全身を引き締める運動方法。全身ダイエットのコツ

ダイエットで痩せるのであればなぜ太ってしまうのか?原因を知ることも重要です。原因から適した対処方法をすることで効率良くダイエットできるため、まずは太ってしまう原因を調べてみましょう。

ダイエットをするのであれば特定の一部分痩せるのではなく、全身を痩せるイメージをしましょう。全身を痩せるのであれば運動が効果的ですが、運動だけでは効率よく痩せる事はできません。ここでは運動を使ったダイエットについて紹介していきます。

部分痩せはできない!痩せるなら全身ダイエットをしよう

体のある一定部分だけコンプレックスに感じている人も多いです。例えば「下半身が太い」と悩んでいる人「腕の脂肪が気になる」など悩んでいる理由はさまざまあります。特に女性の人はコンプレックスで悩んでいる人も多いでしょう。

特定の部位の事で悩んでいる人は、その一部分だけどうにかしたいと考える人もいます。しかしダイエットにおいてはある一定の部位だけ痩せるということはできません。正確に言えば例えば下半身を鍛えれば脂肪を燃焼でき、痩せることができますが太る理由は下半身だけではありません。

しかも下半身だけ痩せたとしてもその部位だけ痩せることになり見た目もよくありません。ダイエットをするのであれば自分のコンプレックスだけではなく、全身のダイエットをしてみてはどうでしょうか。

太ってしまう理由はやっぱり運動不足や食生活?

太ってしまう理由としてイメージしやすいのは運動不足や食生活ではないでしょうか。例えば運動が苦手であまり体を動かさないという人は体のエネルギーを消費できないため、結果的に体に脂肪が蓄えられてしまいます。

また運動不足だと体の血行も悪くなってしまいむくみやすかったり、冷え性だったり太る原因の体調不良になってしまうこともあります。運動不足を解消すれば、体の血行もよくなるため体の太りやすい原因も解消することができます。

食事に関しては沢山食べるほど太るというイメージがあるのではないでしょうか。当然ですが食べ過ぎてしまえばその分太ってしまうことにもなります。しかし食事量が少なすぎてしまうこともよくありません。

食事量が少なすぎてしまうと体に必要な栄養が不足してしまい、栄養失調や便秘、疲れやすさなどといった体調不良になってしまいます。また便秘は体を太りやすくしてしまう原因ともなるため、食事はダイエット中でもきっちり食べなければいけません。

普段外食をよくする人や時間がなくて食事を食べられない、食べる時間がばらばらなどといった食生活が乱れている人も太る原因となってしまうため、食生活には注意しましょう。

太ってしまう理由は食事や運動だけではなく、精神が関わってくることもあります。まずイメージしやすいのはストレスです。ストレスをためすぎてしまうと、それを食欲に変えてしまう人もおり、食べ過ぎからの肥満になってしまうこともあります。

またストレスは体の不調になることもあり、それが太りやすさの原因になってしまうこともあります。そのため普段からストレスを感じやすいという人は、ストレスが原因で太ってしまうことがあるためストレスはため込み過ぎないようにしましょう。

全身ダイエットは運動が効果的!体を動かして痩せる

全身を痩せるのであれば運動が効果的です。ダイエット方法は豊富で、中には運動せずとも痩せられるダイエット方法もありますが、それらのダイエットは痩せられないこともあります。また、運動をして痩せる事で全身を満遍なく鍛えることができるため、見た目も美しく痩せることができます。

運動で痩せるというと、激しい運動が必要なのか?と不安になる人もいますが激しい運動でなくても痩せる事は可能です。

特におすすめの運動は「有酸素運動」です。

  • ジョギング
  • ウォーキング
  • 自転車
  • 水泳
  • 縄跳び

有酸素運動でわかりやすいものを挙げるのであればジョギングやウォーキングなどがあります。ジョギングやウォーキングも歩く距離によっては辛いこともありますが、比較的無理なくこなせるダイエット方法です。有酸素運動で痩せる場合だけではありませんが、ダイエットは継続することがとても重要です。

有酸素運動で痩せるのであれば自分で継続できる運動で、無理なく続けることがダイエットを成功させるためのコツです。

勘違いしないで!筋トレにはダイエット効果はありません

筋トレには脂肪を燃焼させる効果がないことを知っているでしょうか。

そのため脂肪を燃焼させたいという人に筋トレを使ったダイエットはおすすめできません。ダイエットに詳しくない人は筋トレで痩せようと考え、激しい筋トレをしたという人もいるのではないでしょうか。痩せる事はできませんし体に悪く、体を壊してしまう可能性もあるため激しい筋トレはやめましょう。

筋トレは体を引き締めたい時におすすめです。例えばダイエットで痩せた場合に、筋肉が付いていないと皮膚がたるんでしまい体が太って見えてしまうことがあります。筋トレはたるんでしまった皮膚を引き締めることができるため、引き締めたい時に行うと良いでしょう。

筋トレも継続が重要で自分に合っていない方法や激しい筋トレだと継続が難しく、引き締め効果を得られないこともあります。筋トレをする場合も無理のない範囲で行うようにしましょう。

ダイエットで全然痩せない!その原因は食事にある

ダイエットには食事も大きく関わっています。

痩せるための運動をしていても痩せない場合、それは食事が原因で痩せないことが考えられます。

ダイエット時に体に必要な栄養が足りなくなってしまうことも少なくありません。特に普段から食事に気を使っていない人や食生活が乱れている人、ダイエットの為に食事制限をしているという人に当てはまります。体は栄養が不足してしまうと、体を守るためにエネルギーの消費を抑えてしまい、カロリーを体に蓄えてしまいます。

それにより体を動かしてもなかなかエネルギーを消費することができず、上手くカロリーを消費できなくなってしまいます。カロリーを消費できないということは脂肪も燃焼できなくなるため痩せることができません。

よく停滞期なんて呼ばれますが、この体を守ろうとする仕組みが停滞期の原因です。これを解消するためには食事を改善する必要があります。ダイエット中にこそ正しい食事が重要になってくるため、痩せるためには栄養が不足しないようにバランスの良い食事を取るようにしましょう。

食べる量を減らす食事制限だけでダイエットは可能なのか?

