窓拭きダイエットの効果とは?適度な負荷がダイエットに最適!

毎日のお掃除、欠かさずしている人も沢山いると思います。

1日でもサボるとサボり癖がついてしまいますので、できれば毎日行いたいですが正直、さほど汚れてもいないのに毎日するのは面倒だと思う人も多いと思います。

水回りの掃除に関しては毎日マメにした方が良いのですが、日々の生活にあまり関係のない場所の掃除はサボりたくなりますよね。

例えば窓拭き…年末以外はやりたくないという方も沢山います。

ただ窓拭きも、ダイエットの一環として捉えたら続けることができるのではないでしょうか。

窓拭きをダイエットとして捉えるのにはどのようにしたらよいのか…その辺りについてまとめてありますので、どうぞ最後まで読んでくださいね。

改めて運動する必要なし!窓拭きはダイエットになる!

窓を拭くと太陽光が部屋の中に届き明るく見えますので、気分も上がるという方、多いと思います。

それ故に窓拭きは結構重要だったりするのですが、窓ガラスの枚数が多かったり、あまりにも高い場所に窓ガラスがあり、背伸びをしないと届かないから掃除は面倒だと思っている人も多いと思います。

しかし、その窓拭きの動きをダイエットの運動、つまり筋トレと考えればやる気が出るのではないでしょうか。

掃除とダイエット、同時に行うことができますので、まさに一石二鳥なので非常にオススメです!

もしもあなたがこれからダイエットをしたいと考えていたとします。しかし、ジムなどに通って運動をする時間はほとんどないという方、そういう方こそ、お掃除の動きをダイエットのための運動としてうまく利用してほしいと思います。

具体的にどのようにすれば良いのかを、改めて説明したいと思います。

とっても効果的!筋肉に意識して窓拭きをしてみよう!

さて窓拭きをする時、せっかく体を動かすのですからそれをダイエットのための運動として工夫するだけで、大幅に体重が減った人がたくさんおられるんです。

例えば、窓拭きをする際、高いところは背伸びをして拭かなければなりませんよね。

そんな時、かかとを上げて太ももからふくらはぎにまでの筋肉にしっかりと意識して力を入れてみてください。

転倒しないように身体全体でバランスを取りながら、拭き掃除をしてみましょう。

腕を動かすので、体がブレ気味になりませんか。

ましてやかかとを上げているので、体の中心に力を入れないと転んでしまう可能性が高いです。

転倒しないように拭き掃除をする場合は、体の中心の筋肉を緊張させて、バランスをとることがとても大事になります。

体の中心の筋肉でバランスを取ろうとするのですから相当、力が入っている事になりますが、しかしバランスを保とうとするその力こそが、ダイエットにとても効果的なんです。

窓拭きをしながら体の中心、つまりインナーマッスルを鍛えることができますので、とても効率よく、自宅でも簡単に筋トレができるということになるんですよ。

お腹に力を入れながら拭き掃除をするのは結構きついものがありますが、それだけ体にしっかりと効いているということになります。

できるだけしばらく続けてみるようにしてください!絶対に変わってきますよ!

実は窓拭きだけじゃない!筋トレポイントは他にもたくさんある!

何も窓拭きだけが筋トレになるわけではありません。

床掃除なども当然、ダイエットになるんです。

家の中の天井に近い部分を拭く時は背伸びをして、足の筋肉とお腹に力を入れて掃除をすることでダイエット効果が高まりますが、床掃除をする時は四つん這いになり、それと同時にお腹をぎゅっと引っ込めた状態で拭き掃除をしてみてください。

また四つん這いになることで両手を使って体重を支えますので、二の腕も細くなる期待が持てるんですよ。

お腹を引っ込めることと四つん這いで体重を支えること…この二つの動きが一度に体に負荷をかけることにつながり、効率よく体を鍛えることが可能になります。

この状態で床掃除を徹底的にすると部屋の中が綺麗になるだけではなく、スリムな体も手に入れることができるんです。

これを毎日意識して付けるだけで一か月後にはかなり体型が変わる可能性があります。

ただし、毎日続けることが大切となりますので、できるだけサボらいようにしてください。

窓拭き中の足や手首に枷?!もっと運動効率を上げる方法

窓拭きや掃除を筋トレ利用すると、掃除とダイエットが同時に行えるという話をしましたが、なんとその掃除中の手首や足首に重りをつけている人もいるようで、それをすることでもっと運動効率が上がることが期待できます。

手首や足首に重りをつけるのがめんどくさいという方は、服のポケットにペットボトルのお茶やお水などを入れて掃除する人もいるんです。

体に少しでも重たいものをつけることでその分、必ず負荷が高まります。

もっとハードにしている人はペットボトルの中に砂を入れて、ポケットに入れたまま拭き掃除や窓拭きをしているようです。

服の重さが増えるだけでも、ダイエット効果はかなり変わってくるということになりますね。

インナーマッスルを日頃から鍛えるためにも重さのある服を着用している人もいますし、それ専用のウェアなどがスポーツ用品店で売られているぐらいです。

また、手首や足首専門の重りのある足枷もインターネットやスポーツ用品店などでも売られていますので、興味がある方は是非買ってみてください。

それを体に装着した状態でお掃除を行うと汗の出方が半端ではなく、短時間で身体が引き締まるようになりますよ。

サウナスーツを着て窓拭きダイエット代謝アップを狙おう!

実は掃除中にサウナスーツを着用している人もいて、それで体重を減らしている人も結構いるようです。

サウナスーツを着ることで汗が大量に出ますので、体中に溜まった余分な水分や老廃物が外に出て、その分、減量効果を期待することができます。

ただ、サウナスーツの場合は体の余分な水分が外に出ますが、その後、大量の水分を補給するとそれでまた元に戻ってしまう可能性があります。

ただ、大量に汗を流すことで新陳代謝が活発となる可能性が高くなりますので、続けていくうちに溜め込みにくい体になることが期待できます。

余分な水分を外に出さないということはそれだけむくみやすくなるということになり、太って見えてしまいます。

自宅でサウナスーツを取り入れた掃除をすることで新陳代謝アップが期待できますので、むくみ太りなどを気にしている人は是非、サウナスーツ着用での掃除を検討してみてほしいと思います。

今までのむくみの悩みから、解放される可能性が高くなりますよ。

結論!窓拭きも筋肉意識で十分ダイエットになる!

窓拭きや掃除も、筋肉を意識することでダイエットにつながるのは非常に嬉しいですよね。

ヘタをしたら、週に数回トレーニングジムなどで体を鍛えるよりも、毎日筋肉を意識して掃除する方が痩せる可能性があるかもしれません。

筋トレで大事なことは継続することなので、筋トレ代わりに利用することで掃除に対してのモチベーションも高くなりますから、家の中も常に綺麗になり良いことずくめなんですよね。

この方法ならば運動が苦手な方でも簡単に筋トレすることができますので、さほど苦にならないはずです。

ましてや運動を改めてやらなくてはならない方法ではなく、掃除の動きを利用している方法ですのでさほど邪魔臭さを感じないはずです。

家の中で気軽に行うことができる掃除ダイエット、毎日の日課として是非、継続して行って欲しいと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.