間食を制して我慢を克服!豆乳クッキーダイエットの効果とは!?

甘い物が目の前にあると、気付いたら手を伸ばしていた…ということはありませんか?間食はダイエット中だと理解していても、我慢するのは辛いですよね。

そんなアナタには、豆乳クッキーダイエットがオススメ!

豆乳クッキーダイエットとは、一食分を置き換えてダイエットをするのが一般的ですが、実は間食や食事前に食べることで、満腹感を得ることができるのです。

今回は、豆乳クッキーダイエットの効果と口コミでは成功・失敗する人がいるのかというのをご紹介します。ぜひ、豆乳クッキーを利用して、我慢なしのダイエットを目指しましょう!

甘党に最適!?続けやすいと人気の豆乳クッキーの効果とは

置き換えダイエットの種類は様々で、食べ過ぎによるカロリーオーバーを防ぐことができます。しかし、低カロリーであるため、美味しくないものや、空腹で続けられないなどのリスクも潜んでいます。

なので、リバウンドの可能性がありますが、そんな置き換えの一つである豆乳クッキーダイエットは低カロリーだけでなく、美味しいので継続しやすいです。

800kcalも抑えることができる!

豆乳ダイエットは他の置き換えよりも魅力が沢山あります。味の種類が用意されているのと、何と言っても甘味があることです。

ダイエッターからすれば「太るのでは…」と心配するかもしれませんが、一食分が150kcal程度(プレーン味の場合)と低カロリーかつ、栄養素も豊富です。

例えば、夕食に摂取する理想的なカロリーは約900~1000kcalです。豆乳クッキーを置き換えると、約800kcalは抑えることが可能です。

豆乳をベースとした栄養素

本来であれば、食事制限をすると基礎代謝が落ちて、痩せにくい体を作ります。最初のうちは体重が落ちていきますが、体の機能が低下するので、同様の物を口にしても、体外に排出されずに吸収してしまうのです。

栄養素が不足すると、このような弊害を起こし、太りやすい体を作ります。

一方で、豆乳クッキーには、名前の通り豆乳がベースとなっているので、タンパク質やイソフラボンなどの大事な栄養素が含まれています。

タンパク質は、魚や肉などから摂取が可能なイメージがありますが、代謝を上げて痩せやすい体にしてくれる便利な栄養素です。

さらに、イソフラボンは女性ホルモンを上げてくれるだけではなく、食べ過ぎの抑制効果もあります。

豆乳と言えば、脂質も含まれていますが、不飽和脂肪が高いことやコレステロールが低いので、ダイエッターには嬉しいですね。

これらのことから豆乳クッキーダイエットの効果をまとめると以下になります。

  • 一色分が約150kcalで、低カロリー
  • タンパク質が基礎代謝が高い体にする
  • イソフラボンが食欲を抑えてくれる

どの時間帯がおすすめ?豆乳クッキーを最大限に生かす食べ方

置き換えである豆乳クッキーダイエットは、前述に述べた通り、夕食に代えた方があまりカロリーを必要としない時間帯です。

一食分は大体5~7枚が目安となります。 メーカーによりますが、これで約150kcalの摂取なのです。

食事の置き換えは厳しい?

理想的と言われている夕食の置き換えですが、実際にしてみると、余計に空腹になったり、別のものを食べてしまったという経験はありませんか?

豆乳クッキーダイエットは確かに栄養があり、効果も高いですが、それでも人によっては食事に置き換えると、逆効果になる可能性もあります。

様々な栄養がある豆乳クッキーでも、朝や昼のバランスが悪いと、栄養が偏ります。それだけでなく、食事にすると味に種類があっても飽きてしまいます。

間食・食前でお腹を満たそう!

