筋トレで太もも痩せ!適度な筋肉でしまった脚を目指そう

筋トレはダイエットする時に効果的な方法です。脂肪が付きやすい太ももでも、筋トレで痩せることができるため、太もも痩せをしたい人は筋トレをしてみてはどうでしょうか。

筋トレといってもさまざまな方法がありますが、基本的に自宅でもでき、特別な道具を用意する必要もありません。知識なしでしてしまうと、筋肉が付き過ぎてしまったり、変な筋肉の付き方をしてしまったりすることもあります。

太もも痩せダイエットをするのであれば、どんな筋トレ方法なのか詳しく調べてから行うようにしましょう。

本当に痩せるの?筋トレで太もも痩せダイエットは可能!

ダイエットをする時に、その方法として筋トレを使うことが多いですが、本当に効果があるのか?不安や疑問がある人もいるのではないでしょうか。

結論を言うと筋トレで太もも痩せダイエットは可能です。

太ももが太い場合は、脂肪が付いていることも考えられますし筋肉がなさすぎで弛んでいるという事も考えられます。筋トレをすれば脂肪を燃焼させることもできますし、筋肉を付けて太ももを引き締めることができます。

その結果、太ももは細く見せることができ、実際に脂肪を減らし痩せることが可能です。自宅でできる筋トレでも太もものダイエットは可能であるため、すぐにでも始めることができます。太もものダイエットをしたい人はまず筋トレから始めてみてはどうでしょうか。

太もものダイエットをするとメリットもある!

太ももダイエットをすることでさまざまなメリットに期待することができます。まず太ももダイエットで太ももを細くすることができれば、今まできれなかった洋服が着られるようになりますし、着こなすことができます。

例をあげるとすればスキニーです。今までスキニーを履いていても太ももが太くきつそうなイメージがあった人もいるのではないでしょうか。太ももが細くなればスキニーも着こなすことができます。

次に太もものダイエットをすると、同時にヒップアップの効果にも期待することができます。垂れたお尻を引き上げることも可能であるため、垂れたお尻で悩んでいる人にはうれしいメリットなのではないでしょうか。

ヒップアップすることで脚が長く見える効果もあるため、脚を長く見せたい人にも太ももダイエットはおすすめです。また筋トレで太ももの筋肉を鍛えることで身体の代謝もあがります。

代謝が上がれば痩せやすい身体になりますし、痩せにくい身体になるためリバウンドのリスクも低くなります。冷え性やむくみにも効果的であるため、冷え性やむくみで悩むことが多い女性の人に太ももダイエットはおすすめです。

他にも便秘や肩こりといった症状の改善にもなるため、太ももダイエットを試してみてはどうでしょうか。

失敗もある?筋トレで太ももダイエットの成功するコツ

筋トレで太もものダイエットは可能ですが、考えずに行うと効率が悪くなってしまうこともありますし、逆に太ももが太くなってしまうこともあります。

筋トレをする時は、その筋トレがどういったものなのか?正しいフォームがあるのか?調べてから行うようにしましょう。筋トレをしても鍛えたい筋肉に負荷がかからないと無駄となってしまうため、筋トレを行う時にはフォームには気を付けましょう。

また、筋トレダイエットをする場合、毎日筋トレをしなくてはいけないと考えている人も多いのではないでしょうか。

毎日筋トレをすれば効果が高くなりそうですが、休息をとって筋トレをした方がより筋肉が丈夫になります。だいたい一度筋トレをしたら2日ほど空けてから筋トレを行うようにしましょう。

筋トレをしないと不安という人は、前日と同じ筋トレをするのではなく、他の部位を鍛える筋トレを行うようにしましょう。

筋トレをして太ももを引き締める!太ももダイエットにオススメ筋トレ

筋トレといってもさまざまな方法があります。その中で太ももの引き締め効果やダイエット効果がある筋トレを紹介していきます。太ももの筋トレにおすすめな方法は以下の4つの方法です。

  • スクワット
  • レッグアダクション
  • ヒップエクステンション
  • ショルダーブリッジ

筋トレをする時にはどこの筋肉を鍛えているのか意識しながら行うようにしましょう。フォームが正しくない場合や、違うところに負荷がかかっていると筋トレが無駄になってしまいますし、筋肉太りしてしまう可能性もあります。

太ももを細くするためには太ももの筋肉を全体的に鍛えることが重要です。1部分だけきたえるのではなく、全体を鍛える意識をして筋トレを行いましょう。

一度は聞いたことがない?スクワットで太ももダイエット

筋トレをしたことがある人はスクワットという方法を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。簡単にスクワットの仕方を説明しますと、まずは立ったまま両足を肩幅よりも少し広く開けます。

