短時間で顔のむくみを解消!マッサージで顔のむくみを上手に取る方法

人によっては、毎日顔のむくみを気にしている人もいます。ですが、美容に良いマッサージの中にはむくみに効果的なもの、小顔に良いものが存在するので、こちらを知っているとむくみを解消しやすくなります。

また、マッサージのほとんどはお金がかかりませんので、今では、お金を気にせず顔のむくみを取られている方がほとんどという状況です。

あえて顔に刺激を与える!変顔を意識して顔のむくみを取る方法

近年では、変顔を意識してスマートフォンで自撮りを行う若者が増えてきました。また、変顔にはマッサージ効果があり、今では、美容のために変顔を行っている人もいます。

また、美容においては変顔と呼ばれるケースが少なく、代わりに顔ヨガと呼ばれるケースが多いです。というのも、以下のような顔ヨガが存在するだけでなく、今では知名度も上がってきているからです。

  • 顔のシワを寄せて顔ヨガ
  • 泣き顔の顔ヨガ
  • 口をすぼめる顔ヨガ

顔ヨガには、顔のむくみに効果的なマッサージ効果が含まれているとされています。上記のような顔ヨガを行うと、本来では使用することのない筋肉を使用できるようになり、これにより美容の改善だけでなく、顔のむくみも解消しやすくなるのです。

顔ヨガを行う時のコツですが、最後は目をしっかりと大きく開くようにしましょう。目の周りもむくみができやすく、また人相を悪くしてしまうことが多いので、目の周りのむくみを解消しておくと、スッキリとしたキレイな顔立ちになりやすいのです。

また、顔ヨガでもそうですが、顔のむくみに効果的なマッサージのほとんどはお金がかかりません。なので、今では老若男女問わずで、誰もが顔ヨガを知っている、行っている状況にあります。

むくみが解消する理由ですが、顔ヨガを行っていると顔が引き締まっていくようになるからです。顔が引き締まるようになると、段々とむくみが小さくなっていき、この影響でむくみを気にしないで生活できるようになります。

マッサージ効果が高い!足湯で顔のむくみを取ることも可能

簡単な動作で顔のむくみを解消したい場合、足湯で顔のむくみを解消すると良いでしょう。

足湯の基本となりますが、温度設定は40度くらいとされているので、42度、43度といった熱さを感じる温度設定にする必要はありません。また、足湯はすぐに足を温めるというものではないので、10分以上をかけて足湯を行ったほうが効果がより良いものになります。

足湯の良いところは、シャワーとは違い血管、神経に働きかける要素が強いところでしょう。シャワーの場合、シャワーを行った範囲のみ血行改善となるだけで、全身の血行改善になるわけではありません。

そのため、足湯のようにむくみを解消できるわけではありませんし、シャワーの方法によっては気分が悪くなることもあります。しかし、足湯の場合はリンパマッサージの効果があるため、体内に存在する毒素が段々と減っていくのです。

リンパマッサージにより体温が上昇すると、その後は良く汗をかけるようになります。すると、体内に存在する毒素が汗に混じって排出されるようになり、その影響で気持ち良さも得られるようになるのです。

むくみのほとんどは体調不良、もしくは、リンパマッサージが不足している生活で起きています。そのため、定期的に足湯を利用することは、リンパの流れを活性化する上でも重要です。

顔のむくみを予防!日常的にマッサージすることに意味はある?

昔から良く試されているマッサージの案内ですが、今でも、顔のゴリゴリした部分に対してマッサージを行っている人は多く、また、顔のむくみを解消されている人も多くいます。

顔のむくみを取るためのマッサージ方法ですが、足湯の時と同じで、リンパマッサージを意識してマッサージを行ったほうが良いでしょう。コツとしては、以下の要領でマッサージを定期的に行うだけです。

  • 左側のリンパ節をもみほぐす
  • ゴリゴリした部分を重点的にもみほぐす
  • 口、鼻、目の下、耳の下ももみほぐす

左側のリンパ節とは、左の鎖骨のくぼみのことです。リンパの流れが悪い場合、この辺りにコブのようなものが出来上がるようになり、指で押してみると弾力がある、もしくは硬さがあることを確認できます。

これはリンパが滞っている証拠でもあるので、優しく指でもみほぐすようにしましょう。ここで重要なのは、肩をもむような形でマッサージを行わないことです。

これでは筋肉の緊張、痛みが楽になるだけで、リンパの流れを改善する効果が弱まってしまいます。なので、ゴリゴリした部分のみもみほぐすようにして、悪くなったリンパの流れを改善するようにしましょう。

リンパの流れが悪いと感じている際は、さらに口、鼻などももみほぐすようにします。また、目の下が黒ずんでいる場合、リンパの流れがかなり悪い状況にあるのかもしれません。

