小腹がすいたら何食べる?ダイエット向きのおやつを厳選

皆さんは小腹がすいたときにどんな対応をしているでしょうか。ダイエット中であれば小腹がすいたときに対応一つで太ってしまうこともあるため、小腹がすいたときの対応は間違えてはいけません。

小腹がすいたときに対応は一つではありません。また小腹がすいたときにあえて間食を食べることでダイエットに貢献できる方法もあります。ここではダイエット中に小腹がすいたときの対応方法を紹介していきます。

ダイエットを成功させるために、小腹がすいたときの対応方法を知りダイエットに取り入れてみてください。

ダイエット中に小腹がすいたら間食してもいいの?

ダイエット中に「小腹がすいた」という経験をしたことはありませんか?ダイエットの方法にもよりますが、痩せる最中に小腹がすくことはよくあります。小腹がすいたときの対処方法ですが、やはり間食を食べるという方法がまずあげられます。

ダイエット中に間食は太ってしまう原因となることも多いためよくありませんが、必ずしもそうとは限りません。理由としては間食を食べることでダイエットが効率的になることもありますし、小腹がすいてしまうとダイエットの失敗になることがあるからです。

ダイエット中に小腹がすいたときに、何も食べずに我慢しているとだんだんそれがストレスになってしまうことがあります。そしてストレスをためていくと、今まで我慢していたものが爆発してしまい異常な食欲になって食べ過ぎてしまい太ってしまいダイエット失敗となってしまいます。

やはりダイエットですから無駄なカロリーの摂取は避けるべきですが、あまり我慢しすぎてしまうとダイエットが失敗してしまうこともあるため時には我慢せずに食べることも必要です。

ただし間食を食べる量が多すぎても太ってしまうため、食べる量は調整して太らない範囲で食べるようにしましょう。

小腹がすいて食べてしまったら運動してカロリーを消費しよう

小腹がすいたときに間食を食べてしまうと、太ってしまうのではないか?と不安に感じる人もいるのではないでしょうか。そういった不安はストレスの原因にもなってしまうため早めに解消する必要があります。

もしも間食を食べてしまったのであれば運動をしてみてはどうでしょうか。適度な運動をして食べたカロリー以上のカロリーを消費できればダイエットの人助けになるため不安なら運動をしてみてください。

ダイエットに効果的と言われる運動は「有酸素運動」でジョギングやウォーキングといった比較的簡単な運動や水泳やサイクリングといった運動もあります。運動は痩せるだけではなく健康にも良いですし、美容にもよく美しく痩せる手助けにもなります。

ジョギングやウォーキングであれば比較的場所を選ばずできるため、ダイエット時に行ってみてください。

小腹がすいたときにダイエットの妨げにならない食べ物を知ろう

小腹がすいたときに間食するのであれば、食べても太りにくく腹持ちが良い食べ物を食べるようにしましょう。

太りにくい間食であればダイエットの妨げになりにくいため、ある程度間食しても問題ありません。ただし太りにくいものでも食べ過ぎてしまうと間食で太ってしまうことになるため食べる量には注意が必要です。目安としては1日に摂取するカロリーの10%までのカロリーまでが目安です。

例えば1日に2000kcalを摂取する人ならば間食で摂取するカロリーは200kcalまで、1700kcalなら170kcalが目安となります。ダイエット時には食事制限などをして栄養が不足してしまうこともあるため、それを間食で補うと間食も無駄になりません。

  • ナッツ
  • チョコレート
  • フルーツ
  • ドライフルーツ

ビタミンが豊富なナッツは小腹がすいたときにオススメ

ナッツにはビタミンBや食物繊維が豊富に含まれているため、ダイエット時にオススメの間食です。ただしナッツの中にはダイエットに向いていないものもあるため、考えてナッツを食べる必要があります。

またナッツを選ぶ時はできるだけ無塩の物を選ぶようにしましょう。塩分を摂り過ぎてしまうと「むくみ」などの原因になり、時にはダイエットの妨げになってしまうこともあります。

チョコレートはダイエット中に食べてもOK!

