ヨチヨチお尻歩きダイエット、地味だけど効果抜群!

お尻歩きと聞いて、そんなので効果があるのかと疑問視していたのですが、物は試しということで、少しやってみました。

やってみるとお尻歩きはなかなか進まないし、結構きついことがよくわかりました。やると効果がありそうなのは理解できましたが、今度はどの部位に効果があるのかなど、どういう効果があるのか興味が湧いてきました。

その辺りについて調べてみました。するとこの「お尻歩き」は簡単だけど使えるダイエットだと思えました。ぜひご覧ください!

お尻歩きはどんな運動なのか

お尻歩きは、まず床に足を伸ばして座ります。その状態から骨盤から足を交互に動かして前進、または後退する運動です。

単純な動きですが、お尻から骨盤にかけてうまく動かさないと、全然進みません。

この思うように動かない感じが、普段使えていない筋肉や部位を動かしてくれます。

お尻運動には、どういう効果があるのか

お尻運動の効果としては、やはりお尻運動でよく使う部位に効果が現れるようです。

  • 骨盤の歪みを矯正
  • ウェストのシャイプアップ
  • ヒップアップ
  • 基礎代謝が上がってくる
  • むくみ解消

などが挙げられます。

個別にみていきましょう。
・骨盤には上半身を支える重要なものです。体の中心に位置して脊柱につながっています。

これがずれてしまうと体重のかかり方が不安定になり肩こりや腰痛を引き起こします。その歪みを矯正してくれるです。

・ウェストのシャイプアップは、お尻運動の動きでも骨盤を交互に動かしながら動きます。

その際にウェストをねじる動きがあります。その動きが内腹斜筋や腹横筋を鍛え、ウェストのシャップアップに繋がるのでしょう。

・ヒップアップも期待できます。お尻の筋肉を連続してつかいますので、落とすことが難しいお尻の脂肪にも効果があるのです。

・基礎代謝に関してはやはり日頃使うことの少ないインナーマッスルを鍛えることになるので、代謝を上げてくれるようです。

基礎代謝が上がれば、食べても太りにくい体にしてくれるのでいいですよね。

・むくみ解消も可能です。むくむは血液中の水分やリンパ管に染み出してしまった状態で、皮下組織に水分が溜まってしまたものを運動することでリンパなどの流れを良くし、滞留させないようにすることで解消します。

お尻運動って地味な動きですけど、このような効果があるのです。

お尻運動のやり方

では実際にお尻歩きのやり方に移りましょう。

1. 床に足を伸ばして座ります。背筋を伸ばして骨盤を立てるようにしましょう。(基本姿勢)
2. 両手は胸の目でクロスする、または腰に添えます。
3. 骨盤から足を左右に動かすようにして前に進む
4. 今度は同様に後ろに下がる

この手順で前に進んだ分だけ下がるようにします。歩数は10歩ぐらいを目安に行ってください。

時間的には5分程度やれれば、十分効果はあると思います。時間は少なくても長く継続する方が難しいので最初は少なめで初めてもいいでしょう

さらにきついお尻運動の紹介

通常のお尻歩きはできるようになった方向けに、より高度できついお尻歩きをご紹介します。

腕組みお尻歩き運動

やり方のご紹介です。
1. 基本の姿勢を作り両腕を肩の高さにあげて、それぞれ反対側の二の腕をつかみます。
2. そのまま腕の位置を保って、基本のお尻歩きと同じように前後に進みます。

この運動は背筋を鍛えた、たるんだ背中をスッキリさせるというものです。背中を鍛えられるエクササイズをする人は少ないかもしれませんが、効果は上がります。

両足浮かしお尻歩き

今度はさらにハードです。全体的に負荷を増す感じです。

やり方です。

1. 基本姿勢、または膝を曲げた状態で、両足を浮かせます。この時はお尻だけが床についた状態にしておきます。
2. 足が床につかないように基本と同じようにお尻歩きを繰り返します。

足を宙に浮かすことで、足に分散されていた体重もお尻にかかってくるので、負荷がかなりかかります。

普通のお尻歩き運動では物足りなくなった方は、ぜひ挑戦してください。

お尻歩き運動で注意すること

すぐにお尻歩き運動を始められた方ごめんなさい。床に何もしかずに行うとお尻が痛くなってしまいます。

今から注意点をまとめておきますので、それを参考にしてください。

[]床でやらずにマットを敷く
[]姿勢をまっすぐ保つこと
[]つま先を開かないこと
[]最初から飛ばさないこと

ヨガマットやバスタオルを敷いてその上で、お尻歩き運動を行なってください。何もなしでやるとお尻の骨が当たって痛いです。

次の注意点は背中や腰の部分をまっすぐにするということです。姿勢が悪いと効果が出ません。背中をまっすぐにして骨盤を立てて行いましょう。

最後の’つま先を開かないというところもポイントです。効果を高めるためには足を開かず、足首が90度になるようにつま先を真上に向けてください。

お尻歩きは出産後の女性から運動嫌いの方までオススメ

お尻歩きダイエットは骨盤を利用したものです。ですから出産などで骨盤が開いた状態も改善してくれるといわれています。

出産後の体型改善にもお尻歩きダイエットは利用されています。

ではいつ始めたらいいのでしょうか。出産したらすぐに?1カ月ぐらいあいだを開けるのが良いとされています。

ある程度しっかり休みを取ってから、お尻歩きダイエットを始めてください。

でも出産した女性の体型改善を目的とする人から、体型なんか気にしてないわという方でも、お尻歩き運動はいいです。

お金もかかりませんし、ちょっとした隙間時間にちょこちょことお尻歩きをするだけです。

10分やれる方は少ないかもしれませんが100キロカロリー消費するといわれています。

野球の消費カロリーは30歳の男性1時間、160キロカロリーからすると、だいぶ効率のいいエクササイズになるのではないでしょうか?

ぜひチャレンジしてみてください。意外とあたりのエクササイズだと思いますよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.