汗を流してダイエット!サウナ、運動、どっちがいいの?

汗をかくダイエットを特集しているのですが、汗を上手にかけるようになる環境についても案内しています。

また、サウナなどを利用して大量に汗をかくと、ダイエット効果を得られるのか、それとも体調不良を招く恐れがあるのか、このようなことについても触れています。ダイエットだけでなく健康についても学びたい人は、これらの情報を学んでから、本当に痩せられる生活習慣を獲得してください。

汗をかくと痩せられるわけではない!?汗とダイエットの基礎知識

汗をかくダイエットの基礎となりますが、汗をかくと痩せられるというわけではありません。というのも、以下のような理由によりダイエット効果を得ていないからです。
  • 水分が失われているだけ
  • 脂肪が燃焼されていないため

水分が失われている場合、これにより体重減少となることはあります。ではどうしてダイエット効果が無いのかというと、それは、水分が失われると喉が渇くからです。

喉が渇くようになると、体内から排出された水分を超えて水分補給を行っていることが多くなります。なので、汗をかくとダイエットに成功するわけではありません。

重要なのは、継続的に運動することによって、筋肉量を増やすようにすることです。これにより体内の温度が高まりやすくなる、保温性の高い体になるという利点を得ることができます。

すると汗をかくようになってから、脂肪が燃焼されやすくなるため、ダイエット効果を得られるようになるのです。また、汗をかく量が増えたとしても、極端なダイエット効果を得られるわけではありません。

なので、安易にハードトレーニングを行うのは、体にとって毒だと思ったほうが良いでしょう。

サウナのダイエット効果!体調を整える以外では効果が弱い

サウナを使用すると大量の汗をかくことが可能です。

ですが、このような方法であってもダイエット効果を得られないので、安易に長時間のサウナ使用は避けたほうが良いでしょう。

サウナの場合、長時間の使用によって汗を多く流すことができるようになるのですが、これらはすべて水分が流れ出ているだけです。しかも、このような方法でダイエットを繰り返していると、サウナの使用時間が長くなってしまい、脱水症状を引き起こしてしまうこともあります。

このようなダイエット方法は百害あって一利なしなので、ダイエット方法としてオススメすることはできません。

もし、サウナを利用してダイエット効果を得たいという場合は、疲れてしまった体をほぐす目的で使用すると良いでしょう。時間にして10分ほどサウナを利用する、その後、水風呂で体を冷やすようにする、こちらを2セット分行うようにすると、体内の老廃物などが良く出るようになり、サウナによるデトックス効果を得られるようになります。

デトックス効果の中には整腸効果も含まれます。整腸効果は、便秘、下痢などの治癒に役立ってくれますし、免疫力を上げる目的でサウナを利用される人もいるのです。

人によっては、便秘が問題となり痩せられないという人もいるので、このような利用であればサウナであっても、ダイエット効果を得られるかもしれません。

汗を良くかいた!そんな時ほど水分補給を行ったほうが良い

運動というと、こまめな水分補給が大事と言われていますが、水分補給を行っていない場合、以下のような問題が起きるかもしれません。なので、できる限りこまめな水分補給を行ったほうが良いでしょう。
  • 血液がドロドロになる
  • 体調が不安定になる

人間の体は、1日間では約2リットルの水分が体内に入ってきたり、体外に出ていったりするというサイクルを繰り返しています。その中には、運動によって消失される水分量が計算に入っていないため、まったく水分を摂取しない運動は体にとって毒です。

血液がドロドロになってしまうこともありますし、これによって目眩、もしくは吐き気などを感じるようになることもあるので、辛いだけの運動は避けたほうが良いでしょう。

また、喉が渇くという理由のみでガブガブと水分補給を行うのは良くありません。胃腸は水分補給によって冷えやすくなり、これによって下痢になってしまうこともあるからです。

その他の注意点として、水分補給をこまめに行なっていないと美容を損ねる可能性も出てきます。人間の体は水でできていると言っても過言ではないほど、水により細胞、内臓などが正常に機能しているという作りになっています。

そのため、水分補給をあまり行わない生活を繰り返していると、肌がカサカサになる、もしくは内臓の動きが正常ではない状態になってしまい、上手く汗をかくことができない、もしくは疲れやすい、イライラしやすい問題を抱えるようになってしまい、小じわなどが目立つようになることもあります。

とりあえず汗をかく!このような方法はダイエットでは逆効果!