その状態で両手を頭で組んで腰を沈めていきます。イメージとしては椅子に座る時のイメージでお尻を突き出すようにしましょう。この時に太ももが床と平行になるくらい腰を沈めるようにしましょう。

スクワットの方法としてはこれだけです。注意点としては膝を曲げる時に、ひざが外に向き過ぎないように注意しましょう。膝が外に向いてしまうと違う筋肉を鍛えてしまうため注意です。

スクワットをする回数ですが10回から15回を目安に行いましょう。余裕がある人は2セットから3セットを行うと太ももダイエットに期待することができます。

レッグアダクションは内ももを鍛えることができる筋トレ!

レッグアダクションという筋トレは内ももを鍛えることができます。名前を聞いてどんな筋トレなのか?イメージしづらい人は紹介しますので参考にしてください。

この筋トレをする場合、まず仰向けになりましょう。仰向けの状態から両脚を垂直にあげ、脚を上げた状態で左右に開きます。この時に膝を曲げず伸ばしたままにするように意識しましょう。限界まで来たら息を吐きながら足を戻していきましょう。

レッグアダクションの回数は10回を目安に行いましょう。

お尻と太ももの裏を鍛える筋トレ「ヒップエクステンション」

次にヒップエクステンションという筋トレですが、これはお尻と太ももの裏を鍛えることができます。筋トレの方法ですが、まずは四つん這いになって背筋を伸ばす状態になりましょう。

その状態から片方の脚を膝を曲げたまま上方へ動かしていきます。この時に太ももと床が平行になるようにしましょう。足を上げたら足首の力を抜いて、お尻の筋肉を鍛える意識をしましょう。

その状態を少し維持した後にゆっくりと足を下におろしましょう。回数としては片側10回ほどを目安に行うようにしましょう。ヒップエクステンションという筋トレにはいくつか方法があるため、いくつか試して自分のやりやすい方法を見つけましょう。

その方がやる気も上がりますし、効率よくダイエットすることができます。基本的にこのヒップエクステンションは器具など必要ないため自宅でも簡単に行うことができます。

ブリッジも筋トレ!太ももの内側を鍛える時に効果的

ブリッジというポーズがあることを知っている人は多いのではないでしょうか。ただのポーズであると考える人もいますが、ブリッジも筋トレになるため、試してみてください。

ブリッジにもいくつか種類があり、太ももダイエットに効果がある方法は「ショルダーブリッジ」と呼ばれる方法です。筋トレの仕方としてはいくつかありますが、イメージしやすい方法はまず膝を立てた状態で座りそのまま仰向けになりましょう。

そうすることで基本のブリッジの姿勢になることができます。脚は肩幅くらい開いて膝を立てるようにしましょう。ブリッジの状態になりましたら、息を吐きながら骨盤を持ち上げます。だいたい身体が一直線になるまで骨盤を上げるイメージです。

片脚を上げながらのブリッジが難しいのであれば上げなくても問題ありません。無理のない範囲でブリッジをするようにしましょう。

その状態を30秒ほど維持するとダイエット効果に期待することができます。30秒ほど経過したら息を吐きながらゆっくり脚、腰の順番で卸していきましょう。脚を上げる場合はこれを左右で行いあまり回数をこなす必要はありません。1回を3セットするだけでも効果があるため、無理のない範囲で行ってみましょう。

筋トレのし過ぎは太ももが太くなる原因に!筋肉太りに注意

太もものダイエットだけではありませんが、痩せたいと考えている人は単純に筋トレを沢山すればいい!と考えている人もいます。効果はありますが、効率的ではありませんし、途中で挫折してしまう可能性もあるため、無理のない範囲で行うことをおすすめします。

また、筋トレを沢山しすぎると筋肉が付き過ぎてしまい、太ももの脂肪は減っても筋肉で太く見えてしまうリスクもあります。筋肉太りと呼ばれるものです。正しく筋トレをすれば筋肉太りを避けることもできるため、紹介していきます。

筋肉太りをしないためには主に3つの方法があります。

  • 太ももの裏側と内側と鍛える
  • 食事の制限をする
  • 有酸素運動をする

筋トレをするなら裏側と内ももを鍛えるようにしよう

考えずに太ももを鍛える筋トレをしてしまうと、筋肉太りになってしまうことがあります。

そうならないためには、太ももの裏側と内側を鍛えるように意識しましょう。これには理由があり、太ももの裏側と内側は鍛えても太くなることがなく、筋肉太りをすることがありません。

