夕食抜きダイエットはリバウンドしやすい!失敗しないコツを学ぼう

『食べたら太るならば、食べなければ痩せる』という、とっても単純な考えからダイエットを行う人も多いはず。

1番太りやすくなると言われる時間帯、それは『夜』ですよね。なので、夕食抜きダイエットに挑戦しようと思うのは、ダイエットを考えている人には普通なのかもしれません。

結論を言ってしまうと、夕食抜きダイエットは痩せます。ほぼ確実に痩せれます。

ただし、リバウンド率も非常に高いですし、デメリットもたくさんあります。

失敗しない為にも、夕食抜きダイエットについてしっかり学んでおきましょう。

夕食抜きダイエットのメリットとは

効果に期待は持てる夕食抜きダイエット。改めて、夕食抜きダイエットのメリットを確認しておきましょう。きっと、やる気が出てくるはずです。

どんどん体重が落ちていく!

夕食抜きダイエットの最大のメリットは、なんと言ってもほぼ確実に体重が減る、それもどんどん減るということでしょう。

夕食抜きダイエットとは、その名の通り、夕食を抜く(夕方以降に何も食べない)というダイエットです。当たり前ですが、食べないのですから脂肪や糖を吸収されることもなく、それだけ痩せていくのが当然なのです。

1日だけ夕食を抜いたという場合でも、体重は結構減っているもの。これを2日、3日、1週間と続けていると、そりゃ見事にどんどん体重が落ちていくでしょう。

人の体は、「これ以上痩せないで!」と健康などに被害が出そうになると、体重の減少が止まる停滞期という減少が起きます。もちろん、夕食抜きダイエットでも停滞期は訪れますが、それまではどんどん体重が減っていきます。

朝と昼は普通に食べられる

夕食抜きダイエットは、単に夕食を抜くだけなので、朝ご飯や昼ご飯は普通に食べることができます。

ダイエット期間中は、甘いものやお肉など、アレはダメ、コレもダメという食のストレスに耐えなければいけないことも多いですが、夕食抜きダイエットは原則、朝と昼には好きなものを食べても大丈夫です。

食べ過ぎなければ、少々お菓子を食べてもOK。ケーキだって食べていいんですよ。

朝と昼は何を食べても良いですが、食べ放題のようなガッツリ過ぎる食事をしていると、例え夕食を抜いてもあまり効果が出ないので注意しましょう。

あくまでも、朝や昼はダイエットをそれほど意識せずに、普通に1人前を食べても大丈夫だという認識を間違えないようにしてくださいね。過食は禁物です。

間食OK、運動しなくてOKが嬉しい

夕食抜きダイエットは、夕食を抜くというだけで効果が抜群なダイエットです。

なので、多少の間食をするのは問題ありません。ただし、食べ過ぎは効果を減らしてしまいますし、間食をする時間帯も夕食タイム~それ以降は禁止です。

また、特に運動をしなくても効果が期待できます。もちろん、運動も取り入れることで、更なる効果アップも期待できますので、時間や気持ちに余裕がある時には、軽く運動も取り入れたいですね。

間食しない、運動もする。という方がダイエットの効果が上がるのは間違いありませんが、夕食抜きダイエットの場合は、間食と運動のルールを多少緩めても効果が期待できるので、ストレスが少なくすみます。

夕食抜きダイエットの注意すべきデメリットとは

夕食抜きダイエットは、単に食べないダイエットなので、食べない分だけどんどん痩せる、とても効果の高いダイエットなのですが、やはりデメリットがあります。

ここに注意しておかなければ、夕食抜きダイエットが続かなかったり、失敗に終わってしまうので要チェックですよ!

空腹に耐えれるかが勝負の鍵とも言える過酷さ

一般的な夕食タイムは夜6時~7時頃だと言われています。

みなさんは何時に寝ますか?たいだいは夜11時前後くらいに就寝することが多いでしょうか?

