うどんだってダイエットの味方にできる!食べる時間やおすすめ調理法

ダイエット方法は世の中色々あるのですが、最近では糖質制限ダイエットが流行っていて実践している人も多いと思います。

そんな中、その糖質制限ダイエットを覆すようなダイエット方法が出てきました。

その名もうどんダイエットというのですが…うどんを食べることでダイエットをしようという画期的な方法になります。

しかし、うどんといえば糖質が非常に多い食品だということで知れ渡っているはずですよね。糖質制限を行っている方は御法度の食材となっている筈です。

果たして本当のにうどんでダイエットは可能なのか…気になるところですよね。

その辺りについて調べてありますので、うどん好きな方は是非、参考にしてほしいと思います。

うどんはダイエットに向いてるの?向いてないの?結局どっち?

ここ最近は糖質制限ダイエットというものが流行っていますが、基本的にうどんは糖質制限から見ると、あまり食べてはいけないという食品に入っています。

うどんも炭水化物になりますので、糖質制限ダイエットをしている人にとっては基本的にNGなんです。

しかしインターネットを見てみると、うどんダイエットなるものも登場していて、うどんはさほど糖質は高くない、カロリーもそんなに高くないなどと言う書き込みを見ることがあります。

結局のところうどんはダイエットに向いているのか向いていないのか、糖質は高いのか低いのか分からなくなっている人も多いのではないでしょうか。

白米やパンに比べるとカロリーは低め、糖質も白米やパンよりかは少ない…でもやっぱり小麦原料で糖質自体が少ない食品とは言えず、結果的にダイエットに向いている食材とは言えないでしょう。

白米やパンに比べれば糖質はやや少ないというだけであって、食べ物全体で見たらやはり糖質はかなり多い食材になります。

消化が早すぎて腹持ちが悪い…

さて、糖質制限のダイエット方法から見るとうどんは糖質が多く、できれば避けたい食材ではあるのですが、もう一つ、うどんがダイエットに向いていない理由があります。

それは非常に消化が早く、お腹が空くのにさほど時間がかからないということが挙げられます。つまりは腹持ちが悪い食べ物でもあるんです。

ダイエット期間中はできるだけ長い時間、お腹が少ない方がダイエットには向いていますよね。

お腹がすくと集中力が切れますし、イライラして結局その現象が、ダイエットのモチベーションを下げることに繋がるわけです。

うどんはつるつるとして喉越しが良く胃の中に入っていき、あまり満腹感を得られないまま食べ終わり、おまけに消化が早く、空腹まで間持ちがしないということになると、ダイエットに利用することはできるだけ避けた方が無難でしょう。

ダイエットの期間中はお腹の中に溜まっている時間が長く、一度食べたらさほど食欲が湧かない食べ物をチョイスした方が成功につながりやすいですし、短期間で結果が出しやすくなります。

うどんは日本人にとって馴染みが深く大好きな人も多いと思いますが、できるだけダイエット期間は我慢するようにしましょう。

カロリー減のうどん有り!大好きな人はそちらもチョイス!

ダイエット中にうどんは避けた方が良いとわかってはいるものの…大好物であれば、ダイエット期間中ずっとうどんを避け続けるのは正直フラストレーションが溜まりますし、イライラも最高潮に達してしまうかもしれません。

あまりにもストイックな方法でダイエットを続けても、結果、挫折してしまい最終的には目標体重に行かない状態のままで終わってしまうなんてことはよくありますよね。

やはり時には自分の大好きなものをダイエット期間中に食べて、ストレスを軽減することも大切です。

頑張っている自分にご褒美をあげるような感じで、大好物を少し口にするだけでかなりストレスは軽減されるはずです。

どうしてもうどんが食べたくなった場合はカロリーがかなり少ないうどんも発売されていますので、少しの間そういうのもダイエット計画に取り入れると楽しくダイエットを行うことができるかもしれません。

近くのスーパーにカロリーオフのおうどんがないという場合はインターネットなどで検索して購入してみるのも良いでしょう。

どうしても食べたくなってイライラしてしまう方はそのような食品をうまく取り入れて、うまくダイエット期間を乗り超えてくださいね。

うどんが食べたい!ならば讃岐うどんをチョイス!

