ダイエットの挫折の理由は?失敗しないダイエット考案

ダイエットを一度も失敗、挫折したことがない人はいないのではないでしょうか。

何度かダイエットを繰り返しなんとか体重を減らす経験をしていることと思います。

今回は、ダイエットを挫折した理由を分析し、ダイエットをなるべく失敗、挫折しないようにしようとするものです。

最後まで読んでダイエットするときの参考にしてください。

ダイエット挫折の理由いろいろ

ダイエットの挫折の理由をいろいろなところが調べています。

それを調べることで傾向がわかってくるのでは…

ネオマーケティング全国47都道府県の20代~50代の女性1,880名(アイリサーチ登録モニター)調べによると、

空腹に耐えられなかった、好きな食べ物を我慢するのが辛かった、サボってしまった(三日坊主)、挑戦したものの体重が減らなかった、などの理由が挙がっていました。

次にgooランキング2011年7月「ダイエットに失敗した理由ランキング」調べによると、

食事制限が続かなかった、ストレスが溜まった、「明日からやる」と言ってスタートさえできなかった、すぐに結果が出ず諦めた、リバウンドして嫌になった、目的が曖昧だった、

目標が高すぎた、決まって摂る食材に飽きた、運動が辛かった、一緒に頑張る人がいなかった、誰にも宣言しなかった、ダイエットのための食事が美味しくなかった、

色々なダイエットを同時に試して失敗したなどなどの理由が挙げられています。

またこういう理由もありました。

ダイエットすることを誰にも言わず、一人でやる、具体的な目標を定めずに開始する、激しい運動や食事制限など、急に負荷をかけてしまった、記録をつけていなかったなどです。

ダイエット挫折の理由が挙げれているサイト3記事から傾向がわかってきました。

ダイエットの失敗、挫折理由の傾向

前章で挙げたダイエット挫折の理由を大きく分類すると

1. 食べるのを我慢できなかった、
2. 運動を続けられなかった、
3. ダイエットを他の人に公言しなかった

等にわけることができます。

この理由の中でいちばんダイエットに影響があるのは、食べるのを我慢できなかったではないでしょうか。

痩せない理由はカロリーのとりすぎです。ほかに様々な理由があったとしても消費するカロリーより、摂取するカロリーが少なければ痩せていきます。

ただ体重を落とすだけのダイエットなら食事制限ダイエットで充分です。しかしきれいなボディーラインを手に入れようとするなら運動(筋トレ)などが必要になってきます。

だから運動が続かなかったという理由も食事を抑えられなかったという理由のつぎに重要になってきます。

ダイエットを他人に公表しなかった。一見ダイエットの挫折に関係ないような気がしますが、

3つのダイエット挫折、失敗のアンケートによると、ダイエットをするのを誰にも言わず一人でやる、一緒に頑張る人がいなかった、誰にも宣言しなかった、などもダイエットを他の人に公言しなかったのカテゴリーに入る失敗、挫折だと思います。

ダイエットで失敗、挫折の理由から学ぶこと

*食べるのを我慢できなかった。この理由はシンプルですね。でも空腹のままずっと過ごすのはストレスもかかりますし、精神衛生上よくないです。

その解消法は、「よく噛んで食べること」シンプルですがこれにつきます。

よく噛んで食べることで脳内でヒスタミンが多く分泌され、満腹感が増強されます。

*直ぐに結果が出ず諦めてしまうパターン、これはダイエットの初期の頃と、一旦成果が出てさらにもう一歩効果を出したいと思っているときにおこりやすいです。

ダイエットの始めの頃はなかなか成果はあらわれてくれません。少し痩せたかなと思うとまた痩せない時期が来たり

このときのことはダイエットの中だるみと言われています。このときもぐっとこらえてダイエットをやり続けることができたら必ずいい方向に行くので継続したいものです。

*好きな食べ物を我慢するのが辛かったや甘いものは絶対にやめられないパターンもあります。

好きな食べ物、ここでは甘い物になっていますが、お酒や自分の好物をきっちり断ってダイエットできるといいのですが、

好きなものをやめて、逆にストレスをためて太ってしまうのではないかと思うことさえありますね。

まるっきり全部を断つのでなく、ダイエットを継続できたごほうびに少し甘いものを食べることや、お酒好きな人であれば、お酒を少し飲むということも

長く継続してダイエットに取り組むためには必要なことかもしれません。

*三日坊主でおわったであるとか、運動を続けられなかった、食事制限ができなかったというパターンは、ある意味「意思」の強い、弱いできまってきます。

こればかりは、やろうという気持ちが途切れてしまっては、ダイエットにかぎらず、なんでも続かないのではと思ってしまいます。

このパターンでダイエットを繰り返し挫折している方、多いのではないでしょうか。意思が弱い方の対処法として

自分が他人にダイエットをこれからやりますよ。と宣言する。

皆さんもこれからダイエットをはじめる際は、ひと声かけてからダイエットするようにしたら継続するかもしれませんよ。

この方法を取ることで、やめるにやめられない状況をつくってしまう。これがよいのではないでしょうか。自分は意志が弱いのだと意識して、むしろ周りに頑張れと注目してもらって

ダイエットを続けるというものです。何度も黙って一人でダイエットを行って、意志力の弱さを感じている人は、他人を巻き込むダイエットをされてみてはどうですか。

ダイエットの成功の可否は、計画を立てた時に決まっている!

米国ベイラー大学の報告によると、

* ダイエット計画の成功の可否は、最初から決まっている
* 好きな食べ物を制限すると、失敗するかの背が高い
* 自身が好きなヘルシー食品を取り入れるとダイエットが成功する可能性が高くなる

これらのことはセルフコントロールとおおきく関係しています。

セルフコントロールの上手くできない方は、特定の食品を制限したり、避けるルールを課したりする傾向がある。

また、継続が大変な目標(単一食品を食べ続けるなど)も目標に挙げがちだそうです。

それに対し、セルフコントロールが上手い人は継続しやすい目標(美味しく健康にも良い食品で取り組もうとする)を課す傾向がある。

成功する人は、するべきことや食べるべきものを含めたルール作りがうまい。

という結果を報告しています。

これらのことから、ダイエットを成功する人は、ダイエット方法をうまく選んでいるということもいえるのではないでしょうか。

例を挙げると、特定の食品を制限したりするダイエット方法をセルフコントロールの下手な人は選んでいるということになっていますが

そのダイエット方法を選んだことでダイエットが失敗し、セルフコントロールがうまくない人と定義されているのかもしれないと感じました。

つまり、ダイエットを始める際に、いいダイエット法(自分にあったダイエット法)を選んだ方はダイエットに成功するのではないかということです。

ダイエットを挫折しない方法は挫折した理由を考えること

先ほどのアメリカの大学の研究で、「ダイエット計画の成功の可否は、最初から決まっている」とされていて

ダイエットをやろうとする人の得意なやり方のダイエットを取り入れることができれば、ダイエットは成功するともいえるのです。

例えば●●ダイエットという風にある決まった食物を食べるダイエットを選択したとします。

その●●がダイエットする人が好きであれば、成功する可能性が高いですし、嫌いであれば失敗、挫折の可能性が高まります。

このようにダイエットをやろうと思ったっ際は、自分にあったダイエット方法を選ぶ必要があります。

その選択でダイエットが成功するか、はたまた失敗するかが決まるのです。

私たちはダイエットにいろいろ挑戦し、失敗したり、挫折したりしていますが、決して無駄なことではないのです。自分にあったダイエットを探しているのです。

それを見つけることができれば、ダイエットは成功するでしょう。諦めずに自分にあったダイエット方法を探しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.