皮下脂肪を燃焼させて痩せる!ポッコリ下腹を男女別で上手に落とす

ただやみくもにダイエットをしても、うまくいきません。自分がどういう太り方をしているのか。どんなタイプの脂肪がついているのかを知ったうえで、ダイエットを始めましょう。

皮下脂肪は内臓脂肪などと比較して落としにくい脂肪といわれています。

しかし、やることをきっちりやれば、難敵の皮下脂肪も落とすことができます。今回は皮下脂肪がついてしまった方に、皮下脂肪を落とす方法をお教えいたします。

その皮下脂肪を落とす方法も男女別メニューもありますので、参考にしてください。

脂肪の種類 皮下脂肪とはどんなもの?

脂肪の種類には皮下脂肪と内臓脂肪がある。

皮下脂肪は保温効果や体を衝撃から守る効果などの役割もある。   

皮下脂肪は男性より女性の方がつきやすい。女性は出産準備や子宮を守るために皮下脂肪がつきやすいとされています。

そして長い時間をかけて蓄積されており

皮下脂肪は落とすのも長い時間が必要とされています。

それに対し

有酸素運動にも様々あります。選ぶポイントとしては20分以上続けられるかどうかというところです。

運動すると、まず血中の糖、次に筋肉中の糖、それを使い切った時体内の脂肪を燃焼してエネルギー源にしています。

運動後20分後に脂肪が燃焼されることを考えて、最初はウオーキングにしたり、慣れてきたらスロージョギングに移り、最終的にはランニングへと変更していくのもいいでしょう。

最初から無理をせずに、ご自分にあった運動負荷から始めてみてください。

より皮下脂肪を燃焼させるためには筋トレも取り入れよう!

ダイエットを始めた当初は、有酸素運動が良いと聞くと一生懸命やり、筋トレが良いとされると、それも欠かさずやる方多いと思います。

ただ筋肉トレーニングはやりタイミングが大切です。せっかくやっても効果の薄い時に行ってしまわないようにしましょう。

筋力トレーニングをやるベストなタイミングは有酸素運動の前に行ってください。事前に運動しておくことで脂肪の燃焼を早く始めさせることができるからです。

では具体的にどういう筋トレをすればよいかです。

代表的なものから挙げると、スクワット、プランク、クランチ、レッグレイズなどです。

スクワットのやり方:

骨盤の幅に足を開き、足首、膝、股関節を曲げながら重心を落とし、太ももが床と平行に近づいたら重心を上げて立ち姿勢に戻る運動です。

ふともも前後面、お尻、ふくらはぎ、腹筋、背筋といった大きな筋肉を使うので効果的とされています。

プランクのやり方:

床に手(肘)をつき、四つん這いになる。足を片方ずつ伸ばして、つま先を床につける。

腹筋に力を入れ、頭からかかとまで身体がまっすぐになるようにします。その状態をキープします。

注意するポイントは、体をまっすぐにする。前をみる。手を握らない。

クランチのやり方:

床に仰向けに寝ます。両膝は曲げておきましょう。ては耳の後ろか、後頭部に当てます。首を軽く曲げて、床から浮かせた状態にします。

腹筋の力を意識して、上半身を起こしていきます。床から肩甲骨が浮くところまでを目安に上半身を起こします。この時、息は全て吐き切ることを意識しましょう。

その後、元のポジションに戻ります。回数は10〜15回を目安に行ってください。

レッグレイズのやり方:

仰向けに寝てください。足を伸ばして、両腕を頭の後ろに組みます。両足からあげます。息を吐き出しながらゆっくりとあげ、10センチほどの高さを目安にしてください。

腰を反ったり、背中が浮かないように気をつけてください。そして息を吸いながら、足を下げていきます。

このようなトレーニングを取り入れて、ダイエットしてみましょう。皮下脂肪を落とすのに有効とされる筋トレですので、試してください。

男女別、皮下脂肪の落とし方

先にも書いたように脂肪のつき方には男女差があって、それぞれにあったやり方があります。まずは女性版です。

女性のための皮下脂肪の落とし方

もともと皮下脂肪が多いのが女性の特徴でもあります。男性よりも筋肉がつきにくため、より脂肪を落とすのは難しいのが現実です。

皮下脂肪は脂肪細胞増殖型の脂肪で、筋肉の少ない部分、お腹回り、腰回り、おしり、二の腕、顔などについてしまいます。

嫌なところについてしまいますよね。

これを落とすには、食事の改善と運動が大切です。とりわけ女性の場合筋力がつきにくいことから、運動で落としていくのは結構難しいかもしれません。

脂肪を落とす主役は「食」だと思っても楽くらいの方がいいかもしれません。それに有酸素運動、筋トレを加える感じです。

食事をどう改善するかですが、まずは炭水化物の制限が手っ取り早いでしょう。全く炭水化物を抜いてしまうことは推奨できませんが、

前菜やお味噌汁などの汁物を先に食べるようにするなど血糖値を上げにくい食事を心がけてください。

そしてどうしても食欲が抑えられない時は大豆が原料のソイプロテインを飲むようにしてください。腹持ちもよく、食物繊維も豊富なため

空腹によるストレスを緩和してくれます。

食事の量をコントロールして、運動も行えば時間はかかるかもしれませんが、必ず皮下脂肪を落とすことができます。

男性のための皮下脂肪の落とし方

男性の方のダイエットは女性に比べると、成功しやすいといえます。比較しての話ですが筋トレをしても、筋肉がつきやすいので

脂肪は落としやすいはずです。そして脂肪の種類も内臓脂肪を多く溜め込みがちです。内臓脂肪の方が落としやすいのも今まで書いてきたのでご存知だと思います。

男性でも皮下脂肪が溜まってきた場合は、内臓脂肪より厄介なことは同じです。

基本は女性と同じく、食事面も改善するのが一番いいのですが、男性の場合、筋トレを重点的にやることでも皮下脂肪を落とすことができます。

筋肉の多いところを意識的に、鍛えるスクワットを取り入れることなどで、全然体は変わってきます。

有酸素運動より筋トレに重点を置くやり方が男性には向いているかもしれません。

男女共通して、皮下脂肪を落とすために必要なこと

皮下脂肪を落とすため、ダイエット全体でもそうなのですが、うまく行くためには食事面を一番に優先するといい結果が得られることが多いようです。

男性がいかに筋トレで、ダイエットをしようとしても摂取カロリーが多い場合、やはり運動だけで脂肪を落とすのはきついです。

まず第一に食事面を注意して、有酸素運動、筋トレを組み込むことが、皮下脂肪を落とす(ダイエット)の秘訣です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.