【決定版!太もも痩せ運動】効果的な方法を知って無理なく痩せる

太ももが痩せる運動だけでなく、太もも痩せを実現できなくなってしまう諸原因を案内しています。

適切な努力をしているはずなのに、太ももが太くなってしまうばかりという人は、もしかすると初歩的なミスを繰り返しているのかもしれません。また、生活習慣の影響で太ってしまう人もいるので、どのような生活を心がけたほうが良いのかも案内しています。

太もも痩せが実現できない!過度な運動で痩せられないケースもある

毎日、激しい運動をされている人であれば、そもそも太ってしまうことは無いでしょう。しかし、運動そのものが苦手という人ほど、腰周り、そして太もも周りが太っていくものです。

運動をしていないと太ってしまうメカニズムについてですが、以下のようなメカニズムがあるため太りやすくなってしまいます。

  • 運動をしないと筋肉量が下がる
  • 基礎代謝量が下がってしまう
・基礎代謝

人間の体は、新陳代謝、基礎代謝を繰り返すことで、健康的な体を維持しています。

新陳代謝は新しい細胞を生み出す代謝機能、そして、基礎代謝は生活を送っていく上で発生するカロリー消費量のことです。

運動をしない人は、日々衰えていく筋肉の影響を受けて、いつかは生活維持に欠かせない筋肉量を下回る筋肉量となります。これは若い人よりも中高年の方に見られる問題なのですが、近年では若い人でも見られる問題になってきました。

若い人は積極的に運動をしない、短距離であっても乗り物に頼ることが増えてきたため、下半身の筋肉が衰えやすいのです。

筋肉はたんぱく質など、人間の体を維持する上で欠かせない栄養成分を溜め込みます。そのため、筋肉量が下がりやすくなる状況では、基礎代謝量も下がってしまうのです。

その他、筋肉は体温の維持でも欠かせないことがわかってきました。そのため、運動をしない人は体温を維持することが苦手なため、冷え性などの二次的な問題に直面することが多いのです。

この問題はプロポーションの維持だけでなく、太もも痩せにも大きな影響を与えます。なので、運動無しで痩せるよりも、積極的に運動も取り入れて痩せたほうが良いのです。

セルライト除去が大事!?太もも痩せを実現するための方法

近年では、食生活の見直しを行ってから、ダイエットを始める女性が増えてきました。

ダイエットのための食生活の見直しというと、摂取カロリー量を計算することのように感じるかもしれません。ですが、近年では摂取カロリー量は当然として、筋肉に良い食生活を見直す女性が増えてきているのです。

筋肉に良い食生活は以下のような健康効果を生み出すため、モデルからも注目されるダイエット法となっています。

  • お通じの問題を改善できる
  • 太もも痩せを実現できる

痩せるという行為は、激しい運動を行うことによっても実現可能です。ですが、これは体力がある人であれば達成可能というだけで、体力に難がある人では、途中で挫折してしまうことのほうが多いでしょう。

筋肉に良い食生活の場合、たんぱく質を積極的に摂取する、1日3食を心がけるなど取り立てて大変な要素はありません。ですが、しっかりとたんぱく質を摂取していると、ちょっとした運動だけでも筋肉が付きやすくなりますし、なによりセルライト除去につながるのです。

・セルライト

脂肪、老廃物が溜まってくると、これらは1つの塊となるのですが、こちらをセルライトと言います。

皮膚表面に存在する小さなデコボコもセルライトなのですが、長い時間をかけて溜まるという性質があるため、ちょっとした運動だけではセルライト除去につながりません。

セルライト除去で重要なのは、体温を高めること、そして脂肪燃焼効果がある栄養成分を摂取することです。これらの条件を満たすものこそ運動、そしてたんぱく質の摂取なのです。

たんぱく質は以下のような食材に多く含まれていますので、これからセルライト除去で痩せを実現したい方は、これらの食材を良く食べるようにしましょう。

  • 赤身肉
  • 青魚(イワシ、アジ、サバなど)

むくみが原因!?太もも痩せが難しくなってしまう人の特徴

美容の敵として扱われることが多いものに、むくみがあります。冷え性を患っている人ほどむくみになりやすいとされていますが、冷え性は以下のような生活習慣で発生しやすいため、太もも痩せを実現したい場合は、以下のことに注意して生活するようにしましょう。
  • 食事の回数、量が不安定
  • 入浴時間が短い
  • 睡眠時間が短い

冷え性によりむくみになってしまう人のほとんどは、体温が不安定であったりします。体温が不安定になる諸原因は、ホルモンバランスの乱れと言われているのですが、この影響は男性よりも女性のほうが強いとされています。

特に注意しないといけないのは食事です。食事の回数、量が不安定な場合、体力が少しずつですが衰えるようになっていきますので、このようなことにも注意しましょう。

体力が衰える程度であれば運動をすれば良いと考える人もいますが、体力が衰える段階で筋肉量が下がりやすくなります。というのも、体内に不足している栄養があった場合、筋肉が分解されることで栄養が補填される仕組みになっているからです。

筋肉が分解されると筋肉量が下がります。筋肉量が下がってしまうと、体温の維持が難しくなります。

体温の維持が難しくなると、内臓の働きが弱まってしまいますので、体力、気力を充実させることができません。すると、体調の問題を抱えることが増えていくため、次第に病気になりやすくなったり、運動そのものを避けるようになってしまうのです。

また、むくみの正体は冷え性による血行不良であり、長きにわたって老廃物、リンパ液が溜まりやすくなっている問題とされています。そのため、血流改善を目的とした入浴、睡眠が大事になってきますので、お風呂は10分以上浸かるようにする、睡眠時間は7時間以上取るようにすることを基本として、体力の回復を図ったほうが良いでしょう。

