食前に飲むだけで食べ過ぎ防止&代謝をアップ!炭酸水ダイエット

食前に炭酸水を飲むだけで、食べ過ぎを防いで代謝もアップさせ、きれいに痩せられると大人気の「炭酸水ダイエット」。

しかもただ痩せるだけではなく、血行を良くしたり、胃腸の働きを活発にして便秘も解消し、体の内側からもより健康的な美しさへと導いてくれます。

手軽にできて、効果も高いと評判で、たくさんの人が挑戦しています。

しかし、間違った方法で行うと、逆に「太ってしまった!」なんて怖いことも!!

ダイエットを成功させるには、どのタイミングでどれくらいの分量の炭酸水を飲めばいいのか?

美しく痩せるために必須の、効果倍増の正しい方法と、気を付けなければいけない大事な注意点などをお伝えします。

食前の炭酸水が食べ過ぎを防いでくれる!

話題の「炭酸水ダイエット」は、常温の炭酸水を食事の前に飲むだけという手軽さも受けて、とても人気があります。

なぜそんな簡単なことで痩せられるのでしょう?

そもそも、炭酸水とは?

炭酸水は、真水に二酸化炭素(CO2)が溶け込んだものです。シュワシュワとして喉越しが良く、暑い時期に冷たい炭酸水を飲むとすっきりしますよね。

無糖の炭酸水はカクテルなどアルコールの割り材に使われることが多く、近年ではハイボールブームを背景に消費量が増加しています。

さらに最近では「美容や健康に良い」という説が広まり、その効果を期待して、そのまま飲む人も増えているそうです。

炭酸水に含まれる二酸化炭素は空気中に気体としても存在していて、気体の中にあるときは「炭酸ガス」、水に溶け込んでいるときは「炭酸」と呼ばれます。

水中に溶け込んで安定している炭酸は泡立ちませんが、振動が加わったり、異物に触れると水の状態で炭酸をとどめておけず、泡となって出ていきます。この泡が、飲んだ時に満腹感を与えてくれるのです。

ついつい食べ過ぎてしまう人にピッタリ!

炭酸水を食前に飲むと、胃の中で炭酸ガスがふくらんで充満し、脳の満腹中枢が刺激されます。

以下は炭酸研究の第一人者、炭酸生活総合研究所顧問、国際医療福祉大学大学院リハビリテーション学分野教授で医学博士、前田眞治氏の記事からの引用です。

実験では500mlの炭酸水を飲むと、炭酸ガスが胃のなかに充満するため、胃がふくらみ満腹中枢が刺激されることがわかっています。
一方、炭酸水を100ml程度飲むと、胃腸の活動が活発になり、食欲が増進。泡の刺激だけでなく、炭酸が入り込み、血管や細胞に働きかけることで、こうした変化が生じます。
もしダイエット効果を得たいなら、300~500mlくらい飲んでみましょう。満腹感で食べすぎを防止できます。

出典:炭酸生活 炭酸の力ってすごい!~前田先生の「炭酸」講座

写真を見ていただくとわかりますが、炭酸水の量で胃腸の働きが違います。

★画像1
http://www.sodalife.net/site_files/image/tansan_kenkyu/tansankoza01_01a.jpg
炭酸水を飲む前の胃の状態

★画像2
http://www.soda-life.net/site_files/image/tansan_kenkyu/tansankoza01_01b.jpg
150ml飲んだとき
少量を飲んだだけだと、胃が刺激されて腸のぜん動運動が活発になります。食べ物が入ってくるのに備えて胃のスペースが確保されて、食欲を増進してしまいます。

★画像3
http://www.soda-life.net/site_files/image/tansan_kenkyu/tansankoza01_01c.jpg
500ml飲んだとき
胃の中が炭酸水と炭酸ガスで満たされて、満腹中枢を刺激します。胃の中のスペースが少なくなるために食欲も減少します。

このように胃のスペースが少なくなり、満腹感を感じるので食欲が抑えられ、自然に食事量が減ってダイエットができる、というわけです。

ダイエットの最大の敵ともいうべき空腹を抑えられるので、「ついつい食べ過ぎてしまう」という人にはぴったりのダイエット法といえますね。

簡単で効果抜群の「炭酸水ダイエット」

炭酸水を飲むだけでいいという簡単なダイエット法なので、多くの人が実践していますが、守っていただきたいルールがいくつかあります。

炭酸水ダイエットのルールとは

以下が、炭酸水ダイエットを成功させるために守っていただきたいルールです。

  • 常温の炭酸水を飲む
  • 無糖のものを選ぶ(糖質の入っている炭酸飲料は全てNG)
  • 一回の分量は300~500ml

普通の水を500ml飲んだ場合と比べると、炭酸水は水の分量に加えてガスが胃壁を広げるので、脳を「満腹」と勘違いさせてくれるのです。

また、カロリーも糖質もない炭酸水は、お腹が空いたときの間食代わりにもなるので、ダイエットの強い味方になってくれます。

ただ痩せるだけじゃない!健康に美しく痩せられる!

