急激なダイエットには危険が付き物!無理のないペースで痩せよう

ダイエットはただ運動をすればいいと思っていませんか?ダイエットはそんな簡単な物ではなくただ運動をしただけでは痩せる事はできません。しかも考えずに急激なダイエットをしてしまうとダイエットに失敗してしまう可能性の方が高いです。

急激なダイエットをすると副作用が出ることもあるため、急激なダイエットは避けなくてはいけません。急激なダイエットにどんな副作用があるのか?痩せるにはどうすればいいのか?ダイエットに必要なことを紹介していきます。

ダイエットはただ激しい運動をしていればいいと考えている人は、ダイエット前に正しい知識を覚えておきましょう。

急激なダイエットには危険が付き物!体調不良の原因に

ダイエットをこれから始める人やすでに行っている人は、急激なダイエットをしている人も少なくありません。急激なダイエットというのは、例えば「1日なにも食べないで痩せる」「息切れをするような運動を長時間続ける」方法が当てはまります。

ダイエットは何も食べずに、体を沢山動かせば効果があるというイメージもありますがそうではありません。むしろそういった急激なダイエットは体に悪く、人によっては体調不良になってしまうこともあります。

1日何も食べずにダイエットを行うと、体に必要な栄養が不足してしまいます。栄養不足により体に力が入らなくなったりだるかったり、体調不良になってしまうこともあります。また過剰な運動は体を壊してしまうこともあります。

男性の場合は髪の毛が抜けやすくなる、体臭がきつくなるといったことを引き起こしてしまいます。女性の生理不順や不眠症といった病気になってしまうこともあります。

人によっては不整脈や心臓麻痺といった命の危険がある病気になってしまうこともあるため、急激なダイエットはおすすめできません。

急激なダイエットでなくても痩せる事は可能!自分のペースで痩せよう

急激なダイエットよりも時間をかけて痩せる方が効率良いです。

そもそもダイエットはすぐに効果が出ることは少なく、最低でも1か月以上の時間がかかることが多いため急激なダイエットをしないようにしましょう。

急激なダイエットをしなくても痩せる事は十分に可能なため、自分のペースでダイエットをしていきましょう。人によっては毎日続けることが辛いという人もいますが、その場合は工夫してダイエットしてみてはどうでしょうか。

例えば様々なダイエット方法を試してみたり、自分で楽しいと感じる物をダイエットに取り入れたり、楽しめれば毎日続けることも苦になりづらいです。初心者の人は急激なダイエットに目が行きがちなこともあるため、自分のペースでダイエットをしてみてください。

急激なダイエットによる副作用!危険性を知ろう

急激なダイエットをすると体調不良や体を壊してしまうことがあります。

痩せる事ばかり考えていると、気づいたら体調不良になっているという事も考えられます。実際にどのような副作用があるのか紹介していきます。

  • リバウンド
  • 栄養不足
  • 肝臓や心臓の病気
  • 体調不良

ダイエット関連の言葉で「リバウンド」という言葉はよく聞くのではないでしょうか。急激なダイエットをするとリバウンドの危険性もあり、ダイエットを始める前の状態やそれ以上に太ってしまう可能性もあります。

リバウンドの危険性があるのは主に食事制限のみのダイエットをしたときです。食事制限のみのダイエットは確かに痩せることができますが、運動をしないため筋肉が低下してしまいます。

筋肉が低下してしまうと体の代謝も下がってしまい、体のカロリーが消費しにくくなってしまいます。それによりカロリーの消費が下がってしまい、ダイエット前と同じ量の食事や、ダイエット時の食事と同じ量を食べていても代謝により太ってしまうことがあります。

また代謝が低下してしまうと痩せにくい体質になってしまうため、ダイエットがより困難になってしまうこともあります。対策としてはダイエットするときに食事制限のみで行うのではなく、適度に体を動かしてみましょう。または急激な食事制限をしないようにし、カロリーのコントロールにも意識してみてはどうでしょうか。

筋肉を低下させなければ代謝が低下することもありませんし、むしろ筋肉の量によっては体の代謝を上げることもできます。代謝が上がれば体のカロリーを消費しやすくなるため、よりダイエットもしやすくなります。急激な食事制限をせず、自分のペースでダイエットをしてみてください。

急激なダイエットは栄養不足になり体調不良になることも!

食事制限で急激なダイエットをすると、必要な栄養を摂取することができず栄養不足になってしまいます。栄養不足になってしまうと、体調不足になってしまうこともあります。

  • 体がだるい
  • やる気が起きない
  • 便秘
  • 肌荒れ
  • 貧血

体がだるいと感じることもあれば、やる気が起きないという症状が出る場合もあります。体のだるさややる気が起きない原因は主に炭水化物の不足が原因となります。ダイエットで食事制限をする場合、炭水化物を抜くことが多いため炭水化物不足に陥りやすいです。

早く痩せるという点において炭水化物ダイエットは効果的と言えますが、あまり急激にやり過ぎてしまうと体に力が入らなくなってしまうこともあるため炭水化物の摂取量にも注意してください。

栄養不足になると病気になってしまうこともあります。分かりやすいものだと便秘や貧血といった病気です。便秘は食物繊維が不足してしまうと起こり、貧血は鉄分が不足してしまうと引き起こしてしまいます。

便秘や貧血もダイエット中に起こりやすい症状なため食物繊維や鉄分の不足にも注意しなくてはいけません。また食事制限をしていると肌が荒れてしまうこともあります。美容に気を使う女性の人は多いため、ダイエット中に肌荒れが起きないように栄養不足がないように食事を取るようにしましょう。