チョコレートというと甘くて、食べると太るというイメージが強いです。ダイエット中には食べない方がよさそうですが、実はチョコレートはダイエット時食べても問題ありません。

ただしチョコレートによっては太ってしまう場合もあるためチョコレート選びはきちんと行わなくてはいけません。例えばミルクチョコレートといった甘いチョコレートですとカロリーも多く太りやすくなります。

ダイエット中にチョコレートを食べるのであればできるだけカカオが多く含まれている物を食べるようにしましょう。カカオが多く含まれているチョコレートはダイエットの妨げになりにくいですし、ダイエットを助けてくれることもあります。

健康と美容に良い果物を小腹がすいたときに食べよう

果物によってはカロリーが多いものもありますが、ダイエット中に小腹がすいたときにオススメです。果物にはビタミン、カリウムが豊富に含まれているため、健康にも良いですし美容効果にも期待することができます。

ダイエット中には体に必要な栄養が不足してしまい体調不良になったり、肌トラブルになってしまったりすることが多いです。間食でフルーツやドライフルーツを食べることで栄養不足を補うこともできますし、小腹がすいたときに空腹を紛らせることもできます。

小腹がすいたときは腹持ちが良いものを食べるとダイエット効果UP

小腹がすいたときにはできるだけ腹持ちが良い食べ物を食べるようにしましょう。これにはきちんとした理由があり、腹落ちが良い食べ物を食べるとダイエット効果に期待できるからです。例えば間食を食べるタイミングは多くの場合、食事前が多いのではないでしょうか。

食事前に腹持ちが良いものを食べておけば、食事で食べる量を減らすことができるため食事から摂取するカロリーを減らすことができます。

間食で摂取したカロリーによっては、摂取カロリーは変わらない場合もありますが摂取カロリーが減ればダイエット効果に期待できることになります。小腹がすいたときにはナッツやチョコなど、できるだけ腹持ちが良い感触を食べるようにしましょう。

間食だけじゃない!小腹がすいたときの対処方法を知ろう

小腹がすいたときの対処方法は間食を食べるだけではありません。他にも対処方法があるため、いざ小腹がすいたときに対処できるように覚えておきましょう。小腹がすいたタイミングにもよりますが、歯磨きをすることで空腹をごまかすことができます。

理由としては歯磨きをすると「それ以降食べてはいけない」という気持ちになり、小腹がすいたときに食べずに済むことがあります。またせっかく歯磨きをしたのに、歯磨き後に食べてしまうと歯磨きした意味がなくなってしまい、間食を控えようと考える人もいるのではないでしょうか。

このように歯磨きをすることで心理的に間食を避けることができるため、小腹がすいたときには歯磨きをしてみてはどうでしょうか。

小腹がすいたら咀嚼すると満腹感を得られます

普段食事をする時などに何気なくしている咀嚼ですが、咀嚼には満腹中枢を刺激する働きがあります。満腹中枢を刺激すれば食欲を抑えられるため、小腹がすいたときにも有効な手段です。

例えば小腹がすいたときにはガムやスルメといったものを食べてみてください。ガムやスルメは咀嚼回数が多くなるため、満腹中枢が刺激され満腹感を得ることができます。ガムやスルメなどを食べたくないという人は割りばしなどを噛むという方法もあります。

比較的簡単にできる方法なため、小腹がすいたと感じた時に試してみてください。

小腹がすいたときは水を飲んで空腹をごまかそう

お腹が空いたときには水を飲む人は意外と多いのではないでしょうか。実は水を飲むという方法は小腹がすいたときの対処方法としてとても有効です。水を飲むことでお腹が膨らみ満腹中枢も刺激されるため、空腹を感じにくくなります。

また水は特にカロリーを気にしなくても良いため、飲み過ぎて太るということもありません。飲み過ぎはあまりよくありませんが、水を飲める状況であれば小腹がすいたときには水を飲んで凌いでみてはどうでしょうか。

小腹がすいたら運動!カロリーも消費できるし空腹もごまかせる

空腹はなぜ感じるのか知っているでしょうか?

