水中ウォーキングダイエットは効果抜群!スリムな脚を目指そう!

水泳はダイエットに効果があると、多くの方が認知されていると思います。陸よりも消費カロリーが上がり、効果的に痩せられるとして挑戦したいとお考えではないでしょうか。

しかし、いきなり泳ぐのは負担がかかりがちです。そこで有効なのが、水中ウォーキングです。

比較的負担が少なく、長時間続けやすいです。今回は、水中ウォーキングの効果と正しいやり方について説明していきます。

陸より効果あり?水中ウォーキングの効果

水中は、水の抵抗があるため地上で行う運動全てに負担がかかります。

その性質を資料し、ダイエットに活かすことも可能なのです。ただ歩くだけでも、消費カロリーを大幅に上げることができ、ダイエットに活用することもできます。

ウォーキングは、地上で行うと膝に負担がかかり長時間続けるのが難しい場合があります。

しかし、水中で行うことで負担も少なくなり、効果的に脂肪を燃やすことにつながるはずです。

比較的簡単に行うことができ、高齢者の方や、ダイエット初心者の方全般におすすめできる方法と言えます。

また、水着を着ることで常に自分の体と向き合い、理想的な体型をイメージしやすいというメリットもあります。痩せたいという決意を忘れず、自分が描いている理想に近づきやすくなるのではないでしょうか。

正しくやることが大事!水中ウォーキングのやり方

なにも意識せず、ただ歩くだけでも効果を発揮するのが水中ウォーキングのメリットです。

しかし、効果を最大限に発揮するためには少しコツがあります。

水中ウォーキングの効果を高めるためには、しっかり姿勢を正し、色んな筋肉を意識することが大事です。体をやや前に傾けると、腰の負担がかるくなり長時間継続しやすくなると言われています。

また、歩幅を変えることで腰回りの筋肉の使い方も変わり、効く部位も変わる可能性があるのです。

部分痩せを狙っているときは、どの部位の筋肉を効果的に使用するかを意識することが重要になります。そうすれば、全体的な脂肪燃焼に加え、部分痩せ効果も発揮するはずです。

ただし、あまり強調しすぎると負担が強くかかってしまうおそれがあるため注意が必要になります。

高い?低い?水中ウォーキングの消費カロリー

水中ウォーキングは、陸上のウォーキングに比べ消費カロリーが高いと言われているのです。

ここでは、具体的にどのくらい効果が高いのかを、数字で見ていきます。

1時間水中ウォーキングを行った場合、約300キロカロリー消費すると言われています。

陸上ウォーキングの倍ぐらいの効果が望める場合もあり、いかに効果的かが理解できるのではないでしょうか。

ただし、やり方や年齢、体重などで様々に変動することもあるため、あくまで目安として認識しておくことが大切です。

ペースによっても変化が出る可能性がありますが、あまり過度に行うのはおすすめできません。水中では、気づかないうちに体力を消費しているおそれがあり大きな負担がかかることが想定できます。

過度に行うのではなく、最適な頻度を見極めて健康に配慮するのがいいでしょう。

財布が痛い!水中ウォーキングの経済的な問題

効果が高い水中ウォーキングですが、自宅で手軽に行うのは難しいです。

毎回施設に行く必要があり、その度に費用がかかることが予想されます。

経済的な観点から見ると、あまり頻繁に行えるダイエットとは言えないデメリットがあるのではないでしょうか。

もし遠方に施設がある場合は、交通費も加算されることがありさらに継続が難しくなることもあります。

水中ウォーキングをダイエットに活用したいとお考えの方は、費用がかかる心配をしっかり理解してから行いましょう。他のダイエット方法に加え、余裕があるときに実践するのも効果的です。

頻繁に行うには人を選ぶところはありますが、陸上より効果が期待できるため一度検討してみてもいいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.