急激なダイエットは肝臓や心臓に悪い!食事に注意

急激なダイエットをすると肝臓や心臓に悪影響を与えることもあります。例えば急激なダイエットをすると脂肪が肝臓に集まってしまい、いわゆる「脂肪肝」という状態になってしまいます。

脂肪肝になると最悪の場合だと肝臓ガンになってしまい、とても危険です。また女性の人が注意したいことは肝臓に悪影響を与えたことによるホルモンバランスの乱れです。女性ホルモンは肝臓で調整しているため、肝臓が弱ってしまうと生理不順といった病気になりやすくなります。

肝臓の病気はバランスの良い食事を食べていれば防ぐことができるため、ダイエット中の食事はバランスの良い食事をするようにしましょう。特に野菜を多く取ることで予防できるため、ダイエット時には野菜を多めに食べましょう。

もう一つ注意しておきたいことは心臓への負担です。急激なダイエットは心臓へ負担をかけてしまい不整脈や心臓発作が起きてしまうこともあります。心臓へ負担がかかると最悪の場合は命に係わるため、急激なダイエットはおすすめできません。

急激なダイエットだけではなく、間違ったダイエット方法をしていると体に悪影響を与えることが多いため、ダイエットをする場合は必ず正しい方法で行うようにしましょう。

効率的なダイエットは自分の無理のないペースで行う事!

ダイエットの方法は多くありますが、おすすめの方法としては運動と食事の両方を使った方法がおすすめです。

理由としては例えば運動だけの場合は、食事を改善しないと運動で消費するカロリー以上のカロリーを摂取してしまうこともあるため、運動の意味がなくなってしまいます。食事だけのダイエットの場合はやはり見た目が問題になります。

運動をしないと美しく痩せることができないため、女性の人にはうれしくないのではないでしょうか。運動と食事の両方で痩せる方法であれば健康的に痩せる事ができるため初心者の人にもオススメです。

運動といってもその数は多く、ダイエットに向いている運動もあれば向いていない運動もあります。

ダイエットに向いている運動は主に「有酸素運動」なため、ダイエット目的なら有酸素運動を行うと良いでしょう。ジョギングやウォーキングなら比較的すぐに始めることができるため、初心者の人にもオススメです。有酸素運動には他にも「水泳」や「自転車」「縄跳び」といったものも含まれます。

有酸素運動の中には道具を購入しなくてはいけないこともあるため、お金をかけたくないという人はジョギングやウォーキングといったお金が掛からないもので試してみてはどうでしょうか。

食事については、普段食べている食事の量を減らす食事制限がオススメです。普段よりも少しだけ食べる量を減らしてみてダイエットをしてみてはどうでしょうか。ただし、食事のバランスを考えないと栄養不足になってしまうこともあるため、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

運動と食事で痩せる場合は、急激なダイエットは避け、自分のペースで行うようにしましょう。ウォーキングやジョギングなら単調な運動になってしまいますが、比較的辛くないため続けやすいため無理なく運動を続けることができます。食事であれば普段の食事を少し減らすだけならば、普段と同じ食事ができるため続けやすいのではないでしょうか。

急激なダイエットよりも自分のペースで時間をかけた方が確実に痩せることができるため、自分のペースで痩せるようにしましょう。

ダイエットをしても体重が減らない時の対処方法

運動や食事に気を使いダイエットをしても、体重がなかなか減らず痩せることができないことがあります。そんな時の対処方法を知っておくと、いざ体重が減らないという時に誤った判断をせずに済みます。

なかなかダイエットの効果が出ない場合、ダイエットの方法に問題ある可能性が高いです。

例えば運動をする場合にあまり体を動かしておらずカロリーを消費できていないということもあります。例えば食事なら自分では食事の量を減らしたつもりでも、実際には全く食事量が変わっていないということもあります。

ダイエットでは摂取するカロリーが消費カロリーよりも多いと痩せることができないため、カロリーのコントロールを意識してみてください。ダイエットの効果が出ないと、より過剰な運動や食事制限をしてしまう人もいます。

過剰な運動は「急激なダイエット」と同様に体に悪いですし、むしろ太ってしまうこともあるため過剰なダイエットはしないようにしましょう。

痩せられない原因としては「停滞期」というものが関係していることもあります。2か月、3か月とダイエットを続けていくと、今まで通りにダイエットを行ってきたのに体重が減らなくなってしまうことがあり、それを停滞期と呼んでいます。

もしも停滞期に入ってしまった場合は、ダイエットをやめるのではなくそのまま今まで通りのダイエットを続けてみてください。続けていけばダイエットの効果を得られることが多いため、運動の量を増やしたり食事制限をより厳しくしたりしないようにしてください。

ダイエットをしても体重がなかなか減らない場合、痩せる方法が間違えているか停滞期、もしくは体質ということが考えられます。なかなか痩せないと悩んでいる人は、もう一度ダイエット方法を見直してダイエットをしてみると良いでしょう。

急激なダイエットは失敗の原因に!時間をかけて痩せよう

「いきなり激しい運動をして痩せる」「突然食事を過剰に減らして痩せる」といった急激なダイエットは体への負担が大きいです。激しい運動をすれば体を痛めてしまいダイエットどころではなくなってしまい、逆に太ってしまう原因となることもあります。

食事を過剰に減らしてしまうと栄養不足や体調不良といった副作用があり、激しい運動と同様に太ってしまうことがあります。急激なダイエットと聞くと効果が高く、即効性が高いイメージが強いですが、実際はあまりおすすめできる方法ではありません。

急いでいるのであれば別ですが、ダイエットをするのであれば急激な方法ではなく自分の無理のない範囲で毎日続けていった方がダイエットを成功する確率が高いです。

初心者の人は急激なダイエットをしてすぐに痩せたいと考える人も多いですが、ダイエットをするのであれば自分の無理のない運動、食事制限で痩せましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.