シリコンスチーマーで出来るダイエット!温野菜を美味しく食べよう

シリコンスチーマーダイエットを行う上で、知っておいたほうが良いことをまとめてあります。

人によってはダイエット目的ではなく、栄養バランスの悪い食習慣を見直すために、シリコンスチーマーダイエットを始める人も増えてきました。そこで今回は、なぜシリコンスチーマーを使ってダイエットの努力をすると痩せられるのか、その仕組み、人気の秘密を明らかにしていこうと思います。

なぜシリコンスチーマー?温野菜はダイエットに良い?

今では、シリコンスチーマーを用いたレシピが数多く存在します。そのため、健康に良い料理を作れる道具として、シリコンスチーマーが各種メディアで紹介されるケースも増えてきました。

また、どうしてこれほどの人気を誇っているのかというと、それは温野菜を簡単に作れるからです。シリコンスチーマーは、以下のような特徴を持つ温野菜を作れるため、今のような人気を得るようになりました。

  • ビタミンがあまり損なわれない
  • 野菜をまとめて調理することができる

温野菜を調理する場合、鍋に温野菜を入れてグツグツと煮るだけでも作ることは可能です。ですが、今ではこのような調理方法が推奨されなくなってきました。

というのも、ビタミンは熱で壊れてしまうという特性があるからです。温野菜の場合、野菜によっては長時間煮込まないと、上手く煮えた状態にならないこともありますので、実はそれほど簡単な料理でもないのです。

このようなことが知られるようになってきたため、シリコンスチーマーのように、まとめて野菜を蒸すことが可能な道具の人気が上がってきました。

その他の理由として、シリコンスチーマーはゴムのような器となっているのですが、ゴム臭さがあるわけでもなく、調理中に器の臭い移りが激しいわけでもありません。仕上がりは上品なものになりやすく、ホクホクとした野菜の甘味を堪能できるところも、シリコンスチーマーが人気の理由でしょう。

温野菜は低カロリー!こんなところもダイエットで人気になっている

近年では、炭水化物抜きダイエットというものが流行っています。

炭水化物抜きダイエットというのは、以下のような制限を設けるダイエット方法のことです。

  • ご飯など炭水化物を抜く
  • 食事量を減らす

なぜ、ダイエットのために炭水化物抜きの食習慣を設けるのかというと、それは、炭水化物を多く摂取しているとカロリー摂取量、摂取する糖質量が多くなってしまうためです。このような食習慣を続けていると、上手く消化吸収されなかった糖質が体内で脂肪に変換されてしまい、これが元になって太りやすい体質になってしまうのです。

しかし、過度な食事制限ダイエットは体に悪いこともわかってきました。そこで白羽の矢が立ったダイエット方法こそ、シリコンスチーマーダイエットなのです。

シリコンスチーマーで温野菜を作った場合、これといって厳しい食事制限を設ける必要はありません。というのも、温野菜は低カロリーで炭水化物の量も、それほど多くはないことがわかっているからです。

このような優れた一面を持つだけでなく、調理にかかる時間が短いという利点もあるため、調理でストレスを溜めることなく、気持ち良くダイエットを継続することが可能になります。

野菜の健康パワー!ダイエットに良い野菜の栄養成分

現代人の食生活は乱れていると言われることが多いです。そこで、今では以下のような栄養成分を摂取して、乱れてしまった食生活を改善したほうが良いと言われるようになりました。
  • ミネラル:新陳代謝アップで必要な栄養成分
  • ビタミンB2:脂質の代謝を促進する
  • ビタミンB6:たんぱく質の代謝を促進する
  • 食物繊維:腸内環境を正常化してくれる
・代謝

新陳代謝は新しい細胞などを生み出す代謝機能、基礎代謝は、体内に蓄積しているエネルギーを効率良く使用する代謝機能のことです。

代謝の中には、特定の栄養成分に対して働くものもあるので、意図的にミネラル、ビタミンを摂取していると、体内に蓄積しているエネルギーであり、栄養成分を正しく消費できるようになります。

上記のような栄養成分を摂取することができるため、今では、シリコンスチーマーダイエットを行っている人が増えています。

その他の理由として、1日に食べたほうが良い野菜の量が350gと言われているため、シリコンスチーマーに頼っている人もいるでしょう。シリコンスチーマーの場合、野菜の甘味を引き出してくれる作用がありますし、苦味成分が薄まる性質もありますので、野菜、ドレッシングの相性を良くしてくれるのです。

また、ミネラル、ビタミンは緑黄色野菜を食べているだけで得られるのですが、食物繊維は繊維質を多く含む野菜を食べないと、適切な量を摂取できないこともわかってきました。

繊維質を多く含む野菜とは、じゃがいも、ごぼう、さつまいもなどが該当します。これらの野菜についても、そのままではとても食べられないものばかりですが、シリコンスチーマーを用いると自然な甘みが強調されますし、塩のみを振りかけて美味しくいただくことも可能になります。