常温の炭酸水を500ml飲むだけで、食べ過ぎを防止してダイエットになる、というお話しをしましたが、炭酸水を飲むことによって得られる効果はそれだけではありません。

炭酸水で血流が良くなって便秘も解消!

炭酸水を飲むと、二酸化炭素の分子が胃壁から浸透し、毛細血管の内側の壁を刺激して、血管拡張ホルモン、プロスタグランジン2が分泌されます。このホルモンが血管を広げて血流量を増やし、血行を良くしてくれます。

それによって消化活動が活発になり、必要な栄養素を吸収しつつ、エネルギーを消費して、より健康でスリムな体に近づけてくれるのです。

また、血行が改善されると胃と腸が連動して働き、必要な水分と栄養素を吸収し、不要な老廃物を体外に排出しやすくなります。

腸を刺激して、便の排出を促す腸のぜん動運動も活発にするので、便秘解消にも効果があります。ミネラル豊富な炭酸水を飲めば、硬い便を柔らかくする作用もあるそうです。

そうして老廃物がスムーズに排出されれば、溜め込まない、代謝が良くて太りにくい体になり、内側からきれいに痩せることができるのです。

さらに炭酸水にはこんなすごい効果も!

炭酸水には、ダイエットだけでなく実にたくさんの有効な利用法があります。

サプリを飲むときも炭酸水で!

先にも説明しましたが、炭酸水は炭酸ガスが溶け込んでいるので、胃腸からの吸収率が高くなるため、サプリメントなどを飲むときに炭酸水で飲むと、成分がより速く、よりスムーズに吸収されます。

特にそれ自体の吸収率が低いカルシウムや鉄分などのミネラル類は、炭酸水と一緒に飲むことで吸収率をグンとアップすることができるのです。

炭酸水で美肌になれる!

炭酸水の炭酸ガスは細かい汚れを吸着することが知られていて、この働きを活用したのが、数年前から美容に関心の高い女性の間で話題の「炭酸パック」です。

  • 炭酸水の泡が垢やゴミを取り除いてくれます。
  • 炭酸水は弱酸性。アルカリ性に傾いた肌を中和して美肌に導いてくれます。

メイクをしたときのクレンジングと洗顔の後は、ぜひ炭酸水ですすいで肌を清潔にし、いたわってあげましょう。

炭酸水と肌が触れ合う時間が長いほど良いので、タオルなどに炭酸水を含ませて、じっくり肌にいきわたらせるようにするとさらに効果的です。

洗顔後には簡単な炭酸パックをしてみてはいかがでしょうか。やり方は簡単です。炭酸水を染み込ませたコットンを顔に貼り、5分おくだけです。

炭酸ガスが毛穴の汚れや余分な皮脂、古くなった角質などを取り除いてくれます。高濃度で常温の炭酸水を使うと効果もアップしますよ。

炭酸水には引き締め効果もあるので、脂性肌の人はTゾーンなど気になる部分を中心にパックすることをおすすめします。

仕上げには必ず、ローションや美容液などでしっかり保湿をしておきましょう。

炭酸浴は疲労回復以外にもすごい効果が!

市販の入浴剤に炭酸入りのものがありますが、自然の温泉にも炭酸泉は多くあり、日本でも昔から健康に良い温泉として親しまれてきました。

炭酸ガスは皮膚から直接皮下に浸透して、毛細血管を広げ、血行を良くする作用があります。即効性があるので、瞬時に血流を良くしてくれて、素早い疲労回復の効果があるため、スポーツの後などには特におすすめです。

この炭酸浴の素早い血行促進効果は医学界でも注目されており、日常に取り入れることで血管を徐々に広げていくため、高血圧の改善にも用いられているそうです。

  • 炭酸ガスが皮膚の深部に浸透するのにかかる時間は5~10分
  • 血行促進効果を得るには40℃程のお湯に10~15分浸かればOK

このように炭酸浴は短時間で効果があるため、長い時間入浴できない心臓病の患者さんの血管や心臓への負担が少なく、病気の改善にとても有効なのです。

自宅で炭酸浴をする場合、38~40℃のぬるめのお湯に、市販の炭酸入り入浴剤を入れるのが簡単ですが、そこに1リットルの炭酸水を加えると、さらに高い効果が期待できます。(※入浴中は必ず換気をしてください)

「炭酸水ダイエットで太った?!」その失敗の原因とは?

