スイカはダイエット中の便秘やむくみ解消になる。食べる時間も重要!

スイカと言えば、夏の風物詩と言われる果物です。大人から子供まで夏の暑い時期、食欲のない時にスイカはとても大切な存在です。冷えたスイカはとても食が進み、満腹感を感じます。

現代はスーパーなど丸ごとスイカが売られてるわけでななく、カットフルーツとして販売されています。

ところで、スイカはダイエットに効果があるということを巷で聞くようになりました。バナナダイエット、りんごダイエットと一時期流行しましたが、いつしかそれらは途絶えてしまいました。

スイカがダイエットに対してどんな効果を発揮するのか、調べてみましょう。

意外と知られていない?スイカはバナナやりんごより糖質少ないのだ

スイカは誰もがご存知の様に、赤と黄色の2種類があります。それに夏の代表格といえる食べ物でもあり、暑い夏には欠かせないものです。

毎年夏の代表をするスイカなのですが、意外にもバナナやりんごなど他の果物より糖質が少ないのです。

アナタはご存知でしたか?

あんなに甘いのだから、糖質多いんじゃないかって思われがちですが、実は少ないのです。他の果物と糖質の関係を比較してみましょう。

スイカと他の果物との糖質を比較してみた!

日頃良く食べる果物として、りんご、ミカン、バナナなどスイカとどのくらい糖質が違ってくるのか、一覧表として比較してみましょう。

果物名 100gの糖質の値
スイカ 9g
りんご 13g
ミカン 11g
バナナ 23g

一覧表から見てもお分かりの様に、スイカは他の果物と比べて、意外と糖質が低いのです。

これはまさしく驚きです。スイカの味は確かに水分が多く、甘いのですが、日頃良く食べるりんごやバナナ、ミカンなどカロリーも低めで、ダイエットには打ってつけだということがよく分かります。

ダイエットに相応しくない果物は結構あるものだ!

以前、「バナナダイエット」「りんごダイエット」が流行りました。ですがいつの間にかこれらのダイエットは名前が途絶えてしまいました。

バナナやりんごなど、よくスーパーで売っていますし、食後のデザートとしてよく食べるケースが多いのですが、実はバナナとりんごは意外にも糖質が多く、食べすぎると太る元になってしまうのです。

特に身近でよく食べることが多いバナナですが、糖質が100gあたり23gするので、おやつとして食べるとしたら、要注意です。

バナナを食べるとしたら、1本にとどめておいた方が無難です。

その他ダイエットに相応しくない果物として、パイナップル、ぶどうが挙げられます。これらの糖質はバナナほど高くはありませんが、100gあたり約15gです。食べすぎには注意しましょう。

スイカダイエット!いつ食べると効果が出てくるの?

子供時代はスイカと言えば、必ずおやつの時間帯に出てくることが多かったです。1日のうちで一番暑いのは昼の12時~16時の間ですが、食欲の落ちる夏にスイカを食べることで、とてもお腹が見たされることは間違いありません。

さて、本格的なスイカダイエットを始めようとなると、いつ食べたらいいのか?ここが重要になってきます。

徹底的に調べてみましょう。

スイカダイエット始めるなら?夜に食べた方がお勧め!

人間は朝昼晩と毎日3回の食事をします。朝はやはり1日の行動開始のためにしっかり食べておく必要がありますし、昼は朝消費した分をしっかり補うためにも食べなくてはなりません。

本格的に痩せたい!と思っているアナタに教えましょう。スイカダイエットは夜食べるのがお勧めです。何故夜がお勧めなのかと言いますと?

スイカは内部の殆どが水分ですから、食べただけで十分な満腹感が得られるからです。

1日3回の食事の中で、夕食はとかく食べすぎることが多いです。特にお酒を飲む人達にとっては、おつまみが欠かせないので、これで太りやすくなるケースが多いです。

でもスイカであれば、水分を多く含んだ分、満腹感を得られますので、これ以上食べるといったことがありません。

アナタがスイカでダイエットを開始するのであれば、極力夕食にご飯は避けましょう。ご飯は糖質が意外にも多いので、夜に沢山食べてはますます太ってしまいます。

そしてお酒好きな方は酷なようですが、飲酒を控えるべきです。

スイカがもたらすダイエット効果!食物繊維が豊富である!

スイカは食物繊維が実に豊富で、利尿作用や便秘に効果があります。夕方体がむくみやすくなる女性は多く、これで随分悩まされている例は非常に多く聞きます。

スイカを食べる習慣をつけることで、頑固な便秘やむくみなどが改善されますよ。

スイカダイエットは食べるだけじゃなく!適度な運動も取り入れて!

スイカダイエットされてるアナタ!スイカは食べるだけじゃなく、ウオーキングなどの適度な運動も取り入れましょう。

いくら食物繊維豊富なスイカでも、本気でダイエットを目指すのであれば、いつも降りる電車やバス停の1~2前で降りて、自宅までウオーキングして見ましょう。

これはかなりの運動量になりますし、何より腸を刺激して、便秘改善とか、動くことによって手足のむくみも早く改善させることにも繋がります。

いくらスイカダイエット効果発揮しても!食べすぎには要注意!

痩せるためならどんなことでも試してみたい!と言いたいところですが、スイカがいくらダイエットに効果があるからと言って、食べすぎは禁物です。

スイカは確かに甘くて口に運びやすい食べ物ですが、所詮は水分の塊なのです。あまり食べすぎると体を冷やしたり、下痢を引き起こす原因になります。

まずほどほどにすることもしないといけません。

スイカを食べすぎることを防ぐためには、ジューサーでスイカジュースにすることをお勧めします。スイカジュースは一気に飲むのではダイエット効果が薄れますから、口でよくかんで飲むようにしましょう。
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.