歩くだけでダイエットになる!カロリー消費の高い歩き方ススメ

皆さんはどんな形でダイエットをしていますか?食事の量を減らしたり、間食を止めたり色々な形でやっているかと思います。

中にはスポーツジムなどで汗を流しながら、ダイエットをする人達もチラホラ見掛けます。でもスポーツジムだと会員費など、お金がかかってきます。

そんな中で、お金をかけずにダイエットに効果をもたらす方法があるのをご存知ですか?それは歩くことです。歩くことがダイエットにどれだけ効果を発揮するのか、ご紹介します。

アナタはやっていませんか?間違いだらけのダイエット法を!

女性なら誰でも美しい体系を保ちたい、それには今の体重を維持すること…など色々試行錯誤で考えますが、でもそれを実行するとなるとなかなか難しいものです。

中学生くらいになると、男性、女性共に大人の体へと変化していきます。ホルモンのお蔭で、男性はより男性らしく、女性はより女性らしくとどんどん成長していきます。

ですが、その成長過程の最中に、体重が気になるからと言って10代の頃からダイエットする女子中高生が目立つようになりました。

その目立った間違いだらけのダイエット法が、アナタの体にどんな影響を及ぼすのかをご紹介します。

昔からよくあるパターン!朝食を抜くのはダメである

毎朝、学校や会社に行くなど、起きる習慣というものは大変大きいものです。これは個人差は大変大きく、朝早く起きることが得意、不得意はハッキリ分かれてきます。

まず、朝起きることが得意な人は、ちゃんと決まった時間に起きることが出来て、殆ど目覚まし時計は使いません。そして身支度から始まり、色んな朝のすることを順調にこなすことも可能です。

そして毎朝朝食は欠かさずにとっています。

反対に朝起きることが苦手な人は、なかなか定時に起きることが出来ずに、家を出るまでの時間、ぎりぎりまで寝ているケースが多いです。

ですから時間がないので、朝食抜きで学校や職場へ向かうことが多いのです。やはり1日の稼働の始まりは朝食を必ずとることにあります。

朝食は1日の活動をする中で、とても重要です。ですが、中には朝食を抜いてダイエットをする方が多く見られますが、これは大変体によくないことでもあり、ダイエットにはむしろ逆効果です。

朝食を抜けば、当然空腹のまま、家を出て学校や職場へ行きますね。そんな時、アナタの体はどうなっているんでしょうか?

  • 何も食べていないので、体に栄養分がない
  • 1日3回のうち、1回でも抜くと、脳の活性化に影響する
  • 体力や免疫力が落ちる
  • 血液の流れが悪くなる

そして昼になれば、朝食を抜いた分沢山食べてしまいますので、折角ダイエットしても何も効果はありません。

沢山食べることによって、朝抜いた分の栄養分が余分に体に蓄積されて、返ってリバウンドの原因を招くことになります。

ダイエット中の皆さんで、色々気にして塩分の取りすぎに不安を感じて、控えることをする方が見受けられます。ですが、ダイエットで塩分を控えすぎるのも危険だってこと、皆さんはご存知ですか?

特に貧血や血圧の低い方など、体に塩分が十分行き渡っていないと、突然失神するリスクがあるので、十分な注意が必要です。

ですから間違ったダイエットは、大なり小なりアナタの体に悪影響を及ぼすことを覚えておいてください。

お金をかけずに済むダイエット法!それは歩くことである!

スポーツクラブや、スイミングスクールなどに通って、ダイエットをする人達が大勢増えてきました。確かにスポーツジムは心地よい汗をかくことが出来ますし、プールにしても、水中ウオーキングはダイエットには本当にかかせないものです。

ですが、スポーツクラブやスイミングスクールって、通うとお金がかかりますよね?ですがお金をかけずにダイエット出来る方法ってあるんですよ。

それはズバリ!歩くことです。

歩くことは年齢関係なく出来る気軽な運動でもあり、今ダイエットすることで注目を浴びています。

それは何故なんでしょうか?

歩くダイエット効果①自分の好きな時間が選べる

食事の摂取方法で、ダイエットを試す人が多い中、どうしても「あれは食べない、これは食べない」と自己暗示のように、絶食を繰り返す例が非常に多いです。

ですが絶食をしたところで、本当にダイエットに成功するかどうかの保証はどこにもなく、そのストレスから、反対に食べすぎたり、拒食症などになりかねません。

ですが歩くダイエットであれば、話は別です。気軽にいつでも運動をかねて歩くことを取り入れればいいだけの話です。

一番のメリットは自分の好きな時間を選べるということです。スポーツジムなど通っていますと、どうしてもその時間までに行かなくては~と追われる羽目になるからです。

歩くダイエット効果②日光浴をかねてビタミンD摂取可能!

歩くことが全身運動につながることは、皆さんご存知でしょうか?歩くと人間は、手も足も自然と動きますし、腰もいい具合にピンと張った感じがして、実にいいのです。

そして周囲の景色を見ながら歩くので、脳の働きも活発になります。

そして天気のいい日に歩くことは、日光浴をかねて運動することとなり、太陽の光でビタミンDを摂取出来るメリットも発生します!

  • 体内の血液の循環が良くなる
  • 日光浴をすることで、臓器の代謝が良くなる
  • 日光浴をすると、体に新しいビタミンDが吸収されて、骨や歯までに行き渡る効果がある
太陽の光を浴びると、日焼け、皮膚がん、紫外線などが気になりますが、日光浴は体の抵抗力を強めたり、新しいカルシウムを体内で作りだすことも可能なので、「骨粗しょう症」を防いでくれる効能も意外とあるんですよ!

歩くダイエット!まずは自分の歩けそうな範囲から始めよう!

今まで食事の量を減らすとか、間食を止めるなどでダイエットを志してきたアナタ。その後効果は如何でしたか?やはりこれらの方法も一案ではありますが、毎日実行となると、かなりストレスがたまるかと存じます。

「歩くダイエットは早く歩かないとダメじゃないのか?」と印象を持つ方が沢山いらっしゃいます。いえいえ、歩くダイエットに早く歩く必要はありません。日頃のアナタのペースで十分なんですよ。

いきなり長距離というわけにはいきませんので、まずはご自分の目的地を決めて歩くことがダイエットの第1歩になります。

歩きダイエットの第1歩!自分の負担にならない距離からスタート

歩くことが体にいいと言われていても、いきなり長距離は止めましょう。少しずつアナタの体調に合わせて、まずは近距離から始めて、体が慣れつつある頃に距離を少しずつ伸ばしていきましょう。

歩く速さって?それは自分のペースで十分だ!

歩きダイエットを志すとなると、何だか早く歩いた方がいいのでは?と思いがちですがそうでもありません。

歩く速さは日頃のアナタのペースで十分です。

気軽に出来る歩くダイエット法!でも体調が悪い時は無理しないこと!

歩くダイエットは、本当にお金要らず手間いらずの気軽な方法です。

ですが、慣れてきて毎日の習慣となると何だか「あ、やらなくちゃ~!」って気になってきます。

ですが人間毎日体調がいいとは限りません。少しでも体調がすぐれないと感じたら、その日は我慢して歩くダイエットは中止させる勇気も必要です。

反対にやりすぎても、体調を崩す原因にもなりかねませんので、やはりご自身で管理して実行するようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.