理想的な太ももの太さ!数値を知っていると太ももの見え方が変わる

太ももの太さについてですが、理想的なサイズは身長(cm)x0.3と言われています。

そのため、すでにこの条件を満たしている人は、あまり太もも痩せにこだわらないほうが良いでしょう。というのも、こだわり過ぎてしまうと体の不調が発生しやすくなるからです。

  • 過度な食事制限
  • うつなどの精神障害

痩せたいという気持ちが邪魔をして、正確な情報を受け容れられなくなることもあります。また、そのような生活を送っていると、上記のようなトラブルばかりが目立つようになっていきますので注意してください。

今までダイエットに成功したことが無い人ほど、急速に痩せると周りから痩せたことを褒められる、認められることが増えていくため、過度な食事制限の影響で栄養失調症を患ったり、些細なダイエット失敗を気にしすぎて、うつ症状が目立つようになるケースもあります。

また、このような生活を繰り返していると、痩せるどころかリバウンドしやすくなることもありますので、太もも痩せ以外のダイエットでも中止すべきです。

  • どか食いが多くなる
  • ダイエットで自信喪失する

過度な食事制限によるダイエットを行っていると、その反動から食事によるストレス発散が目立つようになります。人によっては、何度もどか食いをしてしまいリバウンドする人もいますし、この状態になると多くの脂肪を溜め込んでいる体になるため、簡単に痩せられなくなってしまうのです。

しかも、ダイエットで成功することができないという思いが強まり、ダイエットそのものが嫌になる女性もいます。過度な食事制限ダイエットのほとんどは、水分摂取量が減っているので体重が落ちるだけです。

なので、ファスティングダイエットのようなダイエット法で無い限りは、気軽に始めないほうが安全でしょう。

自転車こぎで痩せる!太ももに効果的な運動方法

走って痩せるよりも、自転車をこいで痩せたほうが太もも痩せに効果的です。

その理由ですが、自転車をこいでダイエットを行っていると、以下のような健康効果を得られるからです。

  • 部分痩せが可能になる
  • 血流量が上がる

ロードレーサーなど、ロードバイクを使用して体を動かしている男女は、男女に関係なくスリムボディを維持できています。これはプロボクサーのように、体のすみずみを動かして痩せているからです。

人間の体は、上半身、下半身ともにそれほど動かす機会がありません。しかし、ロードバイクなどの自転車をこいでいる状態では、体がキレイに前屈みになっているため、しっかりと上半身を伸ばしながら運動できているのです。

また、足に対して重点的に負荷を発生させているので、疲れるのは足ばかりという理想的な状態を引き出せます。

人間だけでなく生物の足は腕に比べて太く、それゆえにタフネスもあるという作りになっています。脂肪が付きやすい部位でもあるので、可能であれば負荷を与え続けたほうが良いのですが、自転車こぎ以外の運動方法では、体のすみずみに対して強い負荷をかけるだけになってしまいます。

ランニングの場合は心肺機能に対する負荷が強く、水泳の場合は泳法を正確に学ばないとダイエット効果が上がりません。しかし自転車こぎの場合は、ハンドル、サドル位置を固定にしてこぐだけでダイエット効果を得られるのです。

足に対して強い負荷を与え続けると、足が段々と引き締まっていく効果も得られます。すると血流量が上がりやすくなり、それゆえに基礎代謝量も上がりやすくなっていくのです。

運動不足を解消!太もも痩せ、デトックスに効果的な縄跳び

誰にでも簡単に始められる運動で、且つ太もも痩せに良い運動の中には、縄跳びのような誰でも知っている運動法もあります。

縄跳びには以下のような健康効果がありますので、近年ではダイエットで見直されることが増えた運動法でもあります。

  • 手、腰、足をバランス良く使う
  • スキルに応じた縄跳びがある

セルライト除去と同じで、人の体には燃えにくい脂肪、もしくは脂肪や老廃物の塊がありますので、効率良く脂肪燃焼を進められるようになると、体重だけでなく、太もも痩せも実現しやすくなります。縄跳びの場合は、ジャンプをするという動作が混じっているため、今では高く評価されるようになってきました。

ジャンプの動作は足腰に対して強い負荷をかけます。しかも、縄跳びは縄を急速に振り回さないとスキルが上がりません。

リズム良くジャンプを繰り返すという仕組みになっているため、いつの間にか長時間のジャンプを繰り返していることも多いため、理想的なダイエット法と言われることが増えてきたのです。縄跳びの良いところですが、手を同方向に対して動かすばかりではないところが、他の運動法より優れているところでしょう。

人間の体は、刺激を受けると筋肉が活発に動くという癖があります。そのため、あらゆる方向から筋肉を刺激できる縄跳びは、軽い運動であっても体に良い効果を与えてくれるのです。

セルライト除去に効果的!簡単にできる太ももマッサージ

セルライト除去に良い太ももマッサージですが、以下のような簡単な手順のみで行なえます。

  • 足の裏からくるぶし、ふくらはぎの順序で強めに押し上げる
  • 下から上へリンパ液を流すというイメージで押す
  • 膝の裏も同じように押し上げる
  • 膝の裏には老廃物が溜まりやすいため、強めに押すのがコツ
  • 押している時に痛みを感じる部分は、老廃物が多く溜まっている
  • 足、太もも、足の付け根は強めに押したほうが効果的となる

セルライト除去のマッサージは、リンパマッサージと言われているものと同内容のマッサージです。

上記の手順ではわかりづらいという場合は、動画サイトに投稿されているマッサージの動画を参考にする、もしくは、マッサージについて書かれている書籍を参考にすると良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.