無理なく続けられる!スローランニングのダイエット効果、やり方

ウォーキングでは物足りない、ランニングだときつい、そうお考えの方におすすめしたいのが、スローランニングです。中間的な運動になり、適度に効果を得ることが可能です。

また、体が疲れているときにも最適で、負担を減らすこともできます。今回は、スローランニングのもたらすダイエット効果を正しいやり方について説明していますので、ぜひダイエットの際にお役立てください。

負担が軽い?スローランニングの効果とは

スローという言葉の通り、通常のランニングよりもゆっくり行うのがスローランニングです。

ただ、歩くわけではなく、ウォーキングとランニングの中間的な運動だという認識が必要になります。うまく実践できれば、ウォーキングより高いダイエット効果を得ることができ、体の負担を軽減することも可能です。

有酸素運動は、脂肪燃焼効果が期待できるためダイエットに効果的とされています。

スローランニングは、脂肪を燃やすために効果を発揮し、疲れにくい運動でもあるのです。

また、比較的筋肉を使用が少ないため、あまり筋肉を付けたくないという方にもおすすめできる運動になります。

基準の見極めが少し難しいため、ダイエットに活用する際は、正しい方法をしっかり理解手から行うことが大事です。

姿勢が大事!スローランニングのやり方

スローランニングには、正しいフォームがあり適切な方法で実践できるなら、室内でやることもできます。背筋をまっすぐ伸ばし、あごを上げ、腕振りをなるべく小さくするのが正しいやり方とされています。

歩く歩幅も小さくし、約10cmを目安にリズムよく行うことが重要です。

ただ歩くだけではウォーキングと変わらない運動になってしまうおそれがあるので、事前にしっかり確認してから行うようにしましょう。

屋外屋内問わず、アキレス腱を使うことを意識して走ることも大切です。

ランニングより低い?スローランニングの消費カロリー

スローランニングで消費するカロリーは、ウォーキングよりは高い効果が望めるものの、ランニングの半分程度であることが多いです。これは、心拍数が大きく影響している可能性があります。

心拍数が遅いと、脂肪燃焼効果があまり望めないおそれがあるのです。もちろん高すぎても、無酸素運動になってしまうこともあるため注意が必要です。

また、消費するカロリーは、年齢は代謝能力、体重など様々な要素が影響していることが考えられます。

スローランニングよりもっとカロリーを消費したいとお考えであるなら、慣れた後で効果的な方法に発展させるのも一つの手段です。スローランニングは、これからダイエットを始めたい方、あまり体に負担をかけたくない方に適した方法と言えます。

トレーニングに近い?スローランニングを行う時間

スローランニングは、体に負担がかかることが心配な方向きの方法になります。そのためあまり長時間継続する目的で行われることは少ない傾向があります。

慣れれば30分以上継続して、効果を上げることも可能です。

しかし、慣れないうちは体の負担を最小限に抑えることが重要になります。

筋トレのように、セットごとに行うことで、無理のないダイエットとなるはずです。

約10分間を3セット行う、といったように、筋トレのように行っても効果が望めます。

高い効果が得られるわけではありませんが、しっかり継続することができ、モチベーションを高く維持することにつながります。そこから徐々に継続時間を長くしていくことで、理想的な体を作ることができるはずです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.