水中の消費カロリーは高い!?水泳ダイエットの効果とおすすめの泳法

一般的にダイエットは、有酸素運動が有効だと認知されている傾向があります。

ジョギングも効率が良く、多くの方が実践しているのではないでしょうか。

そのなかでもとくに高い効果を発揮すると言われているのが、水泳です。

水の中の運動は、陸上よりもきついとされ、ただ歩くだけでも思うようにいかないもの。

しかしうまく活用することができれば、陸で行う運動よりも大きな効果が望める可能性を秘めているのです。

そこで今回は、水泳ダイエットの効果と、最適な泳ぎ方について説明していきます。

ジョギングより痩せる!?水泳の消費カロリーとは

水中は、水の抵抗がかかり陸上で行う動作にも強い負荷がかかります。ただスムーズに歩くだけでも困難です。

走るとなると、普段の数倍疲れることもあり知らないうちに大きく体力を消耗してしまうおそれがあります。

しかしながら、ダイエットという観点から見ると、非常に効率が良いと考えることができるのです。

陸上の動作よりも負荷がかかることで、自然と消費するカロリーも増加しダイエット効果が望めるとされています。

また、筋トレとしても水泳は最適です。

全身の筋肉をまんべんなく駆使して、バランスの良い体を作ることができ同時に余分な脂肪を減らすことも可能になります。

基礎代謝能力の向上、脂肪燃焼など、あらゆる面で水泳はダイエットに大きく貢献してくれるはずです。

時間は長いほうがいい?水泳でカロリーを消費するためには

ダイエット運動は、なるべく長時間続けることで効果を上げることができます。ウォーキングなどもゆったり続けることで効率よく脂肪を燃焼させることが可能です。

水泳も例外ではなく、なるべくじっくり30分以上は継続することをおすすめします。

しかし、水泳は激しい運動になるため過度に行うと披露が溜まり生活に支障をきたすおそれがあります。

そのためアスリートのような長距離をハイペースで続けるのではなく、自分に合ったペースで長時間運動を継続するのがいいでしょう。

途中で泳ぎ疲れた方は歩いてもいいですし、あまり無理のないやり方で行うことが大切です。

クロールと平泳ぎが良い?水泳ダイエットの最適な泳ぎ方

水の抵抗を利用して、消費カロリーを上げることが可能な水泳ダイエットですが、泳ぎ方による変化も気になると思います。

クロールや平泳ぎ、バタフライと複数の泳ぎ方が存在します。

水泳ダイエットを行う際におすすめしたいのは、クロールや平泳ぎです。

最も一般的な泳ぎ方と言っても過言ではなく、比較的簡単に行うことが可能になります。

また、水泳ダイエットは正しいフォームで行わないと消費カロリーに影響すると言われています。

バタフライや背泳ぎは、他の泳ぎに比べて技術が必要になりがちです。水泳をあまり経験したことがない方が初めから習得するのは少し困難であると考えられます。

クロールや平泳ぎであれば、フォームが安定しやすく継続するために適しているのではないでしょうか。

日によって泳ぎ方を変えてみるのも効果的です。日々続けやすいように、メニューを変えて望んでみるのも有効と言えます。

歩くだけでも効果あり?初心者はウォーキングから

水泳が苦手でいずれの泳法も正しいフォームで行うのが難しいという方は、ただ歩くだけでも十分です。

陸上でウォーキングするよりも、大きく効率を挙げることが可能なため必ずしも泳がなければならないというわけではありません。

とくに初心者の方は水のなかで運動するという行為に慣れる必要があります。

まずは水中で行うダイエットの感覚を掴み、自分に最適な方法を見つけましょう。

エネルギーはしっかり補充!食事制限には気をつけて

水泳ダイエットは、通常の運動よりもエネルギーを消費する運動とされています。

そのため食事にも十分注意が必要です。

ダイエット時は、食事制限を行い普段よりも量を減らしているという方が多い傾向にあります。

しかしながら、水泳ダイエットを行う際はしっかり3食の食事を摂り、栄養を十分に補いましょう。

あまり過剰に摂取するとカロリーオーバーとなってしまうおそれがあるため注意が必要です。

活動に支障をきたすほどの食事制限は控えて、健康的に行うことが大切です。

また、水泳ダイエットの実践前に糖分を摂取することで、パフォーマンスが向上させることが可能になります。

ある程度食事を摂取しておくことで食べ過ぎ防止にもなり、効率よく痩せるはずです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.