筋トレで胸を小さくする方法。ウォーキングや食事の工夫も合わせて

筋トレ、栄養摂取でどのような努力をすると、胸を小さくする方法につながるのか案内しています。

昔であれば男女に関係なく、胸が大きくなってしまうというのは、正しく栄養摂取できている、もしくは健康体を意味するものとして評価されました。しかし今では、胸を小さくする方法を知りたい女性が増えており、大きな胸の悩みをSNSなどに投稿している人が増えているのです。

そんな時代だからこそ、今の時代に相応しい胸を小さくする方法を知っておいたほうが良いでしょう。

男性だけではない!女性も胸が大きくなってしまう悩みを抱えている

女性だけでなく男性でも、今では胸が大きくなってしまう悩みを抱えている人が増えています。贅沢な悩みのように感じるかもしれませんが、以下のような問題を引き起こすこともあるので、早めに胸を小さくする方法や、胸に良い筋トレの効果を知っておいたほうが良いでしょう。
  • 服装選びで苦労する
  • 胸周りに痛み、しこりが生じる

本来であれば、胸が大きくなってしまうのは栄養摂取、そして体の発達がスムーズである証となります。

ですが現代では、栄養摂取の影響もあり急に体の発達が促進されることもあるのです。すると、以前まで着用可能だった服装を着れなくなりますし、これによって外出が困難になることもあります。

実際にどのような服装の問題を抱えるようになるのかですが、主に下着選びで苦労するようになるという人が、SNSなどに多く存在する状況です。

女性の場合は大きな問題になることも多く、ブラジャーなどの買い替えも安いものではありませんので、ワンサイズ大きめのものを選ぶか、それとも現状のブラジャーで満足するか、このような悩みを抱えてしまうようになるのです。また、ブラジャーなどの選択を誤ってしまうと、胸そのものの締め付けが厳しくなってしまうので、人によっては肌そのものが荒れてしまう女性もいます。

そのため、筋トレなどで胸を小さくする方法が、SNSなどを通じて拡散するようになりました。

その他の悩みでは、女性だけでなく男性にも見られるのですが、大きな胸をジロジロと見られるのが辛いという意見もあります。胸が大きいのであれば自然とこのような状態に陥るのですが、人によっては、美容にコンプレックスを抱えている人もいますし、胸だけ大きいという悩みを抱えている男女も存在するのです。

このような苦労を重ねている人もいるため、筋トレなどで胸を小さくする方法を知ること、実践することが重要視されるようになってきました。

メカニズムを理解!胸を小さくする方法として知っておきたいこと

胸を小さくする方法の基本となりますが、とりあえず運動をすれば良いというものではありません。

なので、以下のような胸の構造を理解してから、筋トレなどで胸を小さくする努力をされたほうが良いでしょう。

  • 胸であり乳房は、乳腺と乳房脂肪体で形成されている
  • ホルモン、脂肪の影響を受けて発達する

胸というと、男女に関係なく良く発達している人ほど、適度な弾力があります。このような弾力は水分だけでなく、脂肪の作用によって得られるようになっているのですが、胸にばかり脂肪が蓄積されてしまうのは、筋肉量が少ない、もしくは食生活によりホルモンバランスが乱れているからです。

もし、胸全体ではなく胸の中央部分ばかりが発達している場合は、個人的な悩みとして処理するよりも、病院で診断を受けたほうが良いでしょう。というのも、このような悩みを抱えている人は極めて少ないからです。

異常な発達が予想されますし、もしかすると、菌やウィルスなどの影響を受けているのかもしれません。筋トレのみで解決できる問題を逸脱しているので、個人的な悩みとして処理するのは難しいでしょう。

次に乳腺の話となりますが、女性の胸が大きくなってしまうのは、女性ホルモンのエストロゲンが影響しています。胸というのは栄養、ホルモン、そして遺伝的要因が組み合わさって発達するようになっていますので、これらの条件をクリアされている場合は、正常な発達で済むようになります。

