指を細く長くする方法を教えて!スラっとした指の作り方や演出法

女性なら特に、指までも綺麗でありたいものだと思います。細くてシュッと長い指は憧れる方も多いことでしょう。では、そんな綺麗な指はどうやって手に入れられるのでしょうか。

そこで今回は、指を細く長くする方法についてご紹介いたします。綺麗な指になりたいという方は、ぜひご覧になっていただき参考にしていただければ幸いです。

なぜ?指が太くなってしまう原因について究明しよう

まずは、なぜ指が太くなってしまうのかについて究明したいと思います。原因を知ってから細く長くする方法について理解しましょう。

指を鳴らすと太くなってしまうから注意!

あなたは「指を鳴らすと太くなる」という話を聞いたことがないでしょうか。いわゆる「指パッチン」です。ただこれは、迷信でも噂に過ぎないわけでもなく、あり得ることとされています。

指を鳴らすと太くなってしまう理由は、指を鳴らすと関節の中の組織が壊されてしまっている可能性があるからです。

壊された組織は身体の作用により修復されるものの、その修復の際にまた壊される時のために強い関節にしようとして、以前に増して強い関節を作ろうとします。屈強な組織を作るのは良いことではありますが、この点が指を太くしているということです。

知らずに指の筋肉を鍛えてしまっているのも原因になる!

職人の方などで指先に力を入れて作業をされる方など、指先を頻繁に使うというケースでも指が太くなることが考えられます。

それは、指先の筋肉が発達するというのが理由です。それに仕事上でなくても、普段の中でいつの間にか指の筋肉を鍛えているパターンがあります。重い荷物を持つことが多い方や園芸もしくは編み物を時間を忘れるほどにするという方、またはキーボードを割と強く叩く方なども筋肉を鍛えてしまっているかもしれません。

なので、手が疲れるくらいに力を入れないように気を付けてリラックスして作業をされるのが得策でしょう。

これをやってみよう!指を細く長くできる方法について

さてここで、指を細くて長くできる方法について探っていきましょう。どういった方法があるのでしょうか。

マッサージをしよう!これで関節もスッキリさせられる

まず片方の手を使い指を全体的にぎゅっと握ります。そして指先まですっと引き抜きましょう。この動作を全ての指について行うのです。その次にはツイストの動きを行います。付け根より指先まで、粘土を細く伸ばすようにグルグルとツイストさせながらスライドさせましょう。

これについても、5本の指の全てに対して行います。右手と左手を交代させて、2つの動作を繰り返すのです。これらは、指そのものは細いのに関節のみ太いという方に特に適しています。

半身浴中やお風呂上り、サウナ中は血行が良くなっていますので、そういったタイミングで行うとより効果がアップするでしょう。

ストレッチをして指のむくみを解消させよう!

指を全体的にむくみの解消をするとしたら、血行促進が大事ですし老廃物を排出しやすい環境にする必要があります。それにはストレッチをするのも一案です。まず背筋を伸ばして椅子に座るのです。

それから両手を心臓よりも上の高さに上げます。そして手を握って開くグーパーの動きを10回ほど行うのです。開く際にはできるだけ指を広くしっかりと伸ばすようにして、握る際にはさっと戻すのがポイントになります。

続いて、手首を前後に動かしたなら(手招きするように)ゆっくりと腕を下ろしましょう。デスクワークの方などは、心臓よりも低い位置での作業が多くなりがちですので、指がむくむことも多くなります。

作業の空いている時間にでも、血流を促して疲れを排出してあげましょう。

むくみを解消させるストレッチの後でマッサージをするのも効果的です。

実践してみて!これも指を綺麗に見せる手段

指を綺麗に見せる方法は他にも色々あります。ここではその点についてもご紹介したいと思います。

爪をスクエアオフにするのも1つの方法!

指先を長く見せるなら、スクエアオフという爪の形も適しています。

これは四角の直角を削って丸くさせた形です。この形にするには、最初に爪の先端部分に爪やすりを一定の方向に動かして、爪先を直線にしましょう。綺麗に真っ直ぐに削れたなら、爪の角に関して外側から中央に向けてやすりを滑らせます。

そうすると滑らかになると考えられるのです。ただ、角が丸くなってしまうまで削りすぎないというのが重要になります。もしあまり爪を長く伸ばしたくないなら、ネイルをする際にフレンチネイルにするのも手段です。

手にもローションパックをすると指が綺麗になる!

手をローションパックするという手段もあります。このパックは市販もされていますが、手作りすることも可能です。まず手の甲にティッシュをのせ、化粧水および乳液をヒタヒタになるまでたっぷりとかけましょう。

手をビニール袋に入れて、そのまま10分ほど置いておきます。普通の美容液や化粧水で問題ありません。いっぱい使ってパックをするのがポイントなのです。

フェイスパックをするように手もパックをしてあげると、艶が出て指先に至るまで綺麗になると考えられます。

ハンドクリームで保湿をしてささくれなどもケア!

乾燥や冷えのせいで指先にささくれができることがあるものです。しかし、ささくれというのは乾燥対策をすれば防止できるのをご存知でしょうか。指先まで気を抜かずに綺麗に保つには、手を保湿することが鉄則になります。

パック以外なら、ハンドクリームを用いることで保湿できるのです。もしささくれができてしまったなら、無理してめくろうとするのはNGとなります。また放置することもいけませんので、根本からカットして処理をするのがおすすめです。

ハンドクリームを手に取り、手の甲や手の平、指の間そして指先、爪の上、爪の周辺などにしっかりと塗り込みましょう。水仕事をした後や帰宅後の手洗いをしてからなど、割と頻繁に塗るようにすると保湿効果が高くなります。

指先まできちんと保湿をすると、シワが少ない艶のある綺麗な指になれる可能性があるのです。

指を細く長く見せる方法を知り綺麗な指を目指そう!

指は鳴らすと太くなりますし、仕事や日常の中で指の筋肉を鍛えてしまっていることにより、太くなる可能性があります。指を細く長くしたいなら、マッサージをすることやストレッチをして指のむくみを解消するという方法もあるのです。

また、爪の形をスクエアオフにすると手が綺麗に見え、手をパックすることやハンドクリームを塗って保湿をすることでも、手を綺麗に保つことが可能です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.