早起きがダイエット成功の鍵!生活改善のススメ

昔から、早起きをすると得をすると言われる事が多いですよね。

それだけ活動している時間が長くなるのですから、得するチャンスは増えると言えるでしょう。

早起きはダイエット中の人にも得をすることが多いんです。

何故、早起きをするとダイエットに繋がりやすくなるのか…正直、ピンとこない人も多いと思います。

ダイエットは過酷な食事制限や、運動で痩せることができると思っている人もたくさんいると思います。それも間違いではないのですが、もうちょっと自然に無理なく痩せる事ができれば嬉しいと思いませんか。

早起きと無理のないダイエット、実は繋がっているんですよ。その辺りについて、説明したいと思います。

早起きするとお腹が減る!朝食を食べる事で過食を減らせる

朝食を抜いている人、とてもたくさんいると思います。朝はできるだけギリギリまで寝ていたいという人も少なくありません。

夜遅くまで仕事をしていたり夜更かしをすると、どうしても朝起きるのが辛くなってしまうんですよね。

そうなるとどうしても朝ごはんを食べる時間がなくなってしまいますし、ましてや、起きて間もない時間の間にお腹が減るという現象も起きる訳がありません。

しかしダイエットをしている人こそ、実は朝食がとても大事な役割を果たすということを覚えておかなくてはなりません。

朝食を食べないと、1日の総カロリー数は減るかもしれません。しかし人間の体はよくできていて、朝食を抜いた分、必ず昼食や夕食で取り返そうとするんです。

つまり朝食を抜くと、必然的に昼食や夕食の量が増えてしまうんですよね。

朝食を食べなかった分、ドカ食いにつながる可能性が非常に高くなるんです。

しかし朝食をしっかりと食べると昼食までの時間、腹持ちが良くなり昼食のドカ食いを防ぐことができるようになります。

因みにドカ食いをしたくなるということはそれだけ体が飢餓状態に近くなっているということになりますので、食べた栄養はそのまま体の中に取り込みやすくなり、肥満に繋がりやすくなると言われています。

言い換えれば胃の中が完全に空っぽの状態で食事をするよりも、食べたもので胃の中が多少塞がっている状態で食事をする方が過食抑制につながるということになります。

そうなるとトータル的な1日の摂取カロリーは意外と多くなく、ヘタをすると朝食を抜いた時の総カロリーの方がドカ食いをしてしまう分、増える可能性が高いんです。

早起きをすると必ず朝食を食べたいという気持ちになりますし、食べなくては昼まで持ちません。

過食を防ぐためにもできるだけ早起きをして、朝食を食べるようにしてみてください。

早起きは体を動かす時間が長くなる!その分、エネルギー消費量も多め

早起きをするとそれだけ活動する時間が長くなるのですから、エネルギーの消費量が多くなりますよね。

そうなると必然的に痩せやすい体を作ることができるようになります。

どうしてもギリギリまで寝ていると、その分、代謝が活発になりません。

しかし朝からアクティブに動こうとするとその分、体の中のエネルギーはたくさん使われることになります。使った分は、当然減ることになりますのでその分、痩せやすくなるのは確実です。

ダイエットを目指している方でできるだけ効率よく痩せたいと思う場合は、たくさんのエネルギーを消費するためにも、早起きすることをおすすめしたいと思います。

早起き体のリズムを取り戻せ!体内時計が正しくなり溜め込まない!

早起きをするとダイエットに効果的であるという理由は、他にもまだあります。

早起きをすることで、人間は本来持っている体内時計が正常に働くようになるんです。

どういうことかと言うと、人間は朝起きて、昼活動して、そして夜はしっかり眠る…これが本来持っているサイクルなんです。

このサイクルに則って生活をすると、毎日規則正しい時間の中で生活できるようになります。

そうなると体の中は一定のリズムが出来、消化活動がスムーズとなり、それと同時に腸の働きもスムーズで正常に自然と整っていくんです。

そうなるとどうなるのか…腸の働きが正常になることで、毎日同じ時間にスムーズなお通じがあり、それによって常に腸内が綺麗な状態を保つことができ、いわゆる便秘から開放される可能性が非常に高くなるんです。

