ストレッチで体質改善!ダイエットに効果的な実践時間はいつ?

時間を気にせず、いつでもどこでもすぐにできるストレッチ。

難しい運動でもないため、継続的に行っている方も多いのではないでしょうか。

そんなストレッチが、ダイエットにも効果を発揮すると言われているのです。

もし効果があるのなら、ぜひ今すぐ始めたいという方も多いはず。

そこで今回は、ストレッチダイエットの効果について説明し、おすすめの方法もご紹介していきます。

誰でも手軽にできる!痩せるためのストレッチとは

ストレッチは、運動前の準備や筋肉の披露を取る目的で実践されることが多いです。

特別な技術はあまり必要なく、誰でも簡単に行うことが可能なものと言えます。

そんなストレッチが、ダイエット効果も望める可能性があるのです。

有酸素運動のように激しい動きはあまりありませんが、筋肉を柔らかくすることで基礎代謝が上がり、消費カロリーを増大することにつなげることができます。

継続的に行うことで一日の自然消費カロリーが増え、痩せやすい体を作る、という表現をしたほうが適切かもしれません。

また、急激に痩せる効果はあまり望めないため、ある程度長期的に行う必要もあります。

しかし体の負担も少なく、初心者の方でもすぐに取り入れることができるというメリットも挙げられます。

方法も様々に存在し、飽きにくいはずです。

お風呂上がりは最適?ストレッチの効果を上げるためには

ストレッチダイエットは、基本的に体力が少ない方におすすめできるダイエット方法となります。

そのため激しい運動ができない方には最適なダイエットとなるのではないでしょうか。

毎日継続することで初めて効果が生まれるのですが、時間帯を意識すれば効果を上げることが可能です。

とくに、就寝時前は、最も効果を期待できる時間帯となります。入浴跡で体が芯から温まり、筋肉が伸びやすい状態であることが理由です。

血行が良くなることで、体の老廃物を排出しやすくなり健康効果も同時に期待できるため相乗的なメリットが生まれるとされています。

毎日続けても無理なくできる!効果的なストレッチをご紹介

どれだけ効果が高いダイエットを続けていても、毎日同じことの繰り返しだと飽きてしまうおそれがあります。

モチベーションの低下につながることもあるため、なるべくバリエーションを増やすことが重要です。

ストレッチは、部位に応じた様々な種類が存在しますので、おすすめの方法をご紹介していきます。

ウエストを引き締めるストレッチ

腹筋周りに効果を発揮するストレッチで、気になるお腹の脂肪を刺激することが可能です。

ベッド、またはシートにうつ伏せになります

腕立て伏せの要領で腕を立てて、背中を反らしながら上半身を持ち上げていきます

体勢は約1分キープし、呼吸を止めないで行うのがポイントです。

全身に効果があるストレッチ

体のあらゆる筋肉位を刺激し、代謝アップをはかるストレッチです。

片腕と、対角になる反対側の足を上に上げます

腕を高く上げ、足をまっすぐ伸ばして体勢をキープする

つま先の神経まで集中して行うことが大切です。また、一定時間行った後で反対側も同じ要領で進行していきます。

適切な方法で実践できれば、ストレッチのなかでも高いダイエット効果が望める可能性があります。

若干体勢がきついと感じた場合は、少し時間を少なめにするなどして、ご自分がやりやすい長さで行うのがいいでしょう。

食事も大事?痩せるストレッチだけではダメかも

ストレッチダイエットを実践していくのであれば、食事制限に関しても抜かりなく行っていくのが大切です。

過剰な食事を撮ってしまうと、消費したカロリーを上回ってしまうおそれがあります。そのためなるべく高カロリーなものは控えて、基礎代謝能力を活かすことが重要なのです。

ただし、ダイエット中は栄養不足に陥りやすいことが考えられるので、無理な食事制限はおすすめできません。

また、同じ食材ばかり食べていても栄養が偏ってしまいがちであり、健康に悪影響を及ぼすこともあります。

ダイエット全般に言えることですが、ストレスを溜めず自分に合った方法とペースで行い、健康面に十分配慮することが大切なのです。

急激に体重が落ちても、リバウンドしてしまうケースも多いため、多少時間がかかってもじっくりと体質を改善しながら進めるのがいいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.