シリコンスチーマーのデメリット!加熱時間を考えて利用しよう

利便性が評価されているシリコンスチーマーですが、以下のようなデメリットもあります。

  • 加熱時間の調整が必要
  • 野菜によってはシリコンスチーマーと相性が悪い

加熱時間の調整が必要な理由ですが、それはビタミン群は熱に弱いという性質があるからです。有名なビタミンはビタミンB群、そしてビタミンCです。

壊れてしまったミネラル、ビタミンなどは水分と混じり合って流れ出てしまいます。そのため、多くの水分を含む野菜に関しては、シリコンスチーマーと相性が良いわけではありません。

また、シリコンスチーマーではなく、電子レンジ調理で同じようなことを行うのも良くありません。電子レンジ調理の中には、野菜を蒸すためのボタンもあるのですが、シリコンスチーマーのようにじっくりと加熱するわけではありません。

近年では、蒸し焼きの機能を持つ電子レンジもありますが、このようなタイプの電子レンジではないのであれば、シリコンスチーマーの代わりに使用しないほうが良いでしょう。

シリコンスチーマーの基礎知識!ちょっとした工夫でかなり変わる

短時間の調理でも、シリコンスチーマーによって美味しい料理を作ることは可能です。

具体的なコツは、以下の調理方法を取り入れてシリコンスチーマーを活用しましょう。

  • 野菜を一口大にカットする
  • 肉類を入れるようにする

簡単かもしれませんが、このような方法でより上手に食材を蒸すことができます。

また、ダイエットを継続しやすくするために、肉類をシリコンスチーマーに入れるようにしましょう。肉類を食べるとダイエット中に太ってしまう、このような心配をされる人もいますが、肉類には以下のような栄養成分が含まれているのです。

  • たんぱく質
  • ビタミンB群
  • 良質なアミノ酸

近年では、女性であっても意図的にたんぱく質を摂取する人が増えてきました。というのも、たんぱく質は筋肉量を維持する上で必要だからです。

運動していても痩せない、太りやすい体質が改善できないという人ほど、栄養バランスが偏りがちという統計もありますし、そのような生活をされていると、たんぱく質の摂取量が少ないため、たんぱく質の疲労回復効果を得られないままの生活になります。

また、筋肉を作るために必要なものの中には、アミノ酸も含まれます。アミノ酸には代謝機能改善効果があり、代謝機能をより良く改善するためには、良質なアミノ酸を摂取しないといけません。

良質なアミノ酸は肉類であれば赤身肉、魚類であればアジ、サバなどの青物に多く含まれています。

時短にもなる!?若い女性からも支持されているシリコンスチーマー

シリコンスチーマーが人気となっている理由は、時短料理が可能となっているからでしょう。

基本的に、シリコンスチーマーであれば煮物全般に対応できますので、最初は煮物料理を作れるようになると良いです。

  • オニオンスープ
  • トマト入りコンソメスープ
  • 肉じゃが

シリコンスチーマーは料理用の器にもなりますので、シリコンスチーマーで調理する、そして、シリコンスチーマーの中にある料理をそのまま食べるといった、このような食事の取り方にも対応しています。

補足となりますが、普通の調理方法でオニオンスープ、もしくは肉じゃがを作った場合、20~40分ほどの時間がかかります。ですが、シリコンスチーマーで調理した場合の調理時間は約10分となりますので、調理時間を時短できるというのは本当のことです。

ダイエット中のストレスを少しでも低減したい、このような考えを持っているのであれば、シリコンスチーマーダイエットを行ったほうが良いでしょう。

どんなものが人気?人気のシリコンスチーマーの選び方

人気のシリコンスチーマーの中には、今でも定番の人気を得ているルクエのようなものがあります。

ルクエの長所は、以下のようなシリコンスチーマーの良いところが凝集しているところです。

  • 長時間のスチーマーとしての使用に耐える
  • 品質がEU、日本で試験済み
  • ケーキ型、製氷皿などのシリコン製品も作っている
  • 色合いがカラフルでお洒落

ルクエのシリコンスチーマーは価格が4104円となっているため、他のシリコンスチーマーメーカーのものと比較すると高いです。ですが、長い販売実績、品質の良さが評価されているため、あえてルクエのシリコンスチーマーを選ぶ人がいます。

近年では、VIV(ヴィヴ)のシリコンスチーマーの人気も上がってきました。

VIVには以下のような長所があるので、国内でも人気の高いシリコンスチーマーとして知られています。

  • スチーマーの形状が豊富
  • スチーム用トレーが付属している
  • お手軽価格で販売している
  • 1人用、2人用の小さなサイズのものも販売している

VIVのシリコンスチーマーは、全体的に小さなものが目立つため、シリコンスチーマーダイエット、もしくは朝食、お弁当作りで使用されることが多いです。

カラーバリエーション豊富なので、自分だけの好きなカラーリングのシリコンスチーマーを選べますし、価格が1220円となっているため、できるだけ安いシリコンスチーマーを選びたいという場合も、VIVのものを選ぶと良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.