小腹がすいたと感じるのは血糖値が下がることが原因で、血糖値を上げることで空腹感を抑えることができます。

そこで役立つのが運動で、運動で体を動かすことで体に貯蔵されている糖分が溶けて血糖値を上げることができます。しかも運動をすることで食欲を抑える成分も分泌されるため食欲を抑える効果にも期待することができます。

運動をすることでカロリーを消費することもできるため、小腹がすいたときに対処方法として運動はオススメです。運動をすればより効果的にダイエットすることができるため、小腹がすいたときのみならず運動をダイエットに取り入れてみてはどうでしょうか。

よく小腹がすいたと感じる人は原因を知っておこう!

「小腹がすいた」と良く感じる人は原因が何であるのか考えたことはありませんか?お腹が空くと感じる事にはきちんと理由があるため、原因を知り対処しましょう。

  • 水分不足
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 食事バランス

水分が不足すると小腹がすくことの原因になることもあります。

忙しい人は1日にあまり水分を摂らないという人もいるのではないでしょうか。水分不足になると小腹がすいてしまう原因となるため1日に必要な水分は毎日摂るようにしましょう。

1日に必要な水分量は人によって異なり、目安としては「体重×0.5リットル」が最低限必要です。水分が不足してしまうと小腹がすいたと感じやすくなるだけではなく、むくみの原因となることもあります。

ダイエット中に小腹がすいたと感じたりむくみになったりすると、時にはダイエットの妨げになることもあるため、ダイエット中の水分補給は意識して行いましょう。

睡眠やストレスも小腹がすきやすくなる原因に

睡眠やストレスは小腹がすいたときの原因となることがあります。まずストレスですが、ストレスを感じると体内の「グレリン」が活発になってしまいます。この物質は空腹を伝える物質なため、活発化してしまうと空腹を感じやすくなり小腹がすいたと感じやすくなります。

ダイエット中にはイライラしてストレスをため込みやすいため、もし何か食べても空腹を感じるのであればストレスが原因である可能性も高いです。

次に睡眠ですが、睡眠が不足してしまうとホルモンが不足してしまい、そこから小腹がすいたと感じやすくなってしまいます。睡眠はストレスの解消にもなるため、ダイエット中にはできるだけ睡眠時間を確保するようにしましょう。

食事バランスが良くないと小腹がすいたと感じやすくなる

ダイエット中に偏った食事を食べてしまうということはよくあります。例えば野菜だけ食べる人や痩せると言われるものだけ食べるという人がいます。

食べる物にもよりますが、野菜だけ食べた場合や痩せると言われる物ばかり食べてしまうと栄養バランスが偏ってしまいます。野菜のみだと満腹感を得られにくいため、小腹がすいたと感じやすくなってしまいます。

肉や魚はダイエット中に食べてはいけないと考える人もいますが、ダイエット中は肉や野菜も重要なためきちんと食べなくてはいけません。痩せるために食べる量を減らしたい気持ちは分かりますが、ダイエットをするのであればきちんと栄養バランスが良い食事を摂るようにしましょう。

小腹がすいたと感じたらダイエット成功の合図!

小腹がすくことはダイエット中にしてみればデメリットと思いがちですが、デメリットだけではありません。まずは小腹がすいたと感じた時に間食する人もいますが、間食で食べるものを工夫することでダイエットを効果的にすることができます。

例えばナッツやチョコといったものを小腹がすいたときに食事前に食べておけば、食事量を減らすことができ摂取カロリーも抑えることができます。

また小腹がすいたと感じることはダイエットの効果が出る前触れと言われることもあるため、ダイエット中のモチベーション維持にも役立ちます。

ダイエット中のモチベーションの維持はとても重要なため、小腹がすいたと感じたらダイエット効果が出ると考えながらダイエットをしてみてはどうでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.