逆に筋肉太りをしてしまう太ももの筋肉としては「大腿四頭筋」があげられます。この筋肉を鍛えると太ももが太く見えてしまうことがあるため注意しましょう。ここでも紹介しているスクワットやレッグアダクションといった筋トレは太ももの裏側や内側を鍛えることができるため、太ももダイエットに効果的です。

器具も必要なく、自宅でも行えるため、太ももダイエットをする場合はスクワットやレッグアダクションといった筋トレをしてみてください。

ダイエット中は食事にも注意!筋肉を付けるためにしっかり食べよう

ダイエットをする場合、運動してカロリーを消費したと考え、運動後に沢山食べてしまう人もいます。あまり食べ過ぎてしまうと運動して消費したカロリー以上のカロリーを摂取してしまうため、ダイエットが無駄になってしまいます。

そのため、ダイエット中はある程度の食事制限をするようにしましょう。ただし、あまり食事制限をし過ぎてしまうと体にも悪いですし、ダイエットの効率が悪くなってしまうこともあるため、過度の食事制限には注意しましょう。

ダイエット中の食事としては筋肉の材料になるたんぱく質や腸を整えてくれる食物繊維、他にもビタミンBといった成分をバランスよくとるような食事を食べましょう。

お肉を食べても問題ないので、過度な食事制限にならないようにしましょう。

余裕がある人は筋トレと一緒に運動をして太腿ダイエットをしよう!

筋トレでも太ももダイエットは可能ですが、合わせて運動をすることでさらにダイエットを加速させることができます。

特におすすめな運動は有酸素運動と呼ばれる運動です。

  • ウォーキング
  • ランニング
  • 縄跳び
  • 自転車

ウォーキングやランニングは外出しないできませんが、自宅の周辺を歩いたり走ったりするだけで良いため、すぐに始めることができます。ウォーキングやランニングはダイエットに効果的であるため、時間や体力に余裕がある人は取り入れてみてください。

縄跳びや自転車も太ももダイエットに効果的です。道具を用意しないといけませんが、縄跳びや自転車はすでに所持している人も多いと思いますので、すでにあるものを利用しても良いでしょう。

縄跳びや自転車が無い場合は、エア縄跳びやエア自転車こぎでも問題ありません。どういった運動かと言いますと、実際に縄跳びを使わずに縄跳びをするのがエア縄跳びです。縄跳びをするように腕を回して、縄を飛ぶようにジャンプしましょう。

エア自転車こぎというのは仰向けになって、その状態から自転車のペダルをこぐように足を動かします。そうすることで自転車に乗ったときのような負荷をかけることができるため、太もものダイエット効果に期待できます。

縄跳びや自転車を購入せずともできる運動であるため、試してみてください。

筋トレで効率良く太もも痩せダイエットする方法!

太もも痩せダイエットをする場合、筋トレをするタイミングも重要になってきます。特に筋トレの他にも有酸素運動も取り入れようと考えている人はタイミングをよく考えてからダイエットする必要があります。

筋トレをするタイミングですが、これは有酸素運動をする前に行うとより効率的にダイエットすることができます。さらに筋トレをする前にストレッチをすることでさらに効率的になります。

つまりストレッチをして、そのあとに筋トレ、最後に有酸素運動という順番でダイエットをしていきましょう。

なぜこの順番が良いのか?と言いますとまずストレッチをすることで筋肉をほぐすことができます。筋肉をほぐすとケガをする確率も下げることもできますし、最初から筋肉が働いてくれるため筋トレも効率も上がることになります。

有酸素運動前に筋肉をほぐしておけば、アドレナリンといった脂肪を分解してくれるホルモンも分泌されるため、脂肪燃焼の効果がアップします。

必ずこの手順でしなくてはいけないわけではありませんが、ダイエット効率は上がるため太もも痩せダイエットをする場合はストレッチと筋トレ、有酸素運動を組み合わせてダイエットしてみましょう。

太もも痩せダイエットは食事や休息も重要!

