1日たった3分で簡単ダイエット!背伸びダイエットのご紹介

最近体型がぽっちゃりしてきたので、ダイエットで元に戻したい!でも過去に何度かダイエットに取り組んだにもかかわらず完遂したことがないから今回もダメかなぁ、とやる前から諦めてしまう方もたくさんいらっしゃると思います。

その理由として、普段の生活の中でダイエットの継続を妨げるは、普段の生活習慣の中で行わないことをやると、途中でめんどくさくなって止めてしまうからではないでしょうか。

今回はそんな面倒くさがり屋さんでも続けられるような、気軽で簡単にできる「背伸びダイエット」をご紹介します。

食事の前にたった1分!これが背伸びダイエットです

普段の生活の中で、高いところにあるものをとる時など、人間は無視意識のうちに背伸びをすることがあるのではないでしょうか。

その背伸びを自らの意志で行うことにより、無理なくダイエットができると今話題の方法が「背伸びダイエット」になります。

背伸びダイエットとは、ダイエットの専門医である佐藤万成先生が考案したダイエット方法で、運動や食事の制限をすることなく1日3度の食前に1分間ずつの背伸びをするだけで痩せることができるというダイエット方法です。

この方法であれば、少しの待ち時間や休憩中などの日常生活にも組み込みやすく、手軽に試みることが出来ますし、その上お金や道具は必要ありません。

そのように簡単にできるダイエット方法であるのにもかかわらず、想像以上のダイエット効果が期待できるのです。

背伸びダイエットには、こんな嬉しい効果があります!

背伸びダイエットを行うことによって、女性方にとってうれしい効果がたくさん得られます。いずれも多くの方が平素から望まれている効果となりますので、それらをいくつかご説明してまいります。

深層筋を鍛えて姿勢を美しくする

背伸びをすると、背骨を支えて姿勢を保つ際に使われている深層筋である脊柱起立筋が鍛えられます。そのことによって、基礎代謝を高め、姿勢を美しくする効果が得られます。

脂肪を燃焼させる細胞の活性化

一般的に猫背の方は基礎代謝を下げてしまうため、太りやすいといわれています。この背伸びダイエットでは背筋を思い切り伸ばすことによって代謝が上げて脂肪を燃焼させることを目的としています。

ちなみに我々の体内には以下の2種類の脂肪細胞が存在しています。

  • 白色脂肪細胞:体内の余分なカロリーを蓄積させる働きがある
  • 褐色脂肪細胞:体内の余分なカロリーを燃焼させる働きがある

これら二つの細胞のうちダイエットに効果がある褐色脂肪細胞は背中に多く、この褐色脂肪細胞の働きが悪いと脂肪を貯め込みやすくなりますが、この背伸びダイエットを行うと肩甲骨の辺りにある褐色脂肪細胞を活性化させます。

このように褐色脂肪細胞を活性化させて脂肪を燃えやすくすることによって、体脂肪を減らし、ウエスト周りのサイズをダウンさせることが可能といわれています。

呼吸方法により脂肪の燃焼を図る

背伸びダイエットでは背伸びを行う際に、併せて腹式呼吸も行うことになります。 腹式呼吸を行うことによって、平素よりも多くの酸素を取り込むことになり、そして脂肪の燃焼を図り痩せやすくなります。

骨盤のゆがみを矯正することにより代謝を上げる

背伸びをすることにより、姿勢を正しくして内臓を支える筋肉の衰えを防ぎ、そして内臓の下垂を正すことによって、過食を防ぐのに効果があります。また骨盤も締まってくるため、骨格全体が引き締まり、骨盤のゆがみが矯正されますので、代謝が上げって痩せやすくなります。

いつでもどこでもできます!背伸びダイエットの方法とは

この背伸びダイエットというのはただなんとなくやっても効果はありません。効果を得るためには、いくつかの約束事がございますので、それらを実際にどのように行っていくのかを順を追ってご説明してまいります。

