ダイエット中におすすめスープジャー!たっぷり野菜で満腹感もあり

スープジャーダイエットというのは、スープダイエットと本質では同じです。

温かい食べ物を食べることで、食欲を抑えることができる、野菜などの摂取量が知らずの内に増えていく、このようなコンセプトで成立しています。なにより味わいが良いので、他のダイエット法と比較しても、長続きさせるのが困難ではない、このことに魅力を感じて始める人が増えているダイエット法なのです。

脂肪燃焼系ダイエットとして話題!スープジャーの上手な作り方

スープジャーダイエットの基本となりますが、野菜のみでスープを作るようにしましょう。肉類、もしくは麺などを加えてしまうのは良くありませんし、ダイエットで失敗する可能性が高まるだけです。

肉類、麺類を入れないほうが良い理由は以下のとおりです。

  • 肉類:脂質が多い、食欲が刺激される
  • 麺類:炭水化物が多い、食欲が刺激される

肉類、麺類ともに、ちょっとだけ食べて我慢しようと思っていても、簡単に我慢できるものではありません。スープジャーダイエットは、サッパリとした野菜のスープを楽しむものなので、ジューシーな味わいのものと相性が良くありません。

なので、スープジャーダイエットを始める際は、余計なものは入れずに、以下の野菜のみを使用してスープを作ったほうが良いのです。

  • タマネギ
  • トマト
  • セロリ
  • キャベツ
  • ニンジン
  • パプリカ
  • ナス

これらの野菜でスープを作るのにも理由があります。まず、タマネギ、トマトは脂肪燃焼効果を有している野菜のため、今ではスープだけでなく、サラダダイエットでも良く見かけるようになりました。

セロリ、キャベツ、ニンジン、パプリカ、ナスはミネラル、ビタミン豊富なことで有名です。ミネラル、ビタミンには以下の健康効果があるので、これらの野菜も加えてスープジャーダイエットを続けたほうが良いでしょう。

  • ミネラル:代謝機能の改善効果
  • ビタミン:代謝機能を助けてくれる

意外と知られていませんが、ミネラルだけでなくビタミンも、ダイエットでは必ず摂取したほうが良い栄養成分です。

というのも、ビタミンB群には糖質、脂質の代謝を助けてくれる作用があり、これにより太りやすい体質を得られるからです。野菜を食べていると内臓の健康レベルが上がるイメージが強いため、近年になって、ダイエットの観点からも野菜の評価が見直されるようになってきました。

補足となりますが、塩っ気の強いスープジャーは良くありません。冷え性、むくみの原因、血圧の問題を引き起こす元となるため、味付けのために塩を多く使用しないほうが、スープジャーダイエットの効果が高まります。

守らなければいけないルール!スープジャーダイエットの基礎知識

ダイエットで失敗される人もおられるので、スープジャーダイエットで成功するための基礎知識を案内させていただきます。

  • 長期間継続させる
  • 豆類、果物を食べる
  • 定期的に肉類を食べる
  • 麺類を避けるようにする
  • 魚肉を入れるようにする

スープジャーダイエットの基本は、野菜をスープにしていただくというものです。

ですが、決してスープジャーダイエットのみで激痩せできるわけではありません。この辺りを良く理解されておらず、体調を崩してしまったり、リバウンドに悩まされる人もおられます。

まず、ダイエット法のほとんどは1~2ヶ月は継続するようにしましょう。中途半端にやめて、中途半端に再開というのは良くありません。

というのも、急に栄養バランスが変わってしまっている生活を続けているからです。このような行動が目立つようになると、内臓は無駄に脂肪を蓄積させることが増えるため、リバウンドしやすい体質であり、俗に言う痩せにくい体質になってしまうのです。

後、豆類、果物で栄養バランスを整えるだけでなく、肉類も食べるようにしましょう。

肉類を食べると太ってしまうと思われがちですが、まったく食べないままでいると、その影響で筋肉量が下がってしまい、基礎代謝量が減ってしまうのです。こちらもリバウンドの原因になりやすく、またストレスに弱い体になってしまうため良くありません。

もし、肉類のカロリー量に抵抗がある場合は、たんぱく質が豊富で低カロリーな魚肉を選択すると良いでしょう。スープの味わいはサッパリとしているので、白身魚を選択してスープの中に入れると良いです。