さて、炭酸水のすごい効果をいろいろ見てきましたが、そんな素晴らしい炭酸水を使った簡単なダイエットで、なぜか失敗した、かえって太ってしまった!という人もいます。

では、その失敗の原因は何だったのでしょう?

失敗の原因の一つとして考えられることはいくつかあります。

冷えた炭酸水を飲んでいませんか?

炭酸水には、実は食欲増進効果もあり、冷えた炭酸水は腸のぜん動運動を活発にして食欲を増してしまい、ダイエットには逆効果になってしまうのです。必ず常温、20~25℃の炭酸水を飲んでください。

飲む量が少なくないですか??

飲む量が少ないのも失敗の原因の一つです。とはいえ常温の炭酸水は、冷えたものと違って若干飲みにくさがあるかもしれません。それでつい少ない分量で済ませてしまう人もいるかもしれませんが、ここは分量を守ってください。

500ml飲めれば理想ですが、どうしても無理、という人は300mlから始めてみてくださいね。

必ず食前に飲みましょう

昼食や夕食など、量の多い食事の前に飲むようにします。ダイエット目的であれば、食事中や食後に飲んでも効果はありません。

「炭酸飲料」を飲んではいませんか?

糖質を含んだ、甘い炭酸飲料ではかえって太ってしまいます。たとえ“カロリーオフ”とあっても避けて、「無糖の炭酸水」を選んで飲んでください。

簡単なことばかりなので、ぜひ覚えておいて実践してみてくださいね。

良いこといっぱい炭酸水ダイエット、しかしここは要注意!

簡単で美容や健康効果も一緒に期待できる炭酸水ダイエットですが、いくつか気を付けていただきたいこともあります。

その炭酸水、塩分が入っていませんか?

炭酸水にはもともと炭酸が含まれている天然のものと、水に二酸化炭素を添加したものがあります。

炭酸が強ければそれだけ効果が高いので、どちらを飲んでいただいてもOKですが、中には“炭酸水素Na(ナトリウム)”などを混ぜて作られたものもあります。

これには塩分が多く含まれているので、大量に飲むと塩分を取りすぎてしまい、健康を害する恐れがあるので、なるべく避けた方が良いでしょう。

飲んですぐに歯磨きはしない!

その昔、「炭酸飲料を飲むと歯のエナメル質が溶ける」などという怖い説が流布しましたが、実際に炭酸水で歯が溶ける、などということはありません。

しかし、酸によって歯のエナメル質が弱くなる「酸蝕歯(さんしょくし)」の可能性はあります。

炭酸飲料の他に毎日の食事で、サラダのドレッシング、酢漬けの食品、柑橘類、ワインなど、強い酸性の食品を頻繁に食べる機会があると、「脱灰」といって、歯のミネラル分が溶け出した状態になります。

しかし唾液に含まれるカルシウムがそれを修復する「再石灰化」を毎回繰り返すことにより、歯の健康は守られています。

その再石灰化の前に歯を磨いてしまうと、歯のつやがなくなったり、薄くなったりしてしまうのです。

歯の健康のためにも、炭酸水を飲んですぐは歯磨きはせず、うがいだけにしておくか、30分は待ってから歯磨きをしてください。

炭酸水ダイエットが続かない!

常温の炭酸水は飲みにくかったり、味がないので飽きてしまって続かない、という人もいます。まずは食事の量が多い夕食の前に飲むことから始めてみましょう。

金額的にも続かない、という人もいるかもしれません。確かにコンビニなどで500mlの炭酸水を買うと1本100円くらいしますが、スーパーのオリジナルブランドのものだと、半額くらいで購入できるものもあります。ぜひ探してみてくださいね。

ルールを守って無理なくきれいにダイエット!

飲むだけで簡単、そして健康に痩せられる、という炭酸水ダイエット。

誰でもすぐに、そして気軽に始めることができますが、ここで改めて、成功させるために必要な、守っていただきたいことを確認しておきましょう。

炭酸水ダイエットを成功させるには、必ず常温で食前に300~500mlを飲むこと。

このルールさえ守れれば、空腹感を感じずに、血行も良くなって消化力も代謝もアップし、便秘知らずで体の内側からきれいに痩せることができます。

あなたもぜひ炭酸水ダイエットで、健康でスリムな美しいボディを手に入れてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.