紅茶がダイエットドリンク?紅茶パワーでダイエット

温まりたいとき、リラックスしたいとき、皆さんは何を飲みますか?コーヒー、紅茶、緑茶、ジュースなどお好みがありますよね。

もしあながた今、ダイエットをしている、ダイエットをしたいなと思っているなら、紅茶を飲んでみてはいかがでしょうか。

今回は、普段飲んでいる紅茶が飲み方次第でダイエットドリンクになる、と言うお話しです。

何がどのように効果があるのか、また、効果的な飲み方とダイエット以外の効果効能を説明していきます。

手軽で美味しく、ダイエットと健康、同時に目指してスッキリボディになりませんか?

知ってるようで知らない紅茶についての基礎知識

皆さんは紅茶お好きですか?茶葉にお湯を淹れて抽出して飲むのが一般的ですよね。では、そもそも紅茶ってどう言う飲料なのかご存じでしょうか。

まずは、紅茶の茶葉の製法から成分などなど、紅茶についての基礎知識を深めていきましょう。

紅茶の葉っぱは緑茶と同じ?意外と知らない紅茶の製法

紅茶とは、緑茶や烏龍茶と同じ茶葉を発酵させて作ります。ちなみに、緑茶は発酵せず、烏龍茶は半発酵しますが、同じ茶葉なのに味や香り、成分などに違いが出てきます。

種類 発酵 製法
紅茶 完全発酵 水分を飛ばす→揉む→ほぐす→発酵させる→乾かす
緑茶 不発酵 蒸す→揉む→乾かす
烏龍茶 半発酵 水分を飛ばす→こすり合わせる→炒る→揉む→ほぐす→乾かす

紅茶の発酵は、菌などを加えて発酵させるのではなく、茶葉が持っているポリフェノールの酸化によって発酵します。この発酵で鮮やかな赤色のお茶になるのです。

なお、烏龍茶は炒ることによって発酵を止めてしまうため、半発酵茶と言うカテゴリーになります。

種類も豊富!ティータイムはお好きな茶葉で

紅茶は茶葉から作られますが、茶葉の産地によっても味や香りが違うので、それぞれの特徴にあった飲み方で飲むとおいしくいただけます。

種類 解説 主な飲み方
ダージリン 香り高い ストレート
アッサム 甘味がある ミルクティー
アールグレイ ベルガモットの香りを付けたもの アイスティー
フレーバーティー 香料で香り付けしたもの
セイロン・スリランカ 産地によって名称が違う
ウバ メントールの香り ストレート、ミルクティーにも
ディンブラ スッキリしている アイスティー
ニルギリ インド南部原産 アイスティー
キームン 中国産、マイルド

一口に紅茶と言っても、種類は豊富です。ちなみに、ダイエットに向いているのはストレートティーです。色々試してみて、自分の好みの紅茶を探してみてください。

気にしてみよう!紅茶の栄養成分

紅茶にはダイエットや健康に効果的な成分がたくさん含まれています。

  • カフェイン
  • 紅茶ポリフェノール
  • テアニン
  • フッ素(ミネラル)
  • 各種ビタミン
  • 各種ミネラル

この他にも、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。茶葉を発酵させることによって、ダイエットやリラックス、健康効果が期待できるお茶になります。

ちなみに、緑茶には茶カテキン、烏龍茶には烏龍茶ポリフェノールと言う成分が多く含まれています。どれもダイエットや健康に有効な成分です。

紅茶にダイエット効果?!なにがそんなにいいの?

