足縛りダイエットでスレンダー美人を目指す!一日5分のトレーニング

ダイエットにも様々な方法がありますし、あらゆるダイエット法に挑戦をしたという方も少なくないと思われます。しかし、合う合わないもありますし,
続けられない、効果が出ないということで挫折をしてしまったというケースもあるのではないでしょうか。

そこで今回は、足を縛るという方法についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしていただければ幸いです。

期待できることとは?足縛りダイエットで得られる効果について

最初に、足縛りダイエットが何なのかやどういった効果が得られるのかについて迫ってみましょう。

まずはこれ!足縛りダイエットがどういったものなのかを知ろう

足を紐で縛るダイエットは、股関節を調節する方法である『礒谷式力学療法』が元になっています。

下半身に加えて色々な健康効果も期待できますし、足縛りダイエットのついての本も販売されているほどです。さて、無意識に足が開いてしまうという女性の方などがいるかもしれません。

それは、太ももの筋肉が少ないか、もしくは筋力が落ちていて、体の均衡を司っている骨盤が歪んでいるというのが理由になります。足縛りダイエットは、この骨盤の歪みから来る足のむくみを改善するというものなのです。

血流が良くなるから代謝がアップして下半身痩せできる!

日常生活において、片方に体重をかけて立つことや足を開き長い時間座ること、足を組むことなどで股関節がズレてしまいます。そうなると下半身の血流が悪くなりますし、内臓の機能を低下させたり全身が冷えてしまうことがあるのです。

それに、血流やリンパの流れが悪くなった部分は代謝が落ちてしまい、水分および老廃物も溜まりやすくなりますので、下半身太りも引き起こしかねません。膝の上を縛るだけでも、股関節のズレも調節されますし、その結果血流も良くなり冷えが解消されると代謝も上がり下半身痩せが望めるのです。

ここ注目!美脚効果が期待できる点も見逃せない

足縛りダイエットでは良質な筋肉も蓄えられますが、そうすれば凹ませたい部分はきちんと絞れますし、出るべき部分もしっかりと出せるというメリハリの効いたボディが実現できます。

特に、美脚効果は効果が高くて足に溜まっていた老廃物の排出が効率的であり、筋力も適度につくためにスラリと真っ直ぐな足が維持できるでしょう。

その中でも、足首の周辺や太ももの内側を引き締める効果が期待できるのです。

実際どうやるの?足縛りダイエットの方法を習得しよう

ここでは、足縛りダイエットは実際にはどうやるのが適切なのかを初歩から段階を追って見ていきたいと思います。

はじめのうちは1日5分ほどが適している!

足縛りダイエットを初めて行う方なら、基本の姿勢を習得するのが大事です。

ポイントは、1日5分程度を目安として無理をしないことであり、紐か使い古したベルトを用意します。

まず正しい姿勢を心がけて椅子に座りましょう。きちんと膝と膝そしてかかとをくっつけたなら、膝のやや上部分紐かベルトで固定します。この際には、肌に跡が残るほどにきつく結ぶのはいけません。足が左右に開かない程度の強度で締めるのがカギです。

5分間やってみて慣れてきたら10分、20分と進めていきます。

慣れてきたなら左右の親指も固定してみよう!

足縛りに慣れてきましたら、太ももに限らず足の左右の親指も固定するのです。

するなら、ヘアゴムなどといった簡易的に固定できるものが適しています。太ももと親指を固定したら、普段通りにデスクワークなどをこなすのみです。効果をより上げるなら、たまにつま先を上げたり下げたりする運動を取り入れましょう。

これは、血行不良やむくみを改善できますし、筋力のアップにも大変に適しています。それに、太ももの内転筋の向上にも役立つのです。

さらに慣れたら寝ている間も縛るようにしよう!

足を縛られている点が違和感なくなってきたら、寝ている間も足を縛るようにしてみるのが手段となっています。

とは言え、寝ている間に足を縛るとしたら最初のうちは左右の親指を結ぶのみにしてください。この際には強く結んでもいけませんし、寝返りをうてなくなり睡眠に影響がでかねないため、もしもの時にはゴムが切れるくらいの強さの力によって縛るのがポイントです。

慣れてきたなら太ももも縛るのも加えてみるというのも1つの方法となっています。1か月も継続していくと、自然と足を揃えて座るのが長時間でも自然にできるようになるのです。

やるならここも抑えよう!足を縛るダイエットの注意点やポイントとは

足縛りダイエットをするなら、やり方のコツや注意点などについても知っておく必要があります。

5分やるだけでも効果あり!それでも毎日続けていこう

足縛りダイエットは、ウエストがマイナス6センチというのも夢ではありません。それでも、骨盤を締めていきウエストを細くしていくというものですので、脂肪が燃焼できるというものではないのです。

それに、5分よりも長く行えばより効果は期待できるのではないかと思われるかもしれませんが、5分するだけでもハードな面があり次の日には筋肉痛になるという方もいます。それにより、足縛りダイエットをするなら5分程度が適しているということです。

もし中断してしまったりすると、日常の中で再び骨盤は緩んでしまいますので、日々続けるようにするのが大事になります。

縛る強度や位置次第では跡がついてしまう!

足縛りダイエットでは、足がむくんだということや足に跡ができてしまったという失敗談が少なからず聞かれるものです。なぜそうなるかと言うと、それは縛る際の強度と位置が関係しています。

足縛りダイエットというのは、太ももの筋肉を強化することと骨盤の矯正が一番の目的です。足を縛らなくても閉じるというのが自然になれば、このダイエットは成し得たと考えられます。

よって、特段に強く縛らなくても良いのです。反対に力が強ければ血流が悪くなってしまうのです。

効果や方法などを把握して上手に足縛りダイエットを成功させよう!

足縛りダイエットをすると、血流が良くなり代謝がアップするために下半身痩せが目指せます。それに、メリハリのある美脚も期待できるでしょう。方法は、1日5分ほど膝から少し上を太めの紐かベルトで固定するのがポイントです。

慣れてきたら左右の親指同士も固定するようにします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.