さて、夕食を抜くということは、一般的な夕食タイムの7時ごろよりもずっと前、下手すればお昼ご飯を食べる昼の12時頃から、寝る時間の夜11時頃まで、何も食べないということなのです。

ちょっとおやつタイムに間食をしたとしても、夕方3時や4時頃から何も食べずに過ごすんですよ。

これ、すっごく過酷なんです(泣)寝る時間が遅い人ほど、間食も我慢する人ほど、どんどん空腹に襲われ、ただ寝るまで耐えるという過酷なダイエットなんです。

必要な栄養さえも採れずに栄養失調になる

私たち人間の体は、夜、寝ている時に1番脂肪や糖を吸収し、太りやすい状態になってしまうということは有名ですよね。だから、夕食を抜いて、極力、脂肪や糖を吸収しないようにするのですが…。

ですが、寝ている間が太りやすいと同時に、寝ている間に成長するのも私たちの体なんです。

夜の22時~翌2時までの約4時間。この時間が1番私たちに必要な栄養を吸収したり、筋肉を作ったり、元気に健康で過ごす為の体作りをしてくれているんですね。

太りやすい時間と、健康な体を作る時間が同じというのがデメリットですよね。

ダイエットの為に夕食を抜いていると、必要な栄養も足らず、結果としてダイエットには成功したとしても、栄養失調などの健康被害にあってしまう可能性も出てきてしまうのです。

注意していなければ、ほぼリバウンドする

食事制限ってダイエットの基本ですよね。やる、やらないは置いといて、まずはダイエットと考えた時に、誰もが食事制限を1度は頭に思い浮かべるでしょう。

ただ、この食事制限っていうものは、リバウンドをする確率が非常に高く、1度ダイエットに成功しても、普通の食事に戻ることで太ってしまい、下手すれば元よりも太ってしまう…という恐ろしいダイエットなのです。

夕食抜きダイエットは、食事制限の中でもトップクラスであり、1番太りやすい時間帯や食事内容の夕食を抜くので、一気にリバウンドする確率が高く、気を付けていなければ、ほぼリバウンドします。

100あるものを0にするわけです。それをまた100に戻すと、そりゃ太りますし、50に抑えても、やはり体重は多少なり増えてしまう覚悟はしておかなければいけないでしょう。

夕食抜きダイエットの方法を知ろう

では、夕食ダイエットとは具体的にはどのようなダイエットなのでしょうか?基本は夕食を抜くというだけなのですが、少し詳しく解説しておきます。

19時以降は何も食べてはいけない

私たちの体が体を作り上げようと、体内で活動を開始するのは夜の10時頃からです。このくらいの時間から、脂肪をどんどん蓄えていくと想像しておいてくださいね。

活動開始時には胃を空っぽ、もしくは空っぽに近い状態にしておきたいので、その3時間前、つまり夜19時以降は何も食べてはいけない、それが夕食抜きダイエットです。

18時にドカ食いをするのはダメですが、少し食べておくのはOK。19時を過ぎたらチョコ1つ食べるのも我慢。という感じです。

お茶や水は飲んでもOK

夕食抜くダイエットの時間になると、一切の間食は禁止ですが、飲み物を飲むのは大丈夫なんです。

とはいえ、お酒や砂糖がたっぷりな清涼飲料水や炭酸ジュースなどは控えておいた方が良いでしょう。

カロリーも糖分もない、お茶や水なら全然問題ありません。たくさん飲んでも大丈夫です。どうしても空腹に耐えれない時は、たくさんお茶や水を飲みましょう。

早寝早起きを身につけよう

夕食抜きダイエットで1番辛いのは、寝るまでの時間に空腹に耐えなければいけないこと。ということで、夕食抜きダイエットをするならば、ついでに早寝早起きも身につけてしまいましょう!