そもそも、なぜ紅茶がダイエットに効果的なのでしょうか。紅茶にはダイエットに有効な成分が豊富に含まれているからです。

紅茶の有効成分によってダイエット効果は違う

前述の通り、紅茶には様々な成分が含まれており、それぞれに効果効能があります。

成分 効果
カフェイン 交感神経の活動を活発にし、代謝を高め、脂肪燃焼を促す。
紅茶ポリフェノール ※後述
テアニン リラックス効果がある。

この中で特に注目したいのが紅茶ポリフェノールです。紅茶ポリフェノールは70種類ほどのポリフェノールの集合体と言える成分です。 それぞれに効果効能があります。

ポリフェノール 効果効能
テアフラビン 殺菌効果、コレステロール低下。
テアルビジン ウィルス感染力を低下させる。
タンニン(カテキン) 糖や脂肪を分解する酵素の働きを止め、糖や脂肪の吸収を抑える。
フラボノイド 活性酸素の除去。

飲み方にも一工夫、紅茶はこうして飲んで効果を上げよう

紅茶がダイエットに有効だと言うことは分かりました。いつでも、好きなときに飲んでも構いませんが、折角ならば効果的な飲み方でダイエット効果を上げたいですよね。

飲むとしたらホットティーがお勧めです。体を温めることによって代謝が良くなりますので、それだけでも脂肪燃焼などの効果が期待できます。

ショウガを一かけ、またはすり下ろした物を入れてジンジャーティーにすると、ショウガのポカポカ成分によって更に効果が上がります。

温かい紅茶を寝る1時間ほど前に飲むと、良質な睡眠が取れて代謝がアップします。代謝アップはダイエットに役立ちますので、試してみてください。

運動前にこの一杯、紅茶を飲んで脂肪燃焼

カフェインには、脂肪を分解させる効果があります。紅茶ポリフェノールには脂肪を優先的に消費する効果もあると言われています。

運動の40~50分前に紅茶を飲んで脂肪を分解させてから有酸素運動を行うと、効率良く脂肪を燃焼させることができます。

ダイエットをするために運動をしている人は、運動前の紅茶摂取をお勧めします。

食事と一緒に飲んで糖の吸収を抑えよう

紅茶ポリフェノールは、糖を分解する効果があります。糖は炭水化物や糖分に含まれており、すぐにエネルギーになる栄養素です。しかし、エネルギーにしきれなかった糖は脂肪となって蓄積されてしまいます。

食事と一緒に飲むことによって、糖の吸収が抑えられ、脂肪の蓄積を減らすこと効果が期待できますので、食事中、または食後30分以内に飲むことをお勧めします。また、甘い物を食べるときなどに飲むと効果的です。

ダイエットだけじゃない!紅茶にはこれだけの効果がある

紅茶には、ダイエットする人にとってとても有用な成分がたくさん含まれています。

それだけではありません。ダイエット以外にも、体にとても良い効果をもたらしてくれます。

こんなにも好影響!体に及ぼす健康効果

効果 説明
抗酸化作用 活性酸素の除去。がん、高血圧などの生活習慣病の予防。メラニン色素を防ぐ美容効果。
抗菌作用 食中毒の予防、ピロリ菌、虫歯菌の殺菌。水虫などの外用にも有効。
抗ウィルス作用 インフルエンザの予防(紅茶うがい)。
利尿作用 体内の老廃物の排出。
ストレス解消 疲労回復やストレスの解消。芳香によるアロマテラピー効果。
消臭作用 臭いの原因物質の吸着、口臭防止。
ビタミン、ミネラル補給 特にビタミンB群、カリウム。
虫歯予防 歯のエナメル質を強化。

その他、花粉症対策、エイズ対策、放射線被爆対策などへの効果を検証する実験なども行われています。

ダイエット以外にも、健康、美容効果も高い紅茶。日々の生活に是非取り入れてください。

飲み過ぎ注意!カフェイン摂りすぎや飲み方にも気を配ろう

紅茶がいくらダイエットに有効だからと言って、一日にたくさん飲めば効果が上がると言う物ではありません。

1日に4~5杯を限度に、運動前、または食事中か食事後の飲用が目安となります。

糖分の吸収を抑えるならと、砂糖やミルクなどを入れてしまったら逆効果です。お好みの濃さで、ストレートティーで飲むようにしてください。

また、カフェインには利尿作用があります。妊婦の方や腎臓疾患のある方などが摂りすぎると病気を悪化させる可能性がありますので、かかりつけ医師と相談の上飲んでください。

紅茶はとてもポピュラーな飲み物ですが、ダイエット効果、健康効果の高い飲料です。上手に取り入れて、スッキリボディを目指してください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.