太るのは野菜の食べすぎが原因!?意外なダイエットの落とし穴

「野菜を食べると痩せる」「野菜中心の食事をすれば痩せる」といったことを聞いたことはありませんか?確かに野菜を食べると痩せるというイメージが強いですが、野菜を食べすぎると時に太ってしまうこともあります。

ではなぜ野菜を食べると太ると言われているのか、知っているでしょうか。野菜の食べ方一つでダイエットが成功することもあれば失敗してしまうこともあります。今回はダイエット中の野菜の食べ方について紹介していきます。

野菜は体にいいけど食べすぎれば太る原因になる

ダイエットで痩せる場合、野菜を食べればいいと考えている人はいませんか?

野菜は確かに健康にもよく痩せる時に最適に思いがちですが、食べすぎてしまうと太る原因となってしまいます。

理由としては野菜の中にはカロリーが高いものもあり、ダイエット中に食べてしまうと太ってしまう原因となることがあります。ダイエット中に野菜を食べるのは良いですが、食べる野菜はカロリーを見てから選ぶ必要があります。

ダイエットに向いていない ダイエットに向いている
さつまいも レタス
にんにく トマト
かぼちゃ ほうれんそう
じゃがいも ブロッコリー
とうもろこし アスパラガス

ダイエットに向いていないさつまいもやニンニクといった野菜には炭水化物と糖質が多く含まれており、食べ過ぎてしまうと脂肪になってしまい太る原因になります。

逆にダイエットに向いているレタスやトマトなどには炭水化物や糖質は含まれていますが、量は少ないです。食べても脂肪になりにくいためダイエット中にオススメの野菜です。

このように野菜によってダイエットに向いているものもあれば向いていないものもあります。野菜ならすべて痩せることができると考えずに、その野菜が高カロリーなのかよく考えてから食べるようにしましょう。

よく野菜を食べても痩せることができないと言われることがありますが、食べている野菜が高カロリーの場合もあるため注意してください。またダイエットに向いている野菜でも食べすぎてしまえば太る原因となることもあるため、食べすぎには注意してください。

野菜の食べ過ぎは栄養バランスの偏りになり太る原因に

ダイエットをする時に、極端にダイエットをする人がいます。例えばダイエットに良いとされる野菜を見つけたら、それしか食べないという人やダイエット中には野菜しか食べないという人です。

確かに野菜だけ食べていれば痩せるイメージが強いですが、野菜ばかり食べていても身体によくありません。理由としては野菜ばかり食べていると野菜から体に良い栄養を摂取することができますが、どうしても摂取できない成分が出てきてしまいます。

例えば野菜ばかり食べているとたんぱく質が不足がちになってしまうことが多いです。たんぱく質が不足してしまうと体の代謝が落ちてしまい、脂肪が燃焼しにくくなったりカロリーが消費しにくくなったりダイエットの欠点となってしまいます。

そのためダイエット中の野菜の食べすぎには注意して、栄養バランスが良い食事を摂るようにするとダイエットも成功しやすいです。ダイエット中に栄養が不足してしまいダイエットが失敗するということも少なくないため栄養バランスよく食生活が乱れないようにしましょう。

野菜の食べすぎはダイエット失敗の原因に!体への悪影響もあり

野菜は適度に食べれば身体によい影響を与えてくれますが、食べすぎてしまうと体に悪影響を与えてしまうこともあります。

  • 便秘
  • 腸内にガスがたまる
  • 冷え性
  • 栄養失調
  • カリウム過多

野菜といえば食物繊維が豊富に含まれていることが多いです。野菜を食べすぎてしまうと食物繊維も摂取しすぎてしまい便秘の原因となってしまいます。食物繊維は摂取しすぎてしまうと腸内で水分を吸収してしまい便の水分も不足してしまいます。

便の水分がなくなると便が硬くなってしまい出も悪くなってしまい、便秘となってしまいます。また野菜ばかり食べていると腸内への負担が多いため、便秘以外の悪影響も出てしまいます。

腸内のガスも食物繊維の摂り過ぎが原因です。食物繊維を摂取すると腸内で分解されガスを発生させやすくします。野菜を食べるとガスが溜ってしまいお腹も張ってしまいます。

さらに食物繊維を摂取しすぎると消化不良を起こしてしまい、消化不良になるとお腹が痛くなってしまいます。野菜を食べすぎてしまうと腸内からくる体調不良になりやすくなってしまうため、食べすぎには注意が必要です。

野菜に含まれるカリウムは摂取しすぎると危険!?

野菜にはカリウムという成分が含まれており、適度に摂取すれば特に問題は起きませんが摂取しすぎてしまうと体の不調になってしまいます。カリウムにはナトリウムを体の外に排出する効果があります。

ナトリウムには体を温めてくれる効果があり、カリウムを摂取しすぎるとナトリウムも体外に排出されてしまい体を温めることが難しくなってしまいます。それにより体が冷えてしまい、冷え性の原因になってしまいます。

冷え性をそのままにしておくと、痩せにくい体質になってしまうためダイエットもしにくくなってしまいます。冷え性を解消する方法も、豊富にあるため万が一冷え性になってしまったのであればすぐに解消するようにしましょう。

野菜にはカリウムが豊富に含まれていますが、野菜を食べすぎてしまうとカリウム過多になってしまうことがあります。

カリウムには筋肉の正しく動かす効果を持っており、カリウム過多になってしまうと筋肉をうまく動かせなくなってしまいます。筋肉が上手く動かせないと手や足など身体に力が入らなくなってしまい脱力感も感じるようになります。

