぎてしまうことがあります。

筋肉が付きすぎてしまうと、筋肉により二の腕や付け根が太く見えてしまうことがあります。「筋肉太り」と呼ばれているため聞いたことがある人も多いでしょう。

筋トレをしてもなかなか効果が出ないため、過剰に筋トレをしてしまい、それに合わせて筋肉が付きすぎてしまうということもあります。二の腕の付け根を痩せる時の筋肉太りにも注意してください。

二の腕の付け根を痩せるなら簡単な筋トレやマッサージから始めよう

女性の人は二の腕の付け根が太いことで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。痩せる方法は豊富にありますが、まずは自宅にできる簡単な筋トレとストレッチから試してみてはどうでしょうか。

試す場合は筋トレだけ、ストレッチだけではなく、筋トレとストレッチを一緒に行うと安全に効果的に痩せることができます。実際に筋トレなどをしてみて効果が出ない場合は、背中の脂肪をほぐしてから二の腕の付け根のダイエットをすることで痩せることもあります。

筋トレやストレッチで痩せることはもちろん可能ですが、すぐに効果が出るという訳ではありません。

継続することで徐々に効果が出てくるため、あきらめずにコツコツ頑張って痩せていきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.