このように、口、鼻、目に違和感を感じる際は、数分ほどの時間をかけて丁寧にもみほぐすようにしましょう。長い間、リンパの流れが不活性化していたため、かなり血液の流れなどが悪くなっているかもしれません。

それと、リンパマッサージのほとんどは、継続して行わないと意味がありません。なので、リンパの流れが気になった際はマッサージを行う形で、継続して健康的なリンパの流れを得るようにしてください。

ツボは顔周りに多く存在する!?ツボマッサージで顔のむくみを解消

顔周りに存在するツボのほとんどは、リンパマッサージに良いとされているツボばかりです。

というのも、顔周りに存在するツボを押すようにすると、その影響で、内臓の動きが改善されやすくなるからです。そのため、今では以下のようなツボの存在も有名になってきましたし、ツボマッサージの効果も知られるようになってきました。

天柱(てんちゅう)

髪の毛の生え際、後頭部の骨とぶつかっているところにあるツボです。天柱を押すと、腎臓機能を活性化することが可能になります。

曲池(きょくち)

肘を曲げた際に発生するシワの先であり、くぼみを感じる場所にあるツボです。曲池を押すと、消化器機能が活性化するようになります。また、消化器機能の低下による便秘、下痢に悩まされている人にも効果的なツボです。

太陽(たいよう)

こめかみの中央にあるツボです。太陽を押すと、消化器機能を活性化できるのですが、曲池のように弱く押すと効果が表れにくいので、強めに押したほうが効果的なツボとされています。

むくみの原因は?むくみのほとんどは老廃物により発生する!?

体に溜まっている毒のほとんどは、老廃物に分類されるのですが、こちらを放置されていると、むくみの生じやすい体になってしまいます。

なぜ、老廃物とむくみが関係しているのかというと、それは、老廃物が溜まりすぎるとリンパの流れが悪化するからです。また、老化により老廃物を上手く排出できなくなると、むくみだけでなく、冷え性にかかってしまうリスクも上がってしまいます。

冷え性にかかってしまう理由ですが、老廃物の中には、不要な水分も混じっているからです。

人によっては、皮膚が厚くなってしまった、もしくは老化により上手く汗をかけなくなる人もいるのですが、この影響で、本来は使われるはずだった水分が体に残ってしまうこともあります。ただ、このような問題はマッサージだけでなく、軽い運動を続けるだけでも解消できることが多いです。

また、このようなむくみの問題を解消したい場合ですが、なるべくストレッチを行うようにすると良いです。ストレッチの時間ですが、運動後に数分程度で問題ありません。

なぜストレッチを行うのかというと、ストレッチはあまり使用することのない筋肉、硬くなりやすい筋肉をほぐすことができるからです。これにより気持ちがリフレッシュしやすくなり、徐々に体調も改善しやすくなります。

このような間接的な方法でも、汗をかく量が増えていくようになり、顔の周りに水分が溜まりすぎるといった、むくみ特有の問題を解消することができるのです。

過剰な摂取は危険!?アルコール、塩分の摂取量を減らす必要性

これから、顔のむくみを解消するために運動、マッサージを行っていく予定の人は、アルコール、塩分の摂取量も減らすようにしましょう。

というのも、むくみが発生する原因の1つがアルコール、塩分の摂取であることが解明されているからです。

アルコール、塩分が体に悪い理由ですが、過剰に摂取しやすい、体外に排出することが難しいという特徴があるからです。

例えば、アルコールを摂取しすぎると、強い利尿作用により体内の水分を多く失ってしまいます。すると、今度は失ってしまった水分を過剰に摂取したくなり、その影響で、不要な水分を体に溜め込むようになるのです。

むくみの原因のほとんどは、老廃物であり、体内にとって不要な水分です。良く運動されている人であれば、運動時の汗に混じって排出されるようになるのですが、あまり運動されない人の場合は、段々とむくみが悪化していくようになります。

塩分も、アルコールとほぼ同じ内容の悪影響が存在します。塩分の場合、食欲を促進する効果があり、塩分を過剰に摂取していると、過剰に摂取していることを忘れてしまうことが多いです。

食欲に流されて不要な食事を行うことが多くなり、また、体内に多くの塩分が送られるようになると、体内に貯蓄されている水分を使用する形で、血管内の塩分濃度が高くならないよう調節されるのです。すると、結果的に体内の水分量が減ってしまいます。

そのため、アルコール、塩分の摂取量が多いと、むくみが発生するリスクが引き上がってしまうのです。マッサージなどでむくみを解消したい場合、このような知識も含めて、安全に顔のむくみを減らす努力を続けるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.