例えば、便秘気味の方はどうしても下腹が出てズボンやスカートが入りにくい…なんてこともよくありますよね。

しかし、毎日スムーズなお通じがあるとウエスト周りのサイズが極端に大きくなることはありませんので、どんなボトムでもスムーズに履くことが可能になります。

またしっかりといらないものを外に排出することができますので体のむくみなどが気にならなくなり、その分、体重も減少することになります。

腸の動きがスムーズでなく便秘気味である、頑固な便秘状態までとはいかないけれども、毎日規則正しく出ることはない…などという方は是非、早起きをして早く寝るという正しいサイクルを身につけるようにしてみてください。

ただしこのやり方は一つルールがあって、土曜日日曜日祝日など会社が休みになっても必ず早起きすることが条件となります。

早く起きることが当たり前になって体が慣れてきたら、夜は必ず早く眠くなりますので次の朝、早く起床しても疲れは全くないはずです。

早寝早起きをして溜め込まない体を作る…これもダイエットをするにあたって非常に大切なことと言えます。

ポイント!早起きは成長ホルモンの分泌を促進する事に繋がりやすい!

さて、成長ホルモンという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

成長ホルモンは、実はダイエットにとても必要なホルモンなんです。

実はこのホルモン、早起きをすることで分泌が盛んになる可能性が高くなるんです。どういう事なのか、少し詳しく説明しましょう。

実は成長ホルモンは体の中で傷ついているものや疲労しているもの、以前とは明らかに違う悪い部分、そういった体の中の不具合を正常に戻す作用があるんです。

例えば怪我をしたり疲労困憊の状態が続いていたとしたら、しっかりと睡眠をとることで疲労回復につながったり、怪我が早く治りやすかったりします。

そして人間には適正の体重というものがあるのですが、それを大幅に超えた状態になってしまった場合は、痩せやすい体に持っていく作用があるんです。

ですので、成長ホルモンがしっかりと分泌される方は昔から痩せ体質になりやすいと言われています。

ただこの成長ホルモン、実は睡眠中にしっかりと分泌されるホルモンですので、いつまでも遅い時間まで起きているとなかなか分泌されないという特性を持っています。

成長ホルモンは夜の10時から、夜中の2時までのこの4時間の間に最も分泌が盛んになると言われています。

しかし、この時間帯にしっかりと眠っていないと残念ながら成長ホルモンの分泌は期待することができないんです。

ということは…夜の10時の就寝はさすがに難しいかもしれませんが、せめて11時には布団に入っている状態が望ましいということになります。

痩せたい人は午前様の生活を見直すべし!

成長ホルモンの分泌を促進したいと思っている方は、午前0時を跨るような生活を送っていては期待できません。

そして夜の11時までにしっかりと眠りにつくようなリズムが体の中で整えば、当然、朝早くに無理なく自然に目を覚ますことができるようになります。

早く寝ることで早起きにつながり、そしてそれがまた早く眠る事に繋がる…良い生活サイクルが続く状態に持っていくと真夜中の成長ホルモンの分泌も非常に期待することができるでしょう。

最近どんなダイエット方法を試してもなかなか痩せることができないと悩んでいる方は是非、早起きをしてみてください。

その結果、早く眠くなり、自然と成長ホルモンの分泌が期待できるようになりますよ。

結論!早起きすればダイエット成功に期待出来る!

いかがでしたか。

早起きするとどうしてダイエットが成功しやすいのか、ご理解いただけたのではないかと思います。

もちろん、早起きをしてやたらと暴飲暴食をしたり、バランスが偏った食事を続けているとそれはそれでダイエットは成功しない可能性が高くなります。

暴飲暴食はいけませんが、早寝早起きをしてきちんとした生活サイクルを送ることで、極端な食事制限をしなくても自然と痩せる体質になる可能性は十分にあると言えるでしょう。

太り気味で悩んでいる方は今一度自分の生活を見直して、不規則だなと感じたら、是非、早起きする習慣を身に付けてほしいと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.