甘いものがやめられない人必見!グルテンフリーダイエットの極意とは

体を動かすのが億劫で気分もすっきりしない。そのせいか急激に体重が増加!余計に気がめいって甘いものに手が出て…の悪循環。

こんな悩みを抱えている方、いませんか?それは、あなたが大好きなクッキーやケーキが原因かも?

カロリーの話ではありませんよ!小麦には、あなたの体に害を及ぼす成分がふくまれているかもしれないのです。

その名はグルテン。アメリカでは、このグルテンを抜いた食生活でやせるグルテンフリーダイエットがブームです。やり方はグルテンを含む食品をなるべく口にしないというシンプルなもの。

今までどんなダイエットをしても効果がなかったという人、一度試してみませんか?

そもそもグルテンとはどんなもの?

グルテンは、小麦やライ麦などに含まれる植物性たんぱく質。グルニテンとグリジアンという二種類のたんぱく質からできています。水を加えてこねていくと、この二つが混ざり合って粘りが出ます。これがグルテンです。ふっくらしたパンが焼けるのも、うどんのもちもちした食感もグルテンのおかげです。

最初はアレルギーの食事療法だったグルテンフリーダイエット

しかし、グルテンを含んだ食品を口にできない人たちがいます。セリアック病やグルテン過敏症、グルテン不耐性といった病を抱えている人たちです。

セリアック病またはシリアック病(coeliac disease または celiac disease)は、小麦・大麦・ライ麦などに含まれるタンパク質の一種であるグルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患である。
引用元:Wikipedia セリアック病

この病を持っている人は、下記のような症状が現れます。

セリアック病の症状は他の病気(過敏性腸症候群、鉄欠乏性貧血、クローン病、憩室炎、慢性疲労症候群など)と似ている。
ガス・腹部膨満感と痛み・慢性の下痢・悪臭を放つ便(脂肪便)・体重の急激な減少や増加・顔面蒼白・貧血(赤血球数の低下)・骨あるいは関節の痛み・骨粗鬆症・筋肉の痙攣・疲労感・てんかん症状・脚部のしびれ感・口腔内の痛み・痛みとかゆみを伴う湿疹・歯の変色あるいはエナメル質の欠損・無月経・成長の遅れ(子供の場合)
引用元:Wikipedia セリアック病

グルテン過敏症や不耐性は、セリアック病ではないが、グルテンに対して過剰な免疫反応が生じます。はっきりした原因はよくわかっていません。セリアック病と似たような症状が出ます。

このような疾患を抱える人のためにアメリカで開発されたのがグルテンフリーダイエットです。ダイエットというと、日本では痩身が真っ先に思い浮かびますが、英語のdietは食事療法や減食という意味もあるのです。

また、自閉症の改善や糖尿病、一部の皮膚疾患の改善の効果もみられるとの報告もありますが、科学的に実証されてはいません。

科学的根拠はないが…体調がよくなった人が続出!

実は痩身効果についても、これといった根拠はないのです。セリアック病の人に体重の変化が多かったのは事実ですが、その他の病の患者にはこれといった変化はみられなかったのです。

ではなぜ、アメリカでグルテンフリーダイエットがもてはやされるようになったのでしょうか?

じつは、グルテンにアレルギーを持たない人でもグルテンフリーダイエットを実行したら、体調がよくなった、やせた、たという人が出てきたからです。とくに、多数の有名な女優やモデルがグルテンフリーダイエットを実践していることを明らかにしたことでブームが加速した面もあるようです。

さらに、アメリカは米が主食の日本と違い小麦粉を使った食品が多く、グルテンフリーを実践するのは大変です。そこで食品メーカーがこぞってグルテンフリーをうたった食品を続々と発売し、アレルギーを持たない人でも気軽に手にすることができるようになり、ヘルシーなイメージが定着したようです。

意外と簡単!グルテンフリー生活

日本は食生活の欧米化で、昔とは比べ物にならないくらい小麦を口にするようになりましたが、グルテンフリーを実践するのはアメリカほど難しくはありません。

というより、普段の食生活を和食中心にすれば自然とグルテンフリーが実践できてしまいます。

朝食べるパンをご飯にする、小麦粉でとろみをつけたシチューやスープより、味噌汁を飲むようにする、から揚げを焼き鳥にする、間食をケーキではなく大福などの和菓子に変える、うどんではなく、そばを食べる、それだけでグルテンフリーが実行できてしまいます。
画像1
http://i2.wp.com/antiaging-sensei.com/wp-content/uploads/2015/03/guruten.jpg?resize=600%2C450
画像2
http://i0.wp.com/antiaging-sensei.com/wp-content/uploads/2015/03/guruten1.jpg?resize=600%2C450

でもたまにはパスタだって食べたいし、無性にラーメンが恋しくなるときだってあります。ケーキの食べられない生活なんて考えられない!

という麺類好き、スイーツ好きの方、ご心配なく!最近では日本でもグルテンフリーを意識した食品がふえてきました。日本は米だけでなく、きびやひえなどの雑穀も豊富。それらを使ったパンやお菓子、麺類も充実してきました。日本人で本当によかった!