ただし、人によっては過剰にエストロゲンが分泌されている人もいますので、ホルモンバランスのみで胸が大きくなってしまう悩みを抱えてしまうこともあるのです。

このような場合、生活リズムが狂っていないか、偏食ではないか、睡眠不足に陥っていないかをチェックしましょう。そして、正しい生活習慣を身に着けてから、さらに筋トレを始めたほうが良いのです。

補足となりますが、筋トレによる胸を小さくする方法というのは、すでに成長してしまった胸を小さくするだけです。そのため、胸を小さくすることに成功したとしても、生活習慣が乱れやすい場合は、元の状態に戻ってしまう恐れがあると思ったほうが良いでしょう。

体に良いのは事実!しかし大豆には大豆イソフラボンが含まれる

健康を意識して摂取してしまう栄養に、大豆イソフラボンが含まれます。近年では、大豆イソフラボンが多く含まれている飲料水、もしくは豆乳などの商品が増えているため、手頃価格で簡単に入手できるものとして人気が上がっています。

ですが、大豆イソフラボンには以下のような効果があるため、胸を小さくする方法で悩んでいる場合は、あまり大豆イソフラボンを摂取しないほうが良いでしょう。

  • エストロゲンの分泌促進
  • 血流改善効果

女性であれば、美容のためにエストロゲンを大豆からだけでなく、その他の食品から得る人もおられるでしょう。ですが、過剰にエストロゲンを摂取してしまうと、その分だけ胸が大きくなってしまうので注意してください。

過剰にエストロゲンを摂取しないといけない理由もないので、1日1食分を目安にして大豆食品を使用すると良いでしょう。

もしくは、豆乳のみを飲むようにして、大豆食品そのものを食べないように調整すると良いです。人によっては、エストロゲンの効果よりも、筋力増強を進めて胸を小さくしたいという人もおられるでしょう。

このような悩みを抱えている場合ですが、大豆食品、大豆イソフラボンが含まれる飲料水を使用せず、大豆が配合されているプロテインを飲むようにすると良いです。現代のプロテインは健康志向のものが増えているため、今では野菜から抽出される栄養成分が多く入っていますし、その中に大豆イソフラボンが適度に含まれているのです。

しかも、プロテインには大豆たんぱくも含まれていますし、必須アミノ酸も含まれているので、体を丈夫にする、胸を小さくする、筋トレに耐えられるだけの体力を得るといった、細かい条件をクリアできるような栄養が配合されているのです。

補足となりますが、大豆イソフラボンが多く含まれている食品は、以下のとおり多く存在しますので注意してください。

  • 納豆
  • 豆腐
  • 味噌
  • 厚揚げ
  • おから

特に注意したい食品は納豆です。納豆には多くのナットウキナーゼ、そして大豆イソフラボンが含まれているため、健康維持で食べている人も多くいます。

しかし、ナットウキナーゼは血流改善効果が優秀で、大豆イソフラボンはホルモンバランスなどに作用するので、1日1パックを目安にして食べ過ぎないように調整したほうが良いでしょう。

ついつい食べてしまう!胸が大きくなってしまう食材、効果

簡単に入手できる食材で、実は胸に良い作用が含まれているものをリストアップしました。

  • 鶏肉のムネ肉、モモ肉
  • キャベツ

鶏肉というと、今では低カロリー高たんぱく質で有名になりました。しかし、鶏肉は高たんぱく質そのものなので、特にムネ肉、モモ肉を良く食べていると、乳腺の発達で必要となるたんぱく質の過剰摂取につながります。

そのため、筋トレで必要となるたんぱく質を摂取しながら、肉類を食べて胸を小さくしたいという場合は、豚肉のバラ肉を食べるようにすると良いでしょう。豚肉はたんぱく質が鶏肉よりも少ない、しかも、脂肪、たんぱく質の代謝を促進するビタミンB群が豊富なのです。

また、豚肉を使って野菜炒めを作る際ですが、濃厚なソースを加えないようにしましょう。その理由ですが、濃厚なソースほど脂質、糖質が豊富という問題を抱えているからです。

