ブラをつけないとどうなるの?ブラ着とノーブラの効果を徹底比較

ブラは女性には絶対必要なものですが、締め付けられてきついし、食い込んで痛いなど不快な思いをすることも多く、辟易します。かといって、ブラをつけないとバストの形が崩れそうで怖い…。

しかし、最近ではブラをしない派も増えてきているそうです。ブラをしないほうがバストが垂れないとの研究結果もあるようです。

ブラをつけないと、本当はどうなるのでしょうか?つける派とつけない派の意見を聞きながら検証してみました。

そもそもブラは何が目的でつけるものなのか?つける派の言い分

ブラをつけたほうがいいのか、つけないほうがいいのかでは、圧倒的につける派の方が多いです。理由をまとめると、

バストはクーパー靭帯で支えられている。クーパー靭帯は一度伸びたり切れたりすると、元に戻らない。バストは振動や重さに弱く、ブラで支えていないと切れてしまう。カップ付のキャミソールやソフトブラは、ゆれを抑える機能が弱いのでおすすめできない。

ということになります。

さらに、スポーツをするときは普通のブラでは揺れを充分におさえることができないので、胸全体をしっかり支えることができるスポーツ用ブラを着用したほうがいい、ということです。

ブラをつけると逆にバストが垂れる?つけない派の言い分

少数派ですが、最近ノーブラのほうがクーパー靭帯を守れるという説も出てきているようです。こちらの言い分は、

ノーブラでいるほうがクーパー靭帯に刺激が与えられて強くなる。重力に逆らって胸を引き上げようとする力が強くなって、バストアップに繋がる。サイズの合わないブラは逆にクーパー靭帯を傷つけバストが下がる原因になる。

ということです。
ただし、これは18歳~35歳の比較的若い女性を想定しています。

40代以上の女性はクーパー靭帯が弱くなって着ているので必ずしもノーブラがいいとは言い切れないとのことです。

最近話題のナイトブラの効果も意見が真っ二つ!

胸の形が崩れないように、夜もブラをつけて寝るという女性が増えています。しかしこれも肯定派と否定派に分かれています。

肯定派の意見は

夜寝ているときでも、仰向けに寝ればバストは横に広がる。横向きに寝れば片方に流れる。そのときの重みで、やはりクーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまい、バスト形が崩れてしまうので、夜でもブラはつけたほうがいい。

ということです。

ただし、昼間と同じブラではダメで、全方位で支える機能があり、ブラから胸がはみ出さないように、すっぽり包んでくれるタイプのものがいいのだそうです。

否定派の意見です。

寝ている状態では、バストにかかる重力は下ではなく胸の上の方になるので、バストが下がる心配はない。よって、夜はブラは不要。

ということです。

さらに四六時中ブラをつけっぱなしにしていると、胸周りの筋肉や欠陥、リンパ腺、神経を圧迫し続けることになり、健康に悪影響が出ることも考えられるということです。ブラの締め付けが皮膚を傷つけ、かゆみを感じたり、ひどいときは炎症を起こすこともあります。

ブラをつけないとどうなるのかは、結局個人によってちがう!

両方の意見を聞いていると、つけるのと、つけないのと、どっちがいいのかまるでわからなくなってしまいます。

しかし、つけたほうがいい場合と、つけないほうがいい場合ははっきりしてきました。

ブラをつけたほうがいい場合

  • ゆれなどの刺激には弱いので、動きの激しいスポーツをするときはスポーツ用ブラをつけるほうがいい。
  • 大きくて重いと支えにサポートが必要になるので、バストが大きな人はつけたほうがよい。
  • 薄手の洋服を着る場合は人目が気になるのでつけたほうがよい。

ブラをつけないほうがいい場合

  • 形の合わない、きついブラは健康に悪影響を及ぼすのでつけないほうがいい。
  • ブラをつけていると、締め付けなどでリラックスできなくなるので、あまり動かないときははずしたほうがいい。

時と場合によって緩急をつけたほうがいいということでしょうか。

自分のライフスタイルに合ったつけ方であれば、つける、つけないに極端にこだわる必要はなさそうです。

つけるのであれば、自分のバストサイズにあった体に負担のかからないブラを選ぶようにしましょう。人目のない家の中であれば、ノーブラでリラックスしたいですね!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.