早く寝ることで、空腹を耐える時間が減りますよね。また、早く起きることで、しっかりと朝ごはんを食べることができます。

夕食抜きダイエットをしていると、寝起きは良くなるそうですよ。

夕食抜きダイエットでリバウンドを防ぐコツを知ろう

さて、夕食抜きダイエットは夕食を抜いてしまう過酷な食事制限。元の食生活に戻すと、当然のようにリバウンドをしてしまいます。

夕食抜きダイエットを成功させた後、リバウンドをしない様にするには、どこに気をつけておけばよいのかを知っておきましょう。

ストレスを溜めないように気をつけよう

ダイエットをしていることにストレスを感じてしまうと、それだけで続かなくなってしまいますし、何かとストレスは良いことはありません。

夕食を抜くというのは、思っている以上に空腹に耐えるストレスを感じるかと思います。

ストレッチをする、半身浴をするなど、何かストレス解消になる方法も用意しておきたいですね。

また、どうしても夕食抜きダイエットの過酷さが辛く、それがストレスでたまらないというならば、無理に続けるのは避けてください。

効果は少し減ってしまうかもしれませんが、毎日毎日、夕食を抜くのではなく、週に1回や2回だけ夕食を抜くという方法から初めてみても良いでしょう。プチ断食なんかも効果はありますしね。

ストレスにより、過食に走ってしまう人も多いです。そうなるとリバウンド以前の問題。太る原因を作ることにもなるので、自分に合わないと思ったら止めるものありですよ。

必ず期間を決め、短期間で終わらそう

夕食抜きダイエットは、私たちに必要な栄養までも控えてしまうダイエットです。あまりに長期間に続けると、栄養失調の可能性も高くなります。

1週間なら1週間。2週間なら2週間。とにかく期間を決めましょう。できるだけ短期間が望ましいです。どんなに長くても1か月を超えるような夕食抜きは絶対に控えてください。

夕食抜きダイエットは、一気に体重が落ち、効果を実感する人がとても多く、それが嬉しくて痩せ過ぎてしまうことも多いです。目標体重になったら、決めていた予定期間より早くても、夕食抜きダイエットを切り上げるようにしましょう。

また、一気に体重が減っていたものの、急に減らなくなる停滞期が訪れた場合も、そこで切り上げることをオススメします。

本来、停滞期が来ると、そこでダイエットを更に頑張って、停滞期を超えてまた痩せるというものなのですが、ダイエットって…。ですが、夕食抜きダイエットは無理に続けるには過酷過ぎるので、無茶はしないでおきましょう。

無理に夕食を抜かずに、時間や量を気にしてみよう

夕食抜きダイエットのデメリットや、リバウンドをしない為の注意点を理解したからと言って、必ずしも夕食抜きダイエットをしなければいけないというわけではありません。

『やっぱり空腹をそんなに我慢したくないな』、『リバウンドが怖いな』と思うのなら、夕食抜きダイエットではなく、プチ夕食抜きダイエットをオススメします。

夕食を完全に抜いてしまうのではなく、夕食を食べる時間をできるだけ早くしたり、夕食の内容を改善する方法です。

寝る3時間前までには夕食を終わらせておくことと、完全に夕食を抜くのではなく、サラダやスープ、お粥など、ガッツリした食事ではなく、ヘルシーな食事や少な目な量の食事にするなど。

夕食抜きダイエットに比べると、体重の変化は緩やかになるかと思いますが、早めに食べ終えたり、夕食を改善するだけでダイエットになる人も結構多いです。

まずはここから、空腹に少しずつ慣れていって、夕食抜きダイエットに繋げるのも良いかもしれませんね。

成功後は特に食生活を考えて改善しよう

最後に、夕食抜きダイエットに成功したあとのお話をしておきましょう。

せっかく痩せたのに、元の食事に戻してしまうと一気にリバウンドしてしまいます。

夕食抜きダイエットで1番大切なのは、ダイエットに成功した後の食生活をどうするかということであり、ここで改善できないならば失敗に終わってしまうだけです。

できれば、最初はお粥などの軽いものを食べることから初めてみてはどうでしょうか?

ダイエット成功後も、しばらくは毎日体重を計るようにし、体重の変化を細かくチェックしておきましょう。そして、少しずつ食事の量を調節していくと、一気にリバウンドすることもないと思います。

過食をしたり、油ものばかりを食べるなんてことはやめましょうね。栄養バランスなども考えて、リバウンドをしないように頑張りましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.