ウォーキングの時間はどれくらいが最適?効率よく歩いて痩せよう!

ダイエットをするためには、運動をすることで効果的に痩せることができ、体を鍛えることもできます。

今からでもできる運動としてウォーキングがあり、歩き続けることでダイエットが続けられるようになります。

ウォーキングを続けていくには、どれくらいの時間や距離、歩数でやっていけばいいのか、わからない人が多いと思います。

実際に痩せるために、ウォーキングをどのようにやっていけばいいのかを、今回の内容を通して理解しましょう。

効率よく痩せる!ウォーキングで痩せるための時間

ダイエットのためにウォーキングをはじめるなら、1日あたり30分を目安にウォーキングを行うことが重要です。

20分間歩き続けることで、糖の代謝から脂肪の燃焼に切り替わるといわれており、痩せる為なら20分以上続けるのがいいでしょう。

長時間歩き続けると筋肉痛や炎症の原因になり、食欲が増えてしまうので、長距離を歩くのはよくありません。

無理せず30分以上歩き続けることが大事で、通常の早さで2.4㎞、歩数で約3,000歩以上になるので、これらを目安に取り組みましょう。

歩数と時間が把握できるツールがあれば効率よくウォーキングができるので、スマートフォンの専用アプリなどを使用するのもおすすめです。

ウォーキングは有酸素運動なので、代謝がよくなるので効率よく痩せることができ、続けられやすいです。

ダイエットのために!痩せるためのウォーキングの方法

ウォーキングはただ歩くだけでは痩せることはできず、効率よく酸素を取り込み、脂肪を燃焼させることを目的とします。

正しくやるには、背筋を伸ばして胸を少し張って、視線はやや前方を見てウォーキングをするようにしましょう。

足の動きは、着地はかかとから行うようにして、踏み出す際は親指に力を入れて地面をけるようにします。

歩き方がわかれば、ダイエットに最適な早歩きのスピードでウォーキングを行い、少し息が上がるような感じで行いましょう。

ウォーキングを行う時間は、人によってどのタイミングで行うかによって違いはありますが、朝と夜によって違いがあります。

朝にウォーキングを行うと脂肪の燃焼がしやすく、日光を浴びることでセロトニンが分泌され、ダイエットの効率が上がり、一日を活動的に送ることができます。

夜にウォーキングを行うと習慣化しやすく、自律神経を調整できるので質の良い睡眠がとれ、成長ホルモンが分泌されます。

朝と夜でウォーキングの効果に違いはありますが、実際にやるときは自分に合うように行い、好きな時に行うのがよいでしょう。

さらに効果的に!ダイエットに最適な水中ウォーキング

ウォーキングを行うことで効率よく痩せられますが、水中ウォーキングでもダイエットに効果的で、水中による効果が得られます。

水中では浮力があるので、体にかかる負荷が軽減され、水の抵抗によって効率的に脂肪の燃焼ができるようになります。

水中でも正しい姿勢で歩かないと、水圧によって腰を痛めてしまうことがあるので、気を付けながら行いましょう。

水中ウォーキングも有酸素運動なので、20分以上やれば脂肪が燃焼されることから、この場合は1時間程度行うと効果が得られます。

水中ウォーキングは筋力アップにもつながり、水の抵抗により多くの筋肉を使うようになり、地面を歩いているときより筋肉がよく働きます。

膝や腰に痛みを抱えている人でも負担が少なく筋力が付くので、基礎代謝を高くして太りにくい体にしやすくなります。

ウォーキングは効率よく脂肪を燃焼させることができるので、続けられやすく、今からでも始めることができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.