無糖ココアダイエットのコツをまとめて案内。美味しくキレイに痩せる

痩せるために食事制限を繰り返すよりも、今では、無糖ココアダイエットのような無理をしないダイエット法が支持されています。

無糖ココアダイエットは代謝機能の改善につながり、これにより痩せる体質を獲得するというコンセプトです。しかも、無糖ココアダイエットはココアを飲むだけなので、ダイエット方法がわかりにくいといった、ダイエッターにとって煩わしい要素がほとんどありません。

要は食事制限!しかも無糖ココアなのでダイエット効果もバッチリ!

食事の一部を無糖ココアに置き換えることを、無糖ココアダイエットと言います。シンプルなダイエット法に感じるかもしれませんが、この方法で美容、健康を改善できている人が多くいるのです。

なぜ、無糖ココアを飲むだけで痩せるのかというと、以下のようなダイエット効果を得られるようになっているからです。

  • 食事制限につながる
  • ストレスを発散できる

一般的な食事制限ダイエットは、辛いと感じる状態を維持する代わりに、少しだけダイエット効果を得られるという仕様になっています。ですが、無糖ココアの場合は太る心配が栄養成分上で存在しない、酸味、甘味が適度にあるので楽しくダイエットを継続できる、という2つの利点があるのです。

ココアには多くのポリフェノールが含まれているので、代謝機能の改善を目的に無糖ココアを利用する女性も増えてきました。

代謝機能は加齢による衰えで弱まり、体質が太りやすい体質へと変わっていきます。そのため、食事を気にして痩せることを問われる人もいるのですが、無糖ココアは食事1回分を無糖ココアに変えるだけです。

ポリフェノールには血流改善効果もあるため、食生活の乱れにより内臓、血管の働きが弱まっている場合は、健康促進で高い効果を上げてくれることもあります。

無糖ココアで痩せられる理由!ココアはお通じ改善を期待できる?

無糖ココアには不溶性食物繊維が含まれているため、ダイエット効果があるのは確かです。

不溶性食物繊維には以下のような健康効果があります。

  • 便秘解消
  • 冷え性、むくみの改善
  • デトックス
・デトックス

除毒のことをデトックスというのですが、デトックスは健康な体であれば自然と発生する体の機能です。

しかし、運動不足、睡眠不足、汗腺の数が減っているといった問題を抱えていると、体内に有毒物質が溜まりやすくなり、冷え性、むくみ、便秘の問題が発生しやすくなります。

ココアに含まれているポリフェノールは、血流改善効果で期待されているため、ココアを飲んでいるだけで血の巡りが良くなっていきます。不溶性食物繊維は、お通じ改善に効果があるだけでなく、前述のポリフェノールのおかげで強まった発汗が、自然な形で行われるようにサポートしてくれるのです。

発汗にはリラックス効果、ストレス解消効果がありますので、加齢によってストレスが溜まりやすくなったと感じている人は、無糖ココアダイエットと相性が良いかもしれません。

また、1日に無糖ココアを2、3杯飲むだけで良いので、飲む量が少ないと効果が弱いというものでもありません。継続は力なりを表すデトックス効果も顕著なので、ダイエット効果についても個人差が少なく、そのため今では人気の高いダイエット方法となりました。

ココアならではの効果!ココアは効果が多くて驚く人も多い!?

ココアの健康効果は、年を追うごとに解明が進められるようになっています。というのも、以下のような高い健康効果を秘めているからです。
  • 風邪ウィルスの予防効果
  • 貧血の改善効果
  • 疲労回復効果
  • 美肌効果
  • アンチエイジング効果
  • 体臭改善効果
  • がん予防効果
  • ピロリ菌の除去
  • 動脈硬化予防
  • 認知症予防

上記についてですが、ココアの健康効果は他にも数多く存在します。今回は健康促進に良いものだけをピックアップしました。

また、どうしてこのような効果を得られるのかというと、以下のような作用がココアにはあるからです。

まずココアを良く飲むようにしていると、ダイエットだけでなく、ストレス解消も上手くいくのは、ココアに含まれているテオブロミンによる作用です。テオブロミンはストレス緩和で知られるようになった栄養成分で、ココア以外では多く摂取できないという特徴があります。

さらに、ココアを飲んでいると発汗、お通じが良くなると言われていますが、ココアには食物繊維の一種であるリグニンが含まれています。リグニンは、腸の働きを活発なものに変える作用があり、しかも腸の中に棲息する悪玉菌の数を抑制できるようになるのです。

このような効果は無糖ココアでなくても、一般的なココアを含む商品から得ることも可能なので、ココア入りクッキーを食べることでも、リグニンの摂取は可能となります。ですが、より多くのリグニンを摂取したいのであれば、水に溶けやすい性質を利用して、お湯に溶かせる無糖ココアパウダーを使用したほうが良いでしょう。

ココアは冷え性にも良いと言われていますが、これはカカオポリフェノールの効果によって、体温が上がりやすくなるからです。カカオポリフェノールは体温の調節機能、そして体温が下がりにくくする性質があるため、冷え性改善などで期待されている栄養成分です。

冷え性を放置していると血流が悪くなり、これによりリンパの流れが悪くなってしまい、結果的に太りやすい体質になることもあるので、カカオポリフェノールはダイエットに欠かせない栄養成分と言えるでしょう。

話題のポリフェノール!ダイエット以外の効果もある?