これではなんのために豚肉を使っているのかわかりません。豚肉を使って野菜炒めを作るのであれば、塩コショウで軽く味付けするようにして、野菜をメインにして調理したほうが健康に良いのです。

ただ、このような料理を作る際ですが、安易に多くのキャベツを入れないようにしましょう。というのも、キャベツにはボロンという成分が含まれているからです。ボロンは女性ホルモンであるエストロゲンの効果を高めますので、もしキャベツを料理に入れるのであれば、キャベツの使用量を減らす、もしくは、しっかりと加熱してボロンの作用を弱めたほうが賢明となります。

胸の発達に影響を与えるたんぱく質ですが、たんぱく質は以下のような食材にも多く含まれているため、栄養摂取で胸を小さくする方法を検討している場合は、以下のような食材をあまり食べないようにしたほうが無難です。

  • 乳製品
  • 魚介類
  • 発酵食品

上記についてですが、特に注意して欲しいのは卵、そして発酵食品のチーズです。手頃価格で購入できる食品なのですが、たんぱく質の含有量、そして脂質の量が両方とも優れているため、乳腺の発達に大きな影響を与えることが多いでしょう。

ホルモン分泌量を下げる!胸を小さくしてくれる食材の効果

筋トレ時に食べたくなる、胸を小さくする際に必要となる栄養成分を持つ食材は以下のとおりです。

  • チンゲンサイ
  • クレソン
  • 白菜
  • 高菜
  • 大根

上記の野菜には多くの食物繊維が含まれているため、以下のような健康に良い作用を得られるようになっています。

  • 整腸作用
  • 善玉菌が増殖する

上記のような作用が、どうして胸の発達に対して良い影響を及ぼすのかというと、それは、体に溜まっている不要なエネルギーを処理できるからです。人間の体は、年齢を重ねるごとにエネルギー消費効率が下がっていくのですが、その原因は整腸作用そのものが弱まってしまうためと言われています。

整腸作用を安定させるには善玉菌が増殖する環境が必要なため、食物繊維豊富な大根、クレソンなどを食べたほうが良いとされているのです。

善玉菌が増殖すると、有害物質を生み出す悪玉菌の増殖を抑えられるようになり、その後、整腸作用が出やすい体質へと変化していくのです。すると、体内に溜まっている無駄なエネルギーが脂肪に変換されず、そのまま便に混じって排泄される、もしくは、体内で使用されるようになります。

先ほどの脂肪ですが、これらは胸、お腹などの内臓に蓄積されていくことがわかっています。つまり、このような問題を放置されていると、筋トレをしているのに痩せない、胸周りが太っていく体質になってしまうのです。

また、体に良いとされている野菜はアブラナ科野菜に属するものが多いのですが、ブロッコリー、芽キャベツといったアブラナ科野菜を食べていると、インドールという成分を多く摂取できるようになります。インドールには以下のような作用があるため、今では胸を小さくする方法の1つとして、インドールを意図的に摂取する人が増えてきました。

  • ホルモン分泌を抑制する
  • 発がん性物質を無毒化する

インドール摂取の注意点となりますが、インドールもキャベツに含まれているボロンと同じで、熱に弱いという性質があるため、インドール摂取はアブラナ科野菜を生のまま食べて摂取するほうが良いです。

カフェインが効果的!楽に胸を小さくする方法としても有名

今では多くの人がコーヒーを飲んでいますが、胸を小さくする方法の中にはカフェインを常飲するものがあります。

カフェインには以下のような健康効果があるため、胸を小さくする際に最適な栄養成分でもあるのです。

  • 脂肪燃焼促進の効果がある
  • 乳がんの再発リスクが低減しやすい

コーヒーからカフェインを摂取する行為ですが、サプリメントのように素早くカフェインを吸収できるため、ダイエットにおいても即効性があると言われるようになってきました。

ただし、コーヒーをガブガブと飲むのは良くありません。というのも、カフェインには覚醒作用があるからです。

飲み過ぎると胸焼け、目眩、興奮などが起きることもあるので、1日3杯を目安にして胸を小さくする努力を続けるほうが良いでしょう。また、安物のブレンドコーヒーは良くないとされています。