野菜を食べる際の注意点!ダイエットでNGとされる行為

人によっては、以下の行為を繰り返しているせいで、まったくスープジャーダイエットの効果が出ない人もいます。スープジャーダイエットのダイエット効果は、それほど高くありませんので、以下にも注意して健康的な毎日を過ごすようにしましょう。
  • スープに使用している食材が偏っている
  • 他のダイエット法も試している
  • サラダにドレッシングを使用している

人の脳は、同じような食生活を繰り返していると、少しずつですがストレスが溜まっていきます。なので、スープに使用する食材を変えながら、スープジャーダイエットを楽しむようにしましょう。

スープそのものの構成を変えたくない場合は、サラダなどの味わいを変えることで、毎回で同じものを食べている状況を回避したほうが賢明です。

そして、スープジャーダイエットを始めた際は、他のダイエット法も始めることを避けてください。というのも、痩せることを意識しすぎてしまい、効果に納得できなくなることがあるからです。

こちらが原因となって、激痩せ後に酷いリバウンドを体験されている人もいます。なにより、リバウンドを繰り返すような生活を続けていると、内臓にもダメージが蓄積されていくため、将来的になにかしらの不調が発生することもあり、あまりオススメできる行為ではないのです。

最後に、サラダに使用して良いものは、オリーブオイルなど、ダイエット効果が高いものを選択したほうが良いです。近年では、ノンオイルドレッシングが売られていますが、味付けが濃いものを選択しないほうが良いでしょう。

その理由ですが、スープジャーダイエット中は塩っ気が欲しくなりやすいからです。味付けの濃いドレッシングを使ってしまうと、その影響でご飯、麺類なども食べたくなり、食事量を調整することが難しくなります。

デトックス効果も良い!野菜と相性が良い食材と健康パワー

スープに入れる食材で悩んでいる場合、以下の3つの食材がオススメです。

  • 鶏のササミ
  • トマト
  • ナス

鶏のササミには、多くのたんぱく質、ビタミンが含まれていて、なにより鶏肉は豚肉、牛肉よりもカロリー量が少ないのです。しかも弾力がありますので、アゴを鍛えるのにも最適な食材として注目されています。

そして、トマトにはカリウムと呼ばれる栄養成分が豊富に含まれており、リコピンには以下の作用があるので、今では中高年の方からも支持されることが多くなりました。

・カリウムの作用

体内に溜まっている余分なナトリウムを、尿中に含ませる形で排出してくれる栄養成分です。

カリウムはトマトに多く含まれているのですが、ミニトマトなど、小粒なトマトのほうが通常サイズのトマトよりも、カリウムが多く含まれているとされています。

また、体内の塩分が上手く排出されない状態は、デトックス上でよろしくないと言われています。そのため、今では健康を意識してトマトを食べる人が増えてきました。

・デトックスとは

除毒のことをデトックスと言うのですが、老化が進んだ体では、デトックスが上手くいかないこともあります。

ですが、トマトなどの野菜を食べていると、発汗、排泄などが改善されていき、その影響で、デトックス効果が正常なものに回復しやすくなるのです。

そして、スープにナスを入れる理由ですが、ナスには多くのビタミンが含まれているだけでなく、保温性も高いという特徴があります。そのため、少しでもスープの味わいを良くしたい、風味を豊かにしたいという場合は、スープにナスを入れてみるのも良いでしょう。

なぜ話題になった?意外な事実が明らかになったため人気が高い!

スープジャーダイエットが人気になったのは、モデルなどから支持されているからです。

ダイエットと言うと、現時点で太っている人が痩せるために行うものというのが相場です。しかし、近年では以下も意識して、スープジャーダイエットを始める人が増えてきました。

  • 整腸作用を得る
  • 美肌効果を得る

スープジャーダイエットの素晴らしいところは、とりあえず痩せるだけではないというところです。というのも、野菜を多く摂取する機会を与えてくれるダイエットで、野菜には、ビタミンだけでなく整腸作用も秘めているからです。

・整腸作用

腸内細菌バランスを整える作用のことを、整腸作用と言います。

ヨーグルトなど菌が含まれている発酵食品を食べる、もしくは野菜を良く食べる形で、みずみずしい腸を生み出す努力をされていると、自然と整腸作用の効果が高まるとされています。