無糖ココアダイエットをされている方の中には、健康を意識して無糖ココアを利用する人もいます。

というのも、ココアに含まれているポリフェノールには、以下のような効果があることもわかってきたからです。

  • 動脈硬化予防
  • 体臭改善効果
  • がん予防効果

これらの効果は、特殊な栄養成分を通じて得られるものと思われてきました。ですが、ココアに含まれているカカオポリフェノールには高い血流改善効果があるため、本来であれば、簡単に予防できないものに対しても効果があると、そのことが長年の研究で明らかになったのです。

まず、カカオポリフェノールは、従来のポリフェノールとは違い炎症を鎮める作用があります。そのため、長く血流改善効果を期待できる栄養成分として評価されるようになりました。

炎症を放置していると、その影響で血管のしなやかさが失われてしまい、動脈硬化につながってしまうことも今では有名です。カカオポリフェノールは、ポリフェノールそのものを多く摂取できるため、適量を摂取することが難しいという問題点も無いので人気になりました。

さらに、ココアに含まれているリグニン(食物繊維の一種)は、体臭改善効果で期待されている栄養成分です。体臭は老廃物であり、体内に蓄積している有毒物質が原因となって悪化するため、何かしらの方法で除去できると、体臭を改善することが可能になります。

ココアの場合、カカオポリフェノール、リグニンともに、体臭改善効果を秘めているため、体臭が気になってくる40代、50代から支持されることの多い栄養成分となりました。

がん予防効果についても、ココアに含まれているカカオポリフェノールの作用とされています。というのも、カカオポリフェノールは胃潰瘍(いかいよう)、胃がんの要因とされているピロリ菌を殺菌するからです。

これは、カカオポリフェノールの持つ抗酸化作用によるもので、近年では、ビタミンEに含まれる抗酸化作用と併せて、良く研究されるようになってきた栄養成分でもあります。

しかも、ココアに含まれているテオブロミン、カカオポリフェノールともに集中力、記憶力の向上に対して良い作用があることもわかってきました。こちらの作用はストレス緩和にも役立つため、気持ちを落ち着かせるために、毎日欠かさず無糖ココアを飲んでいる人もいるのです。

ココアの特徴を理解する!ココアダイエットの効果を引き出す方法

ココアを分類すると、ピュアココア、調整済みココアに分類することができます。

それぞれの特徴は以下のとおりとなりますが、今ではダイエットのためにピュアココアを飲む人が増えてきました。

  • ピュアココア:純ココアとも言われ、ココアパウダーのみで構成されている
  • 調整済みココア:ココアパウダー、砂糖、乳製品で構成されている

調整済みココアのような糖質が多いものは、ダイエットにとって良くないためピュアココアが支持されているのです。

ただ、ピュアココアを飲む際は飲みやすさを工夫したほうが良いです。というのも、以下のような欠点を併せ持つココアだからです。

  • それほど美味しくない
  • 強い苦味を持つものもある

ハッキリ言って味わいは良くありませんので、豆乳、もしくは低脂肪牛乳を用いて、クリーミーな味わいに調整したほうが良いです。豆乳には大豆イソフラボン、大豆ペプチドが含まれており、これらは血流改善効果が期待できるため、無糖ココアとの相性はバッチリです。

また、どうしても砂糖を投入したい場合は、糖質を控えているか、体に良い作用があるオリゴ糖、てんさい糖を投入するようにしましょう。オリゴ糖は腸の働きを改善してくれる、てんさい糖は糖質そのものが弱く血糖値に対して良い作用があります。

これらを投入する際ですが、なるべく熱いお湯でココア、糖分を溶かすようにしたほうが賢明です。ココアは溶けにくいため、このような工夫をするだけでも、無糖ココアダイエットの成否が大きく違ってくるでしょう。

ココアに含まれる栄養成分!成分ごとのダイエット効果

まとめとして、ココアに含まれている栄養成分の中でも、特に高い健康効果、ダイエット効果を含むものをピックアップしました。

栄養成分名 ダイエット効果
テオブロミン ・ココアの苦味成分であり、ストレスを減らす効果がある
・食欲抑制効果があり、食事量を減らすダイエットと相性が良い
リグニン ・不溶性食物繊維
・食物繊維の作用で満腹感を得やすくなる
・腸に溜まっているものを排出しやすくなる
・お通じ改善により便秘解消効果を得られる
カカオポリフェノール ・血流改善効果
・血流が改善されることで、代謝機能の改善につながる
・基礎代謝アップによりエネルギー効率が上がる

ここで注目したい栄養成分は、画期的な栄養成分として注目を集めているテオブロミンです。

苦味成分として有名なため、人によっては無糖ココアに苦手意識を持つ人もいますが、ダイエット中はストレスが溜まりやすいので、なるべくテオブロミンを良く摂取するようにしましょう。

また、食事の置き換えのみで無糖ココアダイエットを大変です。ダイエットそのものの経験が少ないという人は、おやつの時間を無糖ココアに置き換えるようにして、夕食までの間食を抑えられる生活を継続したほうが良いでしょう。

それと、無糖ココアには多くの栄養が含まれているので、無理にミネラル、ビタミンを摂取しなくても問題ありません。ミネラル、ビタミンを過剰に摂取していると、胃腸が刺激されすぎてしまい下痢になることもあります。

こちらが元になって、体内の栄養量が減ってしまうこともあるので、食事制限ダイエット、栄養摂取によるダイエットともに、過剰な方法でダイエットを継続しないほうが無難です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.