ハードトレーニングで汗をかくのは、今ではあまりオススメされることが減ってきました。

その理由ですが、ハードトレーニングは酷い筋断裂を生む可能性がある、筋肉量が逆に減少してしまうことがある、もしくは、食事によるダイエットよりダイエット効果が弱いからです。

ハードトレーニングは、行っている側としては気分が良く、正に運動をしているという実感が湧くものです。ですが、単純にハードトレーニングをされているだけでは、代謝機能の向上が認められないこともありますので注意してください。

代謝機能を向上させるには、以下のようなことに注意したほうが良いとされています。

  • 食事量を安定させる
  • 入浴時間、睡眠時間を安定させる

最近になって、急にハードトレーニングをされるようになったという人ほど、あまりダイエットについて詳しくないことが多いです。ダイエットというのは、ストレスを溜めない、そして継続させることが重要視されるようになっているので、無理なトレーニングを続けることではありません。

汗というのは、ハードトレーニングではなく、毎日の生活習慣によって汗をかくサイクルが決まっているので、そのため、食事量、入浴時間、睡眠時間を安定させたほうが良いのです。

しっかりとした生活を送っていると、代謝機能が改善される、バイオリズムが改善される、そして、これらの作用によって汗をかくために必要な汗腺が多くなっていきます。汗腺が多くなっていくと、1日の汗をかく量が増えやすくなりますし、汗による嫌な臭いが緩和されるという利点もあるのです。

入浴時間は40度前後の温度設定で10~20分が好ましく、睡眠時間は7.5時間の睡眠時間を確保したほうが良いとされています。これはホルモンバランスの安定で重要となり、ホルモンバランスが乱れてしまうと、精神状態が不安定になりやすいため、こちらがキッカケになって体調不良が目立つようになることもあります。

上手に汗をかきたい!そんな時はミネラルウォーターを飲む

ミネラルウォーターには、以下のようなダイエット効果があります。

  • 新陳代謝アップにつながる
  • ミネラルを正しく摂取できる

ミネラルウォーターといっても軟水ではなく、硬水のミネラルウォーターを飲むようにしましょう。硬水のミネラルウォーターにはミネラルが多く含まれているため、ミネラルが新陳代謝アップに役立ってくれます。

日本人はミネラル不足が懸念されることも多く、海外のミネラルウォーターを飲むようにすると、主にカルシウム、マグネシウムといった、不足しがちな栄養を摂取できるようになるのです。コントレックスというミネラルウォーターでは、サルフェートという栄養成分が大量に含まれています。

サルフェートは高いデトックス効果があるため、デトックス効果によってダイエット効果を引き出せるようになりますし、女性の中には、サルフェートの整腸効果によって便秘を改善されている人がいるほど、その効果が信頼されているミネラルウォーターなのです。

もし、ミネラルウォーターが苦手という場合は、大豆が配合されているプロテインを飲むと良いでしょう。ヨーグルト味、りんご味などのプロテインが増えているため、味わいについてはジュースに近くなっています。

プロテインには必須アミノ酸、そして高たんぱく質が含まれていますので、運動後に摂取するようにすると筋肉量が増えやすくなるのです。ミネラルウォーターとは違いミネラル分は少ないのですが、味わいが良い、筋肉増強に関しては即効性があるという利点があるため、汗をかく、ダイエットで成功したいという人にとって有用な代物と言えます。

ウォーキングでダイエット!上手に汗をかく方法として人気が高い

ウォーキングのようなサッパリとした運動でも、良質な汗をかくダイエットとなります。

ウォーキングには以下の利点があるので、それほどダイエット効果が無い運動というわけではありません。

  • 有酸素運動
  • 日光を浴びることができる

ウォーキングは有酸素運動の中では、最も効率良く痩せられる方法として紹介されることがあるほど、ダイエット効果が実証されている運動方法なのです。自分のペースで歩くだけで問題無く、時間にして30~60分ほど歩くようにすると、汗をかく量であり、新陳代謝もアップしやすいとされています。

また、ウォーキングは日光を浴びる時間が長い運動でもあるので、汗腺を刺激してくれる運動として評価されています。

汗腺というのは、長く続く刺激によって汗をかきやすい状態を作ることが大事です。ウォーキングの場合、それほどハードな運動ではないため、人によっては1時間以上も歩くことがあるのですが、これによってバイオリズムが正常化することもありますし、あまり使われなくなった汗腺が使われるようになることもあるのです。

体温調節機能を意識する!ちょっとした工夫で汗は多くかける

ウォーキングなどの運動が辛くないという場合は、ウェイト入りのバンドを足に巻くと良いでしょう。

重さにして100g、もしくは200g程度で調整すると良いです。これによって足の筋肉が増強されやすくなり、長く歩いていても疲れない体になっていきます。

運動をする際は、ちょっと温かいと感じるような服装を心がけることも大事です。

汗というのは無理矢理かくのは良くありませんが、激しい運動をしないのであれば、ウインドブレーカーを着用するなどして、体温が下がらないように調節してみると良いです。

すると良く汗をかけるようになり、体温調節機能が上手に機能するようになります。体温調節機能は適度に運動をしている、汗をかく習慣性がある場合、体温調節機能が正しく機能することが増えていくのです。

体温を下げやすい服装、もしくは運動後に汗を拭かないような行動を繰り返していると、内臓が傷ついてしまうこともあるので、このような体温調節をしないことも、汗をかいてダイエットする際には大事となります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.