喫煙したら痩せる?禁煙したら太る?ダイエットとタバコの関係性

喫煙すると体に良くないと言われている今、禁煙が主流になりつつあります。

しかし、タバコを吸っていた人がタバコをやめると太りやすくなるとも言われていますよね。

現に、タバコをやめてしばらくすると体重が増えだしたという方も少なくありません。

禁煙するのは身体に良いことですので問題はないものの、食欲が増幅されてしまうのは正直辛いですよね。

これからタバコを辞めようと思っているのにも関わらず、太ってしまうことに対して懸念があり、禁煙するのを躊躇する人も多いと思います。

本当に禁煙すると痩せることは難しくなるのか…その辺りについて色々と調べてあります。気になる方は是非、最後まで読んでください。

喫煙することで空腹を紛らわす事は可能?タバコが及ぼす影響

さて、禁煙をすると喫煙をしていた時期に比べると体重が大幅に増えてしまうという人が少なくありません。

なぜ体重が増えてしまうのか…その辺りについて考えていきたいと思います。

まず、単純にタバコは空腹感を紛らわすことができる可能性が高いです。

例えばお腹が空いて何か食べたいと思った時、食べ物が無ければ買いに行くか、作るかしか方法がありませんよね。

しかし時間がなくてそれらをする暇がない、もしくはめんどくさいと思った時、喫煙者の人はとりあえずタバコを吸うことで一時の空腹感を紛らわせることができるようです。

口から何かを食べることができなければ、とりあえず口からタバコを吸って煙を入れることで食欲を騙す事が出来るわけです。

お腹が空いた状態で食堂等に着席をして、そこにお水が出てくると、その水を一口飲んで、食事が出来上がるまでの空腹感を紛らわせるのと少し似ているかもしれません。

あと、タバコを吸うことで気分的に落ち着く人も多く、その落ち着いた感覚が食欲を鈍らせるのかもしれません。

しかし、禁煙をするとこれらの作用が一切なくなります。

タバコをやめることで食べ物を美味しく感じる感覚が更に蘇り、食欲が増幅されるようになります。

本当の味覚が戻り、食べ物が美味しいと改めて感じることによってタバコを吸う以前の食欲に戻ってしまい、結果、どうしても食べる量が増えて体重増加に繋がるようです。

ニコチンに食欲抑制効果あり、でもそれは良くない効果

実はタバコ自体に食欲を抑える作用があるという話を聞いた事はありませんか。

あの吸い込んだ煙の中に答えはあるようで、なんと、タバコの中に含まれるニコチンには食欲を抑えることができる効果が多少あるようなんです。

ただ、これには個人差があるようで全員が全員に該当するとは言えません。

しかし、大なり小なりニコチンには食欲を抑える効果があるのは確かなようです。

タバコを吸うと血管が収縮されるということを聞いたことありませんか。実はニコチンにより血管が収縮されると胃に血液が運ばれ難くなり、本来の働きができなくなると言われています。

そのために食欲が抑えられやすくなると言われているんです。何十キロも激やせするような効果はありませんが、空腹をタバコで紛らわせたりする事が出来る方は、その効果が顕著に現れていると言われています。

しかし、これで仮に痩せることができたとしてもこのやり方は正しいダイエット方法ではありません。

ダイエットあくまでも健康的に痩せなくては意味がないんです。

タバコで痩せたとしても、心筋梗塞や脳梗塞、その他重篤な病気のきっかけになると言われています。

ですので他の重篤な病気を懸念するのであれば、そのきっかけになるかもしれないタバコは出来る限り排除するようにしなければならないでしょう。

今は体に不調な部分があり、病院に行くと必ずと言っていいほど主治医から禁煙するように指示があるようです。

それぐらいタバコは体に悪影響を及ぼす可能性が高いということになります。

もちろん、絶対に影響が出るとは言い切れませんが、引き金になることも十分に考えられますので、できるだけ禁煙するように頑張ってみましょう。

タバコを辞めると口寂しさが増える!そのため間食が増える可能性

タバコをやめると食事が美味しく感じられその結果、たくさん食べるようになり、肥満につながりやすいという話をしていますが、それとは別に、間食の量も増えてしまうのが肥満につながる要因の一つと言われています。

タバコを吸う人は唇にフィルターを咥えることで、間食の頻度を抑えることができるんです。

ところがタバコを吸わない様になるとどうしても口寂しく感じてしまい、飴を舐めたり、スナック菓子をつまんだりする回数が増えるようです。

タバコをやめた途端に、昔はあまり食べることがなかった甘いものが大好きになったという方もたくさんおられます。

間食の量が増えてしまうと、どうしても痩せることは難しくなってしまいます。

下手をすると普通の食事より間食の方がカロリー数が多かったりしますので、その点に関しては注意をしなくてはならないんです。

普通の食事に加えて間食の量も増えるとカロリー過多になるのは当然で、そうなると一気に肥満の道へと進むことになります。

タバコをやめて最近急激に太ったなと思う方、食事の量だけでなく、間食の量もかなり増えているのではないでしょうか。その癖がついてしまうとなかなか痩せることが難しくなりますので、できるだけ間食は控えるようにしてください。

禁煙後の体重増加!食事制限が難しければ運動を取り入れよう!

禁煙した後の急激な体重増加、悩んでいる人はとても多いと思いますが、禁煙をした後の食事の美味しさはなかなか魅力的で食事を減らすことは難しいと判断する人も多いようです。

そんな場合は、積極的に運動を取り入れることをおすすめしたいと思います。

家の中などでも簡単にできる有酸素運動などを取り入れて、積極的に体脂肪を減らすように働きかけましょう。

少し心拍数が上がる程度の軽い運動を行うのが一番効果的です。

あまりにも過酷な運動は継続することが難しくなりますし、仕事終わりなど疲れている時はサボリがちになってしまいます。

ですので毎日継続できる簡単で、尚且つ、効果的な運動を積極的に取り入れてください。

家でできる有酸素運動は色々ありますので、インターネットなどで調べて自分に向いているものを取り入れるようにしましょう。

運動に関しては継続することが一番大切になります。できるだけ毎日続けるようにしてください。

注意!息切れが出る人は体が慣れるまで徐々に!

さて、長い間喫煙をしていると運動をした時に息切れをするようになります。

せっかく禁煙をして運動を本格的に始めようと思ってもびっくりするぐらい酷い息切れをしてしまい、挫折する人も少なくありません。

長い間喫煙の習慣があった人は、息切れがなかなか治まってくれない場合もあります。

運動することに体を慣れさせ、酷い息切れが出ない状態になるまでは、心臓に負担をかけないように無理な運動を継続しないように心がけてください。

負荷がかかりやすい運動はダイエットの効果も出やすいのですが、その分、心臓にも負担がかかりやすくなります。

喫煙によってそれなりのダメージを受けている場合は激しい息切れや動悸に見舞われる場合がありますので、そのような症状が出た時は運動を止めて、毎日続けられる軽い運動にシフトチェンジするようにしてくださいね。

まとめ!禁煙後の体重増加を食い止める工夫が必要!

いかがでしたか。

禁煙後の体重増加に悩んでいる方は、何とかして肥満にならないような工夫が必要となります。

運動をすること、または間食を減らすなど多少の努力は必要になってくるかもしれません。

ただ、あれだけ大好きだったタバコをやめることができたのですから、間食を少し減らしたり運動を続けたりすることは案外そんなに苦労することなく、継続できるのではないでしょうか。

少し気を付けるだけで肥満を防ぐことができますので、スリムな体を取り戻すように頑張ってみてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.