太もも痩せダイエットをする場合は食事や休息も重要となってきます。例えば食事をとる時にたんぱく質を多く摂取すれば筋肉も付きやすくなります。そのためダイエット中に食事をとる場合は意識してたんぱく質を摂ることをおすすめします。

脂身が少なく赤身やささみといったお肉がダイエット中にはおすすめです。あまり太ることなくたんぱく質を摂ることができるため意識して肉を食べてみてください。

筋トレをすると筋肉が丈夫な筋肉に生まれ変わるため、毎日筋トレをしてしまうと美しい筋肉を付けることができません。さらに効率も悪くなってしまうため、一度筋トレをしたら2日ほど空けてから再び筋トレするようにしましょう。

なぜ太ももが太いのか原因を知る!対処法も紹介

太ももが太くなってしまうことには原因が必ずあるため、太ももダイエットをする人は原因を知っておいて損はありません。原因を知っておけば、リバウンドしないように対策もできるため、原因を知っておきましょう。

  • 筋肉がついていない
  • 脂肪が溜っている
  • 筋トレの仕方が悪い
  • 骨が歪んでいる
  • むくみ

太ももが太くなってしまう原因は主に上記の5つがあります。なぜ太くなるのか、その対処方法はあるのか紹介していきます。

筋肉が衰えているなら筋トレで鍛えよう!筋肉の付き方にも注意

太ももが太く見えてしまうことに筋肉は深いかかわりがあります。例えばあまり身体を動かさない人はだんだん筋肉が衰えていきます。太ももも例外ではなく、太ももの筋肉が衰えていくと太ももが引き締まっておらず太く見えてしまいます。

また筋肉が衰えてしまうと脂肪もたまりやすくなってしまうため、余計に太く見えてしまうことになります。そうならないためには、適度に筋トレや体を動かすなどをして、筋肉を付ける必要があります。

筋トレをすれば筋肉も付きますし、脂肪の燃焼効果もあるため筋トレを行いましょう。ただ、筋トレをする時には「筋肉太り」になってしまうこともあるため注意が必要です。

例えば太もも痩せダイエットにオススメの筋トレはスクワットやレッグアダクションなどがありますが、これらの筋トレをする場合は正しいフォームで行うようにしましょう。正しいフォームで筋トレをしないと筋肉の付き方も悪くなってしまうため、筋肉が付いたとしても太ももが太く見えてしまいます。

万が一筋肉太りしてしまった場合は、マッサージなどで筋肉をほぐすようにして、できるだけ太ももに負荷がかからないようにしましょう。筋肉の癖を直せば筋肉太りは解消できるため地道に癖を直していきましょう。

太ももが太いのは骨が歪んでいるから!姿勢にも注意

太ももが太くなってしまう原因としては骨が歪んでいることも原因となります。特に骨盤が歪んでしまうと太ももが太く見えてしまうため注意が必要です。

解消するためにはストレッチや軽い運動をすることで骨のゆがみを直していくしかありません。時間が掛かってしまいますが、骨のゆがみが原因の人はコツコツゆがみを直していきましょう。

太ももの太さとあまり関係なさそうですが、普段からの姿勢も重要です。姿勢が悪いと骨盤が歪み太ももだけではなく、下半身のバランスが悪くなってしまうため注意が必要です。姿勢を正せば太ももを細く見せることもできますし、ヒップアップ効果もあるため、自分の姿勢を見直してみてください。

女性の人はむくみに注意!太ももが太く見える原因になる

女性の人はむくみで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。むくみも太ももが太く見えてしまう原因となるため、太ももを細く見せたい場合はむくみの解消をしましょう。

むくみは筋トレも効果的ですし、ストレッチやマッサージといったものでも解消することができます。太ももの太さの原因がむくみであるなら、むくみを解消するだけでも太ももを細く見せることができるため、むくみの解消に考えましょう。

太もも痩せダイエットには筋トレが効果的!

太もも痩せダイエットをするのであれば筋トレは効果的です。

スクワットを始めレッグアダクション、ヒップエクステンション、ブリッジと太ももに効果的な筋トレは多いです。

器具などが必要なく自宅でもできる筋トレであるため、太もも痩せダイエットをするのであれば筋トレを試してみてください。

筋トレをすることで、太もものダイエットだけではなくさまざまな効果にも期待できます。例えば筋肉が適度につき、太ももが健康的に引き締まり足をきれいに見せることも可能です。

女性の人が悩むことが多いむくみも筋トレで解消することができるため、むくみで悩んでいる人にもおすすめです。むくみを放っておくと太ももが太く見えてしまうことはもちろん、セルライトの原因にもなってしまうため注意しましょう。冷え性にも効果的であるため冷え性の人にもおすすめです。

最後に筋トレをすることで身体の代謝を上げることができるため、痩せやすい身体を作ることができます。脂肪の燃焼効果も高くなるため、脂肪をためにくくふとりにくくなります。

このように筋トレをすることで太もも痩せダイエットだけではなく、むくみや代謝の向上効果もあるため、太もも痩せダイエットをする人は筋トレを試してみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.