そこで、間食または食前に豆乳クッキーを食べて、お腹を満たす方法が無理なく続けられるので最適です。

元々、置き換えは、カロリーの調整することを目的としています。三食の栄養やカロリーのバランスを考慮して、摂取した方が効率が良いのです。

それだけでなく、暴飲暴食や空腹感も抑えることができます。

食事から置き換えを始めますと我慢をしなくてはいけないので、ストレスが溜まりやすくなります。たとえ、そのような状態で成功したとしても、後に待っているのはリバウンドです。

だからこそ、置き換えで失敗した経験のある方は、おやつ感覚でできる手軽なダイエットがおすすめなのです。

間食・食前の利用は注意を払って!食べ過ぎないための方法

食前・間食に用いる、豆乳クッキーはダイエッターにとっては食事を我慢するよりも、気持ちが大分楽になるかと思います。

ただし、どんなに最適な方法だとしても、注意を払うポイントは抑えて最低限に抑えておきましょう。そうすることで、さらに、効果の高いダイエットを望むことができます。

個別包装にすること

豆乳クッキーダイエットは甘いものを低カロリーで食べることができるので、普段はアイスやチョコなど、間食にしている方にとっては食べやすいものです。

ですが、あまりにも甘いと数に制限がなく、すぐに丸々一箱を食べてしまった…ということもあるのです。

それですと、ダイエットの意味はありませんし、低カロリーだとしても、いくら食べても太らないわけではないです。

大袋にまとめてクッキーが入っているものは制限よりも多く食べてしまう可能性があります。また、容器に分けても、数を上手に分けなくてはならないので面倒になります。

個別に包装されたものなら、制限もありますし、容量もどのくらいなのか判断することができるので、もし大袋を購入して失敗した経験のある方は、個別包装タイプを選択しましょう。

クッキーの容量を抑える方法

豆乳クッキーを食べ過ぎないようにするためには、量を制限するだけでなく、どのようにして1枚で満腹感を得る工夫をするのかがダイエットが成功するコツです。

「工夫をするなんて面倒…」と億劫になりがちですが、飲み物を変えるだけなので、とても簡単ですよ。

豆乳クッキーと一緒に飲むのは、コーヒーか紅茶が多いようです。本来であれば、飲料はどれを選んでも、問題がないかのように思いますよね。

少しでも満腹感を得られるようにするためには、炭酸水など選ぶと良いです。 もちろん、糖分が入っていない物を選ぶのがベストです。

また、一つのクッキーに対してよく噛むことも大切です。空腹感をないようにして、小分けにするのも一つの手です。

なので、食べ過ぎを防ぐには、以下の点を工夫してみましょう。

  • クッキーはよく噛んで食べる
  • 飲料は炭酸水を選ぶ
  • クッキーを小分けにする

これらのように、小さな工夫でも甘党でも豆乳クッキーの食べ過ぎでダイエットを失敗することも少なくなります。

原因はカロリーオーバー!?口コミで成功・失敗する人の違い

豆乳ダイエットは置き換えとしても、手軽に始められるダイエットですが、口コミでは成功と失敗の両方の挙げられることがあります。

口コミは個人差があると言っても、自身の性格や体質など、当てはまる部分があるはず。

成功と失敗、どちらもどのような結果になったのか、事前に知っておくと、ダイエットを始める際にも、とても参考になります。

成功・失敗する理由

成功・失敗した人の口コミからは、以下のような特徴が見られます。

項目 成功した人 失敗した人
時間帯 夕食や食前・間食など 三食分を置き換え
食べる量 決められた一定量 量を超えて食べてしまった
包装タイプ 個別包装 袋にまとめて入っている

成功した人の傾向としては、適切な時間帯や量を守ってしている方が多いです。逆に失敗した人は、量を超えたり、食事を全て抜くという傾向があります。

個人差はありますが、最も大切なのは、ダイエットを始める前の環境や自身の体質を知ることではないでしょうか。

そして、豆乳クッキーをどの時間帯や量を食べるのか調整をするのが重要です。

例えば、夕食が無理なら間食・食前から始めてみる。クッキーを選ぶ際にも、飽きないように種類が豊富なものや個別包装など、ただ豆乳クッキーを購入して始めるよりも成功率が高くなります。

空腹感を抑える工夫が成功に導

豆乳クッキーダイエットは、手元にあればすぐに始められます。食べ過ぎないように、上手にカロリーを調整すれば簡単に痩せられます。

ただ、このダイエットで成功した後、普段の食事に戻すと、摂取していた栄養がなくなるので、止める際には注意が必要です。

成功するポイントは、前述した口コミを参考にして、空腹感を抑える工夫をすること。それと同時に 、間食・食前を有意義に使うことができれば、我慢知らずのダイエットを目指すことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.