痩せたいと考えている人は誰しもより簡単な方法で痩せたいと思うでしょう。中には食事制限だけで痩せるという人もいるのではないでしょうか。食事制限のみで痩せる事ができるのか?できないのか?といいますと、これは可能です。運動が苦手という人は食事制限だけで痩せるということもできます。

ただし食事制限のみのダイエットは挫折しやすいとかリバウンドしやすいと言われているため注意が必要です。

食事制限はカロリーを制限するため、普段食べているものを我慢しなくてはいけません。人によっては我慢できなくなってしまい、今までの反動から沢山食べてしまうことがあります。急に沢山食べてしまうと、ダイエット前よりも太ってしまうことも多いです。

また食事制限はダイエットをやめた後にリバウンドもしやすいです。ダイエット前と同じ量の食事を食べているにも関わらず太ってしまうということも多いためリバウンドには注意する必要があります。

ダイエットをしていると代謝が下がってしまうことがあり、特に食事制限をしていると代謝が低下しやすいです。代謝が低下した状態で食事をするとカロリーが消費しにくくなってしまい、今までと同じ量を食べていても太ってしまいます。さらに太りやすい体になってしまうため、リバウンドの原因になってしまいます。

食事制限のみのダイエットをする場合は、挫折やリバウンドをしないよう無理のない範囲で食事制限をするようにしましょう。

運動の効果を上げるコツ!ダイエットで効率良く痩せる方法

全身を痩せるのであれば運動が効果的ですが、なんとなく運動をしていては効率的なダイエットはできません。ダイエットに効果的な運動の「有酸素運動」の効果を上げるコツがあるため試してみてはどうでしょうか。

まずはいきなり運動をするのではなく、その前にストレッチをするようにしましょう。ストレッチには筋肉を柔らかくする効果があり、ケガの予防効果にも期待できます。またストレッチをすることで体の血の巡りも良くなるため、脂肪を燃焼しやすくなります。

どんなストレッチをすればいいのか?と悩む人もいますが、例えば屈伸やアキレス腱を伸ばすといったもので問題ありません。分かりやすく言うのであれば運動をする前に準備運動をすることがありますが、その準備運動をしてみると良いでしょう。

ストレッチを行ったら次は筋トレをしましょう。筋トレをすると体脂肪を分解してくれる働きを持っている「成長ホルモン」の分泌量が多くなると言われています。

成長ホルモンの分泌量が増えれば当然脂肪の燃焼もしやすくなるため忘れずに行うようにしましょう。筋トレが終わった後にもう一度ストレッチをはさみ、いよいよ有酸素運動を行います。

有酸素運動の前にストレッチと筋トレを挟むことで、脂肪を燃焼しやすい状態にすることで効率良く脂肪を燃焼させることができます。人によっては面倒と感じる人もいますが、ダイエットをするのであれば重要なため、運動を始める前に取り入れてみてください。

ダイエット時には水分も重要!運動をする前に必ず飲もう

ダイエットには水分も影響していることを知っているでしょうか。特に運動をする場合はとても重要で、水分を取らずに運動をし続けてしまうと水分不足により血液がドロドロになってしまいます。

血液がドロドロだと体調不良の原因になってしまうことがあるため、水分はとても重要です。有酸素運動をする前は必ず水分を補給してから、運動を始めるようにしましょう。

運動は短時間でもダイエット効果に期待できる!?

有酸素運動で痩せる場合は、効果が出る前に20分もしくは30分以上続けなくてはいけないと言われることがあります。確かに30分程度続ければ効果が出ますが、それより短い時間でもダイエット効果を得ることは可能です。

具体的に言えば5分や10分でもダイエット効果を得ることができます。ジョギングやウォーキングといった比較的簡単にできる有酸素運動でも、苦痛に感じるという人は5分から10分程度なら我慢できる人も多いのではないでしょうか。

5分から10分体を動かして休憩、そしてまた運動を再開という手順も効果的なため自分の無理のない範囲で運動をしてみましょう。ダイエットで痩せるコツは続けることにあるため、効率よく痩せるために試してみてはどうでしょうか。

全身のダイエットをするなら運動と食事でさらに効果的に!

全身のダイエットは運動をすることで効果的に行えますが、運動だけではいけません。運動をしても食事でカロリーを摂取しすぎてしまうと、運動をした意味がなくなってしまいます。

ダイエットをするのであれば運動をしつつ、カロリーをコントロールしてダイエットするようにしましょう。

食事をしっかりとらないと、力が出ず体を動かせないもしくは運動の時間が短くなるといったこともあるため、ダイエット中の食事はしっかりとるようにしましょう。カロリー計算をした栄養バランスの良い食事をしっかり食べれば、ダイエット中に食べ物を食べられないというストレスを軽減することができます。

ストレスをため込み過ぎてしまうとダイエットに影響を与えることもあるため、ダイエット中にストレスはあまりため込み過ぎないように工夫しながらダイエットをしましょう。

ダイエットのコツは運動と一緒に筋トレ、ストレッチ、食事を組み合わせれば効果的にダイエットできますが、やはり続けなければ意味がありません。自分が苦痛と感じるダイエット方法だと続かないため、ダイエットをするのであれば自分に合った方法で無理のないダイエットをすると良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.