太いすねを本気で何とかしたい!浮き指が原因かもってどういうこと?

すねが太くて足首がきれいに見えない!大根足がなきたいくらい恥ずかしい!下半身でも脚はとくにやせにくく、中でもすねをきれいに細くするのは至難の業です。

ダイエットしても細くならないなら、他の原因があるのかもしれません。じつはすねの太さは足指と密接な関係があります。足指に異常があると体全体にゆがみが出て、脚も太くなってしまうってご存知でしたか?

足指は姿勢や歩き方に大きな影響を与えます。足指に異常があった場合、どう対処すればいいのかをみていきましょう。

ウォーキングでますます太くなる?太いすねの意外な原因とは

ダイエットのために、駅までウォーキング。地道な努力が実って体は引き締まってきた。でも、脚だけ逆に太くなってきた!ウォーキングは脚痩せ効果もあるって聞いてたのに…。なぜ痩せるはずのウォーキングで脚が太くなってしまうのか?原因次のようなものが考えられます。

  • 正しい歩き方をしていない。
  • 浮き指である。

正しい歩き方ができないのは、いくつか理由があります。

1. 猫背
2. ガニ股、内股、O脚
3. 脚を引きずっている
4. 歩く速度が早すぎ

猫背のまま歩いていると重心がつま先中心になり、脚に余計な負担がかかります。結果、すねなどに余計な筋肉がついて太くなってしまいます。2のガニ股、内股、O脚は足が本来の形ではなく、ゆがんでしまっている状態です。骨盤から骨格がゆがんでいることもあります。脚の血行が滞りやすく、冷え、むくみが頻繁におこります。疲れやすくなったり、代謝も悪いのでますます脚が太くなります。

脚を引きずっている歩き方は、股関節が硬くなっていることが多く、やはり血行不良の原因となります。ガニ股や内股と同様、冷えやむくみが起こりやすくなります。

歩く速度が早すぎると、筋肉がしっかり使われず働きが衰えてしまいます。ダラダラ歩くのもよくありませんが、適度なスピードを守らないと、やはり脚が太くなる原因になってしまいます。

浮き指が様々な体の不調の原因に?!治す方法が知りたい!

人は立つとき、足指、足の裏全体、かかとの3点に重心をかけるようになっています。歩くときもここにしっかり重心がかかることで、血行が良くなり、疲れにくい歩き方ができます。

しかし、最近は足の指に重心をかけることができない『2点歩行』の人が増えているようです。

2点歩行は重心が本来の位置から後ろにずれていることが多く、不安定になります。それを補うために、腰や膝に余計な力がかかることになります。負担が長く続くと、膝や腰の痛みの原因になります。

それだけでなく、肩こり、首の痛み、猫背、O脚も浮き指が影響していることが少なくありません。

2点歩行は転倒しやすく、お年寄りはここから寝たきりになってしまうこともあり、注意が必要です。

あなたも浮き指かも!?セルフチェックしてみよう

浮き指は簡単なセルフチェックで判断することができます。

足の親指が90度以上反り返るようであれば、ほぼ浮き指とみていいでしょう。また、手のひらを広げて足のうらにつけたとき、足指が手のひらつかなかったり、力を入れてもさわることができなければ完全に浮き指です。

浮き指は普段パンプスやヒールなどつっかけ型の靴をはく女性、厚底の靴をはいている人に多く見られます。

パンプスやヒールで歩き続けると靴が脱げないように靴の中で無意識に足指を立てたり、逆に縮こませるようになり、気がつかない間に浮き指になってしまいます。

これが不安定な2点歩行の原因になり、足や腰に余計な負担をかけ、すねやふくらはぎを太くしてしまうのです。この状態で歩きつづけても、足は細くなりません。

体調不良の原因にもなることは先述した通りです。

すねやふくらはぎに負担をかけない正しい歩き方をマスターしよう!

浮き足がひどい場合は、テーピングを施すことで改善できます。整体院などで相談してみましょう。ほかにも浮き指専用のサポーターやパッドなどが通販でも売られていますが、品質はピンきりです。どれがいいのかもよくわかりません。

やはり、まずは専門家に相談しましょう。

歩き方の改善も欠かせません。歩くときは以下のことに注意しましょう。

  • 横から見て肩からお尻まで一直線になっている。
  • お腹、お尻が締まっている。
  • 重心が土ふまずにかかっている。

猫背になっていたり、肩やお尻が突き出ていないかをしっかりチェックしましょう。歩き始めは足の指をしっかり使うことを意識して蹴りだしましょう。着地はかかとからするようにします。このときに膝が曲がっていたり重心が後ろに偏っていると姿勢が崩れてしまいます。体に余計な負担もかけてしまうので、注意が必要です。

腕を大きく振る、お尻を引き締めて体幹を意識して歩けば下半身全体を引き締めることができます。

仕事帰りなどで、疲れたからといて気を抜いてテレテレ歩いていると、大きなツケになって返ってくるかもしれません。

プライベートでも、ある程度は緊張感をもって姿勢や歩き方に注意を払うようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.