冬休み中のダイエット計画!綺麗に痩せて周りを驚かせよう!

ダイエットを始めるきっかけって結構難しかったりしますよね。

痩せたいと思っていても、タイミングをつかむことができなかったりするものです。

例えばまとまった休みの間に痩せる事ができれば休み明け、みんなと会った時にビックリさせることができてイメージチェンジを測る事ができるかもしれません。

例えば冬休み…この間を利用してうまく痩せることができれば嬉しいと思いませんか。

ただ、冬休みは他の休みと違って色々な行事が目白押しで、食べる機会が多い休みといえます。

この間に上手にダイエットする事は可能なのでしょうか。

うまく痩せる事ができる方法をいろいろと記していきたいと思いますので是非、参考にしてください。

冬休みは比較的快適にダイエットするチャンス!

冬休みは夏休みになると違って汗をかいたりする機会も少ないですし、不快な思いをする頻度が少ない季節です。

もちろん気温が下がっていますので寒く感じるのは仕方がないものの、それでも真夏の高温多湿の時期に比べれば、何事もチャレンジしやすい季節だと言えます。

そういう点において冬休みはダイエットにチャレンジしやすいのですが、年末年始を挟んでいますので、人と会う機会も多く、その分、食べる量の増える時期だと言えるでしょう。

年末は忘年会で毎日のように飲み会があったりしますし、それが終われば、お正月でおせち料理やその他いろいろな食事を食べる機会が非常に多いと思います。

おそらくカロリーの高い食事もたくさん食卓に並ぶと思います。そういう点から見ればやはりお正月はダイエットには絶対に向いていない!…そう判断する人多いと思いますが、実は食べ方さえ注意すれば、思っているよりも簡単にダイエットすることが可能なんですよ。

たくさんの料理!食べる順番に気を付けると太らない!

目の前に並んだたくさんの料理…とてもではないけれども、ダイエットはできない!…そう思う方もたくさん来られるかもしれませんが、たくさんの料理があるということは、それだけ、たくさんの食材があるということになり、食べる順番を選ぶことができます。

どういうことかと言うと、実はダイエットをする時は食べる順番に気をつけるだけで、太りにくくなるんです。

体重を減らしたいなと思う時は、まず一番最初にサラダなど、野菜がふんだんに使われている料理から食べるようにしてみてください。

野菜にはたくさんの食物繊維が含まれていますので、後から食べる料理のカロリー吸収を抑える作用があるんです。

ただし、同じ野菜でも生野菜と砂糖や醤油などを使った煮物を比べるとどうしても生野菜の方が吸収を抑える作用が高いですので、もしも生野菜が食卓に出ていたら、そちらの方から食べるようにしてください。

野菜類を食べた後に推奨される食べ物が汁物です。

水分を先に取ることで先ほど食べた野菜がおなかの中で膨らみますし、その影響で満腹感を得ることができるようになります。

食卓には汁物が出される機会が多いと思いますので、しっかりと頂いてくださいね。

そして続いて食べて欲しいのが魚や肉などの料理になります。

つまり野菜を一番最初に、その後は汁物やお肉などをしっかりと食べるようにしてください。

ここで気づいた方がおられると思いますが…実はこのダイエット方法、主食を食べないようにすることがポイントとなるんです。

いわゆる糖質制限ダイエットというものになるのですが、主食の量を減らすことで太りにくい体質に変えることができるんです。

いわゆるご飯や麺類、お正月ならばお餅などもそれに該当します。

主食が大好きで主食を抜くのが辛い…そういう人が日本人にはたくさんいると思います。
どうしても食べずにはいられない時は野菜やお肉を食べた一番最後に、少量の主食を食べるようにしてください。

要するに、おかずと同時進行で白いご飯やうどんを食べてはいけません。

この点が太りにくい体を作るための大きなポイントとなるんです。

主食を一切食べないか、一番最後に少しだけで我慢する…このような食事の形式に変えるだけで体重は大きく変わって来るんです。

主食が大好きな人にとっては過酷なダイエット方法になるかもしれません。いきなり主食絶ちをするのは辛くて挫折に繋がってしまう可能性がありますので、料理の一番最後に少しだけ食べるようにして満足感を得るようにしてください。

