水中ウオーキングはダイエット効果大!目安の時間、消費カロリーは?

現在、プールで水中ウオーキングをしている方を大勢見かけることが多くなりました。年齢問わず水中ウオーキングは健康維持の1つとして、今人気を集めています。

水中ウオーキングは、特に高齢者の皆さんに人気が高く、やはり足腰を鍛える目的で健康な体作りに頑張っています。

若い年代の皆さんは、どうしても食べることを控えたり、あるいは我慢するなどの間違ったダイエット法をしている傾向にあります。でも水中ウオーキングがどれだけダイエット効果に発揮するのか、その辺を交えてご紹介しましょう。

アナタは覚えていますか?プールに入る前に準備運動してたこと

まず、水中ウオーキングのお話の前に、皆さんは小学校、中学校時代と授業でプールに入ったことってありませんでしたか?その時、プールに入る前に必ず先生の指示に従って、準備体操をしてた記憶があるかと存じます。

あのプールに入る前の準備体操、ただ何となく先生の言われるがままにやっていましたが、実はとても大切なことなんだってこと知っていましたか?

何故入水する前に準備体操が重要なのかを、ご説明しましょう。

プールに入る前に何故準備体操は必要なのか?

小学校、中学校時代6月~9月前半までは体育授業で、プールに入って泳ぐことは必須科目でした。いつも毎年「プール開き」があったものです。

ですが学校の場合は、夏のシーズンにプールに入ることが多く、冬は絶対に行いません。

初めてのプール入水の時に入念に行っていたあの準備体操。あの準備体操がどのような重要性を秘めていたのか、ご存知ですか?

実は何故プールに入る前に準備体操が重要だったのかを申しますと、それは頭では分かっていても、体中の筋肉がまだプールに入ることに全然慣れていないからです。

それにプールに入ると言うことは、意外にも心臓に大きな負担をかけることになり、準備体操なしでの入水は絶対に危険なのです。その危険性とは?

  • 足が急につる
  • 外の空気中の温度と水中の温度の極端な差で、心不全を起こす危険がある

如何です?こういう危険を防ぐためにも、入水前の準備体操はとても重要だということがお分かりいただけるかと存じます。

準備体操は約10分くらいを目安にして、後はゆっくりと静かにプールに入ることをお勧めします。

水泳が苦手でも平気!水中ウオーキングだけでも十分運動になる!

一度プールに入ってしまうと、何だか泳がなくちゃいけないのでは~と思いませんか?いえいえ、そんな心配はご無用です。

プールは何も泳ぐためにあるものではなく、今や水中ウオーキングとしても利用する方が急上昇しているのです。ですから全然泳げない方でも何も躊躇することはありません。

昼間のプールを除いてますと、その利用者の大半が高齢者の皆さんです。勿論中には泳いでいらっしゃる方もいますが、殆どが水中ウオーキングで健康を保つためにプールの中を歩き回っています。

そして水中ウオーキングは、ダイエットには効果抜群なのです。

それに水中ウオーキングは、有酸素運動なので、ダイエットにはもってこいのスポーツです!

水中ウオーキングの歩き方のコツ

水中ウオーキングは、道路でのウオーキングとは違って、水の浮力で軽くなりますので、ご自分のペースでゆっくりと歩くのがコツです。

道路でのウオーキングは、距離や歩く分数によって、随分変わってきますが、水中ウオーキングの場合、水に体がつかっているので何となく軽さを感じますが、実は水の中の人間の体にはかなりの負担がかかっています。

水をかきわけながら歩くので、腰やひざには水中でもかなり負担があるのです。ですからプールからあがった時に、何となく体に重みを感じるのです。そういった経験ってありませんか?

水中ウオーキングの時間の目安とは?

プールの水につかることで、水中ウオーキングも水泳と同様、全身運動です。

ですからウオーキングの目安時間は30分~60分が一番望ましい範囲です。

全身運動ですから、疲れたらこまめに休憩を取りましょう。

徹底比較!外でのウオーキングと水中ウオーキングのカロリー消耗

よく水泳をするとかなりのカロリーを消耗すると言われています。やはり水泳は全身運動なので、ダイエットには本当に効果てきめんです。

ですが水中ウオーキングもかなりのカロリーを消耗するってこと、アナタはご存知でしたか?

外でのウオーキング、水中ウオーキングでどのくらいのカロリー消耗が違うのか、徹底比較してみましょう。

外でのウオーキングと水中ウオーキング!カロリー消耗の違いって?

外でのウオーキングと水中ウオーキングを1時間まるまる同じ時間でやるとどのくらいカロリー消耗が違うのか、比較してみましょう。

  • 外でのウオーキング:1時間約200キロカロリー
  • 水中ウオーキング:1時間約400キロカロリー

どうですか?一目瞭然、水中ウオーキングの方が外でのウオーキングより約2倍ものカロリーを消耗することが明らかになりました!

そういえば最近お酒の飲み過ぎた、沢山食べ過ぎて、体重が増えてきたというアナタ。ダイエットを思い切ってされたいということであれば、断然水中ウオーキングをお勧めしますよ!

後、足のむくみが気になる方もお勧めです。

何でもやりすぎには要注意!体調面に合わせて実行を!

色々調べてきて、水中ウオーキングはダイエットには効果が大いにあることが判明しました。でもプールに入って体を鍛えることは本当に健康的にも精神的にもいいのですが、やりすぎには注意しましょう。

水中に入ると、かなりの体力を消耗しますので、いきなり長時間の水中ウオーキングをするのではなく、最初はあくまで体慣らし程度から始めましょう。

そして慣れてきたら、自分なりに時間を決めてプール内を歩くことをお勧めします。歩くことに飽きたら、泳げる方は少し気晴らしに泳いでもいいし、泳げない方は適度に休憩を取るなど、ご自分の体調面に合わせて実行するように心掛けましょう。

水中ウオーキングもダイエットの1種ではありますが、立派なスポーツです。決して無理をせず、マイペースでやりましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.