コーヒー豆の粉瘤が上手く溶けない、味わいが良くない、ナトリウムなどの成分が無駄に多いこともありますので、安物のブレンドコーヒーよりも、有名なコーヒーメーカーのブレンドコーヒーを購入するようにしてください。

また当然のことかもしれませんが、コーヒーに乳製品を入れるのは良くありません。ミルクを入れてカフェオレを楽しむように調整するより、健康のためにブラックを飲む、ブラックが辛い場合はカロリーカットされている砂糖を入れて、味わいを調整するようにしたほうが健康的です。

有酸素運動として評価されている!ウォーキングで胸を小さくする

ウォーキングはダイエットに良いと言われていますが、実は胸の発達を抑えるのにも効果的です。

ウォーキングには以下のような健康効果があるので、これから軽い筋トレ、そして有酸素運動でダイエット効果も得たいという場合は、まずはウォーキングから運動に慣れたほうが良いでしょう。

  • 脂肪燃焼促進の効果
  • 肺など内臓の強化

ウォーキングは有酸素運動なので、空気を吸って吐くという動作を何度もこなします。この時、適度に肺が刺激されるようになるため、内臓周りの脂肪燃焼も促進されるようになっているのです。

ウォーキングで内臓周りの脂肪燃焼を促進できるのであれば、ランニングのようなハードトレーニングであれば、もっと高い筋トレ効果を得られるのではないかと、このような考えを持ってしまう人もおられるでしょう。

確かに、ハードトレーニングのほうが内臓周りの脂肪燃焼を促進させることが可能です。しかし、今まで運動をしてこなかった人の場合、運動による負荷が強すぎて内臓を傷めることもあるので注意してください。

また、ウォーキング以上の運動強度で痩せたい、筋トレで胸を小さくする方法を学びたいという場合は、縄跳びで胸を小さくする努力をしたほうが良いでしょう。縄跳びは、体を持ち上げてジャンプする動作を繰り返します。

そのため、ジャンプをするごとに胸、お腹に強い負荷がかかるようになっていき、胸周りに溜まっている脂肪を燃焼しやすくなるのです。しかも縄跳びは、100円ショップでも売られているほど、簡単に入手できるという利点もあります。

筋トレ以外の方法!スクワットも胸を小さくする方法の1種?

軽い筋トレで、無酸素運動に等しい運動方法で胸を小さくしたい場合は、スクワットで胸の脂肪を減らすようにすると良いでしょう。

スクワットには以下のような効果があるため、筋トレとしても優秀ですし、また運動強度も高くありません。

  • あまり使用していない筋肉を使える
  • 部分痩せを意識したスクワットが数多く存在する

スクワットの基本は、しゃがむ、そして起き上がるという動作を繰り返すだけです。そのため、使用する体力についても最低限のレベルとなっていますし、胸、お腹の脂肪が気になっている場合は、部分痩せ用のスクワットを行えば良いだけとなります。

また、どうしてスクワットをすることで胸を小さくすることが可能なのかというと、使用することが少ない筋肉ほど、しっかりと使用する、もしくは刺激を与えるようにすると、体のスリム化がスムーズに進むようになるからです。

もしスクワットが辛いという場合、もしくは体を捻る動作そのものが辛いという場合は、EMSマシンを使用すると良いでしょう。EMSマシンは、胸、お腹といった部分に対して電気刺激を発生させるマシンのことです。

そのため、EMSマシンを正しく使用していると、無駄に発達してしまった胸、お腹などの強化を行えますし、筋トレ成功で筋肉増強となると、脂肪が燃えやすい体質になります。また、ハードトレーニングが辛くないという人の場合、筋トレの腕立て伏せを行ってみるのも良いでしょう。

肩幅に合わせて手をつくようにして腕立て伏せを行うのですが、顎を地面につけることを意識して行うと、肩、胸、お腹の3点を同時に鍛えることができる筋トレとなります。こちらはモデルも実践している本格的なトレーニングで、胸を小さくする方法として昔から知られているため、実践者が多いテクニックとしても有名なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.