ただし、お茶碗に一杯食べるようなことはせず、いつもの半分の量で我慢するようにしましょう。

正直最初は辛いかもしれませんが、その食べ方を繰り返し行なっているうちにだんだん慣れてきますし、コツがわかってきます。

このダイエット方法は、食べるものを大幅に制限する方法ではありません。

主食以外のものはほとんど食べても良いダイエット法になりますので、想像よりかはストレスを感じなかったという方もたくさんおられます。

主食を食べることができないと聞くと身構えてしまうのですが、やり始めると案外スムーズにダイエットすることができる人も多いですので、まずはチャレンジしてみてください。

出来るだけ、甘い飲み物は控える事!

せっかく糖質制限ダイエットをやっているのですから、飲み物にも気配りが大切です。

できるだけ、砂糖がふんだんに使われた飲み物は避けるようにしてください。

甘いジュースなど飲む機会も多いと思いますが、できれば砂糖の入っていない緑茶やウーロン茶などをチョイスするようにしてくださいね。

これだけでもかなり糖質を制限することができますよ。

代謝アップ!出来るだけ温かい食べ物を積極的に食べよう!

お正月の次期は寒いですので、冷たい食べ物はあまり出てこない可能性が高いですが、飲み物にしても食べ物にしても出来るだけ温かいものを積極的に選ぶようにしてください。

温かい食べ物は体を冷やしませんので代謝が上がりやすくなり、痩せやすくなると言われています。

また、温かい食べ物は体温を上げますので脂肪の蓄積が起こりにくいとも言われています。

こんな気遣い一つでも、体質はかなり変わってきますよ。是非、取り入れましょう!

冬場は体が冷える時!痩せたいのならばしっかり湯船に浸かろう

毎日シャワーだけで過ごしていませんか。

痩せたいと思ったらきちんと湯船に入ることが大切なんです。

昔からお湯に浸かると代謝が上がりやすくなり、痩せやすくなると言われています。

しっかりと体の芯から温めることによって、発汗作用も期待できますし、統計的にもシャワーだけで済ますより、きちんと湯船に入った方が痩せやすいと言うデータも出ているそうですよ。

また、湯船に浸かることでかなりの発汗があります。汗がたくさん出ると肌も綺麗になり、一石二鳥なんですよね。

仕事から帰ってきて疲れていると、どうしても湯船に浸かることを避ける傾向があるのですが、せめて冬休みの間は落ちた代謝をアップさせるためにも、ゆっくりと湯船に入るようにしてみてください。

きちんと温まることによって真冬でもしばらくの間、体がポカポカとしていると思いますよ。湯船にしっかりと浸かって体を温めることはダイエットにとても大切なことですので、冬休みの間に習慣化するようにしましょう。

湯船に浸かることが気持ち良いと感じられるようになったら、今度は浸からないと物足らなくなってくると思います。

そうなるとしめたもの!是非!体質改善のためにも続けるようにしてくださいね。

まとめ!誘惑の多い冬休みでも少しの注意で痩せる事は可能!

いかがでしたか。

冬休みの間、少しでも食べ方や生活習慣を変えるだけで、痩せやすい体を作ることができるということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

ほんの数日でも糖質制限をすることで、体重がスルスルと落ちる人も結構いるんです。

慣れるまでは辛いと感じるかもしれませんが、糖質以外はほとんどのものを食べても良いダイエット方法ですので、それなりの満足感は得られるのではないかと思います。

まずは一週間で構いませんので、続けてみてください。何か必ず体の中で変化があると思いますよ。

その結果、少しでも体が引き締まったら、正月明けにみんなと会った時、「痩せた?」という一言が聞けるかもしれません!頑張りましょう!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.