もしも腎不全の人がこのカリウム過多になってしまうと突然死してしまう可能性もあるため、腎不全の人は野菜の食べすぎには注意が必要です。野菜の食べ過ぎは一見体によさそうですが、このように体への悪影響もあるため、食べすぎないようにしましょう。

野菜は食べすぎなければダイエットに効果的!食べ方を工夫しよう

野菜の食べすぎはダイエット中に避ける必要がありますが、適度に食べるのであれば特に問題はありません。むしろ適度に野菜を食べることでダイエットも成功しやすくなるため、他の食べ物と一緒に野菜を食べましょう。ダイエットを成功させるための野菜の食べ方もあるため、紹介していきます。

まず食べる量についてですが、1日に1食だけが目安です。

つまり1日に1食だけ野菜だけの食事を摂りましょう。1食だけ野菜なため栄養バランスが崩れることもないため、野菜の食べすぎも防ぐことができます。ただし野菜だけだと腹持ちがあまりよくないため、お腹が空きてしまう可能性も高いです。

野菜だけの食事の後に間食してしまう可能性もあるため、間食はダイエットを成功させるためにはできるだけしないようにしましょう。例えば夜だけ野菜のみの食事を食べてすぐに寝てしまうと空腹を感じる事も少ないですし、十分な睡眠もとれるためダイエットも成功しやすくなります。

食事の食べる順番にも注目!野菜は最初に食べよう

食事を食べる時に食べる順番を気にしたことはありますか?例えばご飯を一番先に食べる人やおかずを先に食べる人、汁物を先に食べる人、特にこだわりが無い場合はさまざまな人がいるでしょう。

では野菜はどのタイミングで食べているでしょうか。野菜を食べる順番により血糖値の上昇を減らすこともできますし、脂肪の蓄積量も減らすことができます。ベストなタイミングというと食事の一番初めがオススメです。

野菜を最初に食べることで、野菜に含まれる食物繊維が血糖値の上昇を緩やかにしてくれるため、脂肪も蓄積しにくくなります。今まで特に順番にこだわりがなかったという人は野菜を一番最初に食べてみてはどうでしょうか。

料理に使う野菜は新鮮なものほどダイエットに向いている

普段から料理を自分で作るという人は、野菜を購入する時に収穫された時期などを確認しているでしょうか。

野菜は新鮮なものほど栄養も豊富でダイエットに最適な食べ物といえます。

とれた時期などを確認せずに野菜を購入してしまうと、新鮮でない野菜を購入してしまう可能性もあります。新鮮でない野菜がダイエットに向いていないわけではありませんが、やはり新鮮であるほどダイエットにも向いています。

普段から自分で料理をする人は、ダイエットする時に野菜の収穫時期や収穫場所を確認してより新鮮な野菜で料理を作ってみてください。

野菜・サラダを食べる時には使われているものを確認しよう

野菜、サラダを食べる時に野菜以外のものを使ってサラダを作ることもあります。例えばジャガイモが使われているサラダもあればマカロニが使われているサラダもあります。

こういった野菜以外のものが使われているサラダは、使われているものによっては高カロリーの場合が多いです。

サラダにじゃがいもやマカロニなどが使われていると炭水化物の量が増えてしまい太ってしまう原因となります。野菜を食べているけど痩せないという人は野菜には何が使われているのか?高カロリーの物が使われていないのかよく確認するようにしましょう。

もう一つ注意したいものはさらに使うことが多い「ドレッシング」です。ドレッシングによっては高カロリーの物も多いためサラダに使うドレッシングには注意するようにしましょう。ダイエットに向いているドレッシングはノンオイルや青じそ、和風ドレッシングがオススメとされています。

野菜の食べすぎに注意!ダイエット中はバランスが良い食事を摂ろう

ダイエット中には野菜を食べすぎないようにしないと、痩せる事ができない可能性があります。野菜にはビタミンやミネラルといった栄養を摂取することができ、この栄養には体内の働きを活性化させてくれた代謝の向上に期待できます。

しかしいくら野菜でビタミンやミネラルを摂取して代謝を上げようとしても体のエネルギーになるものがないとビタミンやミネラルが働いてくれません。つまり代謝を向上させるにはビタミンやミネラルだけではなく、炭水化物やたんぱく質も必要ということになります。

ダイエット中には野菜のみ食べるのではなく肉や魚といった食べ物も食べるようにしましょう。バランスよく食事を摂れば代謝も向上し、ダイエットしやすい体を作ることができます。

野菜の食べすぎには気を付けて、ダイエット中にはできるだけバランスの良い食事を摂るようにしましょう。

ダイエットをしても太る!そんな人は運動も忘れずに

いくらバランスの良い食事を摂っても痩せることができない人もいます。そういった人は食事だけでダイエットするのではなく、運動も取り入れてみてはどうでしょうか。

やはり体を動かしてカロリーを消費した方がダイエットの効率も良いため、全然痩せないという人は体を動かしてみてください。激しい運動をしなくても、例えば自宅の周りと歩いてみたり、走ってみたりそれだけでもカロリーを消費することができます。

食事だけだと筋肉も付かずたとえ痩せたとしてもたるんだ体型になってしまい見た目が良くありません。運動や筋トレをすれば適度に筋肉が付いてキレイに痩せることができるため、見た目を気にすることが多い女性の人は試してみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.