また、すでに痩せている人にも整腸作用の恩恵はあるのかという疑問が出てきます。こちらについてですが、近年の研究成果を元にすると恩恵は大きいという判断になるのです。

例えば、今の日本は昔の日本のように和食が中心ではありません。欧米食と言われる食事、ファストフードなどが目立つようになっているため、健康な胃腸を維持している人が少なくなっている状況なのです。

そのため、なにかしらの方法で整腸作用を得ないといけないのですが、野菜から腸に良い栄養成分を摂取する場合、いきなり栄養が消化され吸収されるわけではないため、血糖値の急上昇を避けながら、しかも整腸作用も得られるという恩恵があるからです。

断食をして腸内を改善するものでもありませんので、内臓にダメージを与えないところも、スープジャーダイエットの魅力でしょう。

実際に、これほどの健康効果を秘めているダイエット法なので、実践されている人の中には、1ヶ月間でマイナス7kgに成功されている女性もおられます。

しかも、スープジャーダイエットは個人間で人気というわけではありません。今では、前述のモデルだけでなく、病院でも採用されているほど効果の高いダイエット法、もしくは健康法なのです。

お腹にも良い!お通じを改善してくれるスープジャーダイエット

スープジャーダイエットは、便秘、もしくは下痢に悩まされている人にも効果的です。

というのも、胃腸に多くの食べ物を溜め込まないダイエット法だからです。

人によっては、加齢の影響でお通じが悪くなる、冷え性、むくみ、肌荒れ、下痢などに悩まされる人もおられますが、このような問題は併発することが多いとされています。その理由は、生活リズムが乱れている、もしくは栄養バランスの悪い食生活により、免疫力が低下しているからです。

また、食事療法だけでなく、毎日の運動でも健康増進を図ることは難しくありません。ですが、このような時間を設ける、努力を続けるのが困難という人もいるため、スープジャーダイエットを支持する人が増えているのです。

スープジャーダイエットの健康効果の中には、温かい食べ物を摂取することで、胃腸を温めておくことができるという効果があります。

便秘だけでなく、下痢といった胃腸の問題を抱えている人は、体が冷えやすく、且つ、食事のバランスが悪いと言われているため、適切にスープを飲むことが肝心なのです。

温かい食べ物を良く食べるようになると、食欲中枢が刺激されるようになりますので、ダイエット効果が直に出やすいと言われています。

しかも、野菜は保温性に優れていますし、適切に保存されている場合は、傷みを緩やかにする、あまり栄養が損なわれていない状態で食べられるといった、野菜だけの魅力が多く存在するのです。なにより、食事量が多くなりすぎる心配がほとんどありません。

ご飯の場合、1食分がお茶碗1杯とされているため、おかわりをしてしまった時点で食べ過ぎになる人もいます。ですが、スープジャーダイエットの場合は、スープを飲み干すだけで問題なく、2杯ほどいただいたとしても、カロリー量は500~700kcalなのです。

このような作用を得られるところが、野菜を中心としたダイエットの素晴らしさでしょう。

また、同量の食事を野菜以外で得た場合、以下のような高カロリーの摂取となるため、高カロリーをなにかしらの方法で断てない限りは、ダイエットで成功するのは難しいと言えます。

  • 丼もの:700~1000kcal
  • ラーメン:700~1200kcal
  • パスタ:600~800kcal
  • うどん:400~600kcal
  • そば:400~700kcal

うどん、そばはそれほど高カロリーではないという意見もあります。確かに、カロリー量のみで判断すると、それほどカロリーが高いわけではありません。

ですが、今ではGI値と言われる、血糖値に影響する指標についても、ダイエットを行う上では知っておいたほうが良いとされています。

野菜スープのGI値は低く、肉類などを加えても大きな変化が見られません。ですが、麺類(ラーメン、うどん、そばなど)は、どのように加工してもGI値が高水準をキープしてしまい、ついつい食べ過ぎる、太りやすい体質を維持してしまう状況を脱することができません。

なので、カロリー量はあくまでも目安で、肝心なのは健康効果が高いのか、実践している人が本当に痩せられたのか、この2点を正確に理解するに限ります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.