まず、一番てっとりばやいのはアマゾンです。グルテンフリーと入力すると、何十種類もの食品が次から次へとでてきます。以下のようなものが人気です。

手軽に主食やおやつに食べられそうなものをピックアップしていきましょう。

一日に一回は麺類を食べないと気がすまない!という人に

  • ケンミン 業務用ライスパスタ…スパゲティスタイルお米100%のパスタです。小麦のパスタと同じように調理できます。
  • FARMOグルテンフリーパスタ…とうもろこしとお米の粉で作られたパスタです。
  • グルテンフリーヌードル…原材料がお米100%のラーメン、うどん、そうめんなど日本人の大好きな麺類が豊富!

朝食はパン派!という人に

  • グルテンフリー 無添加 天然酵母 米粉食パン…米粉、ソルダム粉(たかきび)が原料のパンです。
  •  

  • おいしい大豆の大豆ピタパン…大豆粉使用、イソフラボン、食物繊維が豊富です。

スイーツのない生活なんてありえない!という人に

  • グルテンフリークッキー200g…とうもろこし粉、米粉、大豆粉で作られたクッキーです。
  • Schar(シャール) バニラサンドココアクッキー グルテンフリー 165g…コーンスターチ、ポテトスターチ、大豆粉を使用しています。

いろいろ選べる通販サイトはこちら!

  • iHarb…フリーのスナック菓子が充実しています。
  • 玄米のマイセン…玄米を使ったパンや麺類、コーヒーもあります!
  • 笑顔でご飯…子どもにも安心して食べさせられるお菓子がたくさんあります。豆乳を使ったマーガリンも!

しかし、どれも値段が高めなのが気になります。

ならば、米粉や大豆粉で手作りするのもいいのでは?クックパッドなどの料理サイトにはグルテンフリー食材をつかった手軽に作れる料理やお菓子がたくさん載っています。参考にしてみてはいかがでしょうか。

グルテンフリーのレストラン、カフェが続々登場!

グルテンフリーのメニューが充実している飲食店です。

  • 88cafe…米粉で作ったラーメンやスイーツが充実しています。
  • リトルバード原宿店…シェフ自身が小麦アレルギーなので安心です。
  • グルテンフリーレストランKomatu…グルテンフリーのビールがあります!

一度足を運んでみて、メニューの参考にしてみるのもいいかもしれませんね。

健康的なグルテンフリーダイエットを考える

しかし、前述したとおりグルテンフリーダイエットは科学的にはっきりした効果が出たわけではありません。グルテンフリーダイエットの流行に継承を鳴らす科学者も少なくないのです。

確かにセリアック病などの深刻な病を抱えている人には有効な食事両方ですが、グルテンアレルギーを持たない人が極端なグルテン除去をすると、かえって健康を害してしまうかもしれないのです。

健康に必要な栄養も含むグルテン

グルテンにはクラフトオリゴ糖やイヌリンという栄養分が含まれています。クラフトオリゴ糖やイヌリンは、腸内細菌のバランスを整えるはたらきをもっています。また、クラフトオリゴ糖は免疫や脂肪代謝、ビタミンやミネラルの吸収を改善するともいわれてます。

また、小麦に含まれる炭水化物の一部には血糖やインスリンの増加を抑えたり、空腹時の中性脂肪を減らす効果があります。

ですから、グルテンや小麦にアレルギーを持たない人が厳格なグルテンフリーダイエットを実行すると、健康に必要な栄養を摂れず逆に健康を損ねてしまう可能性があるのです。

前述したようなセリアック病や小麦アレルギーの症状に悩まされている人は試してみる価値はあるかもしれませんが、普通の健康体の人が極端にグルテンや小麦の摂取を制限するのは危険です。

グルテンフリー=ヘルシーという考え方は危険!

さらに、ヘルシーなイメージがあるグルテンフリー食品でも、油や砂糖をたっぷり使った高カロリーなものが多数存在します。食品添加物が使用されているものがないとも限りません。グルテンフリーだからといって、やみくもに手を出すのではなく、せめてパッケージをひっくり返して原材料とカロリーを確認するくらいはしたほうがいいでしょう。

小麦粉を使った食品、とくにケーキやクッキーなどの菓子類にはバターやマーガリンや砂糖を大量に使用したものが多く、それらの摂取を制限したことが自然と体重の減少につながったとも考えられるのです。

小麦は何千年も前から世界中で人間の食生活を支えてきたものです。それを突然断ち切ってしまうのは不自然ではないでしょうか。

まずは洋食中心だった食事を和食中心にしたり、小麦を使った食品を除去する場合は期限をきっちり決めて様子を見るなど慎重にやってみてください。アレルギーの症状が気になる人は、一度病院で検査を受けたほうがいいかもしれません。

くれぐれも栄養のバランスに気をつけて、健康的なダイエット生活を送ってくださいね!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.