糖質は多めだけれども、うどんをやっぱり食べたいという方は讃岐うどんをチョイスするというのも一つの方法です。

正直、讃岐うどんも糖質制限には向いていません。

しかし讃岐うどんは非常に噛み応えがあります。

噛み応えがあるということはしっかりと噛んで飲み込まなければ食べにくいというところに、ダイエットする時の利点があります。

讃岐うどんはなんといってもコシの強さが特徴です。

コシが強いうどんは消化速度が遅く、分解や吸収にもかなりの時間がかかるため、急激な血糖値の急上昇を抑える事が出来るという利点があります。

そして良く噛むと満腹感が得られやすくなりますので、少量でもお腹いっぱいと感じることが出来やすくなります。

ただ、糖質制限という点から見ると讃岐うどんもさほどダイエットには向いてはいないのですが、ただ噛み応えがあり、うどん自体が堅く消化吸収が遅いのであれば、このような本格的なうどんもたまに利用する事でダイエットのストレスはかなり減ると思います。

減量中でも本格的なうどんを食べたいと思った方は是非、讃岐うどんをチョイスするようにしてみてくださいね。

もう一つ!ダイエット中なら、玄米うどんという選択もあり!

うどん自体は糖質が多く、しょっちゅう食べているとなかなかダイエットすることができない場合が多いのですが、うどんをどうしても止められないという方は讃岐うどんを使ったり、カロリーの低いうどんをダイエット食として利用したりする方法があると明記しました。

そして実はもう一つ、玄米うどんを使うのもダイエットには有効かもしれません。

玄米うどんの中には胚芽が含まれています。

うどん自体のカロリーが高くても、玄米うどんに含まれるミネラルや食物繊維、ビタミンが体内で作用する為、比較的、血糖値が上がりにくくなります。

これもダイエットを目指している方には嬉しいですよ。

ただ、玄米うどんも近くのスーパーなどに置いていないという方がおられるかもしれません。

インターネットで検索すると玄米うどんもたくさんヒットしますので、是非、購入してダイエットに役立ててほしいと思います。

食物繊維がたっぷり取れるのはダイエットにはとても有効ですし、体重を減らすのになくてはならない成分です。

その食物繊維がしっかりと取れる玄米うどん、うどん好きの方は注目してみてはいかがでしょうか。

腹持ちも良い!うどんを食べる前にたっぷりの野菜を食べる事推奨!

うどんの糖質が気になる方は、食べる前にたっぷりの野菜を食べることをお勧めしたいと思います。

食物繊維たっぷりのサラダなどをうどんより先にたっぷり食べることで糖質の吸収を遅らせることができますから、ダイエットには非常に効果的ですよ。

また便秘解消にもつながりますので、ダイエットをする人にとっては食物繊維は非常に大切なものとなります。

うどんを食べる前にサラダを食べることでダイエット効果も高まり、新鮮なビタミンも摂取する事が出来て、便秘も解消されますのでまさに一石二鳥なんです。

うどんに限らず、糖質の多い食べ物を食べる前は積極的に食物繊維を摂るようにしてください。

それを心がけるだけでもダイエット効果はかなり高まるはずですよ。

まとめ!うどん食べたい時はせめて100グラム以内に抑えるべし

さて、最後にうどんを食べる時の注意点です。

ダイエット中うどんをどうしても食べたくなった場合はせめて100グラム以内に抑えるようにしましょう。

うどん好きの方にしてみれば100グラムは少なくて満足しない可能性がありますが、糖質が多い分、それぐらいの量にしておかないとダイエット効果が期待できない可能性があります。

それにプラスして、できるだけいつも食べているうどんを玄米うどんに変えたり、讃岐うどんにしてみたり、食べる前は食物繊維がたっぷりのサラダを食べるなど工夫することも必要です。

糖質の多い食べ物は非常に美味しく、なかなか止めることができないのですが、せめて工夫をすることでダイエット効果を期待することができますので、どうしてもうどんを止められない方は上記のような工夫をして、ダイエット期間をやり過ごすようにしてください。

食べ過ぎはいけませんが、いろいろと工夫を盛り込むことでうどんも少しならばダイエット中に食べることだって可能です。

うどん好きな方は是非、試してみてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.