順番①:手のひらを内向きにして背伸び

  • 1、まず両足を肩幅に広げ、足の指を軽く外側へ向けて立ってください。その際、ひざは伸ばし切らず、楽に曲げた状態にします。
  • 2、両手を上方に向けて伸ばし、さらに顔も上方に向けてゆっくりと背筋を伸ばしてください。その際、手のひらは内側に向けて行ってください。
  • 3、鼻から5秒かけてゆっくり大きく息を吸ってください。
  • 4、その後、口から5秒かけてゆっくり大きく吐いてください。
  • 5、以上のように吸って吐いての作業を3セット・30秒間行ってください。

順番②:続いて手のひらを上向きにして背伸び

  • 1、まず両足を肩幅に広げ、足の指を軽く外側へ向けて立ってください。その際、ひざは伸ばし切らず、楽に曲げた状態にします。
  • 2、両手を上方に向けて伸ばし、さらに顔も上方に向けてゆっくりと背筋を伸ばしてください。その際、両手を組んで、手のひらを上方に向けて行ってください。
  • 3、鼻から5秒かけてゆっくり大きく息を吸ってください。
  • 4、その後、口から5秒かけてゆっくり大きく吐いてください。
  • 5、以上のように吸って吐いての作業を3セット・30秒間行ってください。

順番③:最後に軽く行ってください

  • 1、身体をゆっくりと左右に1回ずつ真横に倒して、脇腹を伸ばしてください。これは背伸びでは使わない筋肉を軽く動かすことによって、身体を調整する意味があります。
  • 2、ゆっくりとできる範囲で体を前に倒してください。このようにして背伸びで使った筋肉を反対側に伸ばします。

背伸びダイエットを行う際の注意点など

このように簡単にできる背伸びダイエットですが、より大きな効果を得るためにはいくつかの注意点がございます。ここでは皆さんに背伸びダイエットの効果をより多く得てもらうための注意点をいくつかご説明してまいります。

呼吸法を理解してください

背伸びダイエットをする際、両手を上方へ伸ばす際の手のひらの向きがポイントになります。手のひらは内向きと上向けとに分けて行ってもらうのですが、このように手のひらが内向き及び上向きに変えることによって、呼吸法が変わってくるのです。

ちなみに手のひらが内に向くと腹式呼吸、手のひらを上に向けると胸式呼吸といったように、自然と呼吸法が変わるといわれていますが、これらの呼吸法がしっかり出来ていないと、この背伸びダイエットによる効果十分に得ることが出来ません。

よってあらかじめ自分なりに腹式呼吸と胸式呼吸を理解し、背伸びダイエットを行う際にはそれぞれの呼吸法を意識するようにしてください

食事前または寝る前に行ってください

背伸びダイエットを行う際、効果が一番得られるのは食べる前と寝る前だといわれています。というのも食べる前に行うことにより食べ過ぎを防ぐことができ、また寝る前に行うことによって、成長ホルモンの分泌を活性化させ、基礎代謝のアップを図ることができるのです。

体重を落とし合い場合は

この背伸びダイエットというのは、基本的に身体の引き締めに効果があるダイエットといわれています。よって体重を落としたい場合には、別途食事改善や運動をすることをお勧めします。

背伸びダイエットは女性には他にも嬉しい効果があります!

背伸びダイエットと併せて腹式呼吸並びに胸式呼吸を行うと、自律神経のバランスがうまく調整されるので、身体の血行が良くなり、さらに身体が温まりますので、冷え性の改善に効果があります。

また背伸びダイエットと腹式呼吸を行うと、横隔膜の働きが活発になり、内臓へのマッサージ効果が発揮されることによって胃腸や肝臓が刺激され、便秘解消にも効果があるといわれています。

続いて背伸びダイエットによってセロトニンというホルモンが多く分泌されます。このホルモンは身体の痛みを和らげ、気分の抑止ならびに精神を安定させる働きがあるので、鬱状態の緩和の効果が期待できます。

さらに、背伸びダイエットを行うことにより、気分のリフレッシュを図り、ストレス解消にも効果が見込めます。

ぜひ皆さんも、元手が掛からず、いつでもどこでも気軽に行える背伸